ナメタ釣り(汚い取締り)

 12月28日に宮古磯鶏港平進丸でナメタ釣りをした、紹介者の元第3丸船長だった大菅君、何時もの八木さん、柏舘さん、田村さんとの5人とたの2人との7人で6時半出航となった。

 家を柏舘さんの到着を待って4時25分に出発、鵜住居をバイパスでなく街中を通る、道路の周囲は津波で破壊され家が一軒も無い、信号機を頼りに角を曲がって道路を見つける、元駅前からのT字路の信号が赤の点滅にに成ってるのに気付く、前の信号機を使っているからなと左折すると左手前方にパトカーが居て赤灯が付く前を通過すると其の車止まりなさいとスピーカーで言われる、”何で”と止まるとパトカーから女の警官が近寄り「何で止められたか分かりますか?」と言われ考え「赤の点滅ですか」と言うと「其の通りです、免許書を出してください」免許書を出す、パトカーに乗れと言うので乗り込み「この信号が赤の点滅の必要があるのか」と聞く、女の警官が駅方向から「直進車が突っ込んで来る危険が有ります」と言う駅方向は駅で行き止まりで、駅も線路も無く人家も無く見渡す限り津波で流され雑草が生い茂る荒地がである。駅方向から車が一台でも来る可能性があるのかと聞くと何も言わない、又、何か言ったのに反論すると何の返事も無い、取り締まる根拠が何も無いのだ。男の菊池祐二という警官は”決まりですから”とだけ言うばかりで何の説明も無い、吉里吉里のドライブイン4時50分集合なので時間が過ぎている。急いでと催促して切符を切られる。
 箱崎方向から来る車もこの辺に出てくることは無い、人家は一軒も無く人は居ない、ここで取締りをする必要が何かあるのか、此処で取締りをすれば確実に検挙できる効率の良い場所だ。何を言っても”決まりですから”の一点張りである。腹立たしい気持ちで集合場所に。皆に今日は決まったねと冷やかされるがそのままの釣りとなった。

 今日はカメラを忘れてしまった写真が無い、携帯で撮るても有ったが思いつかなかった。船はグリンピア田老の沖を流し釣りする、錘は50号なので強い竿を購入した、三十~六十号対応だ、船長の合図で仕掛け投入、間もなく当りが来た、合わせて巻き上げるとピクピクと魚の魚信が伝わってくる、良形の魚と思って見ると小さなアイナメであった、錘が50号と重いので大きく感じたのだ。仕掛けは中通し錘に錘の上に一本下に二本の針を付けた。八木さん一枚ヒガレイを釣った所でカレイ仕掛けに替える。当りが遠い、カレイ仕掛けの八木さんにヒガレイが釣れ一番釣っている、後ろの大菅君タバコガレイを釣る、私はマコガレイを二枚釣る、人によって釣る魚が違う、突然大きな当りが来た合わすと強烈な手応えが有ったが軽くなる、バレタ、大菅君よりナメタはジックリ食わせねば、とアドバイス、そのまま下ろすと間もなく竿先がグイグイと引き込まれる、今度はジックリ食わせるぞと待つ、結構待ってもういいだろうと言うと大菅君まだまだ早い、と言うふざけ半ぶんと分かってるがもう充分食い込んだのでばれることは無いとこの竿の突っ込み具合はナメタしかないな、皆に見せつけ合わせて引き上げるが上がってこない、大きくて底を切らないかと引き上げるが上がってこない、根掛りしてると道糸を持って引っ張るとぷつっと切れた。仕掛けごと全部切れてしまった。もっと早く上げればと悔やんだが後の祭りだ。

 根回りなのでアイナメや、スエ、メガラ等多種の魚が釣れる、本命のナメタは柏舘さんが二枚釣ったのみで後の人はボウズである、11時を過ぎると焦りが出てくる、船は別の船が流してる近くに移動する。八木さんに大物が来た、タモを準備して待ってると私の竿が海中に引き込まれていく、タモをその場に置いて巻き上げる、強い引きは間違いなく本命ナメタだ、先に八木さん釣り上げマアマアサイズだ、私のが見えてきて八木さんより少し大きいようだ。八木さんに同級生だなと言われるので俺の方が大きいと威張る・又少し移動して待つとトンと当り間隔を置いて又トンと当りが来た、何だろと合わすと強烈に引きが来た、又来たよと巻き上げる、後ろから大菅君鼻歌が出てるぞと声が掛かるが本当に鼻歌が出そうだ、すると八木さんも大きいと巻き上げてる、私のは一枚目より一回り大きいナメタが来た、八木さんは上にカツカ下にナメタが着いているナメタも私よりはっきりと大きい、船頭がカメラを持ってきて写真を撮る、

 その間に私にナメタの当りが有ったが錘が根掛りして仕掛けごと切れ上がってこなかった。大菅君は根掛りが多く仕掛けを5個も取られる、私は3個失う。
 
今日の釣果はナメタガレイ2枚(45cm、40cm)、マコガレイ2枚、ヒガレイ2枚、アイナメ3匹、スエ2匹
りりースカツカケムシカツカ1匹、ヌメリカツカ1匹で八木さんナメタガレイ2枚、ヒガレイ12枚、アイナメ1匹、カツカ2匹。大菅君 タバコガレイ4枚、スエ1匹、カツカ2匹。ヒガレイ釣りなら皆の倍以上も釣っている大須賀君ナメタは苦手と言ってたが其の通りとなった、柏舘さんナメタ2枚(少し小ぶり)ヒガレイ4枚、スエ2匹。田村さんスエを沢山釣っていた、カレイ類は駄目だった様だ、たの二人は一人がナメタ1枚釣っただけで他も良くないとのこと

 次の日素直に罰則金を払うのは腹立たしく午後警察に行く、交通かは閉まっていて受付が対応した、松舘と言う警官ともう一人が対応したが一人は聞くだけであまりしゃべらなかったが私の言うことに分かると言う様に会い筒を打ってるように思えた、松舘警官はあくまで建前論である、私の言うことは理解できるというが菊池祐二警官の取締りにはその人の判断なので何もいえないとのこと。
 同じことの繰返しなので松舘警官はそれ以上の事は言えないだろうから正月明けの4日に来ることにする。趣旨を課長か責任ある人に対応出来る様に手配することで今日は引き上げた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

条件は良かったが


    <集った釣り船>

12月22日(土)6時半出航で崎浜漁港梅丸でカレイ釣をしました。注文した船が来ないため船外機のサッパ船のため定員四人でメンバーを集めたが20日の釣りで懲りたか?二名のキャンセルが出て補充を試みたが集らず二名での出航となった、船頭の西村さんに気にしなくて良いよと言われても重い出航である。
 時期的にナメタ狙いと思い仕掛けを付けイソメを付けるが船は沖に向かう、首崎手前の所で下ろして良いよと言われ徒迷う、係り釣りと決め込みロットキーパーをセットしたが左竿専用にするか真ん中に置いて共用にするか迷い固定しないでいた、仕掛けをヒガレイ用に替えるか迷い竿を持ったまま回転した時膝がロットキーパーに当り海中に落ちてしまった。海中を見つめたがどうしようもない。取り合えづ仕掛けを投入することにした、先に下ろした秀明君当たってると竿先を見てる、私の仕掛けが底に着き数回小突くと当りが来た、そのまま合わせると良い引きが伝わってくる、巻き上げると27,8cmのヒガレイがダブルで付いている、幸先良いなと思ったら追っかける巻き上げた秀明君はトリプルである。魚は濃い、餌を付け替え下ろすと秀明君はもう巻き上げている。

 昨日電話で明日は二人の大名釣りだから竿を二本下ろして良いよと言われ秀明君二本竿を準備したが二本下ろすとオマツリするから交互に下ろすよう指導され釣り上げて直ぐに次の竿を下ろしたので効率よい釣になった。次もダブルで釣れ私の仕掛けが底に着く前に5枚と成った。私も下ろすと直ぐに当りが来て上げるが一枚である、下ろすと直ぐに釣れるが私は一枚づつの釣りで秀明君トリプルが続く、4回もトリプルで釣ったそうだ。移動のときに二本目の竿の仕掛けをヒガレイの流し釣りように替えようと考えていたが水深が90m近いため投入から着水までの時間が結構掛かる。この間に仕掛けを替えれると気付くのが遅かった。

 私が二本竿にしたときは秀明君トリプル4回で20枚位釣っていた。私もダブル、トリプル狙いで行きたく最初の当りでは巻き上げないで待つがダブルが2回ほどであった、18日の釣りで掛かった魚に仕掛けが団子にされた苦い経験からあめり待てない。
私が二本目を出した頃から当りが遠のき始めた、私の釣ってる間隔は短いが釣れてる時のハンデイが大きく追いつけない。



    <船頭がイカ釣りを始める>
 今日は様々な魚が釣れた、最初はホウボウで真っ赤な魚体にグリーンのヒレをなびかせてきた、次いでヌメリカツカ、次いで大型イカが来た。それを見た船頭がカレイ仕掛けに来るならとイカ釣りを始めたが残念ながら一匹も来なかった、お裾分けを期待したが残念。!!
 18日終了時間の8時半頃入れ食い状態が終った。其れまでは何枚釣れるかと思ったが甘くは無かった、何艘かは近くに寄ってきたが多くは首崎の外海で操業してた。このサッパ船ではここらが限界だろう。

 11時過ぎから雨がパラパラ降り出し、12時過ぎに成ると雨足も強くなったり弱かったりとなりカレイの当りも遠のいできたので30枚は釣りたいと頑張りたがったが二名の客なので止めにする。


   <今日の釣果>
 今日の釣果はヒガレイ28枚、ホウボウ1匹、イカ 1杯、りりース ヌメリカツカ 1匹、ギーギーカツカ 1匹フグ1匹でした、秀明君はヒガレイ36枚で大差での勝利でご機嫌でした。
 型は良かったです、餌はイソメがメーンでオキアミ、小イカはいまいちです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

魚に嫌われっぱなし


     <風波>
 12月18日に吉浜湾根白漁港から栄宝丸で6時半出航でカレイ釣をした。母の49日の二日後16日に最初の釣りを企画したが時化で中止、今日も出航寸前まで雨が降っていた、まだ忌みが開けないのかな。
 船頭の白木沢さんに今日は釣れてる所には行けないよと言われたが、ともかく釣りたい一心である。
写真は内湾にに戻ってから写したもので最初は写真を釣る余裕は無かった。

 今日は八木さん、柏舘さん、田村さんとの四人で六人の予定が都合で欠けてしまった。出航して皆に連絡その他で話をしてる間に釣り場に着く、他の人は仕掛けを投入したが私は全然準備が出来てなく慌てて竿に仕掛けを付け餌を付け隣の八木さんは二回も釣り上げていた、仕掛けが底に着き2,3回小突くと当りが来た、マアマアのヒガレイが釣れた餌は小イカに来た、下ろすと直ぐに当りが来る、今度はイソメに、続けてオキアミに食ってきた。なんの餌でも良いのかと思う、入れ食いの感じで有ったが下ろしてオシッコガ詰まってるので糸ふけを取ってそのままでオシッコヲしようとしたが一物が出て来ない、防寒具まで四枚も着てるので探し当てるのに時間が掛かる、放尿が終って小突くが当りが来ない、船頭の移動の声で上げてみると仕掛けがゴチャゴチャに成っている、釣れてる仕掛けなので直しに掛かるが魚が掛かって暴れたのだろう複雑に絡まり解くのに時間が掛かる、別のに替えるかと思ったがここまで時間を掛けたのでと解くが2,3枚以上は釣っただろう時間を掛けてしまった。

 此処も下ろすと間もなく釣れたが手に取る前に外れる、手が掛からなく良かったと思ったら、隙間から船倉に入ってしまった、蓋を開けカレイを引き出そうとするがてこずりイソメ箱を下ろしたのに気づかず蓋を閉め餌を付けようとしらたら無いので船倉を空けるとイソメが底に散らばっている、逆さになって拾い集め餌を付け下ろすがここでも時間をロスした、9枚目は小さくりりースした所で船頭が中に移動しますと船が動く。


     <余裕の釣り場>
 今日は四人だけなので前に二人後ろに二人と余裕の釣り場となった、お祭りの心配は無いが波が高く、風が強く条件は悪い、其のせいもあって私のコケが激しく釣ってる時間が少ない、中に入ると当りが少なく波風が有って私が一枚釣り上げた所で船頭が終わりにしましょうと言われ終了と成った、8時半終了。
今日は竿下ろしでこの竿に釣り癖を付けたかったが残念、”がま船カレイ競技スペシャルⅡ”は感度も良く釣りやすかったが悪い癖が着かないことを祈る。

 今日の釣果はヒガレイ9枚、りりース1枚で他の人はもっと少なかったようだ、予報は良かったはずだが前日出来た低気圧で雨を降らせ時化に成ってしまった。私のツキの無さで皆に迷惑をかけるようで申し訳ない気持ちで一杯だ。
 次回は24日に崎浜漁港の梅丸を予定してるが挽回させてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

首崎灯台


       <準備体操>
 12月8日(土)鈴子発7時30分で首崎灯台に11名でハイキングに行きました。出発前から降り出した霙交じりの雨が次第に強くなり、集合地点の北里大学に着いた頃は結構な強い雨降りで決行が危ぶまれた。
駐車予定の小壁漁港の分岐ではまだ雨が降っており、車でもっと前に進むことにした。車三台置けるスペースを見つけ此処を出発点とした。身支度をして準備体操をする頃には雨が止んでいた。
 9時15分発で歩き出す。


       <勉強会>
 落葉樹の車道を進む、今日は植物博士の白沢さんが参加してるので途中珍しい樹木を見つけると白沢解説が始まる、真面目に聞いてるのだが直ぐに忘れてしまう、この辺は南限や北限の木等が結構あるようだ。


       <首崎入り口>
 10時15分首崎入り口の鳥居に着く、直前で休憩をしたので其のまま灯台に向け歩く、


       <灯台間近>
 海に突き出た狭い尾根を行く、両側は崖で海が真下に見える10時35分灯台着、左に吉浜湾が見える、18日栄宝丸を予約してるのでこの海域で釣りをする、今日は何処で操業してるかと捜すが船は一艘も見えない。大学下、千才前など目を凝らすが見えない。当日のお楽しみとする。

 風が冷たく強いので風を避けて林に入り昼食にする。11時からと早い食事で11時45分に帰路に着く。
12時53分駐車場着ミーテング後解散、予定より大分早い帰宅となった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )