真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

「ナンデアル、アイデアル」、ど文庫、九十九里、ふろく展

2007-11-27 23:50:07 | 日記・絵
秘書A子の新しい上司はせっかちな性格である。このような上司のスケジュールを作成する場合、一般的に配慮すべき事を具体的に箇条書きで3つ答えなさい。



日記

水曜日、どどいつ文庫に行った。http://www5f.biglobe.ne.jp/~dobunko/1年ぶり。3時間ぐらいずっと片っ端から、本を見せてもらった。ここにはたくさん見たい本があります。伊藤さんのこの紹介文は本当にすばらしいです。なんて書いてあるかわからないのです。とてもファンです。悪魔の本を買いました。また一年後に行こうと思う。


木曜日、三味線稽古日。終わってから先生とランチ。
海老そばを食べながら、思い切って先生に
「人様の前で弾いてもいいですか?」って尋ねた。
「いんじゃない?」って!
今日は、乾燥した気候のせいか、指の滑りが良くて調子よく弾けたんだ。


金曜日、夫の実家に遊びに行く。お義母さんに
「ナンデアル、アイデアル」という傘をいただいた。
ってこれ、44年前の傘?!!(笑)!!ピカピカ!
レトロでかわいい。
お義母さんは、たしか自転車も30年前のものだったような・・・
チャチャ(ポメラニアン♀10歳)は、ご機嫌斜めだった。
わたしとお義母さんが仲良しだから妬いているんだ。

土曜日、夫の被写体になりに行く。あや野ちゃんと九十九里で天女になった。
鯨の肋骨のような模様の砂丘。どこの星?ってかんじだった。
夕日に向かって荒涼としたすすきの生えた丘を歩くあや野ちゃんは
モルギアナだった。
この写真は、年末、夫http://www.makken.com/の展示会でご覧になれます!
4年ぶりの展示会です。
2007/12/24-12/31 増田賢一写真展@プレイスMhttp://www.placem.com/index.html

今日、火曜日、あっちゃん、しづた夫妻と、弥生美術館に
「ふろくのミリョク☆展」を見に行く。http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
ガスマスクーーー!このメンツだし(笑)、とっても楽しめた。
星占いチェッカーとか!
見終わってから、ペチコートレーンとか喫茶店はしごして
ずっとおしゃべりしてた。
つか、みなさん楠本さんの漫画に登場してた。
あっちゃんと、漫画の貸し合いっ子したんだ!
わたしは大島さんと、楠本さん借りて、A子たん貸した。

今週もみなさん遊んでくれてありがとう!
さ、もうそろそーろ年末まで猛ダッシュ助走期間入りました。

こっそり動画を少しだけアップしてます。
てンぬイ☆の初PVです!
http://jp.myspace.com/tennui
楽曲も増やしたのでぜひ聴いてください!
それから、あるモバイルサイトでてンぬイ☆の新作PVを配信予定!!
詳細随時お知らせします!
7日も青い部屋遊びに来てね!!
http://www.aoiheya.com/
コメント

秘書A子【職務知識】

2007-11-23 23:52:28 | 画廊
秘書A子は上司から、「最近体調が優れないので面会の負担を少なくしたい」と言われた。このような場合、A子が面会の申し込みを受けるときに
心がけるとよいことを箇条書きで3つ答えなさい。
コメント

無くても済みそうだけど、まったく無いと困っちゃうよ

2007-11-20 04:26:32 | 日記
感情の強盗展、無事、終了しました。
たくさんのご来場有り難うございました。

今回は、準備の段階から、そして終わってからも
基本的なところに立ち戻って本当にいろんなことを考えた。
心の中でほぼいつも怒り気味だったので
私を担当してくれた学生さんは、
「なんで真珠子さんはいつも機嫌が悪いのかな?」って
わからなかったと思います。
でもそれでいいんです。

人が、どう生きていいのかわからなくなってしまった時に、
行くところが、美術館だと思う。

美術館とかギャラリーって、いろんな人の生き様が
ポトッと落ちているところだから。
涙のように。血痕のように。
悩んで迷っている時に、神様も助けてくれるけれど、
結局、必死になって探すのは、
生の人間の息づかいじゃないだろうか。
息痕を求めて、そして癒されたり、明日への活力に繋げていく。

何事も効率よく済ませようと考える現代において、
アートって、この世に無いならなくてもいいと思えるけど
もし本当にまったく無くなってしまったら、困ると思う。
だって、ギスギスだよ・・・心までシステム化したら・・・
発展途上の時の人類の活力を思い出しましょ。


今回、担当してくれた増田くん!!
よくぞ最後まで逃げずに頑張ってくれました!
(私なら逃げてたね。)
どうもありがとうね!
わたしは、知らない間に、大人になってしまっていたよ。
それに気が付かせてくれてありがとう!
多摩美術大学の長谷川ゼミの皆さんも、どうもありがとう!

ご来場くださいました皆様、感謝です。大好きです。
コメント

生きてるだけで幸せって

2007-11-15 23:12:00 | 日記
生きてるだけで幸せって思えたらいいんだけど、
自己顕示欲の塊なの。
そういう仕事なんですが・・・

あなたの少女はどこ行った?

よく狂わないよね。って言われた。
それね、私は、俳優さんとかを見てて思う。
でも俳優さん達は普通にそれをやってるわけで・・・
わたしも普通にこれをやってるわけで・・・


眼球がカラカラに乾いて痛いです。
すごおいいきおいで、映像作ってます。
2日で5本出来そう。
アフターエフェクト、引っ張り出してきた。
ずっと持ってたんだけど、使う時がなくて・・・
今、実写とアニメかけてます。てンぬイPVです。

日本映画専門チャンネル、つけっぱなし・・・
何時間も映画見てます。
夢で会いませう、出演者豪華!美輪様、徹子様、ジャニ様、
越路吹雪に、渥美清だよお。
この番組今あったら、毎週見る!

楠本まき、有吉佐和子、幸田文、陸奥A子、を、
じゅんぐりじゅんぐり読んでます。
ぐんぐん入ってくる。
展示会とかうんといっぱい出した後は、
すっこーーーんと精神をどっかに行かせちゃう。


連日、みなさまご来場有り難うございます!

・・・うれしいです!!!!!!!!

残すところ、あと3日となりました!

デジスタのブログでも紹介されました!
http://www.nhk.or.jp/digista-blog/
コメント

白装束とか、兵馬俑なの。みんなの少女期をここに呼び寄せたので、お墓参りしてね。

2007-11-11 03:01:24 | 展示会中継
とうとう始まりました!
オープニングパーティご来場有り難うございました!
http://www.cpue.org/2007kg/
今日は、またしてもギリギリで到着して
息切らしながら、胸が締め付けられるような思いで、
ギャラリーのドアを押した。帯も手伝って大層ふうふうした。
着付け、汗ばんで上手く帯が締められないのではないかと思いきや、
それがすその長さも、位置も何もかもが一発で決まって
家を出るときは気持ちの良い出発ではあったのだけれども。
今日は、23歳の時に、30歳くらいで似合うようになりたいなと
思って買った正絹の黒いよろけ縞を着ていきました。自分を試した。
さて、23歳の私さん、どうでしょう?似合っていたかしら・・・!?

みなさんの感想を聞いてたのしかった。一番印象に残った言葉。
「真珠子さんの作品は「触れる」んですよ・・・。映像なのに・・・。」

それから、少女兵馬俑、20人ナンバリングしてるんですけど、
「オレ、10番で。」
って!!!!指名されてもー!笑 10番ちゃん、ご指名来ましたー。
そう、わたし一気に20人の母になったんです。髪の毛生やした時点で
がらっと女に、そう「少ないですけど女」の少女になってしまって、
一気に情が湧きました。この子等は全員わたしの娘。
脆くて、強くて、悪魔で天使。どんな事しようと、かわいい。
それが女。
これ、ギャラリートークの時に言い忘れたけど、袋に詰められてるのはね、世間を知らないから。でも上半身だけなの。下半身はわたし知りません。

丹後ちりめん振り袖はね、4歳の時に風邪引いて寝てて、その時、近くに
鉛筆が転がってて、お母さんに叱られるだろうなってドキドキしながら
シーツに絵を描いた時の気持ちで描きました。
これは去年描いた屏風の連作です。

映像は鎮魂歌。今回は作品4点をまとめて「少女のお墓」にしました。
みんなの少女期をここに呼び寄せたので、お墓参りしてね。

今日も皆さんにお会いできてうれしかったです!
18日までやってますのでどうぞいらしてね!
わたしは、確実にギャラリーにいる日は18日と
もしかしたら、週頭にふらっと行くかもしれません。
どうぞよろしくおねがいしますー!

真珠子
コメント

いよいよ明日から!「感情の強盗」展

2007-11-09 23:23:14 | 日記
はぁ~、今、搬入終えて無事、家につきました。
搬入のたび、でっかい機材とかを3ヶ月に一回は玄関から運び出してる自分に
ふと気がつき、いつも思う・・・私は現代美術家になっちゃったんだなぁ~と。
とってもなりたかった。だからホントによかったなぁ~と。
それにしても、ほんとにヤクザな家業だわさ・・・
さっきやっとなんか口にしました。温かい汁物を・・・
やっと、今日はゆっくり寝られる・・・ん?興奮して寝られるのか?
ギラギラしています。
明日から、多摩美の長谷川祐子ゼミ企画による、
「感情の強盗展」が始まります。
http://www.cpue.org/2007kg/
現代アートのグループ展にインスタレーションで参加するのは
実は初めてです。
お隣は、全身「半狩り」で、「ハンガリー」に出かけたあの榎忠さんです!
凄いことになりそうです・・・
私を、この展示に参加させてくれた多摩美長谷川ゼミのみなさんに
感謝します。
明日から、18日までどうぞよろしくお願いします。
明日は、17時からなんかしゃべったりするので遊びに来てください。
すっごく納得のいく作品になりました。ギラギラベカベカ。
シンメトリーシンメトリー。
東北の方から、子守歌も呼び寄せました。
明日が来るのが待ち遠しい。みんなに見てもらえるんだ!
コメント

早稲田大学文学部の機関誌で

2007-11-08 16:37:58 | TV ・書籍・ 雑誌 ・ Web
最近、学校づいてます。
早稲田大学第二文学部表現芸術専修の学生さん達が企画編集し、
年1回専修生に対して無料配布している機関誌『グラミネ』で、
「日曜ショック」を掲載してくださるそうです。
企画意図がよいです。

「表現・芸術活動に励む第二文学部の学生は「就職は創作活動の死」という考える傾向がある。
多くの学生が「プロになるか、表現・芸術活動をやめるか」の二極的な選択肢の前で思い悩み、そのためか卒業生の就職率は3割と非常に低くなっている。しかし、プロになってもならなくても、表現芸術活動を続けていくことは可能である。むしろ、社会に出てからの経験が作品に生きていくのだという意見も多く聞く。「表現芸術がやめられない!」という熱い思いがあれば、どんな状況にあろうと続けていけるはずだ。
本企画では、様々なかたちで表現芸術活動を続けている卒業生の姿を追い、生涯表現・芸術を続けていくことの意義を訴える。」

第二文学部表現芸術専修というところは、小説、写真、映画、演劇などの分野が学べ、創作指導の授業なども設けているため
美大や専門学校ほどではなくともその道を目指す学生が多いそうです!


「表現芸術をつづけること」をテーマとした企画で、タコシェを取材された時に、推薦作品の一つとして『日曜ショック』を紹介してくださった
そうです。中山さん、ありがとうございますー!
発行は来年予定だそうです。
http://www.waseda.jp/bun-hyogei/graminees/index.html

多摩美の方、明日いよいよ搬入!
真珠子は、グンゼから貞操帯までいろいろ取りそろえております。
オープニングは、10日です。

どうぞご覧ください!
コメント

今夜は電話くれる?あと5日!!!

2007-11-04 00:34:46 | 日記・絵
OLナミーの彼氏と電話中@オフィス

「ね、今夜はでんわくれる?お願いぃぃいぃ!今日ね、課長に怒鳴られちゃった!営業成績グラフいちばんわたし短いの。」

って言ってるとこです。


さて!!!感情の強盗展、http://www.cpue.org/2007kg/ 搬入まであと5日となりました!
横浜BankArtぜひいらしてください!
今週はせっせとやったり、あせって出かけたりしていました。

月曜日、打ち合わせ先でケータイで映画情報ゲット。そのまま向かう。
まだ、デス・プルーフやってたのねーーー!
ううう女の子がしゃべってるのって珍しくないから、タランティーノの
あの無駄なもったいぶった男達の会話が大好きなので、今回もガールズトークよりもっとおじさまトークをふんだんに見たかったです。

水曜日、千葉一族会に寄せてもらう。みなさんとても温かい方々ばっかりで人見知りなわたしもぜんぜん大丈夫だった。こんな心遣いが出来る方々
に一番憧れる!みやぶっちさま、元気で行ってらっしゃいませ!

木よう、あやちゃんと雨のお散歩。お稲荷さん。わたし、橘姫だって!
きゃあー!あやちゃんにはいつもなんか種をもらってる。

土曜、あーのたんとギャラリーはしご3つ。井筒啓之さん。ヴァニラ画廊。「残酷な姫君の宴」。カオリ座で読書。
表現すると言うことは、絵でも文章でも、演技でもお化粧にしても字一文字にしたってそう、その人の生きざまが現れる。だから、毎日の生活を納得のいくものにしていこう。


10日オープニングパーティとギャラリートークがございます。
http://www.cpue.org/2007kg/04event.html
パーティに出席希望の方は、私までメール頂けるとうれしいです。
yanncha69@hotmail.com
今回も、いろんなことに挑戦しました。
意欲作です。お運びくださいましたら幸いです。
コメント

アトリエサード

2007-11-02 16:47:08 | TV ・書籍・ 雑誌 ・ Web


アトリエサード
トーキングヘッズ叢書(TH Series)No.32「幻想少女~わ・た・しの国のアリス」にインタビューが掲載されています。
http://www.a-third.com/top.html


コメント (1)