座敷ネズミの吉祥寺だより

吉祥寺って、ラッキーでハッピーなお寺ってこと?
中瀬の吉祥寺のあれこれをおしゃべり。

角大師の掛け軸

2021-01-22 | 古いもの

ついでに、元三大師の掛け軸について

(忘れないうちに)書いておこうと思います。

 

 

 

 

中瀬の吉祥寺の角大師(元三大師)の軸は、

すべて木版で刷ったもので、

その上から書いたり押印したりした部分はないようです。

 

一番上の方に「梵本心経」と書いてあり、

サンスクリット語か パーリ語で 般若心経が書いてあるのかな?

と予想できます。

 

 

          

 

 

 

それに続き、くねくねとした文字が連なっていて、

さも「読み仮名」ならぬ「読み漢字」を振ってあるかのように

くねくね文字の間に 小さな漢字が書かれています。

 

いざ!

 

 

「帰命一切智聖者観世音自在覚有情甚深智恵彼岸到乗修行

 制度意者観照巳時五蘊等自性皆空照見告鶖鷺子色空・・・」

 

あれ!?

 

全然、般若心経じゃない!!!

 

それに、どこで区切ったら良いのか、見当もつかない!

 

 

 

とにかく、「空」の字の次から。

 

 

「空是色色不異空性空即是色相是如受想行識然是告鶖鷺子」

 

あ、また「鶖鷺子」が出てきた!

 

というところで、調べました、「鶖鷺子」。

 

「舎利子」、つまり舎利弗(しゃりほつ)の事らしいです。

 

鶖鷺(しゅうろ) = シャーリ、

鶖鷺子(しゅうろし) = 舎利子(しゃりし)

 

お釈迦さまの弟子で、一番 お釈迦さまのお話を聞いた人ですね。

 

 

そろそろ嫌になってきていますが、

もう少し頑張ります。

 

 

「諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故身子空中無色無受無想無行

 無識無眼耳鼻舌身意無識聲香味触法無眼界乃至無意識界無無明無無明盡

 乃至無老死無老死盡無苦集滅道無智無得無得故覚有情是智恵彼岸到依

 住心無罣礙心無罣礙無有恐怖無怖畏故遠離顛倒夢想究竟圓寂三世所有

 諸覚者智恵彼岸到故智智恵彼岸到是大咒是大明咒是無上呪是無等等咒

 一切苦能除真無実虚亡真実智恵彼岸到解智恵彼岸心経巳竟」

 

 

たぶん、合ってると思います。

 

あれ? この文字、間違えてない? と思う部分もあります。

 

そして この後に「梵本縁起法身偈:」とあって、

少しサンスクリット? が続きます。

 

 

ふう。

 

疲れたので、つづきはまた。

 

 

 

コメント

芭蕉の句碑

2019-11-29 | 古いもの

中瀬の吉祥寺には、芭蕉の句碑があります。

 

近年、 裏側も見られるような場所に 移しました。

 

吉祥天の右下にあります。

 

 

 

句碑を見る(読む) ~ 歴史や文学を考える ~ ような人達が

案外 大勢 いらっしゃる事が分かりました。

 

市民大学講座の卒業生が「深堀講座」と称して

より深く学び、より楽しんでらっしゃるのですが、

大型バスに乗って 40数人が 

市内のあちこちの句碑をめぐり、

中瀬にもおいでになりました。

 

吉祥寺では 芭蕉の句碑を見たり

講師の先生のお話を聞いたり

本堂の彫刻を眺めたり。

 

 

 

そう、あの方向に 句碑があります。

 

 

 

10月の予定でしたが、

台風の影響を心配して 今週の月曜日に変更になったのでした。

 

穏やかな日になって、良かったですね。

 

 

吉祥寺の後は 

土手に上がって 中瀬の河岸場をしのんだり

問屋・河十の母屋を見学したり

桃井可堂 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E4%BA%95%E5%8F%AF%E5%A0%82

の塾があった場所を訪ねたりなさったようです。

 

 

若い方は あまりいらっしゃいませんが 

皆さん 若々しく 生き生きとしてらっしゃって 

お手本にしたいと 憧れます。

 

 

 

ちなみに、中瀬の吉祥寺のイチョウの黄葉は

 

 

まだ こんなものです。

 

 

 

コメント

掛け軸の文字

2017-06-08 | 古いもの
これは、ええと。。。(汗)

5月4日に外すときに撮影した画像です。

先々代の文字です。   



   これは、「無」であると、
4月の仏游会の時にI川先生に教えていただきました。

そう言われてみれば、確かに、「無」のような・・・(苦笑)

右上の赤いハンコには、「止観明静」と書いてあるそうです。

そう言われてみれば、そうも読めそうな・・・(苦笑)。






   本来無東西

   何処有南北




以前は ご葬儀の折に葬列を作り、<四方旗>というのを地面に立て、
<穴回り>と称して その周りを ぐるぐると歩いて回ったのでした。

そう、これは その<四方旗>に書かれていた文字と同じではないでしょうか。




最後の文字は、
「南台妙門良泉」です。


そこにある落款には、「南叡山主」 「良泉」 とあります。






これは、現在 下げられているもの。

「仏心   慈 と 悲」

ですね。

どう読むのでしょう?

仏の心は 「慈」 と 「悲」 である、という意味なんでしょうけど。

「ぶっしんとは、慈 と 悲 なり」とでも?



そして「慈」も「悲」も、解釈は 私にはちと難しい。


   読めません!
「大僧正」しか。









こちらは、住職が若かりし頃に 中国に行って求めてきたもの。

春爛漫、といった趣の絵です。     
 
牡丹?芍薬?

絹本彩色なので、表装をちゃんとやれば それなりに見えるかもしれません。

まだ30年は経っていませんが、「古いもの」カテゴリーで見ていただきました。


コメント

不動堂の太鼓

2014-10-13 | 古いもの
夜になって 雨足が強くなってきました。

そんな中、修理した 向島の不動堂の太鼓の画像です。



          



修理が終わって 納品された 向島の太鼓です。



          







胴には 雲らしき彩色がみられます。







これは、取り外された皮です。

何の皮を使っているのでしょう?







今回 修理する事になった理由は、これ。

          
           片面、皮が破れてしまったのです。







皮にも 彩色の跡がみられます。

どんなにきらびやかな太鼓だった事でしょう!






詳しい事は、一切 わかっていません。

ただ、古い事だけは 確かなようです。





「重好」と読めます。







「請合」「御太鼓師 丸山三右ヱ門」でしょうか?



どんな方が作ってくれたのでしょう?

しっかりとした仕事を 残してくれました。


コメント

サンスクリットで南無阿弥陀仏

2014-07-07 | 古いもの
先月の仏遊会には 
サンスクリット(梵語)で写経をするはずでしたが、

急用で変更になってしまいました。

その仏遊会に合わせて 本堂の掛け軸は 
サンスクリットの「南無阿弥陀仏」でした。

   





これは、2013年5月30日のブログにも収録されているものです。


写経は、いつか ちゃんと する予定です。

何を書くのか、は 私にはわかりませんが(苦笑)。






もう一方の掛け軸は 手も足も出ている達磨大師です。

   





ある意味、お目出度い?


コメント

9月の掛け軸

2013-10-13 | 古いもの
先日 住職がいない仏遊会を行いましたが、
本堂の掛け軸は 掛け替えてありました。



   西にあったのは、こちら。



平成7年とありますので、
これは「古いもの」とは言えませんね。




「宝篋印陀羅尼(ほうきょういん だらに) とありますので、
きっと 宝篋印陀羅尼が書かれているのだと思います(苦笑)。







え~~。

読めません(涙)。

世の中には 読める人もいらっしゃるらしいです。






   東側は、こちら。





シワシワのオジサマが 書を読んでいます。


              


              

                爪が長いオジサマです。





後ろに川が流れていて、ほとりに鼎(かなえ)なんか置いてあります。





角があるなあ、と思っていたら 鹿がいました。



函には 「古画仙人」とありました。



こちらは、古そうです(笑)。

何しろ、全体が黒くて、見てもよくわかりません。

こうして 写真に撮ってみて 初めてわかる部分も多いのです。

残念ながら、
書いた人の名前や時代などは 一切 書いてありませんでした。


コメント

8月の掛け軸

2013-08-11 | 古いもの
6月は 水無月会(宗祖伝教大師のお命日)がありましたので、
宗祖大師の掛け軸でした。










7月は、どうやら、掛け変えをサボったようです(苦笑)。






今月は 先日の仏遊会に合わせて 掛け変えました。



お盆月ですので、「南無阿弥陀仏」   
                      
                      雲洞さんの書



これは 本堂の東南の角、涅槃図のそばです。






それと、涼しげな水辺の絵
                      

              

こちらは、本堂の南西の角です。









   










読めるでしょうか?(汗)   


               

          
               


               


丁酉 清和 月 吉 堂 海 復 寫 於 蕪(?)  楊柳 室(?)


               

あと、ハンコがふたつ(笑)。



お盆に 本堂においでになった時に 眺めてください♪

少しは涼しく感じていただけるでしょうか?

(いえ、きっと暑いですよね。。。)



                 


コメント

毘沙門天像と南無阿弥陀仏

2013-05-30 | 古いもの
先日の仏遊会に間に合うように
架け替えた掛け軸です。



   南無阿弥陀仏

と書いてあるらしいです(汗)。

ム? 字数が合わない!!!?



   魚山 三千院門主 沙門



   慈紹

と読めます。





もうひとつは、長男が生れた時に誂えた
毘沙門天像、
ですからこれは「古いもの」からは はずれます。

















   オマケです。


コメント

小学生とお勉強

2012-08-01 | 古いもの
豊里小学校の4年生が 吉祥寺にお勉強に来てくださいました。

先週の金曜日の事です。

住職を囲んで、いろいろ聞いたり触ったりしていただきました。








小学校の学習の一環だそうです。

まずは 無礙光寮(客殿)で、
吉祥寺の歴史を中心に お話をさせていただきました。

少し、難しいかと思われます~。








次に 本堂へ。

もちろん、象香炉を またいで 上がっていただきました。

これは 本尊さまの前での写真です。





中陣の 彫刻や天井絵の話をしています。





本堂 西奥の大師殿には 
八部修のひとり、迦楼羅(カルラ)が笛を吹いています。



このカルラは 護摩壇の上に立っていますが、 
金属の蓋を持ち上げてもらいました。



本来は ここで護摩木を焚くのですね。

でも 現在は ここで 護摩を焚く事は ありません。








これは、摩尼車(まにぐるま)といって、
グルグルと回すものです。

一回まわすと、一回 お経を読んだのと同じ意味を持つ、
という話です。

一回まわすと 
お経一回分の 修行になり、
お経一回分の 功徳(くどく)があるのだそうです。






お寺には 音の出るものが たくさんあります。

本堂では さまざまな楽器?を鳴らしていただきました。



   ご存知、木魚です。 

ポクポクというより、ボンボンという音がしました。



  これは、磬子(けいす)といいます。

座敷ネズミは、「ざるがね」と呼んでいますが?

「がお~~~ぉぉん・・・」という音がします。

正しいたたき方を 学習していただきました。

(私も知りませんでした!)



   金剛鈴(こんごうれい)です。 リンリ~ン。

住職が読経する時に坐る礼盤(らいばん)の前の
金剛盤(こんごうばん)の上に置いてあるもので、
普段は、触っていただく事もできません!

こういう密教法具は、
ピカピカで カッコいいものです(磨いてあれば)。




  

笛を吹く迦楼羅(カルラ)の部屋にある太鼓です。 



それから、レインスティックもあり、
まるで雨が降っているような音をたててみました。

レインスティックを除いて、どれもみんな、
古い古いものばかりです。






一音庵(書院)も ご案内させていただきました。



渋沢栄一子爵の掛け軸 「鎮護国家」も 掛かっていますよ。

庚午(かのえ・うま)の年号が入っています。

昭和5年(1930年)の10月に 揮毫されたものです。

それ程古いものでは ありませんね(笑)。






夏休みに入って間もない、暑い暑い日で、
みんな汗だくです。

住職の作務衣の汗染みが 暑苦しさを増していますね(苦笑)。

小学生が持参なさった水筒に入った氷の音だけが 
涼しそうでした。








最後に 鐘楼の上に 上がっていただきました。

あそこは 涼しい風が吹いているはずです。

お~~い、そこから何が見えますか~?










吉祥寺にとっても 日本にとっても 全世界にとっても
一番大切なのは 
君達のような 若い人達の
これらかの健康と活躍です。

古い事を学習して 
今後に役立てていっていただきたいと思います。

健やかに育ってください。


コメント

7月の掛け軸

2012-07-19 | 古いもの
本堂の南・西に掛けてある掛け軸です。  





どなたか、読み方を教えて下さい。

「思い は 邪(よこしま) 無し。」

で、いいですか?(汗) 






「天台座主 大僧正 周湛」と読めます。






一方、こちらは 本堂 南・東側 の掛け軸。   



   読めました!

「釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)」です!



この掛け軸、天海僧正の字だ、と言うのですが?



どうやって見極めましょうか?


コメント