カレイは居なかった


    <定置網撤去作業>
 1月24日三貫島定置網跡を狙ってカレイ釣に両神丸で6人の仲間で行きました。ここの定置跡が一番魚が入っているので釣り堀感覚の釣りを期待して皆を誘って釣り行でした。

 三貫島定置に着くと作業船三艘と釣舟一艘がいた、船頭の口から期待を込めた話が出てこない、作業船が居ない南側から釣り始める、良いよの掛け声で一斉に仕掛けを下ろす、仕掛けが底に着いたら直ぐにアタリを期待したがなかなか来ない、最初は八木さんだ、今一番釣ってるので今日もかと感心してたらカツカである、直ぐに私にもアタリが有って引き具合からカレイと確信、25,6cmのヒガレイが上がる、後ろの秀明くんも小さなヒガレイを上げる、その後が続かない。移動してもポツリポツリしかアタリがない。


   <スエのダブル>
 定置の中頃に行くとアイナメが多く釣れだした、ここら辺はナメタガレイがよく釣れるところだ、八木さんの竿が海に突っ込んでいる、ナメタが釣れたかと思ったが、このスエのダブルで有った。この写真を撮って間も無く私にいい当たりがきた、ゴツゴツと引きアイナメみたいに首を振らないのでスエが来たなとと思ったが、電動リールを使ってるので大きさが分からない、引き具合で結構いい物だと思ったが魚が見えて満足、良形のスエだ。船頭が横からタモを使えと叫んでいたが構わず竿で抜こうとしたが重くて持ち上がらない、針が顎にしっかりと掛かってるのが見えたから道糸を持って引き上げる。後で測ったら43cm以上有った。

 三貫島をぐるっと釣りながら回ったがどこも釣れなかった、定置の作業をしてた所も別の釣舟が入ったが釣れなかったそうだ。


   <雪の五葉・愛染山>
 三貫島の南側から見ると五葉山。愛染山が並んで正面に見える冬本番になるとナメタガレイとヒガレイしか釣れなくなるがどちらも居ないようだ、いつかまとまって釣れるのではと期待しながら釣りをしてたが今シーズンはダメなようだ。今回でカレイ釣は終わりとする、4月のマコガレイが釣れ始めるまでお休みだが一回くらいは鱈を釣りながら釣れないカレイを狙いたい。

 今日の釣果はヒガレイ 6枚、アイナメ 4匹、スエ 1匹、リリースでカツカ 2匹でした。秀明君がヒガレイを一番釣って10枚以上有ったが何故か型が小さかった、桜井さんも数は20近く釣ったが小さなアイナメが殆どだったと言う、小笠原さんは良形のマコガレイを含めてマコガレイだけ3枚と小さなアイナメだという、田村さんと八木さんはアイナメ、スエ、カツカと丸いのが多かったようだ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

初釣り


      <今日の仲間>
 1月12日7時出航で両石漁港祐漁丸でカレイ釣りをしました。伯父さんが昨年暮から危篤状態で釣りの企画が立てられず7日に葬儀を終えての企画なのでグループが二つに分かれての釣りとなった。一つは崎浜漁港からスエ狙いでカレイを釣る予定で釣果はスエが10匹前後ヒガレイ5~10枚だったそうだ。

 最初は仮宿前をシーアンカーで流し釣りをした、仕掛けを投入して4,5回小突くとアタリが来る、最初は皆アイナメで二匹目からヒガレイが釣れるがアイナメが混じる、アイナメが釣れると餌が全部飛ばされてしまうのでエサ付けに手間取る、多くは4回小突くと釣れるので餌切れの心配をしたが二回目の流しはポツリポツリとなった。
 少し風が出てきて船は小さいがこれくらいなら大丈夫と思うが風を避けて湾を横切り白崎前に移動する、そこから流し始めたがポツリポツリの釣りだ、此処はナメタが出るところだと言う、根があるのかアイナメがよく釣れる、湾の中だが良形のヒガレイが釣れる、サンマの切り身を付けたがたまにアイナメが来るだけだヒガレイは来ない、小さなヒイカも使ったが見向きもされなかった。
 今年のヒガレイはサンマや小イカなどに食いつかないでイカの小さく切ったのとイソメのサンドイッチにしたのに良く食ってくる、イカが良いのかとイカの切り身では釣れない、今年のヒガレイの好みが変わったようだ。


     <今日の釣果>
 マコガレイが釣れるギリギリかと思ってきたが小笠原さんに一枚釣れただけだった、私の釣果はヒガレイ 18枚、アイナメ 14匹、リリース アイナメ 2匹、カレイ
2枚、毛虫カツカ 1匹、 ヌメリカツカ 1匹だった。アイナメ2匹はいつもならキープするが今日は多かったのでリリースした。他の人もマアマア満足した釣りであった。久しぶりでクーラーの重みを感じた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )