餌取り多数で釣りにならない


   <尾崎白浜漁港>
 10月29日6時出航で御箱丸佐々木船頭でカレイ釣りに行きました。釣りクラカップの帰りに寄松師匠に火曜日にテレビ収録で行ったら短時間で50枚を越える釣果を収めた。行ってみろと言われ船の予約までして頂いた。
 同日金野さんが吉浜漁港から出航し釣果が良かったら予約してくる手はずであったが、まったく釣れず諦めていた。
今、どこの浜も不漁の中釣れる所も有るんだと喜んで連絡を取り大漁間違い無と触込んで出航した。



   <今日のメンバー>
 今日も八木、金野、柏舘氏と私の4人のメンバーで佐々木船頭とは以前ナメタ、タナゴ釣りで何度かお世話になったが数年振りの乗船である。
 船は小さく4人が限度である、一路御箱崎半島の先端を目指す、先端手前の棚に取り付き仕掛け投入、仕掛けは手作り天秤に右は長め、左は普通で有る、小突き始めて間もなく右に当り、小さい、上げると最近御馴染みのリリースサイズのヒガレイ、りりース、次に左に当り、今度はまともだ、27,8cmのヒガレイ、次いで左に23,4cmのヒガレイ他の人は餌は取られるが何も釣れない、次に左にピクピク暴れる魚が来た、河豚だ、これだな餌取りは!!右の竿にりりースヒガレイが釣れたところで移動する。
 今度は岸よりの棚に付ける、下ろすと直ぐに左に当り、元気の良い引き河豚だ、それもダブルで付いている、餌を付け替え下ろすと直ぐに左に当り、又、河豚のダブル、他に人にも河豚が釣れる、左の竿を下ろすと直ぐに当たり又河豚で移動。
 移動したところで船首に行って用足しをし皆の写真を撮り自分の席に戻る時には柏崎氏マコガレイを2枚目を釣っていた、前の所で右の竿の仕掛けは河豚に針を全部取られてしまい仕掛けを取り替える、誘魚灯を付けない物にした。
 釣果はどちらも同じようだ、ただ釣り上げた時他の竿が置き竿になりそのとき餌を取られてしまう。
餌を両方の仕掛けに付け同時に下ろさないとならない、時間ロスになるが仕掛けのチェックするにはこれしかないが餌取りが激しく釣りにならないので竿を1本にする、ここでマコガレイ4枚、アイナメ3匹を釣る、他、ウマツラ、河豚で柏崎氏カワハギ、タナゴを釣り餌取りは様々な魚が居る事が分かる、右舷の八木、金野さんはカレイが1枚も釣れず金野さんアイナメを1匹釣っただけである。
 移動しても餌取りが激しく時々私にマコガレイが釣れるだけである。カレイの当りは明確で餌を飲み込んでいるのもある、活性は良いようだ、餌取りを除ければ結構釣れそうだが風が出てきて、船頭のラジオでも釜石をはじめ県南地方に強風注意報が出ている。
 船は湾内に移動する、風も無く、波も無く全く穏やかである。これで魚が釣れれば最高なのだが。要らない河豚はここにも居た、それでも八木さんにもマコガレイが釣れ坊主は無くなった。


  <河豚の山>
 今日の釣果はマコガレイ9枚、ヒガレイ2枚、アイナメ2匹でりりースはヒガレイ3枚、アイナメ1匹、ウマズラ1枚、河豚10匹でした。他の人は柏崎氏カレイ7枚、アイナメ1匹、カワハギ1枚金野さんマコガレイ2枚、アイナメ1匹、カワハギ1枚八木さんマコガレイ3枚のみで全くの不漁となりました。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

釣りクラカップ釜石カレイチャンピオンシップ2010-2


  今日の船>
 10月24日佐須漁港で釣りクラカップセカンドステージが行われました。電動リールを購入し万全を期して参加した。仕掛け、電動リールのテストをしたかったが用事が重なりぶっつけ本番となった。
 6時受付を済ます、船割りを見ると15番登代丸で私が申し込みをした田中君と良ちゃんが同船である、船を見てけると福吉丸と釣り船真海丸と見知らぬ船頭の三人が話をしている。登代丸の前なので今日の船頭だろう、ベテラン船頭と仲間なら期待を持てそうだ。
 一緒に申し込んだ孝行君は道弥丸、道典氏は憲男丸で女性四人と一緒で二年続けて女性と一緒だとこぼしている。
乗船すると春の大会のチャンピオンの猪俣君と仲間の二人である、ジャンケンデ船座を決める、ジャンケンすると私は最下位で皆が座った後の残ったところで左舷の中である。先は猪俣君の仲間、後ろは良ちゃんで背中が田中君である。

   
  <一斉出航>                        <同船者>
6時時50分一斉に出航する、佐須の沖に向う、死骨崎の金島付近で流し始める、錘は40号で統一、重いこれでは当りが取れにくい。小突いていると重みが掛かる、始めて電動のレバーを入れる。小さそうなのでスピードを上げる、途中で重くなる誰かとオマツリしたらしい。良ちゃんの道糸を引っ掛けて上がってきた、道糸は直ぐに外れたが自分の仕掛けが魚がグルグル廻って大変になった居る。最初切ってしまうかと思ったが、廻ったのだから簡単に取れるだろうと絡みを解き始める最初は順調に解けた、道糸も巻き込んでいてどう絡んでるか分からないで時間が掛かる、切ろうかと迷うがこれまで解いたのだからと解き始める、私が上げて間もなく誰にも釣れなく移動した、移動後皆に釣れだした様である、ヤット解き終わり仕掛けを投入する時には田中君の話では猪俣君4枚、仲間2枚、田中君1枚、良ちゃん2枚?釣っている、挽回が難しい。

 小突き始めて間もなく良い当り、巻き上げて見ると魚が付いていない、針が一本無くなっている。河豚にやられた。針を付け下ろすと間もなく当り、小さい、高速で巻き上げる、もう少しの所で右隣の道糸を引っ掛ける。猪俣君が来て私の仕掛
を手にすると歯でハリスを切る、丈夫な歯だ。引っ掛けただけだから直ぐ外れると思ったがこれが早いのか。

 その後少し良い当りで巻き上げると重くなり後ろの良ちゃん、右前の猪俣君の三人マツリ(私と猪俣君にカレイが付いていた)や背中の田中君とのオマツリと全然釣にならない。潮が早いせいか真ん中の私は全員と仲良くなった。

 10時頃カメラ船が来たときはまだ1枚しか釣ってない。リリースは4枚であった。11時頃良い当りで30cmオーバーのマコガレイが釣れ、続けてヒガレイの基準オーバーが2枚来て調子付くかと思ったが又、リリースサイズになる。

 目標リリース10枚と言ってたが目標を軽くオーバーして14枚もリリースする。検量に残ったのは5枚だけ。


今日の釣果はヒガレイ4枚、マコガレイ1枚、サバ1匹で有った。田中君6枚、良ちゃん8枚、前の二人はリリースゼロで十数枚だろうと田中君は言っていた。私はオマツリ騒ぎで他の人を見る余裕も無かった。



  <表彰式>
 検量はパスしたかったが岡に上がったのが一番速かったため掴まって検量する、958gで船中2位マコガレイが利いたようだ、一位は右隣でナメタを釣ったのと全般に型が良かったので1,8xgあったそうだ。次々に上がってくる道典氏寄松師匠始め皆駄目だったと力無く呟く。孝行君が中々上がってこない。何時も通りコーヒーのサービスをしてると孝行が入賞したそうだと情報が入ってくる。船で電話が来たときは駄目だ!!と嘆いていてガあれは三味線か?
 
 順位発表で孝行君三位に入賞であrおめでとう。じゃんけん大会でもタックルバックを手に入れる、運の良い人だ。私は4回やって全部一回で敗退である。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

水温が高すぎる


  <日の出>
 10月2日に崎浜漁港梅丸で6時出航でカレイ釣りをした。船釣り大好きの金野さんは生きイワシやサンマの切り身を使っての根魚釣りをして楽しんでいたが、カレイを釣りたくてうずうずして釣れてきたとの情報を待てず今日の釣りとなった。

 20分前に到着したが、すでに金野さん、八木さんは乗船して準備中である、柏舘さんの到着を待って直ぐに出航、近くの棚に付け仕掛けを投入する。
 家を出る時は暗かったが東の山の上に太陽が輝いている、日が大分短くなった水温は下がらないが誰もカレイ釣りをしてないのでもしかしたらの期待での釣りである。
 最近何かと忙しく仕掛けを点検せずに来て長めと短めでテストしようとしたが長めが無く比較的長めを使う、投入して一分くらいで左の長めに当り、マコガレイの27,8cmくらいが釣れた、腹は白く移動してるなと思った。そこは二人が下ろしたら根掛りしてたので少し移動する。仕掛けを下ろし最初の当りは私で前と同じサイズが釣れた、直ぐに金野さんにアイナメとヒガレイのダブルで釣れる。その後当たりが無く場所移動をする、
 移動後最初の当りは私で小ぶりのヒガレイが釣れた、金野さんにマコガレイ、柏舘さんにアイナメとヒガレイ、私にアイナメの35,6cmが釣れただけ、又移動したが私にヒガレイの25,6cmの小ぶりが釣れただけで当たりが無く沖の流し釣りににかえる。


      <浅場での釣り>                   <沖の流し釣り>
 まったくヒガレイ釣りを想定してなかったので、長めの仕掛けに錘を30号に換えそのまま投入、直ぐに金野さんに当たり、金野さん、八木さんは電動リールを今年購入したので深場では威力を発揮する。サンマに来たと言う。八木さんにも釣れる、八木さんがサンマの切り身を一カップ使ってとよこす。私と柏舘さんイソメしか持ってないので有りがたく頂く。
 直ぐに餌を交換したいが深場で巻き上げるのに時間が掛かる、1枚釣って交換しようと頑張ると間もなく当りが来た、マズマズのサイズのヒガレイが釣れた。下針にサンマを付け投入、数回小突くと当り、やはり身餌の方が食いが良い。八木さん小イカやイカの切り身も有るよ、使って一杯釣ってと言ってくれる。三本針なので上にイソメ、中に小イカ、下にサンマで投入、やはり数回で当り、隣の柏舘さん全く当たりなし。餌は交換したか?と聞くと交換したと言う、仕掛けを長めにしたらと仕掛け交換をするが当りが来ない。私の方は入れ食い状態である。7,8枚釣った所で強烈な引きが有り軽くなる。全く軽いので仕掛けごと取れたようだ。上げてみると天秤の接触部で切れてる。天秤でこすれて弱って切れたのだろう、ナメタかアイナメの大物だっただろう残念である。

 仕掛けを交換してから全く釣れなくなった、魚が居ないのではと思ったが金野さん、八木さんは順調に釣っている、柏舘さんと私が落ちこぼれている。
 金野さん、八木さん気の毒がって餌はサンマとイカを一緒に付けた方が食いが良いとか色々アドバイスされるが当りが来ない。
 最近の釣りで全く釣れない時間帯が出る。何かリズムが狂うのか精神的なものだろうから気分転換を図れば良いだろうと切り替えようとするが、釣れてた仕掛けと同じタイプが無いのを悔やんだりしてるが。どの仕掛けでも自分には釣れるのだと思い込んで小突く、ヤット当りがきた。
 盛岡の田村さんたちが14時からハモ狙いで乗るそうなので12時半に止める事にした。12時15分頃釣れない柏舘さん竿を畳み始める、19枚の私は20枚まで頑張りたかったが八木さんも畳み始めたので止める事にした、金野さんも一緒にしまい始める。


   <今日の釣果>
 マコガレイ2枚、ヒガレイ17枚、アイナメ1匹、その他リリースヒガレイ2枚と八木さんから膝を直せとコラーゲン一杯のエイを1枚頂く。
 まだ水温が高くマコガレイは釣れないが仕掛け餌を工夫すればヒガレイはもっと釣果は上がるだろう。柏舘さんは6枚だが金野さん、八木さんは25枚以上釣ったようだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )