久しぶりのカレイ釣り



 5月20日根白漁港喜福丸で5時出航で久しぶりでカレイ釣りを楽しみました。
この間私は1月18日に脳出血で倒れ、2月26日まで釜石県立病院に4月21日まで岩手リハビリテーションセンターにお世話になり療法士山や看護士さんの懸命な看護のおかげで通常の人と変わりない生活を出来るようになりました。今はのぞみ病院のリハビリに通っています。
 見た目は元通りだが非常に疲れやすい、力が弱いなど全快まではほど遠い。好きなことをやることが一番のリハビリになるとどの療法士山からも言われてたので家族の反対を押し切り釣り行となった。

 今回はメンバーを集める大変なので桜井さんだけ誘って乗り合いで喜福丸で試し釣り行となった。今日のお客は9名で常連らしい人ばかりであった。ホタテ棚へのかかり釣りのため片側のみの釣りだった。道糸を竿に通すことから始める、利き手の右に罹ったので中々通らない、船頭の下ろして良いよの合図が有った頃やっと糸通しが終わり仕掛けをを付けた頃、2つ隣の人にタコが釣れた、やっとエサを付け下ろす、なんかが掛かったようだ、俺にもタコが来たかと喜んだだが上がって来ない、仕方がなく思いっきり引っパルと仕掛け毎皆取られてしまった、又日掛かってはと船頭に言うと船首を進められそこで釣ることにする。
 この付近は誰も釣ってない二でなかなか当たりが来ない、やっとマコがレイの27,8cmがきた、カレイきい集まってきたのか次第に間隔が短くなって来たな、と思ったら上げの合図、残念しぶしぶ上げる。


      <68cmのホシカレイ>
 移動したので元の場所に戻る、船頭が数は来ないが型の良いのが出るところだ、と言うが大物が来ないなとつぶやいてると後ろの方が騒々しい、タモを持って走った船頭がこれでは小さいと大きなタモに変えて掬ったのがこのカレイである。船頭もこんな大物は初めてと言う巨大魚だ。羨ましいけど私でなくて良かった、今の私の力では上げれなかった。
 2つ隣の人が又タコを釣り上げた、次第に調子を上げカレイも釣れ出した。最終的に23枚釣ってたので、私と同数である。この頃より私は疲れを感じ始めた。その後流し釣りになったが流し釣りでは3枚しか釣れなかった。


     <今日の釣果>
 今日の釣果はマコがレイ10枚、ヒガレイ 13枚計23枚 リリースは1枚で食ってくるのは上針が一番多かった、エサもはじめは飲み噛まれてるのが多かったが後半は一人で外れるなが何枚かあった。今日の釣りで大丈夫そうなのでつぎこそ大漁をと頑張りたい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )