釣れないカレイ釣り


  <出航>
 9月22日吉浜湾根白漁港から5時半出航でカレイ釣りをした。海水温が21度台とカレイの活性の良い13度から18度よりかなり温度が高い、9月は年間の中でも最もカレイの釣れない時期であるが、鶴君にはシーズンオフと言う言葉が無い、実際、彼は休み無くカレイ釣りをしてる。
 私は前回のハモ釣りで不調だったので、そのリベンジをしたいが鶴君は明日息子の所に行くのにカレイを持って行きたいらしく、ハモは次にセットするからと今日の釣りと成った。
 私も飼い猫の「チビ」が今日の夕方に退院してくるので、大好きな魚を思いっきり食べれるよう釣らなくてはならない。


  <釣れないね>
 棚に係留して竿を下ろす、仕掛けはいつもの撚り糸の直結仕掛けと6号の糸にエダスはクルクル回転する張りの強くないものの2本の竿を下ろす。
 当たりはあるが釣れない、餌だけとられる、小さな当たりに素早く合わせると、魚の手ごたえあり、結構途中も暴れるので期待して上げると大きなコチだった、背中の柏さんも釣れる、大きそうだ、アイナメとヒガレイのダブルでした。
 又、私に当たり、今度はまともそうだ、27,8cmのマコガレイが来た、柏さん今度は35cm位のマコガレイを釣る。
 湾内の浅場ではコチや河豚が多く釣れたのは、柏さんがマコガレイ1枚、アイナメ2本とコチ、私もマコガレイ1枚ヒガレイ1枚、アイナメ2匹、コチ3匹で鶴君は河豚1匹、とコチ、善作さんコチだけである。


  <カゴメと遊ぶ>
 沖の深場に移動する、やっとカレイが釣れ始めたが形が小さい、カレイを7枚釣ったがキープしたのは2枚だけで残りはリリースだ。アイナメ2匹とクモダコ3枚で、鶴君は6枚釣ったと言ってたが、全部リリースサイズのようだ、善作さんは小さなカレイ1枚のみ、柏さんは何故か、型が良い、刺身になりそうなアイナメが入ってる、マツカワも有る、枚数では私が一番釣ったようだが中身では柏さんだ。
 釣りが暇なのでカゴメと遊ぶ、何回も山や、海に来たビスケット類を砕いて撒く、皆でパンやお菓子をちぎって投げてやるとカゴメが集まってきてもっとくれとせがんで鳴く。


  <遠くに釣り船が見える>
 カゴメと遊びながら遠くに目をやると他にも釣り船が見える。どれも釣れてる様子が無い、釣れない時期でもたまに釣れる事がある、情報が流され期待を膨らませて釣りに来て「やっぱり駄目だった」と帰っていく、釣り馬鹿のやるせない性である。
 今日分かったこと、仕掛けは冬場と同じく食いが悪いので長め、軟らかいもの方がよい、柏さん長い両天使用、私も長めに替えて釣れた。
 帰りに船頭さんにホタテを貰い、猫の退院祝いの魚はキープできた。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

姫神山

 9月16日(日)姫神山にカメさんグループ13名で釜石6時発で行きました。
東北北部に前線が係り岩手県北部は雨マークが付いてたが、釜石は青空が見えよい天気だ、予報の外れることを期待しての決行だ。

 大槌からの小槌車と私の車で11名、遠野のヨッチャン車が矢巾で一人乗っけて先に着いてて、小雨の降る中屋根のあるトイレで身づくろいをして9時9分に一本杉登山口出発する。

 キャンプ場の芝を過ぎると杉林に入る。コースの名前の由来になる大きな一本杉を右手に見ながら杉林の中の丸太状に作られたコンクリートで仕切られた階段を登る。ざんげ坂と言うらしいが登りきると5合目の標識が有る(9時40分着)。
 此処までは県連の捜査救助訓練で何度か来てるが、この先は相当前に一度登っただけだ。

 暑いのでポンチョに傘をさしてたが、雨が上がったようで畳む、楢やブナの葉の影から岩手山が見える、ガスが掛かったり取れたりの天気なので山頂で晴れることを願う。

 天気のせいか登山者が少ないようで下山者3名とすれ違っただけと二人組みに追い越されただけで山頂に着く、山頂付近は岩が多く直登コースと土の迂回路があり迂回路を登る(山頂着10:55)。

 八合目までは黒土の滑りやすい道で八合目からは岩が出て斜面も緩やかになる。途中ガスで見晴らしが無く、山頂も何も見えなかった。
 風をよけて岩陰で早い昼食を取る、何も見えないので12時下山開始、一本杉コースの北側のコワ坂コースを下る。下山数百メートルは急坂で細かな黒土なので非常に滑りやすい。コースの横にトラロープが張ってあり捕まえれるが、複数の人が一緒に捕まえたりすると転倒の原因になりやすい。

 標高800mを過ぎた頃から斜面は緩やかになる、後は雑木林の中を淡々と下るだけだ。やがて舗装道路に出る、時間を見ようと時計を見ようとして腕に時計が無いのに気づく。先日、デジカメを無くしたばかりで今日のブログも写真無しなのに今度は時計も無くすとは、、釣りに行っても釣れず、何でと、と言いたくなる、なんの祟りか?。
 
 これを南西に向かって歩くと今朝の登り口、一本杉の駐車場に着く。今朝は車が数台しかなかったが、十台くらいに増えていた、観光バスまである。
 帰り道ユウトランド姫神と言う日帰り温泉で汗を流して全員無事に岐路に着いた。

 次回カメさん計画は10月6,7日八甲田山です、定員に余裕があります。
9月25~28日の内、希望者の多い日に1泊2日で裏岩手(八幡平~三石山~松川温泉)縦走を行いたいと思ってます。希望を出してください。

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

呪われた釣り

 9月13日久しぶりでの釣りを越喜来湾小石浜漁港出航で行った。この間いくつかの計画は有ったが前線による時化や台風の接近での時化で中止となり8月25日以来の釣り行となった。
 今日は、ハモ狙いの夜釣りだが14時出航で暗くなるまでカレイ釣りをする。
この時期カレイ釣りはあまりやられてないので結構な釣果が出ることがある。

 今日も鶴君のセットでメンバーが集まったが、2年ほど前にやhり鶴君のセットでのハモ釣りで私の一人釣りとなり、仕掛けのせいだ!!条件を同じにすることにし、鶴君が他の人の仕掛けを準備することで今日の実施となった。

 14時出航し近くの棚に付けてカレイ釣りをしたが、全然当たりがない、移動で仕掛けを上げると餌が付いてない、針が無いのもある。ふぐがいる。
 次の棚でも釣れない、小さな当たりは有る。上げると餌がない、フグかタナゴしかいないようだ。浅場に移動する、下ろすと直ぐに隣の金さんに当る、アイナメだ、すかさず、後ろの鶴君にも当る、マコガレイが来た。又、金さんに、鶴君にと釣れる、柏さんにもカレイが来た、残るは私だけ。
 一人だけ釣れないのは非常につらいものがある、いつもならこの逆なのに、時計は16時になろうとしてる。焦る。17時になる、まだ当たりがない、今日は坊主だなと諦めのたとき、左の竿に待望の当たり、30cmを少し越えたマコガレイだった。良かった
 直ぐに右に当る、今度はアイナメだった、日が落ちてハモの準備にかかろうかと思ってると、右に当たりが来た、前と同じくらいのマコガレイだった。

 ハモ釣りの場所に移動する、私はハモ釣りの仕掛けに交換し下ろす。他の人は其のまま継続した。金さんにアイナメが来た、金さんはカレイは1枚だけど、アイナメは8匹だそうで釣りを楽しめてる、鶴君はカレイ2枚にアイナメ4匹、柏さんはカレイ1枚にアイナメ3匹で私が最下位だった。

 辺りが薄暗くなってきた頃金さんのハモ仕掛けに当たりが来た、あまり大きくはないハモが釣れた。鶴君にも来た、それも2本の竿両方にだ!!カレイ狙いの仕掛けにも食ってきた。すかさず柏さんにも来た、金さんに2本目が。
 またまた、一人取り残された、何故だ??最近は一人で釣ることはよくあるが、一人だけ釣れないなんて、それも昼も、夜も
 
 仕掛けは同じようなものだがテンビンの先に付いてるプラスチックのパイプに入れてるミニのケミボタルが私のは赤だが他の人は青を使ってる、今日は明るいほうが良いみたいだ。パイプにケミを入れるのは狭いところに無理やり入れてるので此処で交換するのは難しい、予備のテンビンに針をつけたりケミを入れたり、道糸と繫げる糸を付けケミを付けるパイプをつけヤット下ろすころにはお祭りが終わったようだ、小突いてると待望のハモの当たりが来た、大きい!!

 ハモは針を外すのが大変だ、口周りが硬いので針が抜けないのだ、ハモが暴れるので益々大変だ、ハモの頭をタオルで押さえ尻尾を床に叩きつけると少し大人しくなる、腹をきつく握ると大人しくなると言うがそれも少しの間だ、ニッパーで針を引き抜く、ヤットクーラーに入れる。仕掛けを下ろすと間もなく先程まで当たりのなかった竿に当たりが来た、この竿に来るなら一番釣れてる時仕掛け作りをしなくてもと悔やまれる、これも型が良い、ハモは引きが強い魚だ。

 2本釣れると私にもつれる感じがして来たが祭りの後である、間隔を置いて当たりが来る、今度はさっきより軽い、巻いてると魚が見えてきた、真っ直ぐに上がってきたのがスーと横にずれた、アレ!と思ったら竿先が軽くなった、バレタ 
 なんでそこまで来て、めげずに小突く、合わせると軽い、細いハモゲット、3本目、当たりがなくなったので移動する、。

 移動後下ろして2,3分は当たりがなかったが私に最初の当たり、軽い、細いハモ、でも、下ろすと直ぐ来る、今度はまずまずだ、そのとき、置いてる竿がスーとずれて巻いてる竿に近づく、お祭りになった。魚を外し仕掛けを外したがほどけない、仕方が無く仕掛けを切る、ヤット調子が出てきたのに 泣きが入る。
 外すのに時間がかかり仕掛けも駄目になった。今日はなんで?なんかの呪いが掛かった様だ、ボヤいでると、強烈な当たり、今日一番の引きだ、ドラックが利いてリールが空回りする、引きを楽しみながら巻き上げる。

 デカイ!!針外しもスムーズになってきた、が、金さんは竿を畳んでる、十数本釣ったので後が大変なのでと言う。21時までの予定だが20時半を少し越えた位だが皆さん満足する釣りをしたようである、納竿とする。

 今日の釣果はマコガレイ2枚、アイナメ中1匹、ハモ6匹であった。
今日は、出掛けにカメラを探したが見つからない、先週の土曜日にばあちゃん達を温泉に送っていった時、途中の日帰り温泉に入った時に着替えのバッグに入ってたカメラが落ちたのではないかと推察される。
 他の人たちは釣果に満足、天気も良く、波も無く、口害も無く大変良い日だと言われる。
 次回はこのお返しをし、口害をばら撒いてやるぞ。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )