ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

キンクロハジロ

2013年12月06日 | 沖縄の動物:鳥

 分かり易い名前

 動物の写真を撮って、図鑑と照らし合わせてそれが何者か調べる。その名前が分かると今度は別の文献を手にし名前の由来を調べる。「名は体を表す」という言葉通りの動物もあれば、「何でこんな名?何でこんな漢字?」と分かりにくいものもある。
 鳥は分かりにくいものが多い。例えば身近な鳥であるウグイス、カラス、スズメ、ツバメ、ニワトリ、ハト、ヒヨドリなどは分かりにくい。先ず、鶯、烏、雀、燕、鶏、鳩、鵯とかの漢字を見て、「何でその字?何でその発音?」と私には想像不能。
 「名は体を表す」鳥も、少ないけどいる。例えばシロハラ、シロガシラ、ムナグロ、メジロなど。その漢字表記を見て「何でこんな名?」の正解がすぐに出せる。腹が白いから白腹、頭が白いから白頭、胸が黒いから胸黒、目(の周り)が白いから目白だ。こんな分かりやすい名前なら、私の衰えた脳味噌でも記憶できるというものだ。

  「特定秘密保護法」、言葉としては分かり易い。「特別に定める秘密を保護する法律」ということだ。ところが、内容は曖昧だ。何をもって特別な秘密と定義するのか、誰が定めるのか、どのように保護するのかといった中で、「どのように保護するか」だけは、たぶん、その法を犯した(秘密を漏らした)者を罰することだと推測できるが、「特定の秘密の定義」と「誰が」というのが曖昧。「これは国民に内緒である」ということについては、10年後、あるいは50年後でもいい、何故そうしたのか、誰がそうしたのかを明らかにしてもらって、曖昧さを払拭できるようにしてもらい たい。

 今回紹介するキンクロハジロ、長い名前なので一見「何のこと?」だが、「特定秘密保護法」に比べると、いや、比べようもないほどにキンクロハジロの名前は分かり易い。前回から参考文献に加えた『野鳥ガイド』にその由来があった。「オスは金色の目、黒色の体、白色の羽なので」ということ。文献の写真を見ると確かにその通りで、大いに納得できる。きっぱりと晴れた秋空のようにすっきりする。

 
 キンクロハジロ(金黒羽白)
 カモ目カモ科の冬鳥 ほぼ日本全土に分布 方言名:不詳
 金黒羽白という漢字表記は広辞苑にあり、その由来は『野鳥ガイド』に「オスは金色の目、黒色の体、白色の羽なので」とあった。
 全長雄43.5センチ、雌37.5センチ。雄は全体に黒色で、脇と腹が白色。雌は全体に黒褐色で、脇と腹が淡色。後頭部に冠羽がある。
 河川やダム湖などの淡水の湖沼に多く生息し、沿岸の海上でも見られるとのこと。鳴き声はクッ、クッ、クッという低い声。ほぼ日本全土に分布し、大部分は冬鳥。沖縄では11月から3月頃にかけて見られる。
 『沖縄の野鳥』に潜水採餌性と初見の単語があった。広辞苑のキンクロハジロの説明の中に「巧みに潜水し、水底の貝や甲殻類などを捕食する」とあったので、そういうこと、潜水して採餌(餌を採る)することを言っているのだと想像できた。
 
 群れ
 1月の久高島の溜池に数羽が群れていた。腹の白いのが雄、脇が淡色なのが雌。

 記:2013.11.15 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『検索入門 野鳥の図鑑』中村登流著、株式会社保育社発行
 『野鳥ガイド』唐沢孝一著、株式会社新星出版社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危険物の置き場所 | トップ | 農地は国の宝 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。