真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

みぞかふぇ★ありがとう。

2011-11-10 00:42:15 | 陶芸生活日記

10月11日~天草で1ヶ月滞在して創作し、開催された、”みぞかふぇ”★

無事、終えました。

本当にみなさんありがとう。

まずは創作工程と店舗内装工程、おじいちゃんの宿宿泊運営の3つを

同時進行していた様子を順番に写真にまとめましたのでどうぞご覧ください!

今回は、①丸尾の粘土で、下絵したものと、②それに化粧して描き落としたもの、

それから、③白磁粘土で、上絵するものをいずれも酸化で焼く工程で創作し、

全てを同時進行してて、

全部で湯のみが14個、お人形が19個、ぼたんが、40個、お皿が3枚出来ました。

(スライドショー、写真拡大や、移り変わり速度も変えられます。)

コメント

3年前の陶芸制作日記。

2011-10-10 03:05:13 | 陶芸生活日記

3年前の陶芸制作日記。
http://t.co/trD9uyEm

コメント

東京はらっきょうの匂い

2008-09-20 15:36:29 | 陶芸生活日記
昨日の深夜0時に家に帰り着きました。
24時間以上寝ました。まるに追いかけられる夢で目覚めた!
まるは、わたしと遊びたかったのかな・・・
わたし休みの日もわたしの椅子で寝てたり近くに座ってたそうです。
奥さんのミワさんは、「綿の国星」大好きで、あのチビちゃんの気持ちを
理解しながらまるを育てていました。でもわたしは、どうやって
遊んだらいいのか、遊び方がわからなかったんだよ・・・まるちゃん。
東京に着いたら、まず、らっきょう臭に襲われた。
飛行機着陸して、手荷物置き場あけたらわたしの手提げ、びしゃびしゃ・・・
誰かのおみやげのらっきょうの瓶詰め割れたの???!!怒&笑
最後の日、みなさんの顔を見たらわたし、泣いてしまうって思った。
だからあんまり見ないようにしてたんだけど・・・
大人の男の人と、女の人にじっとこんなに見つめられたことって
あったかしら・・・あった。ずっと小さいときに・・・
何を話したらいいかわからず、
「金澤さんは、ライオンみたい!」って言いました。
いろんな人たちが丸尾焼に引き寄せられている。
凄いと思う。

毎日毎日、この工房に通って、毎日毎日発見があった。
お弟子さんたちともせっかく仲良くなりかけたのに、
さみしいな・・・
でもわたしは、満たされた。
ここ何年かずっと、わからなかったこと、
ぽっかり穴があいていたことが
埋まった。
それは、自分の中にあった。
生まれ故郷で、もう一度、こういう環境で何かできたら・・・
という願いをずっと持っていて、あらゆる奇跡が起こった。
8年かけて掴んだなにか。
長かったようで、瞬きのようで・・・


すけちゃんが、「真珠子ちゃんの一生に一度の仕事、
手伝うよ!」って言ってくれて涙がでた!

また東京でがんばります!
いつも心の中に天草を持って。

この作品は11月1日~5日まで天草大陶磁器市で展示されます!

それまで未公開です!おあずけですー!

展示の時には、また行くので、お弟子さんのみなさん!!!また
リンゴ追分けや、タモリや、信長や、コロンボや、プリンプリン物語
の話(みんなのipodの中身!超サブカル!)で盛り上がりましょうネ★


さてさて、天草にいる間に展示が3つ決まりました!!!

秋は、東京で真珠子巡りしてねーーーーーー!

コメント

帰りのバスの中です…

2008-09-16 18:03:34 | 陶芸生活日記
出発の30分前に完成した。わたしの「海母」。連日深夜ひたすら目地作業、磨き作業…すけちゃんも助っ人にきてくれて鬼に金棒!ありがとう!…最後の最後まで、わたしはこの作品が好きかわからなかった。最後の最後まで変化した。母体に付着した1000余りの赤ちゃんたちは、しがみついてなかった。生えていた。歯と歯茎をぎしぎしと噛み締めた。その時、ようやく初めてこれが好きだ、と思った。放心してこの丸尾焼に初めて来た日のことを思った。皆さんの底知れぬ笑顔…もうその時間の流れが当たり前になっている。東京ってどんなところだっけ?時空を超えたところに放り込まれたようだった。逃げも隠れも出来ない生の人間同士の交流だった。今回の仕事でいつも常に感じ入っていたことがわかった…それは人間の心は本来じんわり染みていくんだってこと…。このことを忘れていた。というか知らなかった。
コメント

付着

2008-09-14 03:15:56 | 陶芸生活日記
夫現る!手伝ってもらって付着作業今日、半分いったかな?今、帰ってきました。また連日睡眠不足が続きそうです。漫画「へうげもの」を買ってきてくれた!これずっと読みたかった!中村先輩に教えてもらったの!というかここ三週間の女将レクチャーのおさらいをこの漫画読んでやってるみたい!笑!女将さんに見せてもらった焼き物写真集で一番好きだと思ったのが志野でした…、それ第一話やし…!笑!面白い。
コメント

削ります。

2008-09-12 18:19:48 | 陶芸生活日記
ルーターで裏を削ります。まるで歯医者さん!
コメント

全部焼きあがった!

2008-09-12 18:18:13 | 陶芸生活日記
絵付けしたもの、昨日と今日でついに全部焼き上がりました!落書き感が焼き付いて一体化した感じです。これから裏に張り付いたものを少し削ります。そしたらやっと最終作業に入ります。大詰めです。
コメント

何を

2008-09-10 09:45:13 | 陶芸生活日記
今日は何を描こうかな。
コメント

宝石

2008-09-10 09:44:03 | 陶芸生活日記
ずっと触っていたい。
コメント

つるつる骸骨

2008-09-10 01:36:34 | 陶芸生活日記
焼き上がりました!美しい。金澤さんが「俺たちがしてることは石を宝石に変えることだ。」とおっしゃった!わたしは今日のところは骸骨で落ちつきました。絵付け作業に入りました。絵も毎日描いていたらどんどん変わる。一応一貫して赤ちゃんを描いているのだけどね!昨日はあの後、旅館に帰ったらわたしのお部屋の床の間の掛け軸替え(毎週替わる!)とお花を活けてた女将さんが、わたしの寝不足顔見て、お風呂入りなさい!と一言!入ってるあいだ、マッサージ師さんを呼んでくれ、お風呂から出てきたら丁度いいタイミングでアイスクリーム入りの冷珈琲を入れて待っていくれていた!それでマッサージ中は、一階からピアノでエリーゼのためにの音が~♪もう素晴らしい手際よさに感服です。今日は俳句を教えてもらった。「つきだしのモズクに沈む月の影」…お料理俳句。いつもモズクにうずらの卵をひとつ落とすのが好きな女将さん!こちらはこれからの季節にぴったり…「黄落や己が影掃く石畳」渋!女将さんさんこちらも師範級だそうです。「おばあちゃん」と暮らすってとっても大切なことなんだな…私のおじいちゃんはいきなり詩吟の先生になってた!このま
え、木曽節をカラオケで一緒に歌った!もっと習いたい!ご飯を食べてから、丸尾焼にお能の見学へ…東京から月二回先生がいらっしゃるそうです。どうしてあの音程にドキドキするのか…また明日も絵付け作業やります。今日はワンピースに飽きてたから着物を着て作業しました。親切な方が着物をくださいました。なくしてたかんざしも!みなさんに恵んでもらっています。わたしは天草の子どもです。
コメント