ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

シロスジヒトリモドキ

2012年03月02日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 文献頼りのガジ丸

 ガジ丸HPは2、3週間前からガ(蛾)を紹介しているが、それらの写真、古いものだと7年くらい前に撮っている。そしてこの7年で、名前の判明したものだけで10種以上のガの写真がある。ちなみに、判明していなものは50種以上ある。
 この世にガの類は夥しい数がいるのだということがよーく解った。よーく解ったところで、ガを見ても、小さなものについてはもう写真を撮るのを止めた。判明していない50種以上を判明させるのにもこの先1年以上はかかるであろう。参考文献の『沖縄昆虫野外観察図鑑』に載っていないのも多いので、図書館の大きな図鑑で調べなければならない。大きな図鑑はおそらく、県立中央図書館にしかないだろう。なかなか行けない。

 シロスジヒトリモドキは割と大きなガで、近くにいれば目に付きやすい。私は2度出会って、2度とも写真が撮れた。私の通常の行動範囲である那覇市の公園、宜野湾市の畑の周辺などで見たことはない。1度目は本部町の備瀬フクギ並木、2度目は源河川。目に付きやすいし、個体数も多い方とのことなので、文献にもちゃんと記載があった。

 シロスジヒトリモドキ(白筋灯擬):鱗翅目の昆虫
 ヒトリモドキガ科 琉球列島、台湾、東南アジアなどに分布 方言名:ハベル
 名前の由来、『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「前翅は灰黒色で基部から中央にかけて白色の条紋があり、和名はそれに由来する」とあった。見た目通りということ。ヒトリモドキは、ヒトリガ科という一群があるが、それに似ているからと思われる。そのヒトリは「一人」でも「独り」でも無く「灯」、灯火へも飛来するところから。
 山地、平地の林内に生息し、日中も見られるが夜間に灯火へも飛来する。吸蜜は夜間に行うとのこと。私が見たのは2度ともヤンバルの林内で、1度目は平地、2度目は山地、平地では真夏の真昼間、山地では真夏の夕方にお会いしている。
 前翅長30ミリ内外。成虫の出現時期は5月から11月で、個体数は多い方とのこと。幼虫は典型的な毛虫で、食草はイチジクなど。
 
 成虫  
 
 記:ガジ丸 2012.2.2  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつ読書する? | トップ | 欲望の行きつく所 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ケノーベルからリンクのご案内(2012/03/03 09:32) (ケノーベル エージェント)
那覇市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。