寒かった釣り


  <雲が垂れもめてきた>
 5月28日越喜来湾砂子浜漁港から5名でカレイ釣りをした、天気予報では全国的に快晴で気温も高そうだ。
 前回より条件はよし、この浜の棚は他の漁船は入れないし、釣り船も少ない、大漁の期待が大きい。

 来週、息子が昨年の暮れに結婚し始めて嫁さんとその両親を連れてくるので、前日も出るが海は何時時化るか分からないのでその保険を掛けておかなければ。

 家を出るときは快晴だったが、出航した頃より雲が垂れ込み山に雲が掛かってきた。最初の棚に付けいつも通り竿を2本出す、1本は夜光ビーズの大きめなもの、別の竿は小さめのものだ。

 コズキ始めてしばらく誰にも当たりが無い、突然右の竿が引き込まれるような強い当たりが来た、合わせて巻き上げる、なかなかの引きだ、今日の初ヒットだ、竿がグイグイと引き込まれた後急に軽くなり、反動で竿先が跳ね上がる。バレタ船頭がタモヲ持って駆けつけるが残念。上げてみるとハリスが切れている、ハリスを切られるような大物ではなかったが魚の歯で切られたか?傷ついてたか?昨日付け替えたばかりだが。鶴君魚は来ないが地球を2回も釣って仕掛けごと取られたとぼやくので移動とする。

 移動後直ぐに隣の八木さんに当たり、ナメタの33cm位だ!、八木さんは釜石港のきく丸の常連で何度も一緒に乗ってるがこのメンバーでは初参加だ、始めてきて「最初に釣って良いのか?」と冷やかすと「待ってろと言うのに魚が勝手に食いついてきた、ゴメンナサイ」とやり取りしてると、八木さんを連れてきた金野さんにアイナメの30cmオーバーが来た、すると八木さんに2匹目、金野さん2匹目3匹目と交互に2人で釣っている、ヤット私の竿に当たり、重い、バレルナヨと祈りながら上げるとカツカが大きな口を開けて上がってきた、鶴君カツカはこっちと待っている、外して鶴君めがけて思いっきり叩きつけるように投げてやる。
 餌を付け替えコズキ始めると左の竿に強いあたり、巻き始めるとガツガツと引き込むアイナメの引きだ、大物だ数来なくてもこうゆうのを釣らなくてはと口も軽くなる。45cmのアイナメだ、大分上がったところで八木さんの右、竿を2本飛ばしてオマツリになった、たもで掬って魚を外して仕掛けを道糸から外して解くと簡単に解くことが出来た。又、仕掛けを付け餌を付けてると八木さんが大物が来たと巻いている、私の竿を見ると糸が緩んでいる、オマツリだ、カラムと駄目なので糸ふけをとってると魚の引きが伝わってくる大きいねとタモを準備する、金野さん俺が取るとタモを持つ、タモから魚を取り出し針を外そうとした八木さん食ってるのは私の針だと言う、よく見ると確かに私の仕掛けの下針を食っている。黙って取れば分からないのにと言うとそんなにしてまで魚は欲しくないと言う、以前に友人のY君が何度かオマツリした他の人の魚を横取りしたのを見てたのを言うと、だから罰が当たったんだと皆が言う。Y君は脳梗塞で不自由な体になり唯一の楽しみの釣りが出来なくなっている。


  <気温が下がってきた>
 曇ってるせいばかりでなく北風が吹いて気温が下がってきた、今日は暑くなるだろうと予想して防寒具を付けずにいたが寒くて合羽を取り出して着る、フードも付けての釣りとなった。これではカレイは釣れないなと思われる。
アイナメの大物を2匹釣った後ヒガレイの30cm近いのを釣り、今日は数釣れないが大物ばかりを選んでるのだ、これでロリコンクラブの会長辞任だなと宣言する。不思議なことだが大物が釣れる日と選んだように小物ばかりを釣る日がある。小物を釣る方が多いのでロリコンクラブ会長にされてるのだ。

 威張ったせいかアイナメの小物が来始めた、22,3cmのアイナメは貰い手が無く、28cmのは八木さんが貰ってくれた。いつもなら猫用に持って帰るのだが腎臓病で入院中で不在のため35cm以上の刺身用以外は不要である。

 あまりに食いが悪いので流し釣りになる、流しでも食いは良くなくそれでもポツポツと釣れタバコガレイとヒガレイにアイナメが混ざりナメタが八木さんに釣れた。絶不調の鶴君に小さなヒガレイが釣れてボーズが無くなったところで納竿とする。


   <今日の釣果>
 持ち帰りはアイナメ45cm同寸2匹、ヒガレイ2枚、タバコガレイ2枚リリース、他の人にカツカ大3匹、アイナメ3匹、マガレイ1枚であった。
今日の天気同様寒い釣果であった。 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カレイの初釣り

 5月18日に崎浜漁港5時半出航で今シーズン初のカレイ釣りに行った。
長い間カレイ釣りをしてるが、こんなに遅いのは始めてである。今年は海水温度が低く、釣れない話ばかりが聞こえ今日に至った。
 鶴君は2,3回出航してたが1船で1,2枚の釣果だったらしい。


  <静かな海>
 今日のメンバーは鶴君、川井さん、初めてのKさんと私の4名だ。いつも参加する人たちが見えないと思ったら、このメンバーで2,3回出航してボーズで帰り今回は見送ったらしい。
 今日は風も波も無く静かな海である、釣り船も何艘か出てる。
最初の棚に掛かり竿を2本下ろす、仕掛けは長めで夜光ビーズの大きめと無いもので比較テストをする、コズキ始めて直ぐに右の竿に当たり、合わせて巻き上げると重いだけで魚の突込みが無い、海水が低いため魚の動きが悪いのか、と勝手に考えてると、上がってきたのはカツカだった、鶴君いらっしゃいと鶴君のクーラーに、
初の釣果がカツカかとがっかりしてると、置いてあった竿が激しく海に突っ込んでいる、竿を手に持ち合わせると力強い魚信が伝わってくる、大物だ!巻き上げるが上がってこない、大物過ぎて底を切れないか?と糸を持って引くと硬い手応え、根係だそのまま引っ張るとぷつっと切れる。

 今シーズンは出だしが悪い、カツカと根係バラシだ。この先が心配だ。
又、竿を下ろす、コズクと根係で仕掛けを取られる。


   <大物ゲット>
 場所移動して竿を下ろす、最初の当たりは私に来た、引き具合からカツカでないのは分かる、ナメタガレイの32,3cmだ、間を置いて鶴君に当たるとKさん、川井さんと3人が一斉に巻き上げている、川井さんがタモを使う、ナメタの40cmオーバーだ、大物を釣るとどうしても顔が緩む、うらやましい。


   <魚を待つ>
 一斉に3人に釣れたからこれから釣れるかと思われたが、その後3人の竿先は静かになった。鶴君は私の隣に来たり船先に行ったりと移動するが魚は上がってこない。たまに私の竿がお辞儀をする、数は少ないが手応えの有るなが来る。


  <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ5枚(39cm、36,34cm)ナメタ3枚(小さい)マガレイ1枚、アイナメ4匹(最大46,5cm刺身用多)カツカ2匹(鶴君に)数は少ないが型が良かったのでクーラーはずしりと重かった。
 他の人はカレイ、アイナメを合わせて4,5匹と少ないが鶴君のマコガレイの40cmオーバーやKさんもナメタの良形を持っていた、最近の情報から見るとまずまずの釣果だと思う。
 仕掛けのテストは出だしで切ってしまったり、餌のイソメが太く、数が無く餌不足になり仕掛け交換が出来なかったが光らない仕掛けが良いようだ。餌はアイナメ用にホヤを持っていったが全然食わなかった。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

冬に戻った早池峰山


<閉鎖中のゲート>
 4月28日(月)我が家を5時出発で3名を自宅前で拾いながら早池峰に向かう、自宅を出るときは快晴であったが、麓に付く頃は曇り空であった。
 冬季閉鎖中のため岳神社裏でゲートが締められていて、ここから車道を1時間半も歩かなければならない。そのせいか4名と参加者が少ない。


   <雪の無い道>
 6時35分ゲート出発、3月のウスユキ山荘トレッキングでは一面雪の世界であったが雪は無く、道端にはフキノトウ、二輪草、カタクリの花でにぎわっている。以前ゴールデンウイーク来た時は、清廉の滝で吹き溜まりの雪でそれ以上進めなかった記憶があったが、今日は河原坊の車道の終点まで雪は無かった。
 上空は風の音が強く途中から雪がちらついて来る、今日は冬山に戻るなと覚悟する。


   <河原坊で山はゆきだった>
 河原坊からいよいよ登山道に入る、ガスのため山の上部は見えないが近くの木には雪で真っ白だ。
 今日は登山道ではなくコメガモリサワを一気に山頂まで登る予定だ。今年は雪が少なく、ここら辺も雪は見えない。フキノトウもここらでやっと出たばかりの小さなのにお目にかかれた。


   <雪の無い沢>
 雪が少ないためいつもなら雪渓を歩けるのが沢歩きを強いられる。昨日降った雪が岩を隠しているので歩きづらい、何度も徒渉を繰り返しながらの歩きとなった。


   <頭垢離沢の分かれ>
 頭垢離沢で夏道は尾根に行くが、今日はそのまま沢を詰めていく。心配したほど岩は出てなく雪渓を歩ける、ここでアイゼンを付ける。雪質は硬く、キックステップでは登れないほど硬い、アイゼンが利いて快調に歩ける、ここらで霰が激しく降り始める、やがて雪に変わり止む、ガスで視界が利かない。

 アイゼンを付けるのは何年ぶりか忘れてしまうほどだ。このアイゼンは数年前に購入したのだが雪山で履くのは初めてである。以前に持っていたのは8本爪だったが今回は出っ歯付きの12本爪で急斜面での出っ歯を使っての直登など出来楽しくなる。


   <一瞬の晴れ間>
 激しい雪の後急にガスが上がり周りの景色が見えてきた、後ろに見える大きな岩は打石か?その周辺だろう。斜度も厳しくなってきた、丸ちゃんは遅れ気味であるケンちゃんは大分前を先行してる、リーダーのシゲサンは斜行登行して丸ちゃんをリードしてるが、多分丸ちゃんはアイゼンでのこんな斜面の登山は初めてだろう。私も下山での膝への負担を考えると、この辺がリミットかなと思えた。

 丸ちゃんに伺いを立てると「満足だ」と言う。この時点での私の足取りは自分では一番軽いと思われた。写真撮りで最後尾からトップに進んだり、又、最後尾にと自由奔放歩き回れたので、体力的には自信を持てた。しかし、時々膝に痛みを感じることが有り、無理は出来ないなと思えた。
 リーダーのシゲサンに二人で山頂を目指すよう進言し、休憩に適した平らな岩を見つけ丸ちゃんと休憩することにする。

 二人で水分補充、エネルギー補充を行って、最後のステップに挑む、すると話し声が聞こえてきた。先行の二人は直上で休憩してた。二人に我々は此処から下山するよと言って下山開始する。ここでの丸ちゃんの温度計ではマイナス6度だったそうだ。

 斜行トラバースを繰り返しながら下る、下山する悔しさがこみ上げてくる。なんでこの役を買って出るのか?と言う気持ちがある。しかし、この疑問は間もなく解消する、下山での膝への負担がジワジワと利いてくる。もっと早く下山しても良かったかな!!と思われる。

 斜度が緩やかになった所で、慰労をねぎらう乾杯を行う、風が強く、気温も低く昼食を取るのは条件の良いところでと下山することにする。


   <新雪が積もった>
 頭垢離沢から下ると石がゴロゴロしてる沢下りになる、その石に新雪が3~4cm積もっている。先ほどの降雪で積もった雪だ、雪でスリップしないよう気を配りながら慎重に下山する。
 河原坊に着くとホッとする。河原坊のセンターのベランダの軒下で昼食を取る事にする。食事をしてると、先行の二人が戻ってきた、雪質が悪く登頂を諦め下山してきたとのこと。
 冗談にゲートを開けて車で迎えに来てくれないか?事故者が有りヘリの救援を要請するか?ゲートを開けて救援するか、鍵の管理者に聞いてくれないか?と言ったが受け入れら無かった。
 仕方なく歩いたが本当につらい歩行で有った、膝が痛くつらい1時間半であった。やはり膝の筋肉強化は山を歩くのが一番かな!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )