ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウラナミシジミ/オジロシジミ

2011年11月04日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 翅を閉じてしみじみ

 アパートの庭に、職場の庭に、散歩する公園の草原にもシジミチョウはたくさんいる。初めの頃はシジミチョウにもいろんな種類がいることを知らなくて、しかも、シジミチョウの多くは小さいので、老眼の目にはどれも同じもののように見えていた。
 シジミチョウにもいろんな種類があることを知ったのは図鑑を見てからだが、翅裏の模様に、ヤマトシジミのように黒い斑点のある地味なものと、白い波線があって、目玉のような模様もある派手目なものとに大きく分ける(私なりに)ことができた。
 ところがだ。白い波線があって、目玉のような模様もある派手目なものにもいくつかあって、しかも、名前も似ていて、判別が面倒となっている。ウラナミシジミ、アマミウラナミシジミ、ルリウラナミシジミなど、判る人にはすぐ判るのであろうが、大雑把な性格の私には難しい。蝶に対する愛情が足りないのかもしれない。
 オジロシジミは、名前にウラナミと付いていないが、ウラナミ一派に似ている。なので最初は、何とかウラナミという名前であろうと思ったのだが、全然違っていた。似ているから似た名前のものもあり、そうでないのもある。ややこしい。

 ウラナミシジミ(裏波蜆):鱗翅目の昆虫
 シジミチョウ科 関東以南、沖縄、オーストラリア、他に分布 方言名:ハベル
 翅裏に波模様があるシジミチョウなのでウラナミシジミという分りやすい名前。
 移動力に優れた能力を持ち、上記の他に北アフリカ、ヨーロッパ中南部、東南アジア、ハワイなどに分布するとある。文献にはイギリス、アフガニスタン、ヒマラヤなどにも移動したとの記載もある。海岸線や荒地に生息し、環境適応能力が高いとのこと。
 前翅長15ミリ内外。成虫の出現時期は周年。幼虫の食草はエンドウなど。
 
 成虫1  
 
 成虫2  

 オジロシジミ(尾白蜆):鱗翅目の昆虫
 シジミチョウ科 石垣島、西表島、東南アジア、他に分布 方言名:ハベル
 名前の由来についての資料は無いが、『沖縄昆虫野外観察図鑑』の写真を見ると、尾状突起の先が白い、よって、オジロ(尾白)とつくものと思われる。
 私の写真ではその尾状突起が確認できない。「ならば、オジロでは無かろう」なのであるが、翅裏の黒星模様の形、位置は他のシジミチョウに似たものは無い。
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「ウラナミシジミと生息場所がよく似ており、・・・同じ食草上にこれら2種がいる」とあるが、職場の庭のほぼ同じ場所で、私はその2種の写真を撮っている。ウラナミシジミには黒星模様が無いので、判別できる。
 翅長雄14ミリ内外。幼虫の食草はハマナタマメ、オオヤブツルアズキなど。成虫の出現、先島諸島では周年、沖縄島では3月から12月。

 記:ガジ丸 2009.4.1  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イワカワシジミ/ムラサキシジミ | トップ | アマミウラナミシジミ他2種 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。