ヒガレイ(ミズガレイ)釣り


   <三貫島>
 2月20日に三貫島周辺でヒガレイ釣りをしました。雪解け水が入り込み海水温が下がりマコガレイなどは釣れなくなり釣れるのはナメタかヒガレイになる、例年はヒガレイが主となるが今年は数は出るが型が小さく敬遠していたが小山釣具店の哲平君に尾崎の60m位の所でマアマアのサイズを50枚釣った、この船が一番と進められた喜宝丸で尾崎白浜から6時半出航した。
 勧められたのは6日頃っで二週間も経たので向った先は対岸の三貫島であった、船に乗ると薬はちゃんと飲んできたかと皆に確認される、前回この船に乗ったときは船酔いで最初から最後まで吐きっぱなしだったので心配してくれたようだ。


  <今日の仲間>
 今日の仲間は金野、八木、田中の何時ものメンバーである、平日は孫を預かっているので孫の来ない土日の出航が多くなった。三貫に着くと助丸と合流し裏の北側に廻る、今朝コンビニに寄ったとき助丸の船長の前川君に合い様子を聞いたところ三貫が良いと言っていたので今日は釣れるかもと期待感が高まる。
 ケーブルテレビの司会をしてる鈴子氏や豊丸のホウムページでも唐丹湾の入り口で30cmオーバーの入れ食いがあったと聞いてるので大型が入ってきて何処も良いのかなと想像する。



   <釣り船>
 三貫島の北側北定置の跡からドウブケの間に釣り船が集ってきた、ここらが良い釣り場らしい、船頭の合図で仕掛けを投入、食いが渋い、ポツポツしか釣れない。27,8cmのマズマズサイズと22cm以下のりりースサイズと半々である、3枚ほどりりースした所で金野さんから家の犬がヒガレイが大好物だから呉れと言うので23cm位まで犬用に提供してたがキープサイズが来なくなり数が増えなく犬用に廻す基準が甘くなってきた。

 今日は田中君が調子よく釣っているがクーラーに入るのが少ない、私は釣る数は同じくらいだがやや型が良かった。
餌は私にはイソメでしか釣れなく金野さんはオキアミで釣れると言っている。仕掛けのせいか誘い方か食った来る餌も違うようで30cmオーバーは私だけ他の人は1枚かゼロである、それで皆イソメ中心となった、金野、八木さんは両天秤を使用してるので針数が6本と多いので餌を様々使えるが私と田中君は片天で3本針で餌のテストをする余裕が無い、それでもイソメ、オキアミを主にサンマ、小イカ混ぜて使う。
 ほとんどはイソメでサンマで1匹、小イカで1匹、オキアミではキープが1匹でりりースで数匹釣った。


   <今日の釣果>
 今日の釣果は持ち帰りが30枚(ヒガレイ27枚、タバコガレイ2枚、マコガレイ1枚)りりース(犬用込み)十数枚から20枚の間、田中君 良形のみ13枚 金野さん 貰い物多く多数
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大漁は船頭だけ


   <集った釣り客>
 2月11日に崎浜漁港清栄丸でナメタ狙いでカレイ釣に行きました、前回14枚もナメタを釣った孝行君に誘われ道典氏がメガラ釣りに行ったので職場の先輩OBの小笠原さん、と川崎さんと四人で6日に梅丸で釣りをしたとき清栄丸を見たら4人位しか乗ってなかったしまったく釣れてない様だったのでお客は少ないだろうと船付き場に行くと数人の客が居た、前回一緒だった小松氏の見えたので挨拶をする。今日は10人くらい乗るらしいと言ったので少し多いなと話してたら次々と車が到着する。
 孝行君達が到着し12人らしいとと話が出て、その後2名到着し14人になる。大会で12人この船に乗ったことがあるが14人は多すぎる、6時半から7時の間に出航とあいまいな予定で6時25分に到着してたが船頭が来たのは7時を廻っていた。

 この人数ではオマツリが多くて釣りにならないだろうから避けて一番後尾に陣取る、孝行君其の後ろ船の後ろで釣る場所を取る、前に流すので皆の釣り残ししか釣れないがオマツリは少ないだろう場所だ。

 船は最初脚崎の定置に向う、首崎の定置は釣り尽くしたので新しい場所を開拓したのかと期待したが、船首を定置の枠に結んで掛かり釣りをしたが釣れたのはカツカだけ、捨てようとしたら船頭が捨てないで取っててくれと言うので積んであったバケツに入れる、そこで3匹釣った、一番釣った、孝行君何も連れなかったのでナメタ以外は釣らないものねと冷やかす、前回もナメタ以外はほとんど釣らなかった。

 前に梅丸で着たときも小さなヒガレイが1,2枚釣れただけ、金丸で来たときも釣れなかった、一度だけヒガレイが良かった時があった。やはり首崎の定置で流し釣りをした。


    <左舷の釣り人>

    <右舷の釣り人>
 毎日のようにこの定置内で釣ってるので魚も少なくなったのだろう当りが無い、ポツリポツリと釣れだしてきた。隣の人の仕掛けはシュウターを使っている、錘は釣鐘型で小さく見える、皆40号で統一してるのですけどと言ったら船頭が35号でも良いと言ってるという、その隣も同じくらいの釣鐘錘だ、仕掛けを下ろすと斜めにこっちに向って来るが又向こうに戻る、できるだけ離したいが後ろに孝行君が居る。

 ヒガレイの良形が釣れたときこの人にナメタの35cm位が釣れ、アイナメが釣れたとき47cmのナメタが釣れた私が別の魚で仕掛けが上がっている時にこの人にナメタが行く、この人はシュウターに長めのハリスで仕掛けにビーズはあまり使用してないシンプルなものでした。25cm位のも釣ったので3枚でトップだ。
 孝行君が連れてきた小笠原さん通称ブンショウさんは40cm、45cm37cmと3枚。川崎さん38cm1枚で私は35cmクラスを2枚、前回大釣りした孝行君ゼロでマコガレイの小さなの1枚とヒガレイ1枚とアイナメの30cm1匹とメジメな釣りでした、私はナメタ2枚ヒガレイ2枚、アイナメ40cm1匹でりりースヒガレイ4枚、アイナメ2匹、カツカ5匹が今日の釣果です。
 ナメタ釣り名人の小松氏ナメタ1枚だけ、他の人も2,3匹釣っただけと全く暇な釣りでした。大漁したのは船頭だけだと誰とも無く呟かれた釣りでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

波も無し、風も無し、魚も?


  <首崎>
 2月6日崎浜漁港梅丸でカレイ釣に行きました、29日の清栄丸で結構ナメタガレイが釣れたので湾内でも釣れるのではと期待しての釣り行で6時半出航一路首崎にと向ったが、途中ヒガレイの様子を見ようと首崎の手前を流してみる。

 錘を35号で統一で釣り始めたが当りを取れない、あまり大きくないが全員ヒガレイを釣り上げたので上げて見ると下針に小さなヒガレイが付いていた。


  <今日の仲間>
 今日のメンバーは何時もの金野、八木さんに田中君を誘って四人にしたが八木さん都合が悪くなって田村親子を誘ったら八木さん都合をつけて参加で六人での釣りとなった。田村親子が後ろに何時も通り右舷に金野、八木、左舷に私と田中君が陣取った。
 金野さんが順調に釣果を伸ばす両天に三本ずつ針を付けてるので六本の針が有りダブル、トリプルもある、八木さんは両天で二本仕掛けで四本針で私と田中君は片天で三本針である、後ろの親子は良く見えないが両天六本針みたいだ。
餌はイソメにサンマやイカを使ったが、イソメにしか食ってこない、金野さんエビも食うよといったので使ったが私には釣れなかった。
 一時間ほど流したが型が小さいので先に定置内でナメタを狙うことにした。定置には清栄丸を始め六艘の釣り船がいた、私たちの船は陸地に近い定置の外枠のロープに繫いだ、見ると他の船も外枠に繫いで釣っている。中を流してるのは清栄丸だけである。定置内を流せるのは清栄丸にしか認められないのか?
 しばらく小突いていたが誰にも当たりが無い、魚が薄いところで固定して釣ったて来る確立が低い、船頭に流さなくては来ないのではと言うと移動の声が掛かる、流したのは首崎の真ん前で田中君夏にヒラメ釣りで70cmを始め結構ヒラメを釣った所だと言う。
 流すと言うので竿をヒガレイ狙いで電動リールに変えていた。皆当たりがないなとぼやき始めた時力強い当り、合わせると底から持ち上がらない、竿を持ち上げてるとヤット持ち上がり途端にグイグイと力強く引き出した、ナメタガレイだ!電動のスイッチを入れ巻き始める、大きそうなのでスピードは13m位の低速で巻き上げる、最初何度か突っ込んだが大人しく上がってくる、重いだけになった。暴れなくなった、まさか巨大カツカだったり、半分冗談に、半分不安げに、でも大丈夫最初は絶対ナメタの引きだからと自分を励ましながら巻いてると隣の田中君平だ!カレイだ叫ぶ、電動が1m手前で止まり手巻きで巻くと仕掛けが見えてきたが仕掛けに魚が付いてない、仕掛けの下をカレイが横に走り、やがて沈んでいった。”バレタ”残念でしたと慰められてると八木さんに大物が掛かる、


  <ナメタガレイ>
 これが釣り上げたナメタガレイで47cmで卵が見えました、今日唯一のナメタガレイでした、予定では全員複数枚持ち帰るはずだったのだが。そのご当たりが無く又、中に入ってヒガレイ狙いの流し釣りになった。


  <大塩岬>
 大塩岬前の定置前で流す、最近アイナメに会ってる様でアイナメが釣れる、今日は大物は来なかったが5匹釣れた、他の人には今年生まれた小さなのが2匹ほど釣れただけ、場所でサイズが変わりりりースサイズから30cmオーバーまで広範囲に釣れたがポツリポツリの釣りで中のナメタ場所を狙うかと漁港近くに移動する。

 棚に付けての釣りなので竿を二本出す、入れて間もなく田中君に大物、マコガレイの43cmが釣れる、沖で田村息子がマコガレイの30cmオーバーを釣ったが浅場にもまだ釣れるのかと驚いた。やはり浅場は当りが少なく、一度私にドカっと当り、静かに小突いてると当りが来たので合わすと良い手応えがあり完全に乗った感じだったがバレタ。
 今日はバラシガ多く、ヒガレイも今日一番の大物と思われるのがもう少しと言うところでバレタリでバラしが非常に多く、りりースサイズも多く、釣果は寂しいものとなった。
 
 今日の釣果は釣り場から漁港まで近かったせいも有るが写真を取る気にならない不漁でした。
ヒガレイ8枚、アイナメ持ち帰り3匹、金野さんのワンちゃんに2匹 カツカ数匹でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )