真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

冬眠からやっと目覚めました!!!!!!!

2018-03-11 01:11:20 | 日記・絵

 

みなさま、こんばんは~~~~~~~!!!!

おげんきですか?いつもこちらのブログにご訪問ありがとうございます。

もう今年も3月も10日も過ぎました!!!

わたくし、2月は一切ブログ書いてなかったんですね~~~~!!!

駄目じゃないか!!!

冬眠してました!!!!!!!!!

びっくりしてもう

←この左サイドバーにTwitterのウィジェット着けちゃいましたよ!!!!!!

Twitterではリアルタイムになんか言ってますので、ぜひブログと合わせて見ていただけましたら幸いです~!!!

いろんな事があったんですよ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、演劇!!!!

上埜すみれちゃんのお誕生日イベントに誘っていただいて、

お芝居を致しました。週1で1月からお稽古したの!

こんなに、誰かと何かを作り上げたことってなかった!!!

貴重な体験でした。誘ってくれて共演してくだたった上埜すみれちゃん、ほんだなつみちゃん、

作演出してくれた藍屋奈々子ちゃん、ありがとう!!!!!

みなさん、一世代も違うお年ながら、完全に私よりお姉さんという貫禄あったな~ すごいな~。

ずっと演技をしてみたかったので、嬉しかったです。

ポンポン持って踊ったり、すごく無邪気な気持ちになれました。

昨年夏に、ここ風知空知さんで行われた宍戸留美さんのイベントからのご縁の皆さまでした。

ご縁って、不思議だよね~~~~~ほんと。だから、私、いろんなところに行くのが好きだよ。

春にも、東京じゃないところで、展示の予定があります。

そのことに付いてはまた詳しく、書きますね!

そのための絵を、今、描いています。

このご縁もね、なんと16年前から大ファンだった方からお声かけていただいたの・・・・。

幸せだね~~~。

夢は叶うね・・・・。

今年も、まだ始まったばかりだけど、いろんな素敵な方々に出逢い、助けていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、私、本当に絵を描くのが大好きになった・・・。

やっと!!!!!!!!!!!!

気がついた!!!!!!!!!!

これから、もっと精進いたしますので、これからもどうぞよろしく御願いいたします。

ということで、3月は、「真珠貝相談室」っていうのやります!

 

 

さっきもお話した「三華三様」の演劇で、藍屋ちゃんが書いてくれた私の役所が、

真珠貝の中で相談をうける役だったんですね。で、最近実際よく相談を受けるので、

やってみようかな~って、星男の櫻田宗久くんに話をしたら、

「真珠貝のからだってね、異物が入ってきたら、それを元に真珠に変えちゃうの。

みんなの悩みを真珠にしたいね。」って、話してくれて、すっごい感動したの。

ということで、13日、20時~新宿2丁目のBar 星男で

最近定番の真珠貝開いて私、ハープとポンポン持ってお待ちしてます。

ハープでお好きなお歌を歌って差し上げて、ぽんぽんでお祓いして料金は1000円(チャージ・ドリンク代別)です!

みなさんにお会いしたいです。

 

 

いつもありがとうございます。

 

                                  真珠子より

 

 

コメント

2018年あけましておめでとうございます。

2018-01-08 23:20:11 | 日記・絵

 

あけましておめでとうございます。

や~~~~~、明けましたね2018年。

真珠子は、大晦日も元旦もばりばり働いてました。

いったい世の中はどうなっとるんじゃ~~~~っと思って。

昨年、うっかり一文無しになってしまったので、(詳しくは「渋谷のラジオ」を聴いてください。)→ https://note.mu/hashtag/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E5%AD%90?f=new

世の中を知ること、そして、あまりにも今まで守られていた自分の幸福さを思い知ろうと思い、

今、めちゃめちゃ頭が割れそうなほど社会の中で勉強して仕事してます。

働くとは、世のため人のために身を削ること。そして、それにお金をいただくこと。

知らなかった・・・・。

そんな感じで、祖父江慎さんとのお仕事の動画もアップいたしましたのでぜひ見てみてください!

いつもの会話をこんな風に記録に撮れたことは奇跡な幸せだと思っております。

ありがとうございます。

 

結果発表!【Twitter企画】祖父江慎&真珠子の『わたしと本との◯◯なカンケイ

https://shimirubon.jp/columns/1686494

 

シミルボン企画★祖父江慎&真珠子プレゼンツ「私と本との○○な関係」マドンナのお部屋編

 

シミルボン企画★祖6494父江慎&真珠子プレゼンツ「私と本との○○な関係」洗面所編

 

シミルボン企画★祖父江慎&真珠子プレゼンツ「私と本との○○な関係」漱石と坊っちゃんと道後について語る。

 

 

1月の予定です!

★★★9日、明日やん! 夜の真珠子学園@星男 年始の書き初めをみんなでしましょーーーーー!!!!!

★★★27日、清水くるみさんというストリッパーの方の身体に絵を描かせていただくことになりました。

場所は、星男です。詳しくはまたTwitterでお知らせ致しますね!どうぞよろしく御願いいたします。

 

本年も、真珠子をどうぞよろしく御願いいたします。

昨年も本当にお世話になりましたっ!!!!

 

                    2018年1月8日、、、記念の日に★★★  真珠子より

 

 

コメント

どんなに辛くとも自分を信じ続けるキリシタンのDNA

2017-02-16 02:04:58 | 日記・絵

 

ワタクシ、産まれも育ちも天草、苓北町、富岡。姓は、無し。名は、真珠子と発します。

天草四郎が攻めた富岡城の血を吸って生きた椎の木の実を拾って食べ、城のほとりの池に住む龍と遊んで育った 

人呼んで あんたが大将 真珠子です。

天草より戻りました。家族のこと、制作したアズレージョのことをシミルボンに執筆いたしました。

ぜひ感想聞かせていただけましたら幸いです。

https://shimirubon.jp/columns/1679016






 

コメント

ジャズピアニスト★スガダイローさんのこと

2017-01-23 04:05:26 | 日記・絵

 

スガダイローさんのライブに最近よくお邪魔してます。

ものすごく去年、いろんなことがあって、すごーーーく疲れ果てていて、、、、くたくたで、そう あれは夏でした。

父の誕生日プレゼントにマジシャンセットを買いに行って、その帰りに、なんとなくふらふらしていて、

気がつくと西荻のアケタの店にいた。(どスッピンで!)

タイミングよくライブをされている日だったので、聴きに行って、、、すっごく浄化されて・・・。

それから毎日、Youtubeで聴くようになり。。。。。この「ナウシカ」を聴いた時は、すっかり10歳の夏休みの気持ちに戻ってしまって。。。

 

 

それから、よくライブに伺うようになりました。ダイローさんの演奏は、2010年か2011年?くらいに

「秘宝感」というジャズのグループで初めて拝見してすごくビックリしたのを覚えています。

その後、私の漫画を読んでくださって、常々感動していたのです。

 

先日、なのちゃんの撮影終わってからも、ふわふわしたままレオタードを着たままスガダイローさんのピアノソロライブに直行。

ピアノから花びらがこぼれ落ちながら出て来るのが見えた。

ちょうど一年前の昨日、ダイローさんがTVの題名のない音楽会に出演されるの観たくて私、葉書応募したけど当たらなかったの思い出した!

ダイローさんのピアノから溢れるように見えたお花の絵を五線譜に描いて、

それをオルゴールにかけたらこんな音色になった!音楽→絵画→音楽の変換ってかなりシュルレアリスム!

作った本人も「観客のように」その出来上がりを見る。何が出来上がるかわからないから。

やっぱりシュルレアリスム面白いなー。私の高校美術の先生は隣の準備室で紙にお線香で穴を開けているような先生だったので

かなりシュルレアリスム傾倒した洗礼授業を受けたと思ってます。

天草高校美術部先輩で現在は人形作家でご活躍されている清水真理さんもポップ・シュルレアリスム宣言をされているし!

2008年、熊本市現代美術館で真珠子Showをしたのですがあれは今考えると完全にシュルレアリスムの自動手記だったな。

とにかく何も考えずに毛筆で気持ちの良い線を言葉を紙に書き連ね、それをひたすら読み上げるShow!

何か見えてるところに向かっていく創作よりもこっちの方がワクワクする。

線に忠実に穴を開けてオルゴール譜面を作りました。スガダイローさんのピアノは、お花の音。

オルゴールでどんな音色になるかまったくわからなかった!ワクワクしましたー!


真珠子が描いた絵曲!

 

こんな音楽になったよ!!!!

また描きたいと思いました!

昨年、9月にお邪魔したダイローさんが音楽監督を務められた「マハゴニーの興亡」という演劇の感想絵も描いたな~

超おもしろかった~~~~。かっこよかったです。

もうすでに懐かしいです。今、見ると、半分以上、私が描かれた絵だね~と、気がつく!笑!

 

 

 

そして、とうとう今日、運命の日がやってきました。

スガダイローさんとなにか一緒にできたらどんなに幸せかしらと勝手にこっそり夢を持っていた私。

今日、それが叶ったーーーーーーーー!!!!!

ダイローさんがもう10年くらいベルベットサンで主催されているOKHPというセッション企画に参加したのです。

や~、そう、8月にアケタの店でのライブが終わってから、

「私のSHOWROOMの番組、わくわく腸内ランドに出演していただきたい!」って申し込みをさせていただいたら、

快く承諾してくださったので、私は、めっちゃ有頂天になって嬉しかった!の、ここまではよかった!が!!!

はてさて、、、、どんな番組内容にしよう、、、どんなコラボを、、、、、、????毎日、Youtubeを見て、

考えれば考えるほど、ダイローさんを知れば知るほど、その内容が深く、高度なことを求められることが分かってくる。

紙芝居しようかな~、花札にしようかな~、いやいや違う。楽器?や、ピアノ、三味線、ギターとウクレレのハーフ楽器、

コードーハープ、、、、今までやってきたけどなにも一つも弾けない。。。っと、いろいろ考えをこねくり回した末、

行き着いたのは、「黒猫のタンゴをアカペラで歌う」でした。私が素で歌えるのはこの歌しかない!!!

声を鍛えるために、巻上公一さんのヴォイストレーニングのワークショップまで行ってた!

今日という日が来るまで実に半年・・・。

 

OKHP、何も知らずに参加してみたら、、、、めっちゃ、、、ここなんて恐ろしい道場!?!!!?

突然、初めてお会いする方とステージに上げられた!歌ったり踊ったり!!!

そーとー鍛えられました。。。。

だけど、、、、すっごく快感だった。皆さんの演奏な中、私、踊ったの。。。

これは、いったいどういう快感?!私、恍惚の表情をみんなに見られたい願望があったなんて!!!

ああああ~~~~~!開発されました。

ダイローさんに感想を尋ねたら、「よかったよーーーー」って言ってくださったのーーーーー(TT▽TT)ダァー

やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!


超爆笑してくださってたし!


はぁぁぁぁぁ、私、生きててよかったなぁ!

新しい私を見つけた!!!!

今日のことは一生忘れられないでしょう。

 

スガダイローさん、リトルブルーのMr.Fireboneさま、池澤龍作さま、

高橋保行さま、共演してくださった皆様、

ベルベットさんの皆様、

ありがとうございました。

またお邪魔します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

色気を学びそびれた元芸者見習いの真珠子が選ぶエロスな近現代文まとめ!

2016-08-23 00:01:17 | 日記・絵

私の人生をかけて本をご紹介しているシミルボン。

 

今回は、お題をいただきました。

#江戸タイムトリップ本まとめ

私がガテンな江戸発掘調査員だった頃のことを書きました。

 

コメント

おばあちゃん、天国へ行く。

2016-08-06 15:02:47 | 日記・絵

 

今日はおばあちゃんの49日。忌明けです。もう49日も経ったんだな~。最後は綿の白無垢を着てたみたいだったの。おばあちゃんは70年間、お布団を縫い続けて私たちを育ててくれた人生だったから、綿のお嫁さんみたいでおばあちゃんにピッタリでよかったね!って最後伝えました。お葬式の夜、泣きながら眠り、不思議な夢を見ました。大空をのびのびと戒名のとおり、快く清く舞いながら、「あら。ここもよかとこばい~!!!」って叫んでいたおばあちゃんがいた!それを聞いてハッと目が覚めて飛び起きました。そうだ。おばあちゃんとはお別れしたんじゃない。そう思うと心が晴れ晴れとしました。その絵を昨日、SHOWROOMで足で描いて実況しました。今日はこれからコズフィッシュに向かいます!いつも祖父江慎さんと宇宙会話で遊んでもらっているのですが、これを私だけ聴くのはもったいないといつも思っていて、今回の企画に乗り出しました。仕事について、人生について深いお話を聞かせていただきましょう!18時~こちらのURLです。 https://www.showroom-live.com/8786b901702 どなた様も無料で御覧いただけます。


そして、私の人生をかけて輝く書籍を紹介させてもらっている新感覚書評サイト、シミルボンも久しぶりに更新いたしました。私のアイコンをバナーにも使っていただいてうれしい★今回は「思わぬ展開!魔女とドイツ鉄道でラプンツェル的異文化乙女会話」の巻です!とうとう魔女の登場です! https://shimirubon.jp/columns/1673405

 

 

コメント

40歳になりました。

2016-08-04 23:07:05 | 日記・絵

 

若干、綿を入れすぎて昨日、衣さんに教えてもらった夢二風着付けの襟のつもりが中村主水?って言われちゃった。。。

必殺仕事人ぢゃないし!笑!帯がきゅうきゅう鳴く、と言ったのは向田邦子だったでしょうか、清少納言だったでしょうか

忘れたけど名古屋帯だったから結び方忘れてたけど今日はどうしても博多帯を締めたくて適当に後ろやったけど鳴くのを初体験できたから

やっぱり博多帯でよかった。毎年恒例で連れてってもらってる野田岩。いつも高島屋だったけど今年は節目ということで本店!

今日で40歳になりました。




赤ちゃんの時もやってもらったように手型と足型をとった。これが私が40年歩いてきた足、そして40年作ってきた手。今年は足でも描いてみよう。

皆さんがくださるかけがえのない笑顔、かけてくださるお言葉のお陰でここまで生きてこられました。

本当にありがとうございます。天草の母にも「産んでくれてありがとう。この世に産まれてよかった。」とLINEしました。

 

 

 

そして、さっそく40歳初の作業が決定しました。

8/6、久々にshowroomやります!なんと!ブックデザインの第一人者、

祖父江慎さんのお仕事場、コズフィッシュから生中継!動画配信!出来るかな?!やってみます!

18時から!祖父江さんと私のおしゃべりをただただひたすら生で流します。ぜひご待機お願いします!見てね〜


我が家のベランダのひょうたんたちも元気です!



祖父江慎さんとカレーを食べながら2年前、お話した時はこんなことお話したの。。。

明後日は何を話そうかな~!(^o^)!一緒に動画配信します!

SHOWROOMぜひ御覧くださいね!

新しいアカウントの番組名は「発見!探検!真珠子の腸内ランド!」です! 

https://www.showroom-live.com/8786b901702 


明日、テスト運転してみます♪ 

21時~にしよう!こちらも観てね!



コメント

【南嶌イズム】故 南嶌宏先生(美術評論家)を偲ぶ会に参列してきました。

2016-02-29 13:04:33 | 日記・絵

2016年2月28日、女子美術大学にて行われた。

お花のお船に、ピンクの花びらをみんなで舞い散らせました。
ぴんく、お花、お船、、、、とても先生らしいセレモニーだった。

せんせい、、、、ウ ソ だ と、言ってほしいな。。。。

今、メールしたら、お返事、普通に返ってくるよね?

せんせいなら、天国からメール返してくれるよね?

会場で配られたパンフレットとワッペン。

美術評論家の南嶌宏先生が、天国に逝かれていたなんて。。。

今年、私は年頭から、義父の容態悪化でそこからお葬式、四十九日の手配まで

一切周りのことが見えなくなっていたんだけど、

まさか、南嶌先生も父が亡くなったその3日後に天国に逝かれていたなんて。。。

お父さんと先生、一緒に天国に行ったのかな?とか、ぼんやり思ってた。



なんでこんなにも大切な方々が次々と居なくなるのかな?って

意味をずっと考えていた。

今日という日が来るまで、実感が湧かずにいた。

先生の今までのご功績は、もうみなさん周知の通りだと思うので、

ここではあえて書きませんが、今日、女子美で教育に献身された展示を拝見して

改めて本当にみなさんに愛された先生だったのだなぁと思いました。


私は、30歳の誕生日の時に、熊本市現代美術館で個展をしていて、

その時に館長を務められていたのが南嶌先生だったので、もう10年も

お世話になっていたのだなぁと気がついた。

先生に最後にお会いしたのは、去年の今頃だった。

私は その時、外国に行きたくて行きたくて、あらゆることに手を出していて、

あるコンペに応募するために必要な推薦文を先生に書いていただいたのだった。

あの時も、二つ返事ですぐ「書くよ。」ってお返事くださって

どんなに安堵したかわからない。

そのお礼にとあるパーティに会いに行ったのだった。

ちょうどバレンタインの頃だったから、チョコレートを渡して、

「来月、私、ドイツに行ってきます。ラプンツェルのお城に泊まってきますね!」

って、ドヤ顔したんだった。そしたら、あのニンマリお優しい笑顔をくださいました。

きっと、メルヘンチックな南嶌先生のことだから、何か刺激されたのでしょうねっ!

南嶌宏先生からもらった甘い香りのお菓子のトロフィー

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

撮影:増田賢一

これは、2013年に、熊本の銘菓、お菓子の香梅さまより

アートアワード激励賞をいただいた時の授賞式の写真です。

まん中が私で、向かって右がこのアートアワードの選考委員をされていた南嶌先生。

左は、天草高校の時の美術部の恩師の森内和久先生です。

南嶌先生が、お菓子の香梅さまとのご縁を繋げてくださいました。


先生は、何をみんなに伝えたかったんだろう。

私は女子美の会場内で南嶌先生のメッセージを探した。

数ある先生の言葉の中でも、

これを読んだ時に、一番、ああ、このメッセージまたきたか・・・

先生もこのことを言ってるのかって思った。

いいんだ。このままで。

私は、今、転げ回っていて、それでいいんだ、って。。。



天国にメールしてみようかな。

ドイツに行った時の報告をまだ、先生にしてないもん!

天国で先生に読んでいただくためにも、

今、せっせとドイツ記漫画を描いているんです。


それにしても、先生は本当に双子だった。

お式の時にご挨拶されたお兄様、南嶌隆さんの声もしゃべり方ももちろん

顔も背格好も先生にそっくりで、もうこれは何かのパフォーマンスかな?って

思ったくらい。。。。。

ピンクのお花に彩られて、本当に今日は、先生らしいセレモニーが行われたのでした。



終わってから夫と、コーヒーを飲んでいたら、なんか懐かしい匂いがふわっとして、

これはなんだったかな?って瞬時に記憶をたどった。

先生のポマードの匂いがしたの。

「真珠子の香水を作れば?」っておっしゃってたことを思い出したよ。

中身はお水なんだって。 

「真珠子の うそっこ香水でいいんだよ。」っていうのが、先生からいただいた

最後のメールになった。


あの香りがした瞬間、先生が近くに来てくれたんだと感じた。

コメント

昨夜の夜の真珠子学園もありがとう。

2015-12-09 11:17:29 | 日記・絵

わーい!今夜は夜の真珠子学園@星男、皆様ありがとうでした!

女教師しんじゅこ、最終話を紙芝居した後、拍手してくださって嬉しかった!!!

本当に嬉しかった!!!漫画描いて本当によかった!!!!!ありがとうございました!!!


自撮りプラスわん講座も大盛況でした!!!現代において、このアナログ感、病みつきになります♡

自撮りプラスわんにハマる人たち続出でした!やったー

開発者の真珠子学園生 犬力さん、出張で犬力さんグッズ屋をやってくれたゴッホの ちんまいちゃん、星男の むねくん、ドキドキクラブさん、

参加くださった皆様ありがとうでした!みなさんとワンちゃんとしんじゅこ先生と、

それから皆様に製作してもらったオリジナルキャラクターと撮った自撮り写真たちをアップします!

この自撮りプラスわんセットは、下北沢 ゴッホ http://gogh-tokyo.jugem.jp/ で販売してまーす!



コメント

今年の夏の思い出

2015-09-17 14:07:00 | 日記・絵

 

今年の夏から秋は、まるでジェットコースターに乗ってるみたいだ。

星男での夫婦展を終え、天草、九州に3年ぶりに帰ってご飯を3杯おかわりするほどモリモリ健康を久々に謳歌して、

その前に浴衣を むねくんの分も2枚染めて盆踊り踊って充実して、そしたら、急な訃報で一週間泣き暮れ、

抜歯して痛みに耐えてたら、まだ発表できないですが、現在進行中の一世一代のお仕事の依頼が来て・・・・・。

本当、息つく暇がないですが、私が求めてた気持ちよさってここを通過しなければ得られないものだったんだ。

そのことに気がついた今朝。もうブレない。授かったご縁にあぐらをかかない。与えられた生を全うします。

 

 

星男祭りで。

 

 天草で88歳になったおばあちゃんと。

 

 別府で夫と。

 

門司港にて。

 

天草四郎様と みぞかちゃん。

 天草四郎が浜ビーチでのみぞかちゃん。

 (上載7枚すべて、撮影:増田賢一)

 

 

 

 

夜の真珠子学園もおかげさまで、2回目を終えました。

親愛なる真珠子学園の一人の乙女の死を通して思ったことは、乙女の一生分の情緒を預かるってこと、

人と人との出会いの場所を作るってどういう事かってこと、学園の皆様、いつもイベントなど来てくださったり

SNSなどで関わってくださるすべての皆様に私は本当に恵まれているんだなということ、大好きっていうこと。

いつもありがとうございます。

10月の夜の真珠子学園(絵日記教室)は13日20時~開催します。

昼間の本家真珠子学園(ろうけつ染め、アニメ制作)は、10月  10,11,17,18日の予定です。


今月のイベントは、あと、シャバクラに出演します。

どうぞ遊びにいらしてくださいね。

☆9/29☆「シャバクラ!デラックス」 http://www-shibuya.jp/schedule/1509/006339.html


 

 

 

 

 

コメント