ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウイキョウ

2013年02月08日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 憂い今日

 友人の元美人妻Iさん、「元」は「美人」だけでなく「妻」にもかかっているが、彼女は今独りでは無い、パートナー(と彼女が呼ぶ男性)がいて、彼と共同で飲食店を経営している。その飲食店は、昼間は主に和食で彼女が料理し、夜は飲み屋になってパートナーのTさんが主に料理する。彼は洋食のコックなので肴は主に洋食となる。
 そのTさんから「ウイキョウが欲しいんだけど、作れる?」と頼まれた。ウイキョウは英語名をフェンネル(fennel)と言い、洋食ではよく用いられるとのこと。
 頼まれたのはもう三ヶ月も前の事だが、農協にもホームセンターにも置いてなくて、家庭菜園をやっている親戚や知人にも持っている人はいなかった。それが先日やっと、近所のハルサー(農夫)大先輩、87歳の爺様Nさんから頂くことができた。Nさんの畑からウイキョウの苗を6株ほど頂き、私の畑なっぴばるの一角に植えた。

  フェンネルもウイキョウもその名は聞いたことあるが、ピンとこない。沖縄名をイーチョーバーといい、フェンネル=ウイキョウ=イーチョーバーとくれば、その姿がピンとくる。沖縄では有名な薬草の一つ。雑炊の具や天ぷらにして食すことも知っている。
 ただ、食し方は知っているが、私はかつてそれと知ってイーチョーバーを食った記憶は無い。母の作った料理の中にあり、知らずに食べたことはあるかもしれない。

 Nさんからウイキョウの苗を頂いた日、Nさんからはまた、袋一杯のウイキョウの葉も貰った。それを車の後部座席に置く。車の中は良い匂いがした。芳香剤など使わない私の車がデートにも使える車となった。翌日その葉を料理人のTさんへ届ける。
 「ありがとう。でも、欲しいのはウイキョウの根の方なんだ」とのことであった。
  Tさんからは他に、ビート、バジルも作って欲しいと要望がある。平和運動家の婆様Zさんからは薬草いろいろ、ハンダマ、ウンチェー、クミスクチンなどの注文がある。これらの内、バジルを先日やっと植えたばかり、他はまだ何の準備もできていない。
 Nさんから貰ったウイキョウの根が食用になるほど育つには、1年はかかるであろう。せっかく買う人がいるのに私に売るものが無い。300坪の畑なっぴばる、安定した収入(小遣い程度でも)を得るにはまだまだ時間がかかりそうだ。

 昨日は未明の雨で、土が濡れていて畑仕事は難渋した。予定の半分もできなかった。枝豆の種播きがもう一週間遅れている。今日も昨日と同じく未明に雨が降り、畑に入れそうもない。空を見上げると曇り空、憂い今日となっている。
 
 
 ウイキョウ(茴香):葉菜・薬用
 セリ科の多年草 地中海沿岸の原産 方言名:イーチョーバー
 ウイキョウは広辞苑に茴香と漢字があった。生薬として古くから利用されていたらしいので、ヨーロッパから中国へ伝わり、中国で茴香と名があてられ、日本へ伝わった際に、その漢語がそのまま和語になったものだと思われる。
 英語名はfennelという。フェンネル、ヨーロッパでは古くから利用されている薬用・香辛料、果実から採れる精油は石鹸香料などにも使われるとのこと。
 高さは1~2メートル。葉は糸状に裂ける。枝先に長い花序を出し、淡い黄色の花を多くつける。開花期は夏。全体に芳香があるが果実は特に強い。秋に熟す。
 生薬として香味料や薬用に用いられる他、茎葉は野菜としてサラダ、雑炊、魚汁、天ぷらの具などに使われる。果実や精油は健胃、去痰に効くとのこと。

 記:2012.2.6 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 骨粗鬆インフレ | トップ | 農夫の信仰 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。