座敷ネズミの吉祥寺だより

吉祥寺って、ラッキーでハッピーなお寺ってこと?
中瀬の吉祥寺のあれこれをおしゃべり。

雨があがった!

2006-07-19 | おしゃべり
ついさっき、
雨が上がりました。

毎日続く雨にウンザリしていましたから、
さっそく、
カメラを片手にちょっと、そこまで(笑)

雨に濡れたススキの仲間の草の穂が
なかなかきれいでした。



津波の被害の出た国、
津波もないのに土砂災害の続く国内、
水は人間にとってなくてはならないものなのに
多くても少なくても大変なことになります。

吉祥寺では 降り続く雨に
松葉菊が傷んでしまっています。

それから洗濯物が・・・。

でも被害の出た地域の方々に比べれば
どうということもありません。

みなさんのお宅ではいかがですか?
コメント

水神様

2006-07-01 | 年中行事
7月1日は 
吉祥寺の不動堂で 
水神様のおまつりをします。

私はお留守番で参加したことはないのですが、
護摩は焚かないそうです。

この水神様は
もともとは
旧暦の7月1日に行われていたものなのでは
ないのでしょうか?

今年の旧暦7月1日は 7月25日に当たるようです。

もうすぐですね。

そのころには梅雨も明けて暑くなっているでしょうか。



この水神様のおまつりは
梅雨が明けたあとの農作物、
特になんと言っても<稲>の生長のために
水不足にならないように、との願いから生まれた
行事らしいのです。

日照りで水不足の夏は困りますからね。

要するに、雨乞い(あまごい)のまつりであるとか。



そういえば妙法院で拝見した絵馬に描かれた馬、
覚えていらっしゃいますか?

黒馬でしたね。

黒い馬は <雨乞い>を願い、
白い馬は 反対の 長雨を止めるために奉納したもの、
と伺った記憶があります。

(違っていたらゴメンナサイ

雨が降らなくても 降り続きすぎても 困るので
昔から日本人は 神仏にすがってきたのですね。

今年はまだ 水不足の声は聞きませんが
少々降りすぎ?

農作物に影響が出てきていますね。

日照時間は 人間の手に負えないところ。

やはり神・ホトケに祈るしかないのでしょうか?
コメント