フグを避けてのカレイ釣り


       <今日の仲間>
 8月5日に仮宿漁港稲荷丸で4時半出航でカレイ釣りをしました、まだ、カレイ釣りに専念する気分じゃないが、カレイの釣れるのが終わり前にともかく釣りをやりたい気持ちを抑えきれずに決行となった。
 今日のメンバーは腰痛からやっと解放された八木さん、議会などが忙しく釣りに行けなかった秀明君、私が行けないと行けない桜井さんの4人である。4時半過ぎに出てコマセを撒いてた場所に着け仕掛けを投入、小突き始めると直ぐに私に当たり、まずまずの引きだ、30cm位のマコがレイゲット、エサを付け替えてたら針が1本なくなっていた。隣の秀明君いい感じで上げたらフグのダブルだ、針を付け替えエサを付けて投入するまで大分時間がかかってしまった。その間に秀明君ヒガレイのダブルとマコがレイを釣り上げていた。仕掛けを下してしまうと魚はすぐに食いついてくるのだがフグに針を取られると時間が掛かってしまう。面倒だからと2本針でやると食いが悪い。
 フグを避けて移動を繰り返す、フグ対策用の仕掛けに切り替えたら一発で根係で持って行かれてしまった、これは形状記憶合金に針を半田やパイプを圧搾で留めた物でやり方が悪いと針が抜けてしまうのだが、上手に出来ていたようで仕掛け糸が切れてしまった。


     <海に漂うフグ>
 釣り上げたフグは日干しにして死んでから捨てるようにした、ぷかぷか浮いて流れてくが行くが カゴメも見向きもしない、食えるもかどうかすぐに分かるようである。私たちは捨ててしまうがこの船に毎年東京から来るお客さんはフグ狙いで来て100匹以上釣って皮を剥いて持ち帰るそうで、仲間の一人盛岡の田村さんもやはり皮を剥いて持ち帰るそうで大変美味しいものなそうです。
 フグを避けて沖に行ったら良型nカレイが来た、私に38cmから37cmのカレイが続けて3枚もきた。他の人も1枚くらい釣った。海の上でも風が止むと暑くなって来た、そろそろやめようかと言ってると私に強烈な当たり、36cmのヒガレイが来た、それでまた止めれなくなり11時近く終了とした。


      <きょうの釣果>
 今日の釣果は持ち帰り マコガレイ 7枚、ヒガレイ 10枚、 アイナメ 1匹、 リリース 13枚 他の人 20~30枚でナメタ 3枚の人もアイナメは0~1日匹 と沖の釣りで少なかった。釣れなくなった時期としてはマズマズの釣果では。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )