♪大地一人のスカイツリー暮色♪

有料版/運命鑑定
http://lovewind777.web.fc2.com/hit/src/love.html

第十回スカイツリー・Xファイル閲覧者募集のお知らせ

2017-12-31 04:18:19 | 日記

 

 

ご好評のスカイツリー・Xファイルは早いもので、

第九回を終了しました。

 

4年半やっていることになります。

 

新春120日には、第十回スカイツリー・Xファイルが始まります。

(スマホ版は210日より)

 

無料版では言えない秘密の内容を、

ジャンルを一切決めることなく、

宇宙、霊界、太古から、現代の喫緊の話題に至るまで、

半年間弱、100前後のトピックを、ご紹介しております。

 

他のサイトで見ることは、できません。

 

きっと、あなたの人生に、

大きな寄与になることでしょう。

 

次回は、以下のトピックを予定しております。

(都合により、一部の変更はご容赦ください)

 

1. 必見!水子の悪霊から完全に逃れる方法

2. 保証!作家が絶対に自殺しない方法

3. 小林麻央の乳房が、今語ること

4. 首なし事件と正木ひろし弁護士の話

5. 巨匠・黒澤明監督の秘密

6. 原始聖書から削除された宇宙の真理

7. 勝利を得るバックスクリーン効果

8. 実際にあった天皇暗殺と、ある俳優の話

9. 名作詞家+名プロデューサー阿久悠の秘密

10. 高知県人の特異性の研究  

11. ガン転移の半分は転移ではなかった

12. オーラは異常時に、どのように変わるか?

13. 新元号の時代はどのようなものか?

14. 双子の女子なのに、なぜ異なる人生なのか?

15. 自分を救う自分ツアー快楽法

16. ヒット曲に苦しめられる歌手たちの話 

17. 大腸が語る好きな食べ物、嫌いな食べ物

18. 世界一盗塁王・福本豊から人生の本質がわかる話

19. 悲劇の戦国大名の妻・細川ガラシャの死後はどのようなものか?

20. 俳聖・松尾芭蕉の人生のウラにあったもの 

(追加)緊急トピックは、随時、取り上げます。

  

閲覧希望者は、

以下の募集要項と見本を、ご覧になり、

申し込みフォームで、ご応募ください。

 

A. 見本

 

PC

 

http://lovewind777.web.fc2.com/yuryomihon/src/index.html

 

 

②スマホ版(PC版の70%弱をアップロード)

 

http://lovewind777.web.fc2.com/smafomihon/index.html

 

  

B. ご料金

 

a) PC

 

1. 期間 2018120日~624日(日曜日)

2. 金額 23,000円(銀行振込)

2018110日までに振り込んだ方は20000円です)

  

b) スマホ版

 

1. 期間 2017210日~624日(日曜日)

2. 金額 17,000円(銀行振込) 

 

 

C. 申し込みフォーム(直接の振込みも可能です)

 

(初めての方)

 

https://www.form-answer.com/applications/D9XHW

 

(ご継続の方)

 

https://www.form-answer.com/applications/8AMPN

 

☆振込先:

 

 1. 楽天銀行: 普通口座

 

 2. 支店名: マーチ支店(支店番号211

 

 3. 口座番号: 3693714

 

 4. 口座名: 横川和博(ヨコカワカズヒロ)

 

  

☆お問い合わせ

 

こちらのメルアドまで(コピペでお願いします)

 

yakkunok000@yahoo.co.jp

 

 

 

 


I've never been happier

2017-12-31 02:37:19 | 日記

 

 

今が最高!

 

アメリカ人がよく使う表現だ。

 

否定形を使っていうところがミソだ。

 

大地一人の有料版を読んで、

I've never been happier

・・・と行きたい・・ですね。


倉本聰氏、そのとおり!

2017-12-30 13:06:04 | 日記

 

 

脚本家の倉本聰が

不倫報道について、

正論を吐いている。

 

ちょっと長くなるが引用しよう。

 

「不倫は、あくまで当人同士の問題。

周りは見て見ぬふりをすればいいだけ。

 

なんらかの影響があるのは当事者の家族や配偶者だけです。

 

それなのに部外者が偉そうに、

他人の不倫をなじるなんてのは恥ずべきことですね。

 

ただののぞき見なのに、シレッとして正義を振りかざして商売にする、

部数を伸ばすっていう世の中がとっても嫌ですね。

 

そんな倫理に反する報道こそが“不倫”。

下衆の極みだと思います」

 

つまり、週刊文春や新潮を、下衆の極みと言っているのだ。

 

ただし週刊文春や新潮は、買う人がいるから、

出版しているんですが・・・

 

となると・・・本当の下衆の極みが誰?

 

ついでに言えば、

梅沢富美男は80回も浮気をしているのに、

なんら咎めないのはなぜ?

 

いずれにせよ、正義面だけはしたくないもんですね。

 

正義面が最大の罪でっせ、ハイ。

 

 

 

 

 

 


年末年始は、バロックが似合う!

2017-12-30 09:37:15 | 日記

 

 

今、バロックを聞いています。

 

年末年始の忙しいときは、

一息ついたら、

逆に、バロックが似合うと思います。

 

生きている・・・という気がします!

 

 

 

 


ハトとスズメ

2017-12-30 05:09:37 | 日記

 

 

公園で野鳥に餌をあげるとき、

昨年までは、

ハトにあげると、

スズメは、後ろに逃げていた。

 

体が小さいためだ。

 

ところが今年は、ちがう。

 

スズメも、「負けてられへん」と言って、

どんどん前に出てくる。

 

きっとスズメは、

「ハト、体大きいけど、やさしいじゃん」

と気づいたのかもしれません。

 

 

 


毛糸のスカート

2017-12-30 03:17:12 | 日記

 

 

昔、冬に、ある女性から、

毛糸のスカートをもらい、

試しに履いてみたことがある。

 

これが、温かい!

 

ズボンの上から履くのだけれど、

空気のバリアーができるせいだろう。

 

しかし、さすがに、

外では履けなかった。

(現在は、もっと別な方法で、

暖を取っています)

 

そこで思うのだが、

冬に限り、

男でも、スカートを履けるようなコンセンサスが

生まれないもんだろうか?

 

メンズ・スカート・・・という命名がいいだろう。

 

ファッション業界も、

これを流行らせれば、

ひと儲けできまっせ!

 

安陪首相やトランプ大統領にも履いてほしい。

 

 

 

 

 

 

 


原爆と空襲

2017-12-29 02:24:59 | 日記

 

 

1945年、

日本は、アメリカによって、

原爆と激しい空襲を受けた。

 

それは怒りを覚えるものだ。

 

しかし冷静に考えると、

日本だって、重慶で無差別空襲をしている。

 

またもしも昭和20年の日本が原爆を所持していたら、

それをアメリカ人に対して、

使用していた可能性が高いだろう。

(日本軍は、チャイナに対して、

化学兵器や生物兵器を使っていた)

 

・・・そう考えたとき、

アメリカに対して、

何も言えなくなる。

 

モンゴル力士の(不確定な)八百長について言うとき、

日本力士だって、相当ひどい八百長をやっていたし、

日本社会そのものが、

かなりの部分が、八百長と言っていい。

 

モンゴル力士の(不確定な)八百長を非難するとき、

その人は、自分の息子が、

縁故情実入社するのを、拒否できるのだろうか?

 

そういう自信がある人だけが、

モンゴル力士の(不確定な)八百長を

非難できる資格がある。

 

天にツバを吐くと、

自分の顔に落ちてくる。

 


高野利雄・危機管理委員長の怒りは妥当

2017-12-29 01:12:25 | 日記

 

 

高野利雄・危機管理委員長は

厳しく、貴乃花を批判した。

 

高野利雄氏は、元名古屋高検検事長だ。

 

法律を守るという点から見ると、

高野利雄氏の怒りは妥当だと思う。

 

貴乃花を弁護する人は、

はっきり言うと、

世の中の仕組みや法律を知らない人だと思う。

 

 

あるいは、理想主義者だと思う。

 

 

 

世の中を少しでも知っている人から見ると、

 

貴乃花の言動は、

 

許されるものではない。

 

 

現在、貴乃花を支持する人も、

将来、ひとたび組織の中で、

重要な役職を経験すると、

「ああ、やっぱり、貴乃花は間違っていた」

と納得するだろう。

 

ただしいつも言っているが、

人間の思想信条は自由である。

 

貴乃花も「組織に属さなければ」、

立派な人間である。

 

また、組織を脱すれば、

自由勝手に行動できる。

 

貴乃花は、今後とも、組織に属すのであれば、

これまでの言動を厳しく反省しなければならない。

 

これが世の中であり、これが結論だ。

 

 

 

 


八角理事長には、羊刃があった

2017-12-29 00:47:39 | 日記

 

 

八角理事長の命式には、羊刃があった。

 

これは怖いぞ。

 

貴乃花は印綬ー印綬だし。

 

印綬と羊刃の戦いですね(笑)。

 

詳しくは、次回の有料版でどうぞ。


若者がバカに見えて仕様がない

2017-12-28 10:41:33 | 日記

 

 

大相撲の話題について、

いろいろな人の意見を聞くとき、

正直言うと、

一部の若者の意見がバカに見えて仕様がありません。

 

今回の問題は、

1.組織というものがどういうものか

2.法律というものがどういうものか

・・・の2点を知らないと、

そもそも、発言できないと思う。

 

貴乃花が、司法機関とは別に、協会の事情聴取に応じるのは、

組織上、法律上、

100%当然のことであり、

これについて、貴乃花を弁護するのは、

とても稚拙だ。

 

ただ、貴乃花という人間を、

評価するのは、正しい。

 

彼のガチンコ相撲はもっと評価されるべきだ。

 

しかし、どんな人間でも、

組織の中に生きている以上、

その決まりを守らない場合、

最後は、「じゃあ、出て行け」という話になる。

 

若者は、「今の協会はおかしい」というが、

「おかしいかどうかは問題ではない」のだ。

 

その組織の存在が「法律的に妥当性があるかどうか」

が問題なのだ。

 

今の執行部は、法律に基づいて、合法的に存在している。

 

じゃあ、今の協会および執行部を、

認めるしかないではないか!

 

明治維新のとき、

西郷隆盛は、大久保利通などとの政争に負けて、

政府から出て行き、

西南戦争になり、城山で、自決した。

 

最後はそうなっちゃうのだ。

 

でも、西郷は、愛されているし、

今でも評価されている。

 

要するに、そういうこっちゃで!