初釣り


      <朝日>
 1月9日吉浜。根白漁港栄宝丸でカレイ釣りをしました。6時半出航で湾の中ほどの釣り場に着き仕掛けを投入しようとした時水平線より真っ赤な太陽が昇り始めた、今日はヒガレイ狙いなので電動リールを使用と準備をし仕掛けを繋いで餌を付ける前にこの写真を撮り竿をロットキーパーに掛けようとした時仕掛けが何かに引っかかり勢いよく弾んだ、この時針が右手親指に刺さってしまった。見ると針の返しの奥まで入っている、ヤバい!!皮膚を切り裂かなければと一瞬思ったが、皮だけに刺さっているので強引に引き抜いた。血が出て来た、テイッシュで押さえるが直ぐに真っ赤になる。絆創膏を持ってるはずと探すと大判のが出て来た。指がすっかり包まれ上から手袋をしたら大丈夫のようだ。
 餌を付け始めたら前でタモの声、八木さんがアイナメの大物を釣った。


     <今日の仲間>
 今日は前回の桜井さん、木村さん、秀明君に八木さんを入れた5名である、前の広い所に木村、八木、桜井の三人、後ろに私と秀明君が釣り座を決める。呼びかけをした手前何時も余った所に陣取る、以前は誰よりも釣ったので何処でも良かったが今は釣れないが釣れるだろうと思ってる。
 餌はイソメ、サンマの切り身、沖アミ、小イカを準備した、最初の一枚目は小イカに来て、次は沖アミ、次はイソメとばらばらである。何が良いか特定できない、釣果もポツポツで伸びない、型も大物が無くリリースサイズが多い、極端に小さいのだけリリースし他はから揚げ用天ぷら用に分けてやる。9時過ぎころに道糸が船のケラに絡まり船頭に外してもらうが糸を切って繋いだが23mも短くなった。
 この間のロスタイムもあったがその後全く釣れなくなった。仕掛け交換したり悪あがきし前に戻す。

 風が出てきて中に入っていく、私は釣れないので皆にどうかと聞くとぽつぽつと釣れると言う、八木さんがサバに食ってくると言う、秀明君何故かサバが釣れ5匹も釣ったのを八木さんが切り身にして使ったら40cm位の大物から数も釣れると言う、私も二切れ貰って使ってみた。直ぐにアタリが有り釣れ見るとサバに来てた。移動で巻き上げてると私にもサバが釣れた、餌に使おうかと思ってたら風が強くなり皆からやめようと言ってきた。11時と早めだが終了とした。


      <千歳に上陸>
 船は千歳の岸壁に付ける船頭は波が立ってきたので皆が濡れるから母ちゃんを迎えに呼ぶからと奥さんを呼ぶ、軽トラックに乗り根白に、各自の車で千歳に戻って荷物を積んで解散。
 今日の釣果はヒガレイ 持ち帰り15枚、リリース(分けてやったもの)8枚、他リリース 雲ダコ 1、コチ 1、 カツカ 1でした。
初釣りは散々な出来でした、このまま一年が過ぎないことを願います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )