姿無きカレイ釣り


  <夜明け>
 2月11日崎浜漁港6時半出航でカレイ釣りを行った。丁度1ケ月ぶりの釣りとなった、この間、定置網の切り上げを狙っての釣りを依頼してたが時化模様が続いたことや、船の都合が合わなかったりで間が空いた。

 昨日三陸沖を低気圧が通過して波が高い、湾内の釣りとなるが、先週この船で近場で67cmのナメタガレイが上がったそうで鶴君や船頭は期待充分だ。
 その場所に船を着け釣り開始、今日はヒガレイが中心だろうと餌もイソメ以外に小イカ、ヤリイカの切り身、オキアミと先週金さんがキク丸に乗ったら、アイナメ釣りにホヤが良かったと言うので川井さんが盛岡で冷凍物を見つけたと皆の分準備してくれた。

 他の人がホヤを付けてるので、私は他の餌のテストをした。2本竿を出せたので4種類の餌を6本の針に分けて付けた。
最初に金さんにアイナメが来た、ホヤに食ってきたと言う、続いて鶴君にアイナメが釣れる、金さんに2本目、川井さんにもアイナメが釣れた。一人だけボウズだ、俺の狙いはあくまでカレイだ!と頑張る。
 
 小さな当たりが来た、合わせて巻き上げる、アイナメではない、最初のカレイゲット 勇んで上げてみると、残念ナメタガレイの小物20cmにも満たない、リリース、クーラーは空っぽ。
 カレイは釣れないがアイナメを2本、3本と皆釣る、焦りが出てくる、餌替えようかとした時、左の竿に当たりが来た。合わすとヒガレイの引きだ、25,6cmのヒガレイが釣れた、良かった。

 食ってきたのはイソメで苦心のイカ類には何も来ない。私もホヤを切り付けて見た。直ぐにアイナメが来た、だが小さい、22,3cmだ。他の人はみな30cmオーバーなのに何故?左の竿に何か重いものが掛かる、デカイウニだが何か違う?平べったいとげも長い、船頭は食べられるが美味しくないよと言う。(家に帰ってウニ大好きの猫に試食させたら食べなかったので捨てた)

 その後場所を変えながら釣るが金さんにナメタのリリースサイズとヒガレイ1枚釣れるのはアイナメのみ。私にも刺身になる37,8cmと43cm位なのが釣れた。


  <今日の釣果>
 今日はカレイが姿を見せず代わりにゲテモノが釣れた。小突いているとズシット重くなる、タコだ!!言いながら上げたらヒトデの大物で根掛と思い手で引っ張ると上がる、今度こそタコだ、水ダコの大物と引き上げたら鉛の錘にロープが付いたものだったり、カニが釣れたりウニも来た。

 途中で鶴君次の場所はマコガレイのポイントだと教えに来た、水温が7℃位に下がってるのにまだマコガレイが釣れると信じてるのには驚いた、彼の方が釣り歴も回数も多いのに、でもこれが彼の強みなのかも。
 来週は向かいの小石浜だと言うがパスする、この時期ヒガレイとカツカ以外はあまり釣れないのだ。
 次回はヒガレイの情報を聞いて決めたいと思う。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黒崎仙峡遊歩道ハイキング


  <整備された遊歩道>
 2月3日にカメさんグループ12名で広田湾黒崎仙峡遊歩道をハイキングした。
釜石を7時に出発、1時間少々で今日の基地黒崎仙峡に到着、シラジイリーダーの注意やコース、予定の説明後、水泳のインストラクターをしてるコー子ちゃんの指揮で準備体操ご8時30分出発する。

 コースは道幅が広く土の上に木の葉が積もり非常に歩きやすい。膝があまり調子の良くない私にとっては良い道であった。

  <展望台より>
 間もなく最初の展望台に到着、出発地方向の景観が良く見える。海岸線に沿って遊歩道が作られているが松を中心とした林の中を歩くので、木の枝越にしか景色を見れないので写真にならない。


  <大祝浜>
 一山を越えると9時55分大祝浜に着く、予定では40分位の時間を見てるので予定より大分早く着くのではと思ったが。
 小祝浜への登りは少しきつくなって来た、小祝浜を過ぎると、海岸まで下ることは無いが、アップダンの連続である。湾の向こうに碁石岬が見え、足元に小島が見える。


  <小島と碁石岬方向>
 この湾は小島が多く見える。湾の真ん中にも島がある、ここでは釣りをしたことが無いが、根魚が多いのでは?と思われる。
 広田湾には一度だけカレイ釣りに着たが、釣れないだけでなく印象が非常に悪かったのでその後来たことが無い。

 道のあちこちに案内標識が有り次の浜までの距離が表示されている、小祝浜の次は六ケ浦浜で結構距離がある。この間は松林が多く、その一部に魚付き林と表示された楢を中心とした雑木林が有った。
 釜石や吉浜湾周辺では鹿や熊、その他の獣の糞が多く見られるが、此処では全然見ることが無い、小鳥も見かけない。冬だからなのか?餌の木の実が少ないからか?
 
 10時10分六ケ浦漁港到着、公園で休憩後今来た道を戻る。今日は風も無く、予報では雪マークが付いてたが、薄曇りながら雨、雪の心配はなさそうだ。
 参加者の日頃の精進が良いせいか、全工程のほとんど歩いた小祝浜の前の林の中で大休止をとる。


  <今日の基地黒崎仙峡温泉>
 黒崎神社をお参りして12時30分黒崎仙峡温泉到着、歩いた後の温泉は格別である、運転手には申し訳ないが、風呂上りの生ビールは最高である。
 タカオチャンに家まで送り迎されて楽しい一日を過ごさせていただき有難うございます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )