真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

みぞかちゃん参上!(みぞかって天草弁でかわいいって意味だよ!)

2009-12-30 01:02:10 | つぶやき
みぞかちゃんって女の子が生まれた。
ポルトガルから来ました!

みぞかちゃんのこらいたばい!

「Mizokaって、ブラジルの女の子の名前にもあるみたい。
だから、初めて、天草に来た外国の女の子がものすごく可愛くて、
名前が「Mizoka」だったのでは??
だから、カワイイ人を「みぞか」って言うようになったのでは??」

って、まいちゃんが言いだした!!!!
あーーーーー、あり得るかも!ブラジルと、ポルトガルは天正当時、
繋がってたし、天草にもポルトガルの帆船はしょっちゅう来てたみたいだし!!!
もしそうだったらーーー!!!って思って描きました!
おかっぱで、完全どう見ても日本人ですが・・・w

その繋がりで周辺を色々調べたら、出てくる出てくる・・・
天草の言い伝えや知らなかった歴史・・・

勝海舟が柱に落書きしたお寺は、わたし通ってた保育園だったし、
キリシタン達の首が眠ってる塚は、かくれんぼの場所だった・・・
馴染みの場所も多いけど、改めてまた訪ねてみたいな・・・。


富田麻衣子ちゃんが、「みぞか」って言葉を思い出させてくれたおかげで、
またぐんぐん故郷の魅力に取り憑かれている。

コメント

弱虫の絵

2009-12-27 02:01:17 | つぶやき
わたし、弱虫だから弱虫の絵が出来た。



どうやって絵を描くんだったか忘れて数ヶ月経っていた。
すぐ忘れることは、わたしのいいとこでもあるし、わるいとこでもある。
でもさすがに、絵の描き方を忘れたので、絵をかけなくなったのは、
ちょっと気持ち悪かった。
このままずっと描けないのではないか、という恐怖。
そういうことも、よくあるのだろう。
わたしが立っている場所は、それくらいとっても儚く危うい世界だと思っている。
それをぬぐうためなのかよくわからんけど、
狂ったように、ここ1ヶ月の間にいろんな人に会いに行ったり、
偶然会ったりした。
特に、10代の頃に影響を受けたアラーキー、宇野亜喜良さん、
Yoko Onoさん、リリー・フランキーさんなどとは、
お話とかして、本当に不思議な気持ちになった。
大変刺激になった。
でもわたしには、必死さが足りない・・・

みなさんに会うたびに、もっとこんな質問とかすれば良かった、とか
後悔のし通しだった。

そしてまた、一ヶ月経過して、今日、描けた。
「描けた」、というのは、わたしにとって、「恍惚として描けた」という
ことなんですが・・・

どうやって描くんだったのか忘れたので、それを思い出しても
思い出せないのならば、また最初から、取り組んで描けばいいんだって思った。
そしたら、花を描いていた。
そして、わたしは、弱虫だから、弱虫の絵をかけばいいんだって
気が付いた。
だれも、「強い絵を描け」って言ってないのに、「強い絵を描かなきゃ!」って
無意識に自分に言っていた。

こうやって、自分で気が付かない事ってたぶんいっぱいあるんだろうね・・・。
コメント