座敷ネズミの吉祥寺だより

吉祥寺って、ラッキーでハッピーなお寺ってこと?
中瀬の吉祥寺のあれこれをおしゃべり。

中瀬河岸場

2021-05-09 | おしゃべり

NHK大河ドラマ「晴天を衝け」は 

今夜から「一橋家臣編」が始まります。

 

血洗島編が終了して

あの美しい血洗島の風景からは 遠くなりそうな気配ですが、

我が家では 全員 毎週 楽しみに見ています。

 

2日の日曜日も もちろん見ました!

 

そして、大騒ぎしました!

 

「吉祥寺が映った!」

 

 

 

いえいえ、中瀬の吉祥寺の、駐車場が、ですけどね(笑)。

 

 

 

 

 

番組の終わりに流れる、数分間の紀行映像、

これも私は楽しみにしているのですが、

もちろん、地元が度々登場する今回は

これまで以上に 一所懸命に 

目を皿のようにして見ていて、

毎回 テレビの画面に吸い寄せられていますよ!

 

 

 

     

 

 

2日の番組では、「中瀬河岸場跡」という事で、

吉祥寺の駐車場近辺が画面に映っていた、という訳です。

 

う~~ん。確かに、「中瀬河岸場跡」ですけどね。

 

 

 

あの手前、テレビには映っていなかったのですが、

錆びた説明版が立っています。

 

曰く、

 

「 中瀬河岸は、江戸時代から明治初年にかけて、

 利根川筋の河岸場として大いに繁栄した。

  慶長十二年(一六〇七)に江戸城修築の栗石を

 中瀬から運んだ記録があり、この頃には既に中瀬

 からの 水運が行われていたようである。その後、

 中瀬は周辺の物資の集積所となり、上流や下流から来た

 乗客や荷物を積み換えるように定められ、関所のような

 役割も果たしたという。最盛期には、大小百隻近くの舟が

 出入りし、問屋・旅籠屋などが軒を連ねて賑わった。

  明治十六年(一八八三)の高崎線(現JR)の開通により

 次第に衰退し、明治四十三年の大洪水とその後の河川改修で

 河岸場の姿は失われた。         (第二十四号)

  平成五年十一月          深谷上杉顕彰会」

 

 

と書いてあります。

 

 

先週の紀行番組に映っていたのは、

その「軒を連ねて賑わった通り」であり、

失われてしまった河岸場の姿の、さらにその後の姿

なのでした。

 

単純に この看板から後ろを振り返って見た、

そんな視点でシャッターを切った写真だったようです。

 

少しも繁栄の面影を感じさせない、

寂しい中瀬の吉祥寺の駐車場界隈でした(涙 )。

 

少し残念です。

 

 

歴史的に見て 鉄道が敷かれる以前には

舟運が重要な役割を果たしていた、

という事が

これまでの私の認識などは 全然甘くて、

すごくすごく重要だったんだ、との思いが

近年 どんどん強くなってくるのです。

 

まして 中瀬の吉祥寺にご縁をいただいていますので

中瀬の、中瀬河岸場の繁栄が どれほどのものだったのか、

と思うのですが、

とても想像しきれないもののようです。

 

土地の古老のお話を 

もっといっぱい聞いておけば良かった、と

悔やんでいます。

 

(お話のどこまでが本当かも、よくわからないんですけどね。)

 

 

 

 

 

さて、今夜も見ますよ、TV。

 

(五代友厚さまが登場するのは楽しみですね!

 

 

 

こんな石碑も説明版のすぐ下にあります。

 

          

 

 

 

コメント

6月の仏遊会は外で!

2021-05-08 | 仏遊会

明日の仏遊会は

お天気も良さそうなので 屋外で行います。

 

吉祥寺の境内探検ですね!

 

住職から どんな自慢が飛び出すでしょう?

 

ヤマボウシも 今 とてもキレイです!

 

 

 

午後1時からです、お待ちしています。

 

 

 

コメント

『渋沢栄一の深谷』

2021-05-05 | おしゃべり

ブラタモリに出演なさった方(例の、「砂壌土」のセンセイです)

の著書に『渋沢栄一の深谷――写真で訪ねる ふるさとの原風景』

という本があります。

(著者:河田重三 清水勉、さきたま出版会、1800円+税、

 協力:公益財団法人 渋沢栄一記念財団)

 

 

 

          

          都内某所の書店にて。オッと思って撮影。

 

 

 

タイトルに「写真で訪ねる」とあるように、

写真でいっぱいの本です。

 

栄一の生涯を通した多彩な活動を反映して

多様な方面から あらゆる活動の歩みと

その背景を紹介していて 飽きさせません

 

というか、まだ読んでいないのですが、

飽きなさそうです。

 

 

 

 

「8 利根川舟運の拠点 中瀬河岸場」の写真、

「遠く榛名山(左)と赤城山(中央)を望み、

 利根川を背にする中瀬集落」(p29)

という写真を見て、住職は

「中瀬の吉祥寺が載ってる!」といって大声を出しました(笑)。

 

また、パラパラとめくっては 

ここは、あそこだ! と喜んでいました。

 

地域を知ってる人には とても楽しい本です。

 

知らない人には 

身近に感じていただける写真でいっぱいの本です。

 

中瀬河岸場を 渋沢栄一を 桃井可堂を 煮ぼうとうを

東京駅を 深谷の煉瓦を 富岡製糸場を 東京商工会議所を 

東京証券取引所を 東京都健康長寿医療センターを 

血洗島を 渋沢平九郎を

少しでも知りたいと思う人には

ぜひ手に取っていただきたい本です。

 

1800円(税別)です。

 

 

 

 

コメント

見たぁ? ブラタモリ

2021-05-05 | おしゃべり

土曜日の「ブラタモリ」、ご覧になりましたか?

 

私はとっても楽しみました。

 

だって、ご近所の風景や 知ってる人がいっぱい出てきて、

映ったり お話してくださるんですから、

楽しいですよぉ。

 

地面に上手に絵を描いた可愛らしい小学生のお顔も 

エンディングで拝見できましたし、

私的には、とっても良い番組でした。

 

 

 

それにしても、「砂壌土」って、知りませんでした。

 

というか、「砂壌土」という言葉さえ 知りませんでした。

 

中瀬の吉祥寺近辺の土は 粘土質だなぁと感じていましたが、

砂が多く含まれているとは 考えてもみませんでした。

 

知らない事を学ぶ事ができるって、楽しいです。

 

なんか、賢くなれたような気になるじゃないですか。

 

楽しいです。

 

そんなところに「ブラタモリ」が好きな理由が

あるんだと思います。

 

 

 

「砂壌土」。

 

う~~~ん。

 

忘れそう。

 

 

 

コメント

5月の仏遊会

2021-05-04 | 仏遊会

5月の仏遊会は 5月9日(日曜日)の 午後1時からです。

テーマは 「吉祥寺探検 大師殿・青不動」です。

 

大玄関からお入りください。

 

場所は本堂内、大師殿 と 青不動 の部屋で

あれこれと宝探し()をします。

 

 

 

前回の仏遊会でも 天候不良のため 

本堂内で 宝探し()をしました。

 

中瀬自慢、吉祥寺自慢が多かった気がします。

 

ブラタモリでも垣間見えていましたが、

中瀬を含む利根川流域が 

経済的にも豊かで 

文化の香り高い地域だった事が 関係していると思います。

 

さて、大師殿と青不動の部屋で どんなものが見つかるでしょうか?

 

どうぞお楽しみに。

 

 

仏遊会は どなたでも参加していただけます。

どうぞお気軽に お集まりください。

密にならないように気を付ける必要があります。

手指の消毒と マスクの着用をお願いします。

 

 

 

コメント

明日は必見! ブラタモリ

2021-04-30 | おしゃべり

先週のNHK「ブラタモリ」をご覧になりましたか?

 

埼玉の特集という事で、

「ブラタモリ」で撮影した長瀞の過去の映像が流れていました。

 

地形が特殊で、長瀞はやはり特別な場所なのだなぁ、

と知りました。

 

 

 

来週は「深谷」との事で、

度々 深谷の映像が挟まれていましたが、

中瀬の吉祥寺のご近所さんが映っていましたよ!

 

すぐ近くのお宅です

 

とっても楽しみです

 

渋沢栄一に関連した映像が多くなると思いますので、

「渋沢栄一記念館」とか「深谷ネギ」とか「ふっかちゃん」とか、

あと 深谷産の煉瓦と東京駅との関連で

「ホフマン輪窯」とか「深谷駅」とかも出てくるのではないでしょうか

 

 

残念ながら 「中瀬の吉祥寺」は出演していないのですが、

とっても、とっても、楽しみです

 

皆さん、どうぞ お見逃しなく

 

 

 

          

           3月19日撮影

 

 

 

コメント

4月の仏遊会は17日! 午後1時から!!!

2021-04-13 | 仏遊会

4月の仏遊会は 17日(土曜日)の 午後1時からです。

 

午後1時ですよ!

 

間違えないでくださいね!

 

午後1時です!

 

 

内容は、ひとつは 「花まつり」。

 

花御堂にお釈迦さまがいらっしゃいます。

 

もうひとつは、

「境内お散歩 吉祥寺のパワースポットを見つけましょう」

です。

 

いつもの中瀬の吉祥寺の、いつもの境内ですが、

パワースポットとは???

 
 
 

 

住職は いったいどんな答えを用意してるんでしょうね?

 

屋外で 密を避けて 楽しみたいです。

 

雨天・強風の場合は 本堂探検をしていただく事になっています。

 

それも 面白そう!

 
 
 

 

 

どうぞ お楽しみに!

 

 

 

先の記事の投稿から 2ヶ月以上 時間が開いてしまいました。

 

直接お会いした何人かのお檀家さんに

記事の更新がありませんね、と言われてしまいました。

 

でも、全員 元氣です!

 

あ、風邪気味か。

 

訂正。 全員、元氣で、風邪気味です!(笑)

 

桜はもう散りきって、
芝桜からドウダンツツジにシフト。
 
そして ケヤキの新葉が美しい季節になっています。
 
 
 
どうぞ皆さま 中瀬の吉祥寺にお出かけください。
 
仏遊会は 4月17日の 午後1時からです。
 
 
 
 
画像は いずれも日曜日に撮影しました。
 
 
 
コメント

応援したい

2021-02-04 | 夢を叶えるために

昨日は立春を迎え、着々と日が長くなっていますね 

 

古い話で恐縮ですが、

元旦の朝刊に 競泳の池江璃花子選手の

特集記事がありました。

 

池江選手といえば、好成績を連発していたさなかに

白血病と診断され、

治療を経て 去年復活したばかり。

 

それなのに驚異の好成績を出していて、

私などは「なんで???」となっていました。

 

 

 

記事の中で

「復帰後のレースを見て、やはり天才だと驚く声も」

という言葉に

「嫌な気はしないけれど、

 少なからず私は努力しているつもり」

と返した池江選手。

 

「努力は苦にならない。

 

 きついことは しなきゃいけないし、

 

 きつくないと

 『あ、強くなっているな』という実感が湧かない」

 

んじゃあ、いったい、どんだけ努力してきたんだ 

 

 

 

水に顔をつけられない時期に

キックの練習ばかりやっていて

キックが得意になってきた、

と記事にあります。

 

スゴイ努力家ですね 

 

 

 

 

 

    

何年も大活躍してたのに、まだ新成人になったばかり。

美しいです。

 

 

 

 

 

私が魅せられたのは、新聞記事の、この写真。

 

        

 

まるで 翼を付けて青い空を飛ぶ鳥のよう。

 

バタフライを泳ぐ池江選手の写真だそうで、

写真の横の解説には

「手足の周りに、水泡がきれいな左右対称を描く(2018年アジア大会で)」と。

 

「池江の泳ぎは 白鳥が舞っているみたいに美しい」

と評する選手もいたそうだ。

 

ならば、これから彼女の描く翼は 

まさしく不死鳥の羽ばたきだと思う。

 

どれだけ多くの人が勇気づけてもらえるだろう 

 

 

 

 

 

今年のテーマを漢字で、と問われて

「飛躍、活躍、躍進の『躍』」

と答えた池江選手。

 

是非とも応援したい私は、

吉祥寺から

「跳躍」の「躍」ではなくて「跳」の文字を贈りたい。

 

     

 

本堂西側にある 力強い文字。

 

中瀬の吉祥寺とご縁のあった女性からの奉納です。

 

 

 

池江選手、活躍を祈っています 

 

 

 

コメント

吉祥寺の不動堂、テレビ出演!?

2021-02-02 | おしゃべり

向島地区にある吉祥寺不動堂が

テレビに出ます!

 

 

 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」は

初めて埼玉県が舞台となります(途中まで?)。

 

我等が郷土の偉人 渋沢栄一が主人公です。

 

若き日の渋沢栄一を語るうえで、

地理的なものは はずせません。

 

生誕の地が、利根川という水運の要衝にあった

という事は さまざまに影響を与えていると思います。

 

商売も、知識も、思想も、行動も。

 

利根川を渡って北へ向かう人々の多くは

当地近辺を通ったはずです。

 

渋沢栄一の藍玉もそうでした。

 

水戸の天狗党もそうでした。

 

そういった時に 

中瀬の吉祥寺周辺の川岸地区の船着き場は

さまざまなものを見てきたのでしょう。

 

向島地区の不動堂も、また。

 

 

大河ドラマ「晴天を衝け」の放送が 

2月14日から始まります。

 

2月21日に放送される第2回の後の、

「ふるさと紀行」の中で

向島の不動堂や 

河岸場の面影を残す川岸地区の通りが

紹介される、と 公民館だより2月号にありました。

 

吉祥寺周辺が どんなふうにカメラに写るのか、

楽しみなような、心配なような(笑)。

 

 

 

 

 

画像はどちらも10年前のものです。

 

節分 その2

 

OGPイメージ

節分 その2 - 座敷ネズミの吉祥寺だより

1時頃から護摩を焚き始める、と聞いていました。その1時頃に家を出て歩いて行きました。不動堂に到着すると、まだ護摩の最中。住職が護摩壇の前に座...

節分 その2 - 座敷ネズミの吉祥寺だより

 

 

 

 

 

 

強風の中で 本堂や観音堂へのお詣りを済ませ、

ともかくも、今年の節分祭も 無事に終りました。

 

この、節分が2月2日って、極めてレアな事だって、

御存知でしたか?

 

節分は 2月3日の事が多いのですが、

2月4日の事もあったな、と うっすら記憶しています。

 

2月2日になるのは、124年ぶりですって

 

貴重な機会では ありました。

 

 

 

コメント

節分追儺会 2021

2021-02-02 | 年中行事

これが、向島の不動堂の節分追儺会ですかね?

 

 

 

 

中瀬の吉祥寺の不動堂は 向島地区にあります。

 

いつもなら 地区の役員の皆さんのお世話になって

近所の方々とか ちょっと遠くの方々とか

ゴチャゴチャと大勢にお詣りいただいている節分です。

 

今年は、なにしろ、

「人が集まらないように!」と工夫していただき、

閑散とした不動堂周辺でした。

 

寂しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもやはり お勤めはお勤めとして

務めさせていただきました。

 

お坊さんが2人と 地区の役員さんが3人、

5人のみがお堂に入りました。

 

不動堂は 本堂と違って、狭いのでね。

 

私は外からお詣りを。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨は止んで、しっとりとした空気。

お日さまが顔を出し、風もまだ静かで 

気持ちの良い日になりました。

 

 

風情のある不動堂で 豆まきをするも、

声を出すのは住職のみ。

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症の終息を

併せて祈ります。

 

 

悔しいです。

 

 

 

コメント