真珠子にゅうす

真珠子の公式公開日記。

個展します!みつあみさなぎ

2016-09-30 00:54:26 | 個展

 

【真珠子個展します】何年かずっとサナギみたいな私だったですが皆様のお力をお借りして4年ぶり?くらいに個展開催することになりました。 
描き溜めている真珠子の人生をかけた漫画の原稿を初展示します。

真珠子個展 「みつあみさなぎ」

10月16〜30日
TAVGALLERY にて
テーマはラプンツェルです!
実際一緒にラプンツェル城を訪れたmaimialloと製作したドレスも展示します。そのラプンツェルドレスを着てくれたのは、松野井雅ちゃん❣️キュレーションは青木彬さんです。 ヘアメイク:清田仁、 
撮影:増田賢一

青木彬さんが書いてくださったステイトメントをここにも貼らせていただきます。

「渋谷パルコでの個展から4年…。これまでもジャパニーズガーリーアートを牽引し、国内外で活躍してきた真珠子による待望の新作個展を開催いたします。

 

近年グリム童話に深い関心を寄せた真珠子は、ドイツで「ラプンツェル」のモデルとなる地を訪れます。そこで感じたのはおとぎ話への憧れだけでなく、物語の底に沈んだ人間の業。
真珠子は差別の対象であった魔女が1人の女性であったという事実を知ったことから、それまで読んでいた物語の見え方が180度変わってしまい、あの長い髪に隠れたラプンツェルも一体何を考え、感じて、生きていたのか、現代の女性の生き方と照らし合わせて創作することとなりました。
本展のタイトル「みつあみさなぎ」には、こうした憧れから人間の業まで様々な思いが編み込まれていたさなぎを脱ぎ捨て、羽ばたこうとする真珠子の決意が込められています。

 

80年代から続く“ヘタウマ”といった動向は、その系譜を脈々と現代へと継承してきました。それは既にイラストやファインアートの境界が表現主義的な動向において揺るがされていることからも見受けられるかもしれません。
しかし、こうした動向を一概に過去のムーブメントとして楔を打ち込むのではなく、現代の多様な文化領域の狭間で作品が自律を目指したとき、そこに思いも依らない事象との接点が活路を見出すように、真珠子が歩んでいる道のりはどんなムーブメントにも縛られない創作の力強さが宿っていることに気がつかされます。

 

それは真珠子が2010年より開催している私塾「真珠子学園」の卒業生を見れば一目瞭然。これまでの卒業生には人気YouTuberのくまみき、特殊モデルとして様々な写真作品の被写体になっている七菜乃、近年注目も高まる若手アーティスト町田ひろみや三毛あんりなど、アートからエンターテイメントまで幅広く活躍する人々を多く排出してきました。
情動的に描かれる少女たちは後続するアーティストたちを過去のムーブメントに囚われない多彩な活動へと駆り立ててきたのです。

 

「子どものころから子どもになりたかった」と語る真珠子は、今もなお遊び疲れることを知らない子どものように、大人になった私たちの帰りを待っているのかもしれません。

青木彬」

皆様のご来場を楽しみにお待ちしています!
ご高覧いただけましたら幸いです。

tavgallery.com/mitsuamisanagi/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アジア福岡アートフェア | トップ | 【ドイツ地図とグリム童話で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

個展」カテゴリの最新記事