真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

チェリーチャンス!

2015-09-28 00:30:37 | 仕事のこと

 

5000個のサクランボの海。優しく静かに激しく波打ってた。愛の波。

昨日、パシフィコ横浜で行われたライブ、アニメ「少年ハリウッド」の

あの神回をリアルに再現したライブ「ときめきミュージックルームSPECIALSUITLIVE」での

高杉ちえりさまのミュージックアニメとライブ演出のデジタル原宿ガールズダンサーたちを制作させてもらいました。

チェリーちゃん!!大アイドル!ステージに登場したとたん、私は声を上げて泣いていました。


謎の大アイドル、チェリーちゃんのことは、私、毎日歯を磨く習慣のごとく、いつも思ってて、、、

詳しくはこちらをどうぞ! http://ddnavi.com/news/237982/a/

もうこんなメディアミックス見たことない。聞いたことない。すごすぎる。

だから、この一世一代の瞬間に関わらせていただいて本当に本当に幸せでした。

久しぶりにエンターテイメントショービジネスのお仕事をさせていただきました。

実質の制作期間、一週間で作れたのは自己新記録出せたなって自信がつきました。

10年前までは、4分の曲のアニメを作るのに一ヶ月はかかったので。もちろん家から一切出られないですが。

作ってて思ったのは、私ってほんっっっっとに絵コンテってないんだなってこと。

あるのは私にしかわからない文字のメモ紙がぺらっと2枚だけ。

監督も演出も私ひとりぼっりで作るけど、事前に考えることとか出来ない。。。作りながらでしか先が見えません。

チェリーチャンスは作っていくうちに、歌の歌詞や曲をイメージしたアイテムをいろんな意味で含んだ内容のストーリーアニメになりました。

しばらく作ってなかった私に「好きなように遊んでいいよ。」って言って依頼してくださった橋口いくよさんのなんとゴッドマーザーな!

誰かに信頼されてものを作るってこと。それは、他では味わえない喜びだった。

どこまでも限界を超えていったところにしか到達できない光も久しぶりに見ることが出来ました。

私はこの光が好きだった。そうだったの。そうだったじゃない。もっと輝かせよう。

チェリーチャンスは、私のチャンスでもありました。

 

 

撮影:増田賢一

 

 

コメント

今年の夏の思い出

2015-09-17 14:07:00 | 日記・絵

 

今年の夏から秋は、まるでジェットコースターに乗ってるみたいだ。

星男での夫婦展を終え、天草、九州に3年ぶりに帰ってご飯を3杯おかわりするほどモリモリ健康を久々に謳歌して、

その前に浴衣を むねくんの分も2枚染めて盆踊り踊って充実して、そしたら、急な訃報で一週間泣き暮れ、

抜歯して痛みに耐えてたら、まだ発表できないですが、現在進行中の一世一代のお仕事の依頼が来て・・・・・。

本当、息つく暇がないですが、私が求めてた気持ちよさってここを通過しなければ得られないものだったんだ。

そのことに気がついた今朝。もうブレない。授かったご縁にあぐらをかかない。与えられた生を全うします。

 

 

星男祭りで。

 

 天草で88歳になったおばあちゃんと。

 

 別府で夫と。

 

門司港にて。

 

天草四郎様と みぞかちゃん。

 天草四郎が浜ビーチでのみぞかちゃん。

 (上載7枚すべて、撮影:増田賢一)

 

 

 

 

夜の真珠子学園もおかげさまで、2回目を終えました。

親愛なる真珠子学園の一人の乙女の死を通して思ったことは、乙女の一生分の情緒を預かるってこと、

人と人との出会いの場所を作るってどういう事かってこと、学園の皆様、いつもイベントなど来てくださったり

SNSなどで関わってくださるすべての皆様に私は本当に恵まれているんだなということ、大好きっていうこと。

いつもありがとうございます。

10月の夜の真珠子学園(絵日記教室)は13日20時~開催します。

昼間の本家真珠子学園(ろうけつ染め、アニメ制作)は、10月  10,11,17,18日の予定です。


今月のイベントは、あと、シャバクラに出演します。

どうぞ遊びにいらしてくださいね。

☆9/29☆「シャバクラ!デラックス」 http://www-shibuya.jp/schedule/1509/006339.html


 

 

 

 

 

コメント

ようこちゃんありがとう。

2015-09-02 20:22:49 | つぶやき

水鳥瑶子ちゃん。


突然、天使のように現れて、天使のように天国に旅立ちました。たくさんの人々に素晴らしい思い出をくれてありがとう。

真珠子学園に水鳥さんが来てくださって皆さんと過ごした日々は私の宝物です。

写真はちょうど一年前1年半かけてストールを仕上げた記念の時、撮りました。

いつも可愛らしくて作品も安定の辛抱強さで仕上げきったから、

この直後から闘病生活に入った時もきっとまた元気になって会えるって信じていただけに悲しくて仕方ありません。


コメント