ウサギが飛んで終了


      <今日の仲間>
 12月28日に仮宿漁港稲荷丸で6時半出航でカレイ釣りをしました、昨日が予定日で有ったが強風のため、今日の出航としたが、今日も畦が強い、船頭は風が強くて沖には出れないよ、狙いのナメタは期待できないかもと言われたが、家の建築や引っ越しで暫く釣りをしてない。魚を回すところが一杯有るので釣るしかない。
 少々無理してもやりたいと船を出してもらう、最初の棚に付ける、一人は天候の様子を見てドタキャンしてきて三人の釣りだが二人はすぐに糸を垂れる、私は道糸が全部リールに巻き取られ竿に糸を通すのに一苦労、風が強いので思うようにいかない、せっかく通しても風に煽られて抜けてしまったりといつに成ったら釣りが始まるかと思われた。
 やっと仕掛けを付けて投入、今日は短時間勝負と思い竿を二本出すことにした。誘魚灯を付けたのと付けない仕掛けと二本出した。二本の竿で小突いていたら左の遊漁灯を付けない方がいい当たりが来た、アイナメと思って巻き上げると赤い魚が見えた、ホーボウの35cmオーバーが釣れる、エサを付け替えて投入、いくらもしないうちに又、左に当たり、今度はカレイとわかるがまずまずだなと挙げると30cmオーバーのヒガレイで見ると右の竿が頭を下げて水面に突っ込んでいる、これも前より良型のヒガレイだ、こんなのがもう少し続けて来てほしいと小突いてると、又、左に強烈な当たり、ホーボウの40cm近いのが釣れる、他の二人にはまだ当たりが無かった、一人しか釣れないから移動となった。

 移動して最初に釣れたのは私で今度は小ぶりのヒガレイで左右の竿で1枚づつ釣る、八木さんに最初の当たりでマコがレイとヒガレイのダブルで釣る。続けておいてた竿にもヒガレイがダブルで釣れた、此処は魚の数はいるなと言いながら右の竿でマコがレイの30cm位を釣り上げたところで風が強くなってきた。


      <ウサギが飛び出した>
 釣り上げたカレイをそのままで船頭の危険だから今日はこれまでの声で急いで竿を回収、漁港へと引き返す、急いでたので今日の釣果の写真も撮らないでしまった。船頭の釣り時間が短いので船賃はいらないの言葉に甘えさせてもらう。
 初釣りの予約をして今年の釣りを終了した。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )