ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オートー

2013年11月05日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 土着のミカン2

 タイトルは忘れたが、沖縄民謡に沖縄に産するミカン類の歌がある。その歌詞にミカンの種類がいろいろ出てきて、タンカン、シークヮーサー、オートー、カーブチーなどの名前があったと記憶している。どれも名前は知っていて、タンカン、シークヮーサーは実物も良く知っており、何度も食べている。が、オートー、カーブチーはそれと知って実物を見たことは無く、それと知って食べたことも無い。
 去年11月、東京在の友人I氏とヤンバルドライブへ出かけた際、宜野座村の道の駅に寄った。そこの野菜売り場にちょうど収穫時期だったようでオートーがあった。カーブチーは?と探したが見当たらなかった。その代わりタルガヨーという聞き慣れない名前のミカンがあった。店の人に「タルガヨーって初めて見ましたが、どういうものですか?」と訊いた。「オートーと○○○との交配種です。オートーより甘みがあるんですよ」との答え。で、両方買って帰る。○○○が何だったかは忘れてしまった。
  オートー、カーブチーは有名で、おそらく私が生まれる前からあったであろう。『沖縄大百科事典』に両方とも載っているが、私の知らなかったタルガヨーは同書に無い。ちなみに、1963年発行の沖縄語辞典にはタルガヨーも含め3種とも記載がある。

 去年食べたオートーは文献の説明通り酸味が強かった。半分はそのまま食ったが、残りの半分は料理や泡盛の香り付けに使った。文献にも10月から11月収穫のものは料理用に向くと書いてあった。甘みが出るのは年明け1月とのこと。
 食べたオートーとタルガヨーの種を播いて、今、300坪の畑なっぴばるにはオートーかタルガヨーか判らないどちらかの苗木が10本植えられている。もしもその内の1本でもオートーであったなら、今度オートーを食べる時は1月に収穫したものを食べてみたいと思っている。実が着くまでに9年かかるが、・・・生きているかなぁ。
      
 オートー(青唐):果樹・添景
 ミカン科の常緑中木 原産地は不明 方言名:オートー
 オートーという名前は沖縄語でこれが和名となっている。名前の由来はいくつかの文献に書かれており、青い唐九年母の意とのこと。唐九年母(中国から来た九年母)という種があり、それの青いものということで青唐と略され、オートーと発音される。ちなみに九年母(クネンボ)はミカン科の常緑低木で、名前の由来を記した資料は手元に無いが、実生からだと結実までに9年を要することからその名があると聞いている。沖縄語では九年母をクニブと発音し、柑橘類の総称となっている。
 果実の大きさは100グラム前後。果皮はなめらかで剥きやすい。カーブチーに比べると酸味が強い。台風や病害虫に強く、結実は安定していて生産性は高い。
 収穫時期は10月中旬から11月下旬だが、この時期は酸味が強いので主に料理用として利用される。1月以降になると熟し、甘みが出る。『沖縄大百科事典』に「種子が多いのが欠点」とあったが、その通りカーブチーに比べても多い。
 写真にあるタルガヨーはオートーと何かの交配種とのこと。

 記:2013.10.26 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 反省の読書 | トップ | 化学兵器禁止畑 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。