♪大地一人のスカイツリー暮色♪

有料版/運命鑑定
http://lovewind777.web.fc2.com/hit/src/love.html

日馬富士、恋し

2018-02-06 17:00:04 | 日記

 

 

大地一人、日馬富士の相撲が好きだった。

 

体が小さいのに、

あれほど頑張った。

 

闘志があふれて、相撲の内容が濃かった。

 

暴力事件と言っても、

いまだに、怪我の程度が不鮮明だ。

 

それに暴力は貴乃花親方もやっているではないか。

 

もちろん、暴力はよくないことだが、

辞めるほどのものではなかったと思う。

 

日馬富士には、第二の人生でぜひ頑張ってほしいものである。

 

あなたなら、できます。

 

皆さん、人生、何事も、プラスに考えましょうや!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

大相撲は、絶対に「闇」じゃないと思う。

2018-02-06 09:25:31 | 日記

 

 

ある週刊誌に、

大相撲は「底なしの闇」と書いてあった。

 

理由は、①一門の利益が優先され、

②年寄株の害悪はひどいから・・・・

と言っている。

 

大地一人はそうは思わない。

 

まず、「底なしの闇」というのは、

努力した者が、上に登れない仕組みのことを言う。

 

大相撲の場合、

努力し、実力さえあれば、

横綱にもなれるし、

理事にもなれる。

 

かなり明朗な仕組みではないか。

 

そもそも、なぜ大相撲が存在するか?

 

理由は、人々が求めるからだ。

 

人々は、決して嫌々見ているのではない(笑)。

 

入場料を払って、見に来るのだ。

 

テレビだって、受信料を払って、人々は見ている。

 

そう。

大相撲というビジネスは「売り手市場」なのである。

 

「売り手市場」であるかぎり、

「現状を守ろう」「このままでいい」

と考えるのは当然であって、

皆が見なくなったとき、

そのとき初めて「新しい仕組み」を作ろうと思うのが普通だ。

 

たとえば、年寄りになるためには、

「年寄り試験」を受ける

・・・とか、

「一門をなくして、完全合議制にする」などの大改革だ。

 

しかし、現在、大相撲は「売り手市場」である以上、

「これでいいじゃん」と思うのは当然なのだ。

 

しかも、繰り返すが、

努力した実力者は、高い地位に登れる。

 

なんとも、透明な仕組みであろうか!

 

日本には闇の世界がまだいろいろある。

 

レコード大賞や文学賞だって、

実力どおりには決まっていないではないか。

 

世界だって、

いまだに、自分の意見を述べれば、

虐殺され、収容所に送られる国々がある。

 

実力があっても、

上に登れない仕組みの国もある。

 

有力者が犯罪を犯しても、

逮捕されない国もある。

 

そういう国々の人たちは本当に不幸だ。

 

こういう国々こそが「底なしの闇」なのだ。

 

大相撲の仕組みは、100%とは言わないものの、

相当、明朗ではないだろうか!

 

少なくとも、「底なしの闇」という表現は、

大声で笑っちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

緊急!なぜ登坂淳一氏に悲劇が起こったか?

2018-02-06 02:51:36 | 日記

 

 

登坂 淳一(とさか じゅんいち)氏に悲劇が起こった。

 

その理由を、有料版で探ってみました。

 

納得できるはずです。


この記事をはてなブックマークに追加

テリー伊藤、相変わらず、超トンチンカン?

2018-02-06 02:25:46 | 日記

 

テリー伊藤のコメントは、

テレビ界一のトンチンカン男だと思う。

 

有賀さつきさんについて、

「私生活は本当に普通の女の子」

と言っていた。

 

それはないだろ!

 

ある意味で、この女性ほど、

普通の女の子から遠かった人はいないはずだ。

 

そもそも女性アナになった時点で普通の女の子ではないが(笑)、

それでも、フジなら、

強いて言えば、西山喜久恵や小島 奈津子なら、普通の女の子っぽい。

 

日テレなら、水卜 麻美か。

 

それから関西の女子アナは、普通の女の子っぽい子が多い。

 

しかし、それなりのプライドはあるはずだし、

生い立ちや経歴を調べると、

ますます普通の女の子じゃないな・・・と思う。

 

有賀さつきさんは、経歴ばかりでなく、

言動も、普通の女の子とは、

まるで違っていた。

 

ただ根はクレバーなので、

いい死後の生活を送ってほしいものです、ハイ。


この記事をはてなブックマークに追加