不振のまま終了カレイ釣


  <雪景色>
 12月27日に崎浜漁港から梅丸で正月ナメタを狙ってカレイ釣りに行きました。行く道路は昨夜の雨が凍結して黒く光っていた。
 近くの山まで雪化粧をしていて遠く五葉山はガスで見えずアンテナのある大窪山が真っ白である。
 まだ薄暗い中6時半出航、棚に付けて仕掛け投入、間もなく隣の秀明君大きいと喜びの声、ナメタか?注目の中上がったのは45cmオーバーのマコガレイであった、前回も私が誘った田中君が良形のナメタを出だしで釣り上げ、今回も私が誘った秀明君が良形を釣ってくれると誘った手前嬉しいと言うか安心した気持ちになる。
 今のマコガレイは卵がぎっしり入っておりナメタに準じる価値がある。今日こそ親戚、近所に配れるかと期待が高まるが釣れるのは小型ばかりでリリースが大半である。


   <今日の仲間>
 今日のメンバーは金野さんに腰痛で休んでた八木さん、メンバーが足りずに呼んだ秀明君に私の四人である。八木、金野さんは何時も通り右舷に、私は左舷の前に陣取った。
 ナメタ狙いなので根の近くを攻めるのでアイナメが多い、これも小型が主で33cmオーバーのキープは4本で25~32cmの金野さんのワンちゃん用が4本以下のりりースが3本釣れるが他の人は1,2本でゼロの人もあった。


  <流し釣り>
 何箇所か移動したがナメタは金野さんに40cm位のが1枚とチビちゃんが1枚、私に30cmに満たないチビナメタ1枚しか釣れづ沖の流し釣りにする、湾の外に出ると波が高い、ナメタの場所はもっと沖なのだが波が高く出れ無いと死骨崎を見ながら流す、金野さん八木さんに直ぐに当たり、電動の音を響かせて巻き上げる、秀明君にも当り、私だけ取り残される。八木さんギーギーカツカ、金野さん秀明君はヌメリカツカで本命のカレイは来ない、私にヤット当り、引き具合でカツカでは無いと思ったがカレイでもない、上がってきたのは27,8cmの根スエのマアマアサイズである。その後カツカが上がったが何も釣れずに湾内に移動、別世界のように波が無く穏やかである。
 直ぐに当りは有るが利き上げると魚の反応が無い、又小突き始めるとピクピクと引く、利くと反応なし。繰り返して巻き始めると重くなっていて魚が付いてるのが分かる、上げると3枚も付いている。全部りりースする。次はダブルでりりース、クーラーに入るのは5枚に1枚か。周りからそんなにリリースしなくてもと言われるが、持って帰っても悪口言われるのがせいぜいで、干からびて捨てられるより最初からりりースしたほうが良い。

 前回もだが数は釣れる、皆の倍近く釣っているのではと思われる、小さな魚を釣るのは得意なのか良く釣れる。

 流しでも良い釣果を得られず又、棚に付ける、ポツリポツリの釣りで諦めムードで止めようとなり船頭がもう一箇所と付けて最後の釣りになった。ブログ用写真を撮ろうかなと思ったとき左の竿に当たり、電動竿のほうで巻き始めると携帯が鳴った、そのまま巻いてヒガレイの25cm位のキープサイズを取り込み携帯を開くと孝行君からで釣果を聞いてきた、話始めると隣の秀明君が大きいと巻いている、タモで掬って秀明君がアレ!!俺の仕掛けでないと言う、見ると私の右の竿の糸が弛んでる、ゴメン俺のだ、と糸ふけを取りながらリールを巻く、二人の仕掛けが絡まり私の道糸も途中から絡まり大変な状態になっていた。
 仕掛けを切り刻み糸を解くが皆は竿を畳んでたのでそのまま竿を仕舞う。

 今日の釣果、この状態で写真は撮れず、小ナメタ1枚、マコガレイ7枚、ヒガレイ7枚、アイナメ4匹、根スエ2匹
りりース30枚以上
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

正月ナメタは


   <朝日>
 12月19日仮宿漁港稲荷丸で6時半出航でカレイ釣を行いました。昨年はこの船で結構な釣果を上げたので今年もと大きな期待を出船した。船頭の台さんは棚での養殖を止めたので自由に棚に入れなくなった、棚の持ち主が居る時しか入れないそうだ。

 最初に仮宿前のホタテ作業をしてる棚に付ける、昨年大釣りした棚の隣だそうだ、予定時間より遅れて出航し仕掛けを投入、直ぐに隣の田中君竿先が海中に引き込まれている、もう数メートルの所で吊るしてるロープに魚が絡んでしまった。船頭が絡んだホタテが付いたロープを引き上げ私がタモで掬った、無事に40cmオーバーのナメタガレイが上がった。この調子なら期待できる思った。
 直ぐに後ろの金野さんの竿が突っ込む、ナメタ二匹目と注目の中50cm位のアイナメが上がる、大物が続いたので次は自分の番と小突いていたら小さな当り、ドキドキと暴れるのでアイナメの小物かと上げると、草河豚だ、まだフグが居るの?例年ならとっくに居なくなってるのに海水温がまだ高いのかな。
 ここで三匹釣り上げる、フグを釣ったのは私だけだが他の人は針を取られていた。


  <今日の仲間>
 今日のメンバーは金野さん私、元同じグループで今は年に二三度組むだけで現役で仕事をしてる田中君、キク丸で一緒になる松田さんの四人である。八木さんは腰痛で、木村さんは母が重態で、柏舘さんは用事で、大歳さんは旅行で参加出来なくこのメンバーとなった。
 私が誘った田中君に良形のナメタが釣れたので一安心。
 船は今日仮宿から出てるもう一艘の釣り船と同行する。其の船の後ろに着け釣る、フグは居ないと言ってたが、下ろして最初に私にフグが釣れた。フグを連れて来たなと言われるが皆針を取られているようだ。
 釣れるのは小さなヒガレイでナメタが釣れるオイデ崎を廻った三貫島向かいは波が高くて行けない、黒崎の定置に向う。此処もヒガレイでマコガレイも釣れない。

 また仮宿沖に戻る、良い当りが有って今度はと期待するがドッキンドッキンと魚信が来てアイナメと分かる、フグに針をやられ、小さなヒガレイを高速で巻き上げるとクルクル廻って仕掛けにハリスが巻き付きキンクで針交換をしてると針が無くなってきた、ヒガレイもリリースが大半で餌ばかり無くなり釣果は上がらない。イソメが無くなりオキアミでも釣れた。



   <今日の釣果>
 ナメタガレイ 1枚(35cm)、マコガレイ3枚(最大33cm)、ヒガレイ13枚、マツカワ1枚、アイナメ2匹、ミズタコ 1枚、りりース ヒガレイ 20枚以上、フグ 15匹、アイナメ 3匹(金野さんの犬に25~33cm)、ヌメリカツカ 大1匹で持ち帰りは少ないが針交換を含め大変忙しい釣りで有った。
 写真を撮った後でオキアミでマツカワを釣った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヤットカレイが釣れました

12月17日に尾崎白浜漁港からカレイ釣に7時出航で釣りに行きました。
先月の21日以来で約1ヶ月振りの釣りです、この間何度も企画したが、風、時化、アワビの口開けなどで中止となり又、漁師さんも海水温が高かったため作業が遅れ釣り船が出なかった。

 ヤット出船する船を見つけ出船できた。7時尾崎白浜漁港を出航、直ぐ近くの棚に取り付き仕掛けを投入、左に夜光ビーズの大きめ、右は小さめである、小突くこと数回で左に当り、マアマアの引きだ、上げると23,4cmのカレイがダブルで付いてる、餌が痛んでないので其のまま仕掛け投入、右の竿がピクピクしてる、合わせるとこれもマアマアでやはりダブルである、サイズは同じくらいである。
 餌を付け替え投入、左右で同じくらいのサイズを1枚づつ釣った後小突き居て数回で右に良い当り、合わせると強烈な引き、重い、今度は確実に”タモ”と叫ぶ。これはかなりの良形だ、期待をこめて巻く、上がってきたのは41cmのマコガレイと32cmのナメタガレイのダブルである。これが1枚なら良かったのにと愚痴ると一人で良い思いをして欲張るなと皆の叱責を買う。

 私はこれで8枚目だが隣の孝行君はまだボウズで柏舘さん、金野さんも1枚しか釣ってない。一人舞台である。良形をダブルで釣ったので写真を撮ろうと金野さんにカメラを渡すと、電池切れですとメッセイージが出てるよと言われる。それで今日のブログは写真無です。

 場所を移動しても好調が続き少しは気を使ったらとか、突き落とされないよう気をつけろなどの声が掛かる。此処を紹介した小山釣具店の哲平君に30枚は保障すると言われたが、楽にクリア出切ると確信した。

 移動して好調は持続してたが3箇所めで布バケツからクーラーに移し替え布バケツの水を替える。何時も水を替えると釣れなくなると言う私のジンクスが有るが今日は大丈夫だろうと行ったがジンクスは生きていた。
 水を替えた途端に金野さんにダブルでカレイが釣れた、柏舘さんにも良形のマコガレイが釣れる、孝行君にも釣れた、私の竿だけが大人しい。後ろの棚でホタテ作業を行っていてそれで魚が寄っていったのか分からないが、流れが変わってしまった。

 他の三人は順調に釣果を上げるが、私は一人蚊帳の外になった。釣れてもりりースサイズである。結局終了までに釣れたのは3枚だけ、りりース5枚で有った。

 今日の釣果はナメタガレイ1枚(32cm)、30cmオーバーのマコガレイ5枚、以下のマガレイとマコガレ14枚で計20枚で終わった、金野さんはカレイ32枚(30cmオーバーは2枚)でアイナメ5匹でたの二人も20枚以上釣ったようで私が一番釣れなかった。

 何故後半に釣れなくなるのか、気持ちの問題なのか?体力か?分からない。
遅れていたカレイもヤット釣れだしたようだ。ナメタも3枚釣れた。19日はナメタ狙いで仮宿から出航だが今度こそ頑張らなければ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )