ささやんの天邪鬼 座右の迷言

世にはばかる名言をまな板にのせて、迷言を吐くエッセイ風のブログです。

殺人者の人権を尊重する?

2016-08-31 14:45:57 | 日記
たいへんな違いである。フィリピンでは、大統領の命令の下、麻
薬の密売人や常習者がどしどし殺されるというのに、日本では、
人を殺した凶悪犯が、住宅に立てこもったまま、14時間たった今
でも警官隊とにらみ合いを続けている。

和歌山の事件である。人質がいるわけではない。いや、犯人は自
分自身を人質にとっているのだ。自分の頭に銃口を向け、「寄ら
ば撃つぞ」の構えを見せて、警官隊と対峙している。

こんなふうに自分を人質にとることができるのも、日本ならでは
のことだろう。フィリピンでもアメリカでも、日本以外の外国な
ら、犯人は自分の拳銃の引き金に指をかける前に、治安部隊の狙
撃手によって即刻、射殺されているに違いない。日本では凶悪犯
であっても、その「人命の尊重」が至上命題とされ、生きたまま
での捕獲が目ざされるのだから、たいへんな違いである。

和歌山の犯人は、すでに拳銃で人を一人殺し、三人に重傷を負わ
せている。つまり彼は「人命の尊重」を蔑ろにした殺人者なのだ。
にもかかわらず、彼自身の「人命の尊重」がまずもってはかられ
るとしたら、これは喜劇以外の何ものでもない。「人命の尊重」を
蔑ろにした者の「人命の尊重」をまずもってはかる、という喜劇を
見せつけられても、「なんで?」という疑問符すら抱かない現代日
本人の麻痺した感性には、我ながら驚かされ、同じ国にいるのに、
まるで自分が遠い異国に迷い込んでしまったように、「なんで?」
と、不思議の思いを抱かざるを得ない。

それとも、同邦の皆さん!この喜劇のあまりの滑稽さに、呆れ果
てて声も出ないのですかね?
コメント

大統領 麻薬と人権

2016-08-30 15:41:22 | 日記
社会から麻薬を撲滅すると宣言していたドゥルテ氏が、 フィリピ
ンの大統領選挙に当選した。彼は大統領に就任すると早速この宣
言を実行に移し、就任して2カ月足らずで麻薬密売人や常習者な
ど2,000人を殺害したという。

この報道には、「よくやった!」と喝采をおくりたい気持ちが湧
くが、他方では、「ちょっとやりすぎじゃないのか?」と疑問視
したい気持ちも湧いてくる。この私のような反応は、麻薬=社会
を汚染する悪、と見る一方、殺人を忌避する日本人には、ありが
ちな反応ではないだろうか。

この新大統領は、いったい何を考えているのか?国連の関係者
(人権問題に関する特別報告者)は彼のやり方に対して、人道上
の懸念を表明したというが、この大統領は、軍の駐屯地を視察し
た際、このことを念頭におき、兵士たちに向かって「人道に対す
る罪だって? はっきり言えば、そもそも、やつらは人間なんだろ
うか? 人間の定義とは何だ?」と語ったという。

彼のこの言葉に、私は二つの点で疑問を禁じ得ない。一つは、「
非人間の定義」である。やつら(麻薬密売人や常習者)は人間で
はない、と彼は見なしているようだが、そう見なす根拠は、いっ
たい何なのか? 

もう一つは、「生きる権利」の問題である。「人間でなければ殺し
ても構わない」と彼は考えているようだが、「非人間は生きる権利
を持たない」あるいは、「非人間は生きる権利を持っていても、そ
れを奪うことは許される」という考え方を、正しいと見なす根拠は
いったい何なのか?

大統領の宣言の原点に立ち返って、そもそも、麻薬撲滅が必要と
される理由はどこにあるかを考えてみなければならない。摂取者
に常習性を植え付ける麻薬は、それを高額で買うことになる摂取
者の人生を狂わせ、彼の家族をも奈落の底に突き落とす。これを
高額で売りつける組織の側には、莫大な収入がもたらされ、それ
がこの組織の活動資金として使われる。かつては北朝鮮軍が活動
資金を得るために麻薬を密造・密売し、現代では過激軍事組織IS
(イスラム国)が同じことをしていると言われている。日本では、
YAKUZAなる反社会的勢力が、組織拡大のために同じことをしてい
るのは周知の事実だ。

麻薬没滅の戦いとは、そうした反社会的・反政府的・反国家的組
織との闘争にほかならず、とすれば、組織そのものをたたかず
に、組織の末端にいる密売人やその顧客を殺害しても、埒は明か
ない。尻尾を何回切っても、トカゲは死なないのだ。

フィリピンの新大統領は、戦いの相手を間違えているのではない
か・・・と思ったが、ネットの情報をよく調べてみると、彼
は(麻薬王と言われる)組織のトップを呼びつけ、「麻薬から手
を引かなければ、殺すぞ!」と強く警告したというから、あなが
ち彼が「敵を間違えている」とは言えないのかも知れない。

この大統領は、その暴言癖のためにアメリカの大統領候補トラン
プ氏に比されるが、この不動産王とは違って、それなりの人物で
あるようだ。
コメント

息子の犯罪 親の責任

2016-08-27 16:09:29 | 日記
俳優の息子が強姦致傷の罪で逮捕されたことで、母親の女優が
記者会見を開き、涙ながらに謝罪の言葉を並べ立てていた。テレ
ビのワイドショーで流された映像を見ながら、考えた。息子が罪
を犯したとき、その母親の責任は一体どうなるのだろうか?

一般に、青少年の人格形成には、育てられた環境が大きな影響を
及ぼすと言われる。だから息子がグレれば、その母親は「あんた
の育て方が悪かったからだ」と非難される。そんなふうに非難す
るのが世の常であり、また、それが世間というものである。

しかし子育てを終えた人なら、子どもが自分の思い通りには育た
ないこと、むしろ親の期待を裏切ることが少なくないことも、し
ばしば痛感させられたことだろう。二人の子供を同じように育て
ても、二人は決して同じようには育たない。一方は優等生に育ち、
一方は不良の落ちこぼれになる。だから「親の育て方に問題があっ
たのだ。責任をとれ!」と言われても、親としては途方に暮れるば
かりだ。

もっとも、親が意図しないところで、家庭での日常的な親のふる
まいが、子どもの人格形成に大きな影響を与えてしまうこともあ
る。たとえば、DVが絶えない家庭で育った子供は、愛情表現が稚
拙で、暴力的な性格になりがちだという。よく指摘されるこうした
ケースであれば、息子が粗暴な性格で、暴力沙汰を起こしたことに
対して、その責任の一端は親にあると言うこともでき、裁判になれ
ば、情状を酌量して、刑の軽減が考慮されるケースになるだろう。

もう一つ、子どもの人格形成に影響を及ぼす要因として、家庭環
境のほかに考えなければならないのは、遺伝子的な要因である。
人のふるまいは遺伝子によって決定されるというが、遺伝子は本
人の意思にかかわりなく、親から子へと譲り渡される。こうした
考え方からすれば、子どものふるまいの原因も、またその責任
も、彼自身にではなく、親の側にあると言いたくなるが、親の側
だって意図して当該遺伝子を子供に付与したわけではないのだか
ら、責任云々を言うなら、それは親のそのまた親へと辿っていっ
て、先祖代々まで遡らなければならない問題になる。しかし、今
は草葉の陰で眠っている曾祖父母に責任を押しつけてみても、ど
うなるものでもない。

さて、このところ世間を騒がせている女優の息子の強姦致傷事件
の場合は、いずれのケースに当てはまるだろうか?本人が「性欲
が抑えられなかった」と供述していることからすれば、この行為
は自由意志によるものではなく、遺伝子に支配された結果だと考
えられるが、問題はその先である。

「だからこの行為の責任は、(強姦致傷に及んだ)息子本人に
はない」と考えて、本人を無罪放免にしてしまったら、大きな
問題を残すだろう。そうなれば、世にはレイプ事件が満ち溢れ
ることになり、女性は安心して暮らせなくなる。被害者感情を
考慮すれば、女性に不安と苦痛の種をまく者には、何らかのペ
ナルティーが課されて然るべきである。
コメント

キ〇〇〇にSLBM

2016-08-25 14:52:20 | 日記
北朝鮮がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射に成功し
た。これは日米の安全保障にとって、――特に日本の安全保障
にとって、かなりの脅威になるだろう。

潜水艦を使うSLBMは、移動が容易で、発射準備も探知されにく
いため、THAADやPAC3のような従来の迎撃システムでは、効
果的な対処が難しいのである。

アメリカがTHAADを――北朝鮮のSLBMによる核ミサイル攻撃
には役立たずのTHAADを、今さら韓国に配備するとなれば、中
国は「これは、我が国を軍事的に牽制するためのものに違いない」
と主張して、ますます反発を強めるだろう。

北朝鮮のSLBMという新たな脅威に、ではアメリカはどういう軍
備で対処しようとするのか? アメリカの軍首脳は「やはり先制
攻撃しかない!核を使わない先制攻撃を、陸と空から仕掛けて、
北朝鮮をつぶすのだ!」という結論に達するかも知れない。

そうなれば、日本の周辺には一挙にきな臭さが漂い始める。

う~ん、困った。敵方が「話せば分かる」まともな相手なら、
事は簡単なのだけれど・・・。
コメント

地位 その名と実と

2016-08-23 13:46:49 | 日記
悲しいことだが、歳をとれば誰でも心身の能力は衰えてくる。若
かった頃と同じようには仕事が出来なくなる。それなのに、背負
わなければならない仕事の重みは増す一方だ。辞めたい、と思
う。職を辞して、後進に道を譲りたい、とあなたは思う。

しかし、組織を統率する役割をあなたに期待する相手は、まだ辞
めないで欲しい、と言う。いま辞めてもらっては困る、と言う。
仕事を続けるのが体力的に厳しいのなら、名前だけでも構わない、
職務の大半はだれかに代行させることにしますから・・・。わが社を
統合するために、いわばシンボルとして、我々はあなたの名前が
欲しいのです、――そういう返事が返ってくる。

さて、どうしたものだろうか。名前を貸す。そのことにあなたは
大きな抵抗を感じるのだ。名と実が伴わなくなるのは、老人にな
ればよくあること。名実の不一致に目をつぶるのも、仕方がない
ことなのかも知れない。会社側の要求を呑んでも良いのかもな。
でも、それもこれも、俺の職務を代行してくれる後任が、俺と同じ
ぐらい申し分なく、俺の職務を代行してくれれば、の話だ。しか
し、そんなことはまず望めないしなあ、とあなたは考える。

俺の気持ちを分かってもらうためには、とあなたは言うだろう。
美空ひばりでも、北島三郎でもいい、抜群の歌唱力を持った演歌
歌手のことを考えてもらうのが良い。ひばりやサブちゃんは、
「美空ひばり歌謡ショー」や「北島三郎歌謡ショー」と銘打っ
て、ショーの中身を若手演歌歌手に代行させることを、認めるだ
ろうか? そんな羊頭狗肉の詐欺商法に、自分の名前が使われる
ことは嫌だ、と彼らは思わないだろうか? 二人とも、そんなこ
とはやめて欲しいと思うに違いない。自分ほど上手に「川の流れ
のように」を唄える歌手はいない、自分ほど上手に「与作」を唄
える歌手はいない、と思うからだ。

あるいは、とあなたは考えるかも知れない。たいへん畏れ多いこ
とだが、天皇陛下が生前退位にこだわられるのも、同じお気持ち
からではないだろうか。「天皇による被災者の慰問」は、天皇に
しかできないのだ。摂政が代行したのでは、それは「摂政による
被災者の慰問」になってしまって、「天皇による被災者の慰問」
でなくなってしまう。「北島三郎歌謡ショー」が北島三郎にしか
できないように、「天皇による慰問」は、天皇にしかできないの
だ。

心身の衰えのために「与作」が上手く唄えなくなったら、「演歌
のサブちゃん」はもはや「演歌のサブちゃん」でなくなる。同様
に、心身の衰えのために「天皇による慰問」ができなくなったら、
天皇は天皇でなくなる。だからそうなったときには、自分は退位
して、別の有資格者に天皇の位を譲ったほうが良い。陛下はそう
お考えなのではないだろうか。

さて、それはそれとして、問題はこの俺の身の振り方だが、どう
したものだろうかなあ・・・。
コメント