嫌われっぱなしのアナゴ釣り


   <夕闇が迫る>
 9月9日に又も崎浜漁港梅丸でアナゴ釣りに行きました、台風が9,10日に通過予報だったので中止と決め込み準備をしてなかった。前日金野さんより電話が有ったが会のハイキング教室が開かれ知り合いを誘って参加させていたので私も参加し、準備は夕方なので当日でもと思っていたら、娘が病院に行くので孫を見てくれと10時過ぎに来宅、バアチャンのケアマネージャーが介護認定手続きで11時頃行きますと朝に電話が有り動きが取れなくなった。

 前回までの経験の元仕掛けを作っていこうと考えていたが準備できないまま出発する。早目に着いた心算だったが金野、八木の両名はすでに船に乗って竿に仕掛けを付け終わっていた。私が乗船するのを待って出航、2時45分で有った。

 最初にイワシでヒガレイをやり、棚に着けてマコガレを釣ると言う事で沖に向かう、イワシを付けて流し釣りを行うが当たりがない、退屈なので餌釣りに切り替える。

 2,3箇所移動して八木さんにヒガレイが1枚釣れただけで棚に付けることにした。
写真はまだ流し釣り中に写したのだが日が傾き夕闇が迫ってきている。


   <釣れたのは?>
 棚に付けて仕掛けを投入、暫く振りの掛かり釣りである。私はカレイ釣りは掛かり釣りの方が落ち着く、流しでも仕掛けが真っ直ぐに落ちてるのなら良いが斜めに出て行くと小突きが旨く出来ないような気がする。
 下ろして2,3分した頃、明確なあたりが来た、温度が高いので食いはよくないだろうからと直ぐに合わせないで次の当りを待つ、続けて当りが来る、合わせるとブルルンと魚信が伝わってくる、巻き上げると釣れてるのは分かるが、リールが止まる事無くスムーズに巻ける。25cm位のマコガレイで腹が泥で汚れていた。その後等間隔で3枚釣れた。いづれも腹が泥で汚れ釣れた針も下針と中針で上針には来なかった。

 突然船頭がタコでないかと叫ぶ、八木さんが重そうに巻いている。タコなら相当の大物だと船頭が言うものだから全員の注目の中引き上げられたのが大きな杉の枝であった。先週ここら辺でタコが2枚も上がったと言うので皆の期待と注目を浴びたが残念でした。

 日が短くなったので6時を過ぎたら来るのではと早目にアナゴ釣りのじゅんびをしたが中々釣れない。7時を過ぎ餌点検、交換をした後にヤット私に当たり、マズマズの引きだ。70cm位のが釣れる。続けて私に50cm位のガ釣れる、金野さんに小さいのが釣れる。あまり釣れないし、型も小さいので場所移動する。移動しても食いついて来ない当りは有るのだが掛かって来い。左舷は私一人なので一本置き竿にする。置き竿は見事に餌を取られてる前回までは置き竿に来てた。
 餌はサンマが良かった、小山釣具の哲平君の話ではイソメが一番良かったと話をしてたのでイソメを1000円も買ってきたが無傷の方が多かった。何度も場所移動をしながら釣ったが多く釣れるところは無かった。

 餌はサンマが良かった、スムシも結構多かったが、当りが頻繁に有ったので餌を飲み込めない小さなのが多かったのでは。

 今日の釣果はアナゴ4本、マコガレイ3枚で金野さんアナゴ5本のみ、八木さんアナゴ3本にヒガレイ1枚、船頭は当たりは非常に多かったがボーズで有った。
置き竿を出したが何も釣れなかった。餌だけはしっかりと取られていた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

姫神山


   <登山口>
 9月5日に姫神山1122,8mにカメさんグループで大槌5時出発で行ってきました。今回の山行でカメさんグループを解散することになり6年4ケ月毎月一回の月例山行が終了します。
 結成当初は大勢の参加でカメの集いが行われ活発な討議で各人の要求が出され山行が決められていった。仕事や体調、年齢で次第に参加者が減少して今では4,5名での集いとなり山行の決定も適当になってきた。会計担当と始発になる車の運転手で決められるガソリン代が他の山行に比べ70kmから100kmも多く算出されてるなどその他不透明なことが見えてきたので潮時と見て解散に踏み切った。

 小槌、金丸、ヨッチャン車の三台で私は金丸車で有った。遠野道の駅で浅沼車と合流途中赤沢の道の駅でトイレ休憩をして8時10分頃登山口到着準備体操後8時35分出発。


  <ブナ林を行く>          <五合目出発>
 トイレの横を通りシバフを越えて登山道に入る、直ぐにうっそうとしたブナ林にを歩く、階段状の道が続く、一汗かいた頃ちょっとした広場に着く、五合目である、下山してくる登山者にすれ違う。朝早く出発して熱くなる前に下山してしまうようだ。


   <岩が出てきた>
 林のなかを歩いてきたがゴロゴロした岩が出てきた、林の中なので太陽光線が当たらないのでそれほど熱くない、しかし風も無い、汗は滴り落ちる。私の場合はズボンが尻の方から濡れて来た。まるでオシッコヲ洩らしたようだ。


  <菅笠岩>
 何時もは最後尾を歩くが簡単な山だし、写真も撮る所も無いのでいつの間にかシラジー岩間さんの次になっていた、相変わらずのペースメーカーのサッチャンが間を空けている。先頭に少し待つように言うかなと思ったが、待っても其の分後ろも遅くなるだけだなと思いそのまま歩く、シラジーが立ち止まり菅笠岩だと言う、成る程菅笠そっくりの岩だ、その下に先頭の二人に入ってもらい写真を撮る、相合傘で記念写真と撮ったがピンボケになっている。ゴメンネシラジー
 ここまで来ると頂上はもう直ぐだ、左手のコースを取って山頂着10時23分目の前の岩手山がデント座っている。雲ひとつ無くくっきりと姿を見せるのは珍しい。


  <山頂で>
 山頂にデント陣取り早い昼食となった、空気も澄んでいて早池峰山、志和三山の東根山から箱が森まで県北の山山が良く見える。11時35分下山開始。コワサカコースを下る、最初は少し急だが次第に緩やかになる。だが、私はその頃から膝が痛み出した。


   <展望が開けた>
 痛む足を引きずりながら歩く、急に目の前が開け下界が見える、此処まで来ればもう直ぐだ、途中で金丸さんにコワサカの登り口まで車で迎えに来てくれと依頼する。12時15分頃に車道に着く、小槌君が迎えが来るまで此処で待っていろと下っていく、皆が行ってから着替えをする、汗っかきの私は着てるものが汗でぐっしょりだ、温泉でまだ着替えるのでパンツは省略して直に短パンを履く、シャツも替えさっぱりする。
 待ってても暇なので下って車を待つことにする。舗装道路なので歩きたくなかったが歩く、中々来ない、駐車場近くの地殻変動観測所前まで来た、此処は道路が広くターンしやしので待つ、間もなく白い金丸車が来た。カーブを二つ廻ると駐車場に着いた。11時30分頃だと思う。丁度1時間の下りであった。
 サッチャンが会計を断ってきたとリーダーの小槌君に言われ奥寺さんに頼んでた、此処で距離を聞いてガソリン代の計算をして必要な経費を足して計算してと言ってたが、運転手はどちらも計っていないと言う、小槌はサッチャンとコンビで無いとメーターも見ないらしい。此処は県連の救助訓練などで何回も来てるし、自分で計っているので丁度300kmで今では救助訓練参加者のガソリン代は300kmで前払いになっているが過去の山行では箱が森で盛岡の手前で300km網張で380kmで其処より遠い姫神が300kmでは可笑しいので350kmにした。

 会計の奥寺さんと小槌君の話し合いで一人2000円となった。風呂代除きなので何に掛かったのか?コピー代1000円だそうだが計画書貰ったかと聞いてきた。計画書は2部しか作らないので1ぶ500円なんだな、後は写真代で1000円で残りはガソリン代に回すそうだと澤口さんいぶかしげに話してきた。リーダーのコピー代は未だ払ったことは無い。地図と合わせて100円か200円だ。今回で最後なので聞こえない振りで済ませる。

 うちの運転手は何も話が無いので帰りに風呂に入らないと思い準備して来ないと言うので入らないで帰ることにした。風呂上りの生ビールを楽しみにしてたのが残念。

 これからどのような形で山行を組んでいくか、様子を見ながら考えて行きたい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )