goo

お葬式とご法事 その7

     資料  人は なぜお葬式をするのだろう?

1.生まれる事と死ぬ事を発見 
  → 哀惜の念・死の恐怖 
  → 死後の世界・神や悪魔や霊魂etc.

2.愛情と恐怖

3.ネアンデルタール人・天若日子







時間があっという間に過ぎていきます。

次に 、お葬式に係わる文字の深~い意味。



言う間でもなく、
日本人は 素晴らしい民族なんです。

歴史や文化を観れば一目瞭然、
最近でも、震災後の復旧復興の様子や、
オリンピック・パラリンピックでの 日本人選手の活躍など、
ほかのどんな国よりも素晴らしいと思います。

この素晴らしき日本を培ってきた要因の一つは 日本語です。



日本人は 漢字文化を大切に育てながら文化を継承し、
発展させてきました。

感性とか 品格とか 言われるものですね。

本家本元の中国では、
漢字を極端に崩してしまい、
簡化字などと称して、わけのわからない字になってしまっています。

韓国や北朝鮮のハングル文字に至っては、
かの国の学者さんの多くが、
本来 世界に類を見ない程の素晴らしき朝鮮民族の文化は、
ハングルを使うようになって ストップし、退歩してしまった、
と言っています。

漢字には 一文字一文字に意味があります。

その漢字文化を、旧漢字・新漢字など 多少の変化はあるものの、
忠実に守り、引継ぎ、発展させてきたのは
日本人なんです。

と、大上段に構えなくても、
結構面白いんですよ、漢字っていうのは。

一つの字から、昔の人のいろんな思いが見えてきます。

お葬式に関るいくつかの文字に限って 考えてみましょう。

先ず、お葬式の  という字。



     資料  お葬式の文字の深~い意味

1.葬 ~ 遺体の処理方法、離れて置く ⇒ 葬式、葬儀、葬祭 etc.

2.弔 ~ 供養の方法、共にある ⇒ 弔問、弔辞、弔電 etc.

3.寿命 ~ 命をことほぐ、死者との会話

* 喪・柩・冥・甕・奠・樒・涙・泣 etc.







資料  臨終 ~ 葬儀・告別式

1. 枕経・通夜・葬儀・告別式・荼毘・葬列(穴回り)・納骨(仏教的墓の意味)・墓直し・忌中払い(道場払い)・清宴

2.棺道具 ~ 本位牌と野位牌、紙位牌、卒塔婆(七本塔婆、六角塔婆、十三佛塔婆)、墓標、四華、松明、膳、奠湯 奠茶、四十九餅と枕団子、杖、起龕 鎖龕(釘打・石)、血脈、剃刀(守り刀)、袈裟(棺掛け)、祭壇(喪屋と花祭壇)、高張提灯、四龍旗、六地蔵、生花と常花、遺物etc.

3.戒名 ~ 院号・道号・戒名・位号 = 法号・法名(㊟ 宗派の違い多し)

4.お布施 ~ 三輪清浄(三輪空寂)の布施・・・施者と受者と施物の三つが清らかで、執着しない。 坊主丸儲けとサラリーマン坊主

5.菩提寺 ~ 檀家と菩提寺と宗教・宗派 信教の自由とご縁



資料  初七日 ~ 四十九日忌

1.三途の川、針の山、・・・だから忌中払い
 
  参考 ~ 明治7年 太政官布告第180号「服忌令」



資料  百箇日忌 ~ 四十九日忌

1.追善供養

2.数の7と名の7



資料  三十七回忌 ~ 

1.報恩供養

2.人から神へ ~ 虚空蔵菩薩に導かれて

  参考 ~ 荒御霊。和御霊。歳神様







今日は、ここまで!

まだまだ続きます!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お葬式とご法事 その6

直葬が増えているようですが、

直葬っていうのは、
病院、あるいは自宅等で亡くなった遺体を
直接火葬場へ持って行き、
火葬が終わった遺骨を 直接墓地へ持って行き、
納骨しておしまいって事ですが、

堕落した坊主や神主や神父や牧師に高いお布施を払うより、
金儲け主義の葬儀屋に高い料金を払うより、
故人の知り合いだと言って寄って来る知らない人に
ペコペコ頭を下げながら接待するより、

自分で、
例えば 親の最期を送ってやりたいから葬式はやらないっていう人は、
それはそれでいいと思います。

自分だけで親の最期を送る事が 実はお葬式だからです。



でも、本当にそうなのですか?です。

親の葬式をしないのは、面倒だからじゃないのか?

お金がもったいないからじゃないのか?

自分の怠惰な気持ちの言い訳ではないのか?

それは 誰にもわかりません。

だから安心して お葬式をしないで下さい。



でも、本当の事がわかるただ一人の人がいます。

それは 自分です。

自分は自分に嘘はつけません。

大切な人の最期に、
嘘をつく事は 許されないはずです。

もう一度 言います。

お葬式は 
人間の智恵と 人を思うやさしい気持ち、感情が
集約されたものです。




ちなみに、北京原人は 
ネアンデルタール人より 一昔前の
猿人に近い原人で、
脳の量が ネアンデルタール人より少ない。

ネアンデルタール人と 現代の私たちの脳の量は
ほぼ同じです。

教科書に出てくるもう一人の有名原人、クロマニョン人は、
ネアンデルタール人より ちょっと進化した新型原人です。



今日は、ここまで!

まだまだ続きます!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あかるいほうへ

平成29年の新春に當たり、謹んで至心に三宝を誦し、
併せて 檀信徒の皆様の御清栄を心よりお祈り申し上げます





一休宗純の名前を知っている方は多いと思います。

風狂の禅僧一休・とんちの一休さん なとども呼ばれ、
乱世の室町時代をひょうひょうと生きた、
とてもポジティブなお坊さんです。

この時代では 驚異的に長生きをした人で、
なんと87歳で、
「死にたくないよ!」と言いながら、
晩年出会った愛する伴侶 盲目の森女(おしんさん)に見守られて
亡くなられたお坊さんです。



一休さんの逸話は枚挙にいとまが無いのですが、
お正月というと思い浮かべるのが、
或る消化に招かれた一休さんが
主人に頼まれて揮毫した

門松は 冥土の旅の 一里塚
 めでたくもあり めでたくもなし


ですね。

実はこの時、
この句に続けて

この家から葬式千代

とも書かれていたそうです。

この揮毫を見た主人は 最初怒ったそうですが、
よくよく考えると

人は誰でも定められた一生を生きた後、
 等しく死を迎えなければならない。

 これは当たり前。

 今年もお正月を迎える事が出来た。

 めでたい事だ。

 浮かれたばかりいないで、
 ご先祖の恩に報い、
 子孫繁栄を願い、
 しっかりと自分の人生を生き抜き、

 この家が これからも幾久しく、
 十代、百代よりさらに、
 千代も続いていくように頑張れ


という一休さんのエールなんだと解ったそうですよ。






この一休さんを囲んで、お弟子さんや信者さんが
こんな話をしていたそうです。


「一休さま、極楽って どの方向にあるんですか?」


「私は、夕日が沈むときの美しさが、
 この世が一番輝いている時だと思います。

 あれは、西にある極楽世界が 
 太陽に照らされて輝いているに違いありません。

 極楽は西にあるんだと思います」


「いやいや、私は早起きで、
 毎日 陽の出を見ていますが、
 朝焼けの清々しさは 
 これから始まる一日の活力を 私たちに感じさせてくれます。

 極楽は東にあるはずです」


「ちょっと待って下さい。

 お釈迦様は 北に頭を向けて涅槃に入られたんですよ。

 北は人を目覚めさせる方角なんです。

 北にこそ 極楽があるに違いありません」


「一休さま、極楽って どの方向にあるんですか!?」


「ん? 極楽か? みなみにある!」



極楽世界は どこにあるというものではなく、
 「皆 身に有る」という頓智です




人の「幸 不幸」「喜び 哀しみ」「慈しみ 憎しみ」「楽しみ 苦労」、
喜怒哀楽 すべてを感じるのは、
その人自身の心にほかなりません。

お正月ですね。

冥途の旅の一里塚です。

世間の理屈にしばられないで、
自分自身をしっかり保って、
本音でのびのび人生を歩んでいきましょうよ。

未来に向かって!

あかるいほうへ!

檀信徒の皆さんが、
幸せな一年を過ごせますよう、
心からお祈り申し上げます。


                             山主合掌






新年祈祷札について

◎戸守り ~ 火防(ひぶせ)・盗賊除(とうぞくよけ)のための
       当山独特の御守護札です。
       玄関などにお祀りして下さい。

◎本山札 ~ 天台宗の総本山 比叡山延暦寺から取り寄せた、
       唐山檀信徒各家の一年間の無事を祈念するためのお札です。
       仏壇や神棚(無い方は 茶の間や客間)等にお祀りして下さい。

◎吉祥寺・西泉寺 勤行儀 ~ なるべく短く、なるべく優しいお経の本を作りました。
       住職の還暦記念です。
       天台大師(60歳で遷化されました)和讃と 伝教大師和讃も
       校訂して載せました。
       お仏壇の奥に仕舞いこむ前に、一度だけでも目を通していただければ
       ありがたいです。
  


当山のものであるなしにかかわらず、古いお札、お塔婆等はお焚き上げ供養をします。
 お申し出下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お葬式とご法事 その5

さて、この遺体の埋葬
で遺体を飾っていたのはなぜか?



一緒に遊び、猟をし、
寝て、起きて、
喜び合い、けんかして暮らしてきた仲間が、

動かなくなった、
話しかけても返事をしてくれなくなった、
息をしなくなった。



先ほどお話した、
死ぬという事の発見です。



愛しい仲間が死んでしまった。

かわいそう、
寂しい、
悲しい、
そんな気持ちは 遺体を放っておけなかった。

きれいなで飾ってあげたんですねぇ。

お葬式の始まりは を飾る事だったんです。

今でも お葬式の時、
柩の中にを入れて送り出してあげますよねぇ。



大切な人にをささげる、

宗教を問わず 祭壇にはが飾られる、

仏教の散

それから結婚式の時だって 新郎新婦にを投げてあげますよね。






そして もうひとつの理由。

死体を放っておくと 
すぐ他の動物が来て それを食べてしまう。

だから、愛しい仲間の死体は 隠さなくっちゃ。

土の中に埋めて、で覆って。

いずれにしても、
残された人の 死んでしまった人への愛情、
優しい優しい気持ち
がなくちゃ
そんな事はしません。






人間に一番近いと言われているチンパンジー。

皆さんは テレビで見た事がありませんか?

死んでしまった赤ちゃんチンパンジーに
お母さんチンパンジーが 一生懸命 おっぱいをあげようとしている。

いつもしっかり抱きかかえながら 赤ちゃんを守ろうとしている。

でも 赤ちゃんは 死んでしまっているんです。

涙を誘う映像です。



でも、やがてお母さんは 赤ちゃんが死んでしまっている事に気づく。

そして 赤ちゃんの死体は 放っておかれることになる。

この赤ちゃんを守るお母さんチンパンジーの行為は
本能がそうさせている。

感情じゃないんですねぇ。

だから もちろん お葬式はしません。



象は 死期が近づくと 象の谷 という決まった場所に行って
静に身を横たえると言われています。

猫も自分の死体は 飼い主に見せないよう、
死ぬ時は どこかへ行って
ひとりで死ぬものだと
子供の頃 教わりました。

でも、象も 猫も 仲間のお葬式は しません。



お葬式をするのは 人間だけです。



原人であるネアンデルタール人は お葬式をしていました。

現代社会に生きる人間で、
お葬式をしない人種・民族は いません。

国・地域は ありません。


人間だけが、猿人から人間になった時から 
ずっと お葬式をしてきているんです。



なぜ?



お葬式は 
人間の知恵と 人を思う優しい気持ち、感情が
集約されたものだと思います。


お葬式をするという事は、
人の人としての品格の表れだと思います


お葬式無用論を言う人は・・・

はっきり言います・・・

人じゃありません。

原人に及ばないからです。






今日は、ここまで!

まだまだ続きます!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

平成28年 大施餓鬼会のご案内

「お葬式とご法事」の連載中ですが、
先月 お施餓鬼のご案内をお出ししましたので、
今日はそちらを掲載します。



     平成28年大施餓鬼会のご案内

合掌 天高気清の候、
貴家ご一同様に於かれましては 愈々御清栄の事と拝察申し上げます。

さて。当座恒例の大施餓鬼会 並びに 檀徒各家先祖代々諸精霊総回向
本年は 下記のとおり 執行致します。

尚、本年の法話は、浮津千愛先生に アルトサックスの演奏をお願いしました。

洋楽のみならず、演歌やフォークソングなども 演奏曲目に入っているそうです。

皆様 お誘いあわせの上、是非 ご参詣下さい。
                                  再拝

               

     1、日時     11月19日(土曜日) 午後1時参集

     2、回向市納金  卒塔婆一本につき 基準 5,000円




☆平成22年に告知させていただきましたが、諸般の事情により、
 昨年より 施餓鬼回向市納金を 御塔婆1本に付き5、000(基準)
 とさせていただきます。

 何卒 ご了承ください。
 

☆同封の郵便局「払込取扱票」が そのまま申込書になっていますので、
 必要事項をご記入の上、郵便局で志納金の払い込みをお願いします。

 (直接 吉祥寺へお持ちいただいても受け付けさせていただきます。)


☆準備の都合がございますので、お申し込み(郵便局払込取扱票)と
 回向市納金納入は 10月31日までにお願います。


☆回向料の領収証は、郵便局「払込取扱票」を以て代えさせていただきます。

 (6ケ月間 保管しておいて下さい。)

 別途領収証が必要な方は 取扱票通信欄に その旨お申し出ください。


☆卒塔婆を申し込まれて当日欠席された場合は、当山にて後日建てておきます。
 
 墓地が遠方の方は 卒塔婆を郵送させていただきますので お申し出下さい。


☆深谷市中瀬地区内のご親類を通してお申し込みになる方は、
 お申し込みと納金が 重複しないように よく連絡を取り合って下さい。








*ペットのお墓が完成しました

 ・ペットの種類は問いません
 ・火葬された遺骨である事が埋葬の条件です
  (深丘園などの火葬場で有料で火葬してくれます)
 ・合葬します
 ・志納金は、埋葬、葬儀、法事、戒名、墓誌揮毫 等、
  各1万円が基準です。
 ・常時お申し込みを受け付けています


*先祖代々の墓地、合奏墓(涅槃の塔)、永代供養墓 を分譲しています。

 後継者でお悩みの方は、檀徒で有る無しに関わらず、吉祥寺宛にご相談下さい。


*当山寺庭婦人が 「心理カウンセラー」として 心の悩み相談を受け付けています。

 お気軽にお問合せ下さい。





今日は、ここまで!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ