見上げてごらん青い空を

バイク アウトドア カヌー 写真 登山 キャンプ 日々についてのつぶやき、ひとりごと 

違う目線

2009年03月31日 | Weblog
写真の中央に飛行機雲が写っている。

帰宅途中に真正面を飛んで行ったのだ。
飛行機の機体すらもよく見えない程、遠くを飛んでいるのだから、その乗客は遠く離れた場所で私が機体の後方に発生した雲を見て楽しんでいる事など知るはずもない。

夕方に、高い高度を南方向に飛ぶ。行先は海外じゃないとかいな?
窓からの景色は別世界の美しさやろうね?

住宅街の細道を抜けて行く仕事帰りも、気分は晴ればれしとるとよ。
コメント

勘違い

2009年03月30日 | Weblog
デイサービスでは毎朝「日付けの確認」をする。
当たり前のような事でも、しっかりと認識していないと、曜日も日にちもトンチンカンな答えとなってしまうので、いつも優しく、今日の日付けへと誘導するのだ。

今日はまさに、私がトンチンカン!。そんな日だった。
昨日(29日)が、今月最終日と勘違いしていたのだ。

そして、今日。
仕事が始まってしばらくして、まだ3月が続いていることに気づいた。

なんとも、とぼけた話だがホントの事。
今日と明日の2日間分を儲けた気分になっている所もトンチンカン!
コメント

並木道

2009年03月29日 | Weblog
自転車で帰る途中、遠まわりをして帰ってきた。

いや、正確には遠まわりするつもりはなかったのだが、自転車で走っていると、出来る限り停止したくない。
分岐となる交差点に差し掛かった時に、信号が青の方向へ進むのだ。
もちろん全く違う方向にいかないように最低限の選択によって信号停車を余儀なくされることはある。
しかし、この方法で走っていると、通った事のない裏道を走る事も多く、意外と楽しいものだ。
未知なる発見といえば大袈裟だが、自宅から自転車圏内にも知らない景色がたくさんあって楽しい。

そんな事を考えながら走っていると、この並木に出た。
何度も通ったことはあるが、こんなに大きな木だったか?
枝先には、他と明らかに違う春色の葉が伸びていた。
遠まわりの甲斐があった。
コメント

あれもこれもスケジュール

2009年03月28日 | Weblog
土曜日の午後は私の唯一の休みなのだ。

今日は夕方に予定があり、許される1時間の間に、やりたい事(今回はお店めぐり)をリストアップして出かけた。

リストには、しょーも無い内容が書かれているのだ。
本人には、とても気になるものばかりで、いつぞやお話しした「私流の市場調査」のひとつ。行かなくても何も問題は起きないし、行ったところで多分なにも購入せずに時間だけを使ってしまう事は承知の上だ。

そして、やっぱり何も買わずに帰ってきてしまった。
唯一の休みだったのに。。。
コメント

今年の桜は長持ち

2009年03月27日 | 介護
桜の話題ばかりで芸がない。本人もそう思っているのだ。

しかし、今年はなかなか桜が散らないと思う。
満開か?!と喜んで以来、随分と散らずに楽しませてくれている。

全国的には、福岡は開花が早かったらしいが、後に開花した地域はもう散り始めているのではないか?と余計な心配をしてみたり。。。

今日はデイサービスで花見をした。
と言っても、寒いとか面倒だからと車を降りたくない利用者さんもいらして、希望者のみ近くまで桜を見に行った。
平日と言う事もあるのだろう、花見客は皆無。
桜の木の近くで垂れ下がった枝の桜を見て楽しんだ。
桜は見上げる花と決めてしまっていたので、目の前で見のは新鮮だった。

興味が満足した途端、急に寒さと風を感じて車に戻ったのだ。
やっぱり花見は寒い!

次回は、おにぎりか饅頭など手軽な食べ物を持って来ようと話しながら帰ってきた。花より団子か。。。
コメント

早起きは三文の徳ともうしましてぇ~

2009年03月26日 | Weblog
タイトルで誘われてしまった方、申し訳ない。
なーんにも面白い事は、書いていないのである。ほんとごめん。

で、何かと申すと、いつも起きる時間が少しずつ明るくなってきたのだ。
暗くて寒いうちに活動を始めるのは、とても億劫なのだが、明るくなっていれば話は別。目覚めのスイッチも軽くなるというものだ。

いつものように新聞を取りに出ると藍色の空が見えた。
これがきれいな色だったのだ。
そして東方向が明るくなっていた。
急いで新聞を取って、部屋からカメラを持ち出して写真を撮った。

夕日が沈んだあとの藍色も大好きだが、朝に見る藍色は最高だ!
いい一日を過ごせそうな得した気分で始まった。
コメント

寒ぅ~。。。

2009年03月25日 | Weblog
いつもと同じ程度の服を着て出かけた。

バイクで走り出すまで、今日の気温の低さに気付かなかった。鈍感か!
寒すぎ!

春だと思って、暖かい日も経験したし、ヘルメットやグローブを冬用から通常の物へ切り替えて、気持もゆるんでいたのに、キュッと引き締まる気分だった。

驚かしちゃいかんとよ。体調狂うでしょ!
柔軟に対応できない年齢になっとるっちゃけん。

桜の開花進行は、こんなに寒いと止まってしまうっちゃろか?
温度計と桜を並べてみたい日だった。寒すぎ。
コメント

一瞬の旬

2009年03月24日 | Weblog
昼休みに近所の公園に出かけると桜が満開だった。

今週は少し寒くなるとの事で、桜が長持ちするのではないかと天気予報で言っていたが、今日の暖かさで開花に拍車がかかったと思う。

さすがに年間の数日しか咲かない花の旬は美しい。
大きな木なのに、ここまでの繊細な花を咲かせるところが素敵だ。
どれだけの人が心を和ませていることだろう。

今日のWBCの韓国戦も9回裏が同点で延長になったところまで把握していたが、勝利の瞬間は逃してしまった。
同時期に株価が急騰したことも逃してしまった。

旬は一瞬で過ぎてしまい、後になって旬だった事に気づくものだ。
今日はタイミング悪いみたい。

この開花スピードでは、花見もできそうにない。。。
コメント

夕食はこってりラーメン

2009年03月23日 | Weblog
写真撮ってくるんだった!

行きつけの魚料理のお店は、大将の趣味でラーメンも数種出してくれる。
今日の夕食はラーメンを食べたかったのだ。

すぐにラーメンを作ってくれたのだが、いつも景気の話になりどのように切り抜けていくのかが、話題の中心になるのだ。
いつも大将はブルドーザーのように力強くどんな事でも突き進む力を持っていらっしゃるのだ。少なくとも私にはそのように見える。

その大将が、「ダメだと思ったら、ほんとに駄目になる。いつもできる!と自分をもちあげないかんとよ」と言われていた。
その通り!
大将も人間なのだ。
また元気をもらった。

肝心のラーメンは最近食べた事のない変わったラーメンでとってもおいしかった。せめて写真を撮ってこないと説得力ないよね。
次回忘れんように撮ってくるよ。お勧めだから。。。
コメント

久しぶりの一人

2009年03月22日 | Weblog
息子はおじいちゃんと今朝旅行にでかけた。
妻と娘は、旅行に出かけたおじいちゃんの家に残るおばあちゃんに会いに出かけた。
いずれも1週間コース。

そ!、その期間は自宅に私ひとりと言う事だ。
この環境を与えられた私の気持ちについては、想像にお任せする。

いい意味で、何でも自分でしなくてはいけないのだ。
早速、今日の夕飯からどうするか考えなくてはいけなくなった。

勉強会の帰りに、途中にある牛丼屋に入った。
なんとお客はゼロ。「まさか準備中か?」と思ったが違った。
すぐに出てきた牛丼を食べていると、どんどんお客さんが入ってきて、余裕をぶっこいて荷物を隣の椅子やテーブルに置いていた私は急に肩身が狭くなってしまった。
私がお客の時は、不思議と客寄せしてしまうのだ。

肩身は狭いが、最初の夕食はクリア。

そこからすぐ近くの公園では花見が始まっていた。
夜は色が感じられなくなるのに、見事にピンクだった。

桜の写真を撮っていると、ちょうど昨年一緒に花見をした友人から電話があった。
花見しよう!と誘うと熊本に引っ越してしまったらしい。

今年は花見できんかも。すこし残念だ。
コメント

結婚式へ参列

2009年03月21日 | Weblog
友人の結婚式に呼ばれた。写真撮ってくれと。。。

「そりゃ無理だよセニョリータ」と断ったのだが、式の雰囲気だけでもいいからと頼み込まれてしまった。

室内の写真というのは、外より断然暗く照明によって明るさを変化されてしまうので素人には難しいのだ。
出来る限りの事をしようと、3台のカメラを持参し、そのうち2台には口径が大きく明るいレンズを装着して暗い室内対策とした。

結婚式とはこんなにも忙しいものだったか。次から次に祝辞や余興にお色直しと、ほとんど座っている暇がないほど。

しかし忙しい中で、私は気づいたのだ。
それまで撮った写真は記録写真でしかなかった。

友人代表のスピーチで、花嫁がぐしゃぐしゃに泣いてしまった。
これじゃ!と。

写真は、心を撮らにゃいかんのだよ。きみ!
わかった風に言うのはたやすいが、難しいな。
600枚以上も撮って、心は写ってたか?
コメント

微笑ましい光景

2009年03月20日 | Weblog
祝日でもデイサービスは休みではないのだ。

極端に交通量の少ない通勤路を自転車で出勤する。
こんな時、「みんな休みでいいなぁ」なんて考えたら人間腐ってしまう。
それは考えちゃいかんのだよ。私には、いつもの金曜日なのだ。

途中のガソリンスタンドで、軽自動車が給油の為に止まっていた。
操作パネルの前には、若い男子がお金を入れている。

と、助手席から飛び出してきた、相応の若い女子が千円札を握りしめて男子の前に割り込み「私に払わせて!」とばかりに千円札を入れようとしたのだ。

「いや、俺が払うよ!」と男子
「今日は私に出させて!」と女子
「いいから、気にしなくて」と男子
「だめよ~!」女子      のやり取りがあるように見えた。
しばらくはそうして攻防を続けていた。
結局、どちらが払ったのかはわからない。

そんな事あるよね。
たぶん、あまり深くない間柄。
やっとこぎ着けた祝日のドライブデート。
朝からの出発に二人とも早起きして、気持ちはピンクに花柄が溢れかえる様。

ではないかと想像してみた。
楽しいデートができただろうか。できたはず。間違いない!
コメント

暑いじゃんか!

2009年03月19日 | Weblog
春は急にやって来た。そう思える日だった。

ついこの間まで、暖房していたはずだが、今日は今年初の冷房を入れた。

事情があって一時は狭い事務所に男性三人がいる暑苦しい状況もあった。少しは体感気温上昇に影響したかもしれない。

しかし、春と言うのは、明るい雰囲気が充満している。期待や希望も感じる。新しい事もたくさん始まるのだ。

遅れをとっては、いけないと新たな取組みを一つ始めた。
春風を追い風に変えたいものだ。
コメント

マウス到着

2009年03月18日 | Weblog
注文していたマウスが到着した。
箱を開けてセッティングー!(古いネ)

早速「これが欲しかったの?」と妻に聞かれた。

「そうだねぇ」と平静を装う私。
そんな聞き方されるとは、油断していた。
どうしても欲しかった物だっけ?多くのボタンの機能を完全に把握していない私は少し不安を感じていたことに気づいた。

しかし、その不安は使ってみる事で納得に変わったのだ。

まあこんな不思議なデザインでカユイ所にボタンを付けて、しかもその機能も選択できるときている。

なんと便利な世の中なのか。

一番の目的はワイヤレスの機能だった事を思いだした。確かにこれは便利。
コメント

内視鏡検査。

2009年03月17日 | Weblog
2週間ほど前から、胃もたれのような違和感をお腹に感じていた。

ほぼ、快調な私のお腹にしては、調子が悪すぎ。時々痛むこともある。
もしや、ポリープが大きくなって、入院して手術かー?!
そうすると初めての入院になる。
今週のこれとあれの予定はどうしようと、素人らしく心配だった。

かかりつけの先生に見て頂いたら、「まず、内視鏡検査してみましょう」と有無を言えないまま胃カメラ検査をする事になった。
昨晩から何も食べずに我慢して、今朝も目の毒だからと食材を見ずに病院に出かけた。

ある患者さんが、胃カメラ検査は「怖いからやりたくない」。でも、検査の必要が出てきてしまい、先生に「意識不明にしてから、やってください!」とお願いしたそうだ。そしたら、本当に意識不明のまま胃カメラの検査が終わっていて、しかも何も問題がなかったと喜んでおられた。

検査の問診表の「麻酔しますか」の項目を見ながら、そんな事を思い出していたのだ。
このあと仕事しなくちゃいけないから、意識不明からの目覚めを待っていては時間がもったいない!と、不安を感じつつ「意識不明」は選択しなかった。

検査は、喉にテキーラのような麻酔を吹きかけられ、太い管を喉に突き刺され、激しく「オエっ!」となりながら、苦しんでいる間に内視鏡の先端は十二指腸まで届いていた。そこまで1分もかからない。
空気を入れふくらましたり、抜いたり、先端は蛇のようにあちこち点検しながら時々は写真を撮って戻ってきた。
しばらくはテキーラ麻酔で喉に違和感があるものの順調に麻酔は切れて回復。
結果はいくつか指摘事項があるものの、大きな問題なしとの診断だった。

かかりつけの先生に、内視鏡検査結果の報告をして、しばらく胃薬で様子を見ることとなった。

急に暖かくなって、近所の公園には桜が咲き始めていた。
真冬のようにセーターを着てジャケットを羽織って出かけたきた私は暖かさに気付かなかった。実は内視鏡検査をビビっていたのかもしれない。
そういえば、検査前の血圧高かった。
コメント