ナメタも釣れだした


      <今日の仲間>
 11月18日(火)に6時出航で仮宿漁港稲荷丸でカレイ釣りをした。フグが多く針を取られるのでフグ対策にハリスを形状記憶合金にし半田付けをしたものを使用した、準備にもたつき餌を付けたときには皆小突いていた。私が小突き始めると隣の八木さん巻き始める、直ぐに私にアタリ、合わせると手応えが良い、フグではない、結構重いので針が心配なのでタモかな?と巻き上げるとダブルでマコガレイが上がって来た。33cm位と28cm位のマズマズサイズだ。
 針を外そうと引っぱたら針金から針が抜けてしまった、もう一本は慎重にペンチで外したが勢い良く抜いたためこれも針が取れてしまった。
仕掛け毎交換する、他の三人は入れ食い状態でそれもダブルが多い、やっと仕掛け投入、数回小突くといい当たり、底が切れない、ゴツゴツと魚信が来る、ナメタか?と思った途端スーと軽くなる、バレタ!針抜けだなと引き上げるとやはり、針が無い。針交換を考えたが針の接着が弱いようなので普通の仕掛けに交換する、この頃からフグが釣れだした様だ、仕掛けを変え投入、間もなくアタリ、これも引きが強い、アイナメみたいな引きをする、刺身用が来たと巻き上げると35cm位のマコガレイとフグの大型のダブルだ。引き揚げてカレイから外す、フグから外すのが本当だねと言いながらフグを外そうとしたらフグがぽろっと落ちた、船頭に順番が違ったねと言われる。針を付け替え仕掛けを投入して小突いていたら、フグが集まったようだから移動と言う上げて見ると針が2本無くなっている。皆15枚はいったなと言う声が聞こえる。俺三枚、今日も一番好い所でコケてしまった。
 
 今日は仕掛けをどんどん交換しなくてはと思い、手当たり次第で付けたのが直結仕掛けだった、ここ2,3年使ってなかったが何時か使おうと思っていたので、テストと投入、5,6回の小突きでアタリ、皆がもう来たの驚くが、今日はこの調子で釣れてるのだが釣ってる時間が無かっただけだ、移動しても最初に釣るのは決まった私だが、最初のハンデイが大きかった、八木さんが大きいと竿先が海中に突っ込ませて巻いている、55cm位のナメタを釣る、田村さんもマズマズのナメタ、移動して八木さんナメタ釣る、田村さんも二枚目を釣る。
 好調に釣っていた直結仕掛けも根係で切ってしまい何時もの仕掛けにしたが移動後最初に釣るのは私で追い込みを掛けるが出だしの遅れを取り戻すまではいかなかったと思う。


     <フグの皮むき>
 船頭の話では水温が下がってきてフグの数もだいぶ減って来た、ナメタも釣れ始めたようだと言う。フグが減ったと言っても結構溜まる。バケツに一杯になった、何時も田村さんが船頭に作ってもらって持ち帰る、大変美味しく食べてるそうだ。今日も田村さんの要望で作り始める、ヒレを切り取り首を切り下して内臓を一緒に取りそのまま皮をはぎ取ると内臓に傷つけないので安全なそうだ。

田村さんと八木さんが餌が無くなったから止めようと言い出した、私はまだ半分くらいしか使ってない、1500円買ってきたと言うが餌取りのフグが居るのに、前回も餌が無くなり買いに走ったとゆうのに何でといいたい。余ってるからやるよと八木さんに分ける、木村さんが田村さんに分ける、冗談に八木さんにこのエサでナメタ釣ったら俺のものだと幾らもしない内に八木さんに強烈なアタリ、ナメタが釣れた、45cmの良型だ、針を外して私の方に取っとけとよこす、冗談だよいらない!と言ったが”いいから”と言う、なら小さい方を貰うからと言うが”いいからもってけ”と譲らない、そのうち俺にも釣れるだろう、その時返せばと受け取る。残念ながら来なかった。


    <今日の釣果>
今日の釣果はナメタは八木さん3枚、田村さん2枚で私と木村さんゼロ、でもナメタらしいアタリは二人とも有った。水温が下がったからこれからだと船頭、次回は絶対自力で釣るぞ。
 私の釣果はマコガレイ 16枚、ヒガレイ 9枚プラスリリース6枚、アイナメ 3匹 その他ヒトデ3匹 フグ7匹で仕掛け失敗が無ければカレイプラス10枚はいっただろうと思う。船頭も呆れてたがコケが多すぎる。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カレイ釣り

 11月11日に吉浜湾根白漁港栄宝丸で6時出航でカレイ釣りをしました、波も風も無く絶好の釣り日よりだが、ウマズラが多く餌取りが激しくカレイが釣れるかとの船頭の話で、とりあえず棚で様子を見ようと棚に付けて仕掛け投入、直ぐに小笠原さんが巻き始める、私にもアタリ、引き具合でカレイだなとおもった、隣の八木さんも巻き上げてる。全員マコガレイのマズマズサイズであった。餌を付け替え投入今度は中々アタリが無い、小笠原さん、八木さんに2枚目が釣れ、私には来ない。竿を上げてみると餌が全然ない。ウマズラが集まったようで2分くらいして上げると餌が無くなっている。
 移動して仕掛けを下ろすと直ぐに釣れるが後が続かない。


     <タモかけ>
 棚で釣れるのはマコガレイでアイナメが混じる、何故か小笠原さんにだけくる、八木さんにも刺身になるのが釣れる、暫くアイナメの刺身を食べてないので欲しいが私には来ない。小笠原さん40cmオーバーを2本も釣り私に針で絞めてくれと頼まれ自分のを絞めたいなーとぼやきながら絞めてやる。小笠原さんアナゴの良型も釣り絶好調だ、移動して私は1枚しか釣れず、他の二人は2枚くらいは釣れる、一人後ろに行った桜井さん何にも釣れないと嘆いている。桜井さんアナゴ釣りに使った誘魚燈を使っていた。誘魚燈がウマズラを呼んでいるのではと思い誘魚燈が付いてない仕掛けに替える。

 根白から喜福丸ともう一艘の釣り船と計三艘の釣り船が一緒に出航したが他の二艘は沖での流し釣りをしていた、私たちの船も沖の流し釣りにした、最初に35cmのヒガレイが釣れ、マコガレイも35cm33cmと他もマズマズサイズだったので手のひらサイズのヒガレイをリリースしたりから揚げにすると言う人にやっていたが釣れて来るのはこのサイズばかり。釣果を言う時枚数が決め手なので仕方なく小さなのもクーラーに入れる。
 流し釣りを始めた頃から胸がむかつき始め次第に具合が悪くなった、こんな凪の良い日に酔うなんてと思ったが吐き気もしてきた、酔い止めの薬を飲んだが遅かった、防寒具に着ていた雨具を脱いだりして何とかしたいがそれ以上悪くもならず良くもならない。八木さんに無理にでも吐いたほうが良いよと言われ、船尾に行ってゲーゲーやったらいくらかのものが吐いたら胸のつかえが取れた。

 12時近くに又、棚に戻ってマコガレイ狙いで釣る、ここで最後と言われて仕掛け投入、大物と刺身をを釣るぞと宣言して仕掛け投入、間もなく強烈なアタリ、予告通り大物タモと叫ぶ、船頭半信半疑でタモを持ってきたが竿の突っ込みと巻けずにいるのを見て言った通り釣ったね、後は上まで上がるかどうかだ、と言ってる間に45cmのマコガレイが上がって来た。続けて30cm代のマコを釣る、ここで船頭が私がもう一枚釣ったら終了と言う、刺身で終了とと仕掛け投入、一分くらいしていい当たり、ごつごつと竿先に魚信が来るアイナメだ!!予告通りアイナメの40cmオーバーを釣って終了。


     <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ 7枚、ヒガレイ 12枚、アイナメ 1匹、リリース ヒガレイ5枚、イイダコ 3枚でした。船酔いせず、ウマズラを避けれたらもっと釣れただろうと思う、次回は仮宿を計画、ここはフグ対策で一応対策はできている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )