真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

真珠子陶器シリーズその1 みぞか招き人形

2011-11-24 15:42:04 | 画廊

日本で産出される陶石(磁器原料)の8割を占める天草陶石を原料に、

天草に江戸時代中期享保2(1717)年から伝わる泥人形に由来したものを作りたいと思い制作したもの。

型どり、中を空洞化する、絵付けして低温で焼くことなど、制作工程もそのまま参考にして、

唯一、原料だけを陶石に変えて2011年11月の天草大陶磁器展で、蘇らせた。

「天草は、貧しかったので、桃の節句に人形を用意できなかったことから、

人形を泥で制作した。最後、割ったり、水に流したりすることによって厄を払った。」(文化交流館職員談)

代表的な「やまんば」は、子どもに乳を飲ませる構図で、隠れキリシタンがマリア像代わりに礼拝していたともいわれている。

http://amakusa-honmachi.cliff.jp/honmachi2/doroningyou/index.htm

今回、陶器で、「みぞか招き人形」として現代に蘇らせた由縁は、

天草にある素晴らしい資材で、ピカピカとした福(みぞか)を招くような宝石を作りたかったから。

 

(撮影 増田賢一)

 

 

 

 

 

 

 

コメント

真珠子更紗シリーズその1 「愛染明王」

2011-11-18 14:34:17 | 画廊

 

今年は、いろんなところに行ったなぁ。

年頭、国際舞台芸術ミーティングin横浜で、初の活弁パフォーマンスを成し遂げた数日後に、

3.11が来て、とにかく人生観が変わってしまった。

それから、L.A、 バリ島、 N.Y、 銀座、長野、天草、行った通った滞在した場所がすべて、

今年の鍵になった。

福島の事、そして日本全体のこと、

世界のことをすごくすごくすごくこんなに考えた事はなかったぐらいに考えた。

これからも、ずっと考えていくでしょう。

自分が出来ることを精一杯やっていこう。

 

12月は、どこにも行きません。

毎週末日曜日、ソワレでお待ちしてます!

それから、土曜日は、毎週、活弁したり、歌ったりしてます!

皆様、呼んでくださってありがとうございます!!!!!

たのしそうなのばっかりです!!!

喜んで楽しませていただきます!!!

 

 

★12月3日 夜はちゅるちゅる活弁します!

パラボリカ・ビスで、吉田アミさんと大谷能生さんの朗読、

それから、鳩山郁子さんの展示もあります!

吉田アミさんの「日日日キ」を6年ぐらいまえから読んでいた私にとって、

わ~、吉田アミさんとご一緒できるのは不思議な気持ちです!

ありがとうございます。すっごくたのしみ!!

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2011/11/post_841.html

 

 

★12月10日 アイドル座☆ 星男&星女

ポスターハリスギャラリーでの櫻田宗久くん個展の連動イベントで、

サラヴァ東京で、あや野ちゃんと双子のアイドルとして歌います!

初のお芝居もできるかも?

たのしみ~!!

http://www.saravah.jp/tokyo/schedule/log/20111210.php

 

 

★12月17日 活弁します!

CCA Kitakyushu + Aoyama Gakuin SCCS hoso Lab presents
PLAYTIME 2011

出演:JON(犬)+ MIYUKI(OHPIA/liquid biupil)
   真珠子
   人間ドッグオーケストラ
   テルミンダンスゆっぴ(かんぴんたん)

VJ:光学姉妹
   Cycle
   bm
   ...and more

 

いったいどんな夜になるんだろう!!!!

たのしみ!!!

 

 http://www.saravah.jp/tokyo/schedule/log/20111217.php

 

 

★12月25日

あの方に、再びあそこに呼んでもらいましたよ!!!

詳細は、また後日~~~!!!

おたのしみに~!!!

 

年末もまだまだ盛りだくさんです!

今年も本当にありがとうございました。

 

来年、年女っ!!!

 

 

真珠子より

 

 

追伸:来週の更紗教室も楽しみです!

現在マックス定員になりましたが、また教室やろうと思ってます!

気になってる方、時間と日程が今回も合わなかった方、

メールでのお問い合わせお待ちしてます!

yanncha69@hotmail.com

 

 

 

 

 

コメント

みぞかふぇ物語、ありがとう。

2011-11-11 00:41:09 | 個展

 

 

ある14歳の1人の少女のために作ろうと思ったお店、それが”みぞかふぇ”でした。

それが、こんなに皆様に可愛がられるお店になろうとは!!!!感謝。

彼女との約束を果たすべく、10月11日~11月7日まで天草に滞在し、制作しました。

去年、彼女が「天草でコスプレしたい友達がいないし、できる場所もない。」と言うのを聞いた時、

衝撃を受けました。気がつくと、「私が作ってあげるよ!!!!!」叫んでいました・・・。

彼女の姿は、12年前、美術作家になりたいと思い、天草から出た時の私の姿と重なりました。

もともと、なぜ出て行ったのにまた天草で創作することになったかというと

2008年、アーティスト イン レジデンスのシステムで、招聘作家として呼ばれたのがきっかけでした。

それで、私は、天草には、こんなに恵まれた資材と、人材があることに気がついたのです。

青白く美しい天草陶石は、世界に輸出されており、

江戸時代には平賀源内も大絶賛していたなんて知らなかった!

そして、丸尾焼の方々から繋がって見えてきた才能溢れる素敵な人々・・・。

2008年、秋。私は、”海母”を作りました。

約3週間で1000子の泡の子どもたちを作って、母体にくっつけました。

今年は、竹のお家が出来ました。

 

それから毎年毎年、どうやってこの海母を展示しようか楽しみになっていきました。

海母、年に一回しか会えないし、大きくて重いのを作ったので、

今度は、手のひらサイズの物を作りたいなと思っていました。

 

そして今年は、海母の泡の子が、かぐや姫になって生まれました。みぞか招き人形です。

この人形は2年前から、シリコンとFRPで型を制作し、陶石粘土との相性はどうかずっと様子をみたり、

陶芸家に相談したりしていました。

案の定、シリコンにべったりくっつきましたが、完全に同じものを複製することに興味がないし、

微妙に違うのが気に入りました。

(細かい製作過程は、こちらご覧ください!

今回は、①丸尾の粘土で、下絵したものと、②それに化粧して描き落としたもの、

それから、③白磁粘土で、上絵するものをいずれも酸化で焼く工程で創作し、

全てを同時進行してて、

全部で湯のみが14個、お人形が19個、ぼたんが、40個、お皿が3枚出来ました。

(スライドショー、写真拡大や、移り変わり速度も変えられます。

 

 

そして、やっぱり自分の作った器で飲んでみたいと常々思っていて、そこで、「あ?で?コスプレ?」とかけて、

今年は ”メイド喫茶 みぞかふぇ” にしよう!となったわけです!!

みぞかふぇは、みぞか(天草弁でかわいいという意味です。)ちゃんがいる、カフェということです!

 

私も自分の描いたキャラのコスプレしました!(あああ、そういうことだ!)

 

私、竹笹の中で、お茶をゆっくり飲みたかったの~~~~

皆様にも飲んで欲しかったの~~~~~~!!!!!!

母に言わせると、「天草の人たちは、竹藪なんて慣れてるから、部屋を笹だらけにして喜ぶかな?」って

ことでしたが?!!

みぞかふぇ、みなさんにみぞがられて本当に嬉しかったです!!!

丸尾焼の方々、文化交流館の方々、

技術面でとってもいろいろ親切に教えてくださって本当に助かりました!

すぐ割れたり、粘土が堅くて扱いが難しかったり、乾くとすぐひびが入ったり・・・

陶石の難しさを知りました。

同級生の陶芸家、助ちゃんにも教えてもらった!

その作業の間、カフェ会場設営をやってくれてた父と叔父、

それから、千葉でみぞかちゃん制服を、縫ってくれた義父とサポートして下さった義母、

パターンをひいてくれて、みぞかちゃん制服を3D化してくださった岡崎イクコさんに感謝!

そして、その布をプリントしてくれて1ヶ月の間、遠くで創作に専念させてくれた夫、

制作現場までの送り迎えや、お客様の足になってくれた父母

(今回、なぜかお母さんととっても仲良しになった。宿の朝ご飯もありがとう。

お父さんがなぜあんなに子どもに好かれるのか謎だった。スケジューリングして、総合表作ってくれてサンキュー!

動きやすかった!)、

女子用のピンクのふとんを1日で5枚も縫い上げてくれたおばあちゃん、宿を安く提供してくれたおじいちゃん、

ペーロンを貸してくださった苓北町ペーロン協会の皆様、それを交渉してくださった福島さん

(去年も緋扇貝をもらったり、大変お世話になりました!)苓北町商工会の皆様、

そのペーロンの記録写真を飾らせてくださった猪口さま、

風邪引いた時にプロポリス飴を届けてくれて、気功やってくださって、

ジャンクヤードに廃材を探しに一緒に行ってくれたり、玄米団子をいつも食べさせてくださって、

みぞかふぇ場内に、コンポを貸してくれて、ハードロックを教えてくれた岩崎さん、

1ヶ月の間、代わりにゴールデン街ソワレの日曜ママをしてくださった、まきさん

現場に様子を見にきてくださった方々、東京など遠くから天草に来てくださった方々、

その方々の秋宵まつりとかパワースポットとか、夕日ツアーしてくださったり、

観光案内、その他ケアをしてくださった長島さん、とご家族の方々

それから、メイドさんをやってくださった女子の皆様、 あいなちゃん、(あいなママも裏方ありがとう!!)

きーちゃん、はるかさん、しょうこさん、

こりそさん(ミニみぞかちゃん達もうれしかった!)、

エリナさん(お忙しいところ、生チョコ作ってくださってありがとう!大好評!めっちゃおいしかったーーー!)

ユイさん(熊本市内から車で通ってくださってありがとう!涙)、

執事さまを演じてくださったガラシャさん!(紅一点、じゃない、黒一点?wかっこよかったー!)、

そして、メイドさん探しに奔走してくださった、クマちゃん(高校生に向けた募集のあの文章泣いた!)、

ばってんの松田さま(あいのちゃんに会いた~い!)、原田さん!(最終日、とても助かりました!)、

何度もお電話くれたゆかりちゃん!

それから、みぞかふぇに遊びに来てくださった皆様!!!!

何度も何度も何度も来てくださった皆様!

フェイスブックで、天草弁で「いらっしゃいませ★ご主人様」を何と言うか

議論してくださった皆様!(「うも~な~れ★」が生まれて嬉しかったです!!

これぜひ流行語大賞にしてください!)

みぞかふぇハッシュタグも嬉しかった!

#みぞかふぇ ←ここ~!!!

いつも遠くからも声援を送ってくださった皆様!!!

そしてそして、今年も私を呼んでくださった、天草市商工観光課の皆様!

本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!!

皆さんとの出会いは、”当たり前”じゃない。

本当に、本当に信じられない奇跡でした。

 

ありがとう!

 

みなさんにもらった奇跡でまた奇跡が起こせますように・・・・

これからも楽しみにしててくださいね!!!

 

感謝。

 

みぞかふぇ閉店間近動画。

http://www.twitvid.com/WNSLC

 

 

真珠子より

 

天草風景編フォトアルバムにも感謝がいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

天草市商工観光課 河野さま撮影

 

 

 

 

 

コメント

みぞかふぇ★ありがとう。

2011-11-10 00:42:15 | 陶芸生活日記

10月11日~天草で1ヶ月滞在して創作し、開催された、”みぞかふぇ”★

無事、終えました。

本当にみなさんありがとう。

まずは創作工程と店舗内装工程、おじいちゃんの宿宿泊運営の3つを

同時進行していた様子を順番に写真にまとめましたのでどうぞご覧ください!

今回は、①丸尾の粘土で、下絵したものと、②それに化粧して描き落としたもの、

それから、③白磁粘土で、上絵するものをいずれも酸化で焼く工程で創作し、

全てを同時進行してて、

全部で湯のみが14個、お人形が19個、ぼたんが、40個、お皿が3枚出来ました。

(スライドショー、写真拡大や、移り変わり速度も変えられます。)

コメント