ヒガレイ釣り


        <今日の仲間>
 7月26日朝6時半頃グループ山行に出かける準備をしてると藤佐船頭より明日小松にヒガレイ釣りに行かないか?と電話が来た。餌はサンマだけでやろうと言う、前回数は少ないが35cmオーバーのヒガレイが釣れたので待ちに待った大型ヒガレイの群れが入って来たな!!と思い行くと返事する、桜井さんに電話するとこちらもOKだと言う。
 7時迎いに来た金丸さんに乗せられ鈴子に集合、2台の車で7名で五葉山赤坂コースを登る。暑さのせいか途中でバテテしまう、励まされながらそれでも皆から遅れて山頂に、どうにか無事に下山し家に帰って餌のサンマを買って帰ると娘たち親子が誕生日祝いにアイスケーキを買ってきたからと誕生会を行う、嬉しいけれど釣りの準備が出来ないので焦る。

 どうにか準備し朝4時に新浜町の船着き場に行くと八重樫君、松田さんが船に乗り込んでいる。写真は船頭、松田さん、桜井さんで八重樫君は後ろに陣取る。小松湾に仕掛け投入、ドカンと大きなアタリを期待するがピクトもアタリが無い。移動を繰り返す。
私は大釣りを期待して電動リールにしたので巻き上げは苦にならない。ポツポツアタリが有りヒガレイが釣れたが期待した大物は私には来ない、小松から尾崎の周辺を探るがぽつぽつしか釣れない。仮宿方向に移動すことなる、これまでヒガレイ3枚だけ。


     <釣り船>
 仮宿前に行くと船が何艘か集まっている。ここで仕掛けを投入、八重樫君、桜井さんにアイナメ、ナメタガレイ、マコガレイが釣れた、この二人はイソメを付けてるようだ。私は沖アミを持ってきたのでサンマと沖アミを半々に付ける、マコガレイが1枚釣れた。船頭がサンマで釣れる根魚を狙ってるようでスエやどんこが釣れた。


     <今日の釣果>
 今日の釣果はヒガレイ 4枚、マコガレイ 1枚、スエ 1匹、ドンコ 2匹、クーラー内に桜井さんに頂いた大きなアイナメ、船頭からの小さいほうのアイナメ、ヒガレイが入ってます。
今日一番惨めだったのは隣で釣っていた松田さん餌はサンマしか持ってこなかったので大きなヒガレイ1枚だけした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カレイ釣り


     <今日の仲間>
 藤佐船頭より23日にヒラメ釣りをしないか?と電話が有りOKする、22日の正午の天気図を見て決定することにする、22日の正午に電話が来て明日は空模様が悪いので24日に変更になる。相撲を見るため早めに風呂に入りパジャマに着替えようとしたら船頭から電話で明日天気も良さそうだしカレイが釣れてるそうだからカレイ釣りをしようとなった。
 何時でも釣りをしたい桜井さんに変更を伝えるとOKだと言う。新浜町の船着き場に4時15分頃行くと船頭は出航の準備をしていた。
両石湾黒崎付近に行き流す、船頭が準備が出来るまで沖手を流す、全然アタリが無い、準備の終わった船頭が中に入るから上げてと巻き上げたら餌が綺麗に無くなっていた、何か餌取り名人がいるようだ、中に入って下ろしていいよと船頭は仕掛けを投入、間もなく来た!と巻き上げる桜井さんも釣れる、餌付けに手間取る私、悪いパターンだ。
 下ろすと直ぐに小さなアタリが有るが魚信が無い、又、アタリ竿を持ち上げるが付いてないようだ、やっと魚のアタリで巻き上げる、重い結構良い物が釣れたと喜んで巻き上げたら驚いたことに三枚が一列になって上がって来た、上から大きい順に並んでた、上がマコガレイで後はヒガレイでした、一番小さなのをリリースする、数は釣れるがサイズが小さい、たまに35cmオーバーのヒガレイが釣れる、残念ながら私には釣れなかった。それらしいのは来たが数メートル巻き上げたところでバレテしまった。

 6時頃までは順調で20枚は軽く超えた、この調子なら5,60枚は行くなと思ったがそうはいかなかった。7時頃40cm位のナメタが掛かったが大丈夫と抜き上げようとしたら抜けてポチャと海中にさよならされる、50cm近いアイナメが掛かり、タモを使おうとしたがタモが挟まって取れない、あがいてるうちに仕掛けが切れてしまったり、小さなアイナメが針を飲み込んで取れないので棒を差し込んでグルグル回したら針が取れ針交換のため残った糸を切ろうとしてサルカンを切ってしまい仕掛け交換となったりで釣りにならなくなった。
 釣れなくなると全く釣れなくなる、時々この様な状態に落ち込む、皆が順調に釣ってるのに私だけ蚊帳の外になるのだ。1時間半ほど何にも釣れなかった、


     <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ 16枚 ヒガレイ 22枚、アイナメ 4匹、リリース ヒガレイ 10枚、マコガレイ 1枚、 アイナメ 1匹、 フグ 2匹でした。魚が小さいのでクーラーはガラ空きでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マコガレイは終漁


      <今日の仲間>
 7月4日に崎浜漁港幸誠丸でウニの口開けのため7時15分出航でカレイ釣りをしました。平日釣りメンバーとなると年のせいか大腸検査、ポリープ、白内障等等でメンバーが揃わず船を組めないでいた、やっとメンバーが揃ったので組んだらウニの口開け、天気も急に変わって雨マーク条件は悪いが決行する。

 棚の横を流し釣りをする、魚が薄くなったのだなと思いながら仕掛けを投入、船頭が水が濁ってウニが見えなかったと言うので仕掛けのエダスの根元にミニのケミボタルを付けた。小突くがアタリが無い。他の人は型が悪いが次々とカレイを釣り上げる。移動の合図で巻き上げると餌は全部食われて針だけになっている。餌が取られているので魚は来てるからとイソメを付け直して仕掛け投入、他の人は釣り上げるが一度コツント小さなアタリが有っただけで一人蚊帳の外。上げると餌は全部無くなっている、なんか餌取りがケミの明かりに集まってるようだ。
 仕掛けを交換して5,6回小突くと初めてのカレイのアタリ、それも強烈なのが来た、上がって来たのはこの日最大の43cmのマコガレイだった。


    <霧の立ち込めた海>
 湾内は霧が立ち込めどんよりした天気だったが8時過ぎから大粒の雨になった、雨具を付けるため置き竿にしてたら竿先が振れている、巻き上げるとアイナメみたいな引きをする、上がって来たのはフグだった、草ふぐでは最大クラスのフグが丸く膨らんで上がって来た。餌取りの犯人はこれだった。続けて隣の八木さんも釣り上げた。

 釣れないので船はあっちこっちに走り回る、どこに行っても一人で複数枚釣れる所がない。11時半に13時から会議が入っている秀明君が早上がり。小さなカレイを7,8枚釣っただけだった、私も11枚だったので分けてやる余裕がなかった。
雨は短時間で止み波も全く無く鏡のようだといわれる真っ平らな海で魚が釣れたら最高の日だが肝心のアタリが無い。

 秀明君が上がった後の後半の方が食いが良くなった。


     <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ 16枚、タバコガレイ 3枚、ヒガレイ 1枚、アイナメ 4匹、リリース マコガレイ 2枚、ヒガレイ 1枚、フグ 1匹、カツカ 1匹、でした。釣った数では私が一番でアイナメは桜井さんが刺身にできる40cmオーバーを数匹釣っていた。
マコガレイで見れば型の良いのは一人1,2枚で私だけ数枚あったがカレイ釣りはヒガレイが入ってくるまでお休みしたい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )