座敷ネズミの吉祥寺だより

吉祥寺って、ラッキーでハッピーなお寺ってこと?
中瀬の吉祥寺のあれこれをおしゃべり。

山門の上棟式

2008-10-28 | 山門
いつの間にやら、山門が復元(?)されつつありました。







今回、山門は修理ですので 材木の色が 新しかったり、古かったり。



でも、そこがまた面白いんですよね!






格天井も 当然ながら 今回は絵はありません。



でも、木目がとてもキレイ!






着々と工事は進んで 昨日の好天の日に 上棟の運びとなりました。





新しい棟札は ご用意いただいた板に 住職が書いて準備してありました。

 

現在の 役員の皆さんのお名前が書き連ねてあります。





皆さんで、般若心経一巻!





「帰依仏」の半纏をまとった吉祥寺の役員さんたち。





カシラが着ていらっしゃるのが、観音講の半纏です。

古い棟札も 新しい棟札と共に 再度 取り付けられました。






手前の枝垂れ桜が咲き誇る頃には 山門も美しく仕上がっているかと思います。


コメント

彫物師 政五良

2008-09-26 | 山門
9月7日の記事の 3番目の画像、



この一番左側に 近隣の地区前「S」と共に
「彫物師 政五良」とあります。

Iさんのお話では、
I地区の G兵衛さんのご先祖の奥さまのご実家がS地区で、
そちらの家系に彫物師の方がいた、とのことです。

こちらは特定できませんが 貴重な情報だと思い、記事にしました。






お彼岸に 彼岸花咲く。 なんの不思議なけれど。


コメント

山門の棟札の棟梁

2008-09-25 | 山門
さて、昨日ご登場いただいた、H地区のIさん、
この方が 棟札を見ていてが気付いて下さったのですが、
棟梁がわかりました。

観音寺は H地区の人たちの菩提寺だったそうで、
棟梁も 地元の方だったのです。







これです、この、河田弥傳次さん、
H地区の 河田H左衛門さん宅のご先祖だったのです。

「あすこんちの先祖に 大工がいたって話だ。」

過去帳で探してみると、確かにいらっしゃいます、弥傳次さん。

おお! Iさん、貴重なその記憶の数々、大事になさってくださいね!



大工の棟梁、河田弥傳次、弘化4年(1847)に亡くなってます。

弘化4年(1847)は 天保2年(1831)の16年後。

山門の仕事は 脂の乗った時期だったのかも?!

残念ながら 過去帳では
お生まれはいつか、何歳で亡くなったのか、まではわかりませんでした。





ということで、山門を造った棟梁が判明しました!

すごいなー。



Iさん関連の記事は もうひとつ続きます。


コメント

棟札  その3

2008-09-09 | 山門
今回整備する鐘楼と山門は
元は 観音寺というお寺のものだったのだそうです。

その観音寺が 後に吉祥寺に合併されてましたので
建物も吉祥寺に引越しをしてきた、というわけです。

ただし 観音寺の本堂は K市K地区のR寺さまに移築され、
本尊の観音像は 吉祥寺の薬師堂におまつりされました。

そして 南門の棟札の裏には 山門を移築した時の事が書かれていました。




観音寺 正門ヲ 合寺ニ付 吉祥寺正門 移ス

棟札 大工 石原市太郎
      
        同 兵三郎

        同 信太郎











合寺世話人

   衆議員  齋藤 安雄

   村 長  河田 文衛



建築委員

   石川 暢次郎

   川田 高三郎

   石川 政四郎






大正二年 

四月廿七日



住職

権大僧都 能円(?) 覚宥





大正2年は1913年、今から95年前ですね。

第一次世界大戦中です。

前年には夏目漱石の『こころ』、阿部次郎の『三太郎の日記』が、
この年には森鴎外の『山椒大夫』、芥川龍之介の『羅生門』が出版されています。




この頃になってくると 知った名前が出てきて、ぐっと身近になりますね。

ご先祖さまに、感謝申し上げます!


コメント (3)

棟札  その2

2008-09-07 | 山門



写真はあまり得意じゃありません。。

頑張って 撮影してみます。

って、これはこの前の写真ですが(苦笑)。



天保二年 七月廿日 

御棟札 大工 河田弥傳次


これは、読めますね。 嬉しいですね!(笑)






当山 無住 長勢山 住職 新井

乗円 兼務 即 明治十五年 十月五日 補裡之


これも、読めました。 やるじゃん!(笑)



これは 明治に修理した時(1882年)に書き加えたものですね。

(この年のこの月、早稲田大学が創立されています。
 伊藤博文や板垣退助が 渡欧したりしている年です。
 時の総理大臣、いや、太政大臣は、三条実美!)

この頃には 観音寺は住職が住んでいないお寺、「無住」になっていて
吉祥寺の住職が兼務して管理していたようです。

新井乗円というのは 大活躍した吉祥寺の住職ですね。

この名前、郷土史に興味がある方は 覚えておいて損はありません!








下の方には 細かい文字がいっぱい書いてあります。

多分 天保二年当時のものではないかと想像していますが・・・?







右から読んでいいのでしょうか?(汗) 

読んでみます!(大汗)

下道寺 
多嘉谷 ○弥(?)

当所 
河田 宇八

平塚
松本 兵八

○子 由次郎(?)

下手計
根○ 佐重

水戸
柴田 源吉

大戸・・・(栃木県の地名だとのI氏のお話です。)
湯(?)本 松(?)次良

矢島
福島 龍蔵

越後国 三人

下手計
彫物師 政五(?)良






中の段に行って

当所
河田惣吉

小我○
石塚丹次良

山川村
高橋 浅五良








がんばって、一番下の段に行きます。

世話人 中澤 茂重良

    石川 長次郎

    石橋 孫八 充○←これは読めないのではなく、書けない。
                あ、結局、読めないのか。。。 矢偏に巨。

    令子 粂八

    石川 房○○ 孝播

    河田 仙次郎 重尚

    石川 令七

    河田 茂右衛門 重延(?)

    川田 広(?)右衛門

    石川 吉左衛門 ○展(?)






そして 最後に 左下、

大阿闇梨 竪(?)者 法印 覚順代【花押】




・・・・・・・・・ふう(汗、タメイキ)。

ご先祖様はいらっしゃいましたか?(笑)



次回は 裏に挑戦してみたいと思います。


コメント

棟札  その1

2008-09-05 | 山門
南門を解体する過程で 棟札が出てきました。

火事になったら灰になって 跡形もなくなってしまう運命の木材。

こうして残っていてくれて嬉しく思います。

そればかりか、文字もくっきりと読み取れて、感激です!




天保2年 7月20日の建築だった南門。

天保2年は 西暦1831年です。 (えーと。177年前?!)

時の将軍は徳川家斉、 
水戸藩では 徳川斉昭が 藩政改革をしている頃です。



大工の棟梁の名前は 河田弥傳次!   いよッ、色男!?  大棟梁!!


コメント (2)

南門  その2

2008-09-05 | 山門
おとといまでは 確かにあった南門。









きのう すっかりなくなってしまって、もっとなくなるらしい。。。





こんなのや、




こんなのが、 


ごろごろと 置いてあります。

コメント

南門  その1

2008-08-27 | 山門
先週末、南門に足場がかかり、
修理のための解体の準備が始められました。

きょうはお天気もよかったので いよいよ屋根瓦をはずし始めました。








本当に、瓦の下は 泥なんですねえ。





これは、南側から撮ったもの。

今年も 百日紅がきれいに咲いていますね。








一方、これは 南門の中央を 下から眺めた写真。

わずかながら、胡粉の跡が認められます。

武人像でしょうか?





こちらはうさぎ?



胡粉は 
顔料(がんりょう)とよばれる昔ながらの絵の具ひとつで、
貝殻を天日にさらし、数ヶ月~何十年もかけて風化させたものを粉砕し、
水で溶き、粘土状になったものを板の上に延ばして更にさらして
造られるのだそうです。

気が遠くなりそうですね(笑)。



これらの絵を再現するのは無理だろうと思いますが、
惜しい気持ちでいっぱいです。






28日追記
昨日は骨組みだけになった南門の屋根を 撮影しようと思っていましたが
グズグズしていて 撮影する前にブルーシートがかけられてしまいました。


コメント