京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

真如堂の紅葉

2016年12月03日 05時36分10秒 | 社寺・和菓子


さて真如堂(しんにょどう)の紅葉です。
真如堂というのは通称で、正式な名前は真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)といいます。山号は鈴聲山(れいしょうざん)。


↑真如堂三重塔



永観堂から歩いて行きました。
真如堂へは、裏から登りました。
結構急な階段があります。
もう少しで休むところだった。
この日は、かなり歩いていましたからね。





ついてみると永観堂と違って、紅葉はかなり終わっていました。
でも本日の写真程度ですがぎりごり綺麗でした。
永観堂より早い時期に紅葉になったようです。
黄葉もかなり葉が落ちていた。
なんだかがっかりしたので、写真に勢いがないです。
こわいですね。気合いが足りないのがでている。





本堂も撮影したけど、人が入っているので採用しませんでした。
真如堂は、観光バスでこれないから、南禅寺や永観堂のように観光客は多くない。
個人がタクシーで来ている。
境内は、無料なのはいいけど、葉が密集しすぎて光りがうまくまわらないのかな。


↑嘯月「梢の錦」


↑こなし、こしあん

来年は、真如堂の一番ベストの時に紅葉を撮りに来たいな。
そのためには、バイクがないと難しいかも。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三鈷の松

2016年12月02日 05時05分58秒 | 風景


永観堂の紅葉を見終わり、売店前を通ると「三鈷の松」という紙が貼ってあった。
「三鈷の松ってなんやろ?」と入ってみました。
どうやら松葉が三本に別れている松葉のことらしい。
珍しい?
確かに松葉は二本だ。


↑確かに普通の松葉より長い。

三鈷ってご存知ですか?
空海さんの肖像画でもったはるのが三鈷です。
セラミックで作った独鈷は、持っていますが三鈷はもっていません。



そういえば、家の何処かにネクタイピンがある筈です。
双子が就職の面接の時、ネクタイをすることになった「このネクタイピンならあるけど」と言ったら「いらない!」と拒否された。
純金だけど・・・と言ってもだめだっただろうな。
結構パワーがあるんだけど・・・。
最近の若者はネクタイピンをしないかもね。
そんな理由じゃなく怪しいのか。(笑)



この三鈷の松、財布にいれたおいたらいいことがあるらしいと書いてありました。
でも汚いから、写真を撮った後、そっと返して起きました。



永観堂を出て北の方に歩いて行くと「日の出うどん」があります。
相変わらず行列です。
あんなカレーうどんのために並ぶんだ。
最近の行列する人がどうも理解できない。
食べたことはありますよ。
お店の名前をクリックすると過去の記事がご覧いたたけます。



さて、裏から真如堂へ登っていきます。
結構な階段なんですよ。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

顔見世のシーズンになりました

2016年12月01日 05時26分36秒 | 風景


本日から12月。
こころなしか冬になった気になります。
また、顔見世の招き


↑今年の「まねき」


↑2015年の「まねき」数が少ないでしょ。

今年は、南座が改修工事で休刊なので、先斗町歌舞練場で開催されます。
客席が南座が1080席に対し、先斗町歌舞練場は540席なのでかなり規模が小さい。ただ、他に会場がないと思います。
ロームシアター京都(旧・京都会館)ならと考えたけど・・・別に松竹から相談受けたわけじゃないけど・・・花道がないからだめですね。


↑三条大橋から見た先斗町歌舞練場(真ん中の建物)。

歌舞伎で花道なしはちょっと辛いでしょうね。
でも先斗町歌舞練場では、楽屋が狭いように思いました。
何年か実際にイベントで使ったことがあるから、わかります。
大道具の設置、音声、照明もね。
空調の調整は、うまくいくかな?
間違って、南座に行ってしまうお客さんを誘導するもの大変だろうな。
私なら京阪電車の時刻表と四条〜三条のチケットを用意して渡すかも。歩くとちょっと時間がかかりますからね。若い世代なら問題ないけど、おそらくそうでないだろうし。まだ、春の桜のシーズンじゃないから条件はましか。
なんだろう・・・どうしてもそんなことを考えてしまいます。





京都市に南座の肩代わりができる歌舞音曲の劇場が必要だと思います。
南座も耐震だけでは、ちょっと辛いかも。
座席が狭いのです。海外の観光客に対応できないでしょうね。
歌舞伎といえば「幕間弁当」のようなモノがありますが、あの席で弁当を食べるのはだんだん難しくなって来ているでしょうね。
席の大きさも問題、現在の映画館で慣れている人間にとって、あの席は苦痛です。杖を置く場所もない。荷物やコートはクロークに預けられるだろうけど。
字幕もちょっと欲しいだろうな。


↑木屋町通から見た先斗町歌舞練場の入り口

父親なんかは、シネマ歌舞伎でいいと言っています。でも私は生がいいと思う。
シネコンで同時中継なんて方法もあるかな?
映画というのも劇場に行くと人が入っていないのが多いように感じます。
小劇場でしか公開していない映画は、結構、人が多いけど。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永観堂の紅葉6

2016年11月30日 05時13分18秒 | 社寺・和菓子


永観堂の写真の最後です。
気に入った写真が多かったのです。
色合いがとても素晴らしかった。
いつか書いた「錦林」という言葉を思い出しました。
まさしく「錦」です。





自分の心象と実際の景色と重なった感じがした。
こんなことは初めてです。
なんかとても満ち足りた気持になりました。
最初は、「1000円の拝観料の元を取る!」なんて卑しい気持だった。
紅葉を見ているとボーッとして、心が紅葉に溶け込んでいく感じがしたのです。



冬から春、夏になり秋になる。
生命の循環のクライマックス。
これから冬の眠りにつく前の紅葉。
紅葉が落ち、落ち葉となった葉は朽ちて自然に帰る。
それが普通なら肥料となり、根から吸収される。
そして春になり、新芽を出す。
人間の生命もそういう風に循環して行くのかも。
一種類の木だけでなく、色々な木が一斉に紅葉する。
素晴らしいことだと思う。



一枚一枚の葉っぱは、誰と競うのでなく、自分らしく紅葉する。
それが全体になるとこんなに素晴らしい景色となる。
そんなことを教えてくれているのかも。



新芽から紅葉、落葉までのプロセスで、どの状態がクライマックスなのかきまっていないのかも。
これらの写真を見ながら観じております。





もとろん、この紅葉たちを管理している庭師さんたちは、そうとう苦労しておられると思います。決して自然にこうなったわけではない。
その努力に頭が下がります。


↑嘯月「秋の山」


↑村雨、粒あん
村雨とは/米粉とこし餡を混ぜ、そぼろにして蒸したもの。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

永観堂の紅葉5

2016年11月29日 05時00分10秒 | 社寺・和菓子


まだ永観堂の紅葉が続きます。
建物から出て放生池の周りの写真です。
それにしても多く写真を撮りました。
永観堂の後、真如堂と金戒光明寺に行くのです。





この日、最終的に実家のPCに入れ、父親に紅葉を見せてやりました。
おそらく見たことがないでしょう。
喜んでくれました。



そういえば今年は、東福寺や天龍寺、嵐山方面は行けてない。
そうだ、清水寺も行ってない。
京都で生まれ育つと「いつでも行ける」「人が多くややこしい」ということでなかなか行かないものです。
幼稚園や小学校の遠足でもいきませんからね。
行くなら奈良かな。


↑池といえば辨財天というお寺が多いです。辨財天のおすかいは龍なんです。お寺を火事から守るという意味もあるのかも。防火対策もあるのかもしれませんね。

3枚目の写真は、永観堂の放生池の写真です。
放生池ってどういう意味かわかりますか?
仏教では、放生会(ほうじょうえ)という儀式があります。
捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める宗教儀式なんです。
お釈迦さんの前世の流水長者(るすいちょうじゃ)の話、池の水がなくなり魚が死にそうになっているのを水を運び、説法した。


↑このカットは、一番目の写真を横位置で撮影したものです。私は縦の方が好きかな。掛け軸っぽい構図ですよね。

また、中国で成立したと思われる仏教経典の一つ『梵網経(ぼんもうきょう)』に、生き物は、前世の父母かもしれないので殺生を禁じて、放生をしなさいという教えがあるらしい。
日本では、そこまで言いませんね。そんなことを言ったら食事が出来なくなりますよね。生き物というのは動物・魚類という意味なのかな?植物は生き物じゃないのかな?
ひょっとして中国の人たちは、この『梵網経』を堅く信じて、悪い日本人がサンマやイワシを食べないように大量にそれらを捕獲して、他の場所で放生したはるのかも。
ニュースで、今年は寒ブリが不漁なんだそうです。ブリも同じかな・・・。


↑二條若狭屋「もみじ狩り」


↑羊羹、栗あん

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

永観堂の紅葉4

2016年11月28日 04時04分22秒 | 社寺


京都市内の紅葉は、おそらく終わっているでしょう。
今年は随分早く見頃がやってきた。
おそらく、こういうのが普通なのかも。
ここ数年、紅葉の見頃が遅れ気味だったと思う。



それにしても観光の人は、年々増加します。
京都市内の受け入れの限界を超えているかも・・・。
駐車場や市バス、宿泊施設なんかも。
京都市内の道路自体が狭いですから、車が増えるとどうしようもない。
バスを駐車するスペースも少ない。
普通の道路上で停車して、観光客を待っていたりします。
自転車もいいでしょうけど、歩道や道路が狭いから危ない。







しかも、紅葉や桜のように見頃が限られてきたりする。
いい時期に出会えるのはとても難しいでしょうね。
ホテルは、今年来た時に来年の予約をする人が多いと聞きました。
そうなると賭けですね。
一年後、元気で旅行ができるなんて自信ないな・・・でもそうしないと部屋が確保できない。







それでも京都の紅葉や桜を見たいですよね。
私は地元だけど、今年の永観堂は綺麗だったと思う。
これが1日違うと天気が悪くて綺麗じゃない。
京都市内に住んでいても、ベストの紅葉や桜に出会うのは難しい。
最後は運なのかも。


↑これは、すごいと思った。山の斜面をこうやって固めてあるのです。木の立場になりたくない。

記事の内容が飛んでいたりする。なかなかPCの前でジッとしていられないのです。だから内容を読むというより、写真をお楽しみください。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと一休み・・・おぜんざい

2016年11月27日 04時30分02秒 | 甘味・喫茶・その他


紅葉の写真が続いて、ちょっと飽きてきました。
もっと綺麗な写真はまだまだあります。
現時点の紅葉は、残っているだろうけど、色がくすんでいるでしょう。ライトアップなら綺麗に見えるのかも。
26日(土)は、朝から大阪に行った。阪急電車の特急がラッシュ時のような混み方で四条河原町のホームに入ってきた。京都行のどの電車も混んでいたんでしょうね。おそらく紅葉見物なんでしょう。
あまりの人の多さにビックリしました。大阪も人が多かったな。週末ってあんなものなのか。


↑アマゾンのミニサンドセット、500円。私は、カフェじゃなく喫茶店がいいと思う。よくを言えば禁煙にしてほしい。人が食べている横で煙草を吸われたら、ちょっと腹立つしね。

11月22日朝、青空が見えてきた。
また、紅葉の写真を兄貴分のカメラで撮りに行こうと思い、いそいそと下山。
通り道なので智積院に行ってみた。
紅葉が半分以上落ちていた。
確かに夜、雨が降っていた。
風もちょっと出ていたかも。
でもこれほど極端に葉が落ちているとは思わなかった。
ということは、京都市内の他の場所もだめということなんです。
あーあ、終わってしまった。
戦意消失、朝食がまだだったのでアマゾンに行った。
そしてモーニングを食べた。
結局、いそいそとまた坂を登り帰宅。


↑梅香堂「ぜんざい」お餅2個

この、おぜんざいの写真は、21日、急に食べたくなり、梅香堂に飛び込んだ。
一人ギリギリ座れた。
他のテーブルを見るとお姉さんがホットケーキを食べていた。
それも餡とかアイスクリームてんこ盛り系のヤツを食べていた。



迫力あるけど、あれは食べられない。
おぜんざいが食べたかっただけだしね。
このおぜんざいが21日のお昼でした。
お餅が二つなので十分お腹が膨れました。



この普通のおぜんざいが突然食べたくなる。
京都市内では、「ぜんざい」と言えば、こういう汁気があり、粒あん状態で、焼き餅が乗ってくる状態のものをいいます。
京都市内に観光に来られ、甘いモノが食べられるなら、こういう「おぜんざい」を食べてみたらどうだろう。



いま、京都市内で行列が出来る甘味は、抹茶を使ったパフェやチーズケーキみたいなものが多いけど、あれって京都らしい甘味だと思わないです。
この梅香堂だって、いま注文されているのは、ホットケーキやパフェが多い。
こういうシンプルな甘味もいいものですよ。
添えてある塩昆布を食べたらサッと口の中が甘ったるさがなくなります。
それがいい。カロリーも低いしね。小豆の繊維質もとれるし。

でも、いつもこんなモノを食べていません。半年に一度ぐらい食べたくなるのです。
脳が疲れているからかな・・・。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永観堂の紅葉3

2016年11月26日 04時05分55秒 | 社寺
いよいよ永観堂の建物の中に入ります。
いい天気だったので、外の光に露出をあわせると光が当たっていない所が暗くなります。
でもその陰影が趣があるように感じました。
露出が難しいけど。



釈迦堂前庭、右側にあるのか勅使門。
この小判型の盛砂は、勅使が来られた時、身を清めると同時に、夜の月灯りを反射して足元を照らすらしいのです。
どんな感じになるのか・・・。



紅葉のライトアップは、それほど興味ないけど、この盛砂が月の光を反射する様を観てみたいですね。
確かにこの盛砂は、光をよく反射します。







建物の中は暗いので落ち葉が綺麗にみえません。
でもじっとみているととてもいい。





暗い所だから日が当たった場所が輝いて見えます。
建物の中はそういう良さがあるのかな。
カメラの設定で何枚か撮って合成できるけど、そうすると面白くない。
陰影がある方が私は好きなので、写真をそのままにしておきます。





ゆっくり座って眺めていたかったけど、人が多いのでそうもしていられないのがちょっと残念でした。
それから仏像の所もゆっくりしたかった。
新緑のシーズンならきっとゆっくりできるだろう。
新緑でも拝観料が1000円なんだろうか?
それなら、ちょっといややなぁ。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永観堂の紅葉2

2016年11月25日 05時10分14秒 | 社寺


ここしばらく永観堂の紅葉が続きます。
たたし、これらの写真は、11月18日の撮影です。
18日は、素晴らしい天気でした。
紅葉も最高のコンディションだったと思います。





朝、「行こう!」と思ったのです。
移動中は、朗読を聞いておりました。
この時は『寺院消滅』鵜飼 秀徳著(日経BP社)でした。
なかなか厳しい内容の本でした。
寺院も格差がかなりありますね。
時流も変化している。
お墓の問題なんかも難しい。
こんな素晴らしい紅葉を見ながら聞くと不思議な感じがしました。





そうそう永観堂について書いておきます。
永観堂(えいかんどう)というのは通称です。
山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号を無量寿院、本尊は阿弥陀如来。禅林寺(ぜんりんじ)というのが本当の名前です。
創建は、空海の高弟の真紹僧都という僧侶。貞観5年(863)と古い。
元々実践道場的なものだったのが、時代が変化するとともに変わってきた。
法相宗から浄土宗西山禅林寺派に変わっていった。
紅葉は、昔から有名だったそうです。



すごい紅葉を見ていると、宇宙のようなものを感じました。
光によって刻々と変化していく。
人間なんてなんて小さいものか感じさせられる。
しかし、人間の中にある宇宙も感じました。
なんて不思議な気持になった。
場の力なのかな・・・。





でも頭の中では、寺院消滅の内容が流れております。
意識の上層と深い下層の世界。
深いところで「いいじゃん役割が果たせないなら無くなっても」と囁く。
でもこの場にかなりの情報が蓄積されているように感じた。
新緑シーズンにでもゆっくり来てみようと思いました。

※明日に続く

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永観堂の紅葉1

2016年11月24日 05時06分01秒 | 社寺・和菓子
南禅寺から徒歩で永観堂に移動。
このあたりは、小さい時から歩いていました。
南禅寺の三門、水路閣、行場(水路閣から山に登っていくとあります。普通観光客は行かないと思います)、新島襄の墓の辺りは、遊び場所でした。
だから紅葉の季節は、綺麗だったと思います。
でも憶えてない。小さい時は、紅葉を見てもさほど感激しないものかも。


↑永観堂の幼稚園側です。


↑上の写真の左手方向の写真。奥に見える建物が私が行っていた高校です。2年の時、この校舎の2階の教室でした。だから窓から永観堂の池が見えていた筈です。当時は、いまのように観光客は多くなかった。


↑このうどん屋さんは、高校の時、よくラーメンを食べに行きました。

永観堂の近所に哲学の道があります。
そこに若王子プールがあり、小学校の時はよく泳ぎに行きました。
水が緑色だった。要するに疎水の水を流しこんだプールだったのでしょう。
もうひとつ南禅寺プールというのもありました。あそこは、小学校から行ったのかも。1回あそこで死にかけました。
「若王子プール」「南禅寺プール」なんて知る人は、あまりいないでしょうね。


↑ここは、永観堂の門の中です。観光バスが入ってくるのです。ちょっと乱暴ですね。


↑普通の日なのに人が多いでしょ。

さて、永観堂の入り口から入りました。
この状態を見て、帰ろう・・・と思うのです。
こんな状態で1000円!も払って入るんですよ。


↑紅葉の状態は、素晴らしかった。だから入ることにしました。久しぶりなんですよ。杖を使ってないのも決断の要素です。この日は、最初からそのつもりで杖持参でなかったのです。これは、まだ無料の範囲内の風景。これでも十分でしょ。

いつもならこの入り口あたりの紅葉を撮って、撤収することが多いのです。
靴を脱ぎ、ビニールの袋を手に持ち、お寺に入るのが面倒臭い。
ただ、この日は、杖を持参していないから、杖の処理はしなくて済む。
松葉杖なら絶望的な状態になります。

永観堂の中は、明日からご紹介します。
お楽しみに。


↑亀屋良長「山の粧」


↑きんとん、粒あん

※以上の写真は、先週の18日(金)のものです。いまは、かなり散っていると思います。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加