何故かマコガレイ


    <尾崎の定置>
 1月26日に尾崎白浜港喜宝丸で六時半出航でカレイ釣をした。先月末にスーパーで釜石産の35cm位の大きなヒガレイが並んでいるのを見て海物語船の藤佐船頭に電話すると尾崎の定置で大釣りしてて自分たちもクーラーに入りきれないほど釣ってきたと言う、乗せてくれないかと言うと凪の良い日に出るからもう一人、二人見つけて欲しいと言うので約束し電話を待ってたが電話が来ないので催促すると風が出そうだとかなんとかで出そうがないので、喜宝丸に電話し14日に出ることにしたが海が荒れてのびのびになってこの日になった。

 スーパーにはヒガレイが出回ってるので何処かに爆釣はなくてもいくらかは釣れるだろうと淡い期待を持って仕掛けを投入、直ぐに隣の櫻井さんにアタリ、巻き上げるが巻き方がすごく乱暴だ、途中でバレル、後ろの八木さんにもアタリがあって、30cm位のマコガレイが釣れた、櫻井さんに又、アタリ、今度は前より静かに巻き上げてマコガレイが釣れる、八木さんが釣り上げた後に私に初アタリ、結構いい引きだ、ナメタガレイの35cm位のが釣れる、櫻井さんと八木さんは順調に釣れるが桜井さんはバラシが多い、やっと私にアタリでマコガレイが釣れる、船頭が小松に行ってみようと移動するこの時で八木さんはカレイ6枚にアイナメ1匹、櫻井さんは4枚に1匹、田村さんアイナメ1匹のみと差が出る。


     <小松湾>
 小松湾に入るが波が全然なく風もない、穏やかな日和だが私の竿もベタ凪だ。小松湾で最初のアタリが私に来た、良形のナメタガレイと思ったが上にあがって来て横に走った、タラだなと気づいて少し残念、75cm位の良形のタラが上がる、船頭がタラの反応が出てると言うので、私はタラ用のジキングに替える、他の人はそのままカレイ釣りを続ける、タラは釣れなかった。
 何枚かカレイが釣れたが思わしくなく又、前の所に移る、釣れてる二人の仕掛けを見ると夜行ビーズで賑やかだ、釣れるのはマコガレイとナメタガレイ、アイナメでヒガレイは一番釣れなかった田村さんに手のひら大1枚のみ、私は、寒くなって食い気が悪くなると光るものが敬遠されと思っていたので夜行ビーズは使わない、一番小さな夜行ビーズを使った仕掛けに替えると魚が釣れだした。


    <今日の仲間>
 きょうのメンバーはいつものメンバーで櫻井さん、八木さん、田村さんと私の四人でが二日前に一人都合が悪くなり急遽田村さんが入ったせいか準備不足か今日は冴えない、今日は季節外れにマコガレイが釣れたが八木さんは記憶合金の仕掛けで餌が良く動いた、桜井さんは仕掛けが短く夜行ビーズが多かった、田村さんは両天仕掛けや長い仕掛けを使用してた。


      <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ 7枚、ナメタガレイ 2枚、アイナメ 4匹、タラ 1匹リリース カツカ1匹、ヒガレイ 1枚でした。八木さん マコガレイ 16枚、ナメタガレイ 3枚、アイナメ 3匹、 櫻井さん マコガレイ 9枚、ナメタガレイ 3枚、アイナメ 3匹、 田村さん マコガレイ 1枚、ヒガレイ 1枚、アイナメ 3匹 で釣れた人はこの時期としてはマアマアでは。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )