見上げてごらん青い空を

バイク アウトドア カヌー 写真 登山 キャンプ 日々についてのつぶやき、ひとりごと 

中華料理店の中庭はリスの家

2015年08月31日 | 

中華料理を食べに時々行くお店が熊本県菊池郡菊陽町にあります。「秀峰」というお店です。

ここのランチは安くて美味しくて、しかもお得だと思っています。

お腹もいっぱいになって満足しますが、ここの隠れた人気者がこちらのリスです。

 

中庭に小さな金魚の池がありますが、この周りを元気に走り回っているのが、このリスです。

突然現れたかと思ったら、あっという間に網戸を駆け上ったり、木の中に消えていったりとせわしく動きまわっています。

 

しかし、時々食べている真横に可愛い姿を見せてくれたりもします。

匂いが気になるリスですが、ほぼ放し飼い状態のこちらなら安心して楽しめますね。


中国四川料理 秀峰 菊陽点の「食べログ」ページはこちら

コメント

阿蘇山の近況

2015年08月30日 | 

朝から草千里に行ってきました。

阿蘇山の火山活動が活発化してから行きづらかったのですが、前回の時のように火山灰が残っているところは一部で普通に通行できる状態でした。

到着した時には霧がかかっていましたが、しばらくすると霧は晴れて草千里の景色もはっきりと見えました。

 

また、草千里の駐車場からは阿蘇山の噴煙が少し見えていて、硫黄の匂いなのか微かに匂いもしました。

今日は「阿蘇防災訓練」が予定されていて警察や消防隊、自衛隊の車が集結して防災訓練が行われていました。

たまたま、防災訓練の開始時間にその周辺にいたからでしょうか「緊急速報」で防災訓練の案内が携帯に届き驚きました。

「緊急速報」はあまりに突然でどうしたらいいものか一瞬止まってしまいました。

 

阿蘇山が何事もなく落ち着くことを祈ります。

 

コメント

ネクターのピーチもち

2015年08月29日 | 

ネクター好きなので、このパッケージを見て思わず買ってしまいました。

 

箱の中の個数は書いていなかったので、どんな「ピーチもち」なのか興味深々でしたが、開けると500円玉くらいの大きさの小さなもちが9個入っていました。

早速食べてみました。

うーーーん。

 

ネクターのピーチ味のぼよ~んとした味のままです。

こんなものですかね。

 

思わず買ってしまうのが悪いのだけど、ネクターと聞けばやっぱり買ってしまいます。

コメント

身近なインドカレー

2015年08月28日 | 

スパイシーなカレーを食べたくなって、いろいろと検索した結果、姪浜駅の近くにあるこのお店に行きました。

 

時間は14時半を過ぎた頃なのに、ここのランチは15時までとランチタイムの時間に間に合う事ができました。

そして注文したのはこちら。

チキンカレーセットです。

 

大きなナンが特徴ですね。

辛さは5段階から選べますが、今回は中辛を注文しました。

 

辛いものが好きといいつつ、あまり辛いとダメな私にはちょうどいい辛さでした。

 

そしてこのセットが750円と非常に安い。

しかもナンはお代わり自由。

 

美味しくて安くて、とても満足のお店でした。

 

「食べログ」のページはこちら

コメント

スパッと切られたような香春岳

2015年08月27日 | Weblog

最近この香春岳の近くを通る機会が多くなり、様々な方向からの香春岳を見ています。

どこから見ても上半分(?)がきれいに切り取られたような形をしていますが、今でも石灰石の採掘は行われているらしく、

年に一度はその見学会もあるそうです。

 

コメント

ミニマンゴーパフェ

2015年08月26日 | 

先日の宮崎旅行で食べた「ミニマンゴーパフェ(450円)」です。

「道の駅なんごう」で食べる事ができますが、とても美味しく満足しました。

 

ただ、この「道の駅なんごう」の前の通りは都井岬方向にいけるはずなのですが、橋の架け替えで通行止めとなっていました。

通れなかったルートは、海岸線のいいルートだったんじゃないかと、少し残念です。

 

コメント

福岡からの宮崎旅行(1泊2日コース)

2015年08月25日 | 

このルートを見ると、どんだけ遠くまで行ったのか?と自分でも思ってしまいます。

今回はバイクではなく車ででかけました。(長距離である事や、不安定な天気、そして一番の理由は暑さです)

 

ルートを考える中で、ネックは距離と高速料金でした。

かと言って山の中を抜けていくのも少々無理があるかと、悩みましたが、行きは九州自動車道を益城インターまで走り、俵山を抜けて高森経由、高千穂へと

向かいました。

この写真は高森からの根子岳です。朝の景色らしいですね。

 

高千穂を過ぎると大きな橋がいくつもあります。

渡ってみても大きな観光施設があるわけでもなく、生活道路の橋なんでしょうね。 なんという橋だったか忘れてしまいました。

 

延岡に入ると、「ととろ」という駅の名前を見つけたので駅表示の写真を撮ってきました。

非常に小さな駅で、なんて事ないですが、名前がユニークですね。

 

計画の中で最初の観光地が「馬ケ背」という場所です。

すでに陽が昇り蒸し暑い中しばらく歩かないといけません。

景色は珍しいですが、もっと下をみてみたかったと思いつつ、覗き込んではいけないような気もしました。

 

「馬ケ背」のすぐ近くにあるのが「クルスの海」です。

この十字が横から見た「叶」という感じに見える事からこの名前が付きました。よく見つけたもんですね。

 

次はこれまた近くの「大御神社」というところで、洞窟の中の「昇り龍」を見る事が出来ます。

二つの崖を組み合わせて「昇り龍」のように見えるので、これを見る時の立ち位置が重要です。

 

次に向かう途中には「西都原古墳群」があり、立ち寄ってみました。

いくつもの古墳がたくさんあり、その中の大きな古墳で、中に入れる「鬼の窟(いわや)古墳」という西都原古墳群のなかで唯一横穴式石室を有する古墳です。

周りは大きいですが、石室は非常に小さく狭い部屋でした。

 

本日最後の訪問地は「照葉大吊橋」

一時は日本一の高さ(142m)だったらしいですが、久住の夢大吊橋に抜かれて、現在は日本で2番目に高い吊橋となっています。

下からも横からの眺めも良くて、実際に歩いても高さを楽しめる吊橋です。

 

宮崎駅前にホテルをとり、夜は橘通りまで出かけて食事をしてきました。

 

さて、ここから2日目です。

宮崎市内から南下して、まずは「青島」から。

 

青島神社はなんども行っていますが、いろいろとアイデアを凝らした神社ですね。 

 

こちらは「鯛みくじ」というもので、ただおみくじを引くのではなく、傍に置かれた釣竿でおみくじを釣り上げるお楽しみ付きです。

 

こちらは青島神社の境内から入ったところにある絵馬のトンネルです。

この先にも小さな神社がありました。 

 

次は青島からすぐ近くにある「サンメッセ日南」という公園にやってきました。

天気もいいしたくさんのオブジェがあります。

園内は斜面にあるので、ゴルフカートを貸し出してくれます。私は歩きましたが。。。

 

こちらは並んで撮影されている方がたくさんいらっしゃいました。

 

 ここに来た目的はこちら。モアイ像です。

 それぞれのモアイに意味があるそうです。

 

次は「鵜戸神社」。

駐車場が3箇所もありますが、不覚にも一番遠い「観光バス用」の駐車場に止めてしまいました。第一駐車場がオススメです。

 

小さな運がたくさん詰まった「運玉」

 

これは「福注連縄(ふくしめなわ)」と言うものだそうです。

 

やっと到着しました。暑い。。。

 

こちらが本殿。汗をかいた体を休ませていただきました。

 

これが「運玉(5個:100円)」

 

願いを込めて、男性は左手で、女性は右手で正面の岩の窪みにめがけて投げ入れます。

 

こちらは「飫肥城跡」入口です。

この一帯は観光施設と食事処がセットになったチケットが販売されていて、時間があればゆっくりとこの地域を楽しめそうです。

ここに行かれるなら、絶対に購入して欲しいのが「玉子焼き」

いろんなレビューで見ていましたが、買って食べた感想は「もっと買えばよかった」です。

レビューの中に「和製プリン」と書いてありましたが、まさにその表現はぴったりです。

 

最後に向かったのは「都井岬」ですが、以前行った時より馬が少ない印象でした。減ったのか夕方だったから居なかったのか。 

馬を見れたので、目標達成と満足しました。

 

帰りは、ここから近くの「串間温泉いこいの里」でお風呂に入り、都城で焼肉を食べて福岡まで高速で帰ってきました。

距離は長かったですが、行きたいと思っていた観光地は全て回る事ができて満足でした。

 

今回は食事のご紹介はしませんでしたが、別の機会に少しづつご紹介をさせていただきます。

 

使用車:ランドクルーザー80 ディーゼル 平成5年式

走行距離:765km

燃費:9.22km/L

コメント

宝満山登山

2015年08月24日 | 登山

 

久しぶりに宝満山に登山してきました。

近所で、トレーニングになるような山としてここは適していると思います。

 

下の画像はiPhoneアプリ「RunKeeper」で記録した画面です。

往復で6.46km、所要時間は3時間17分と記録されています。

 

スタートは麓にある「かまど神社」です。

以前はこの鳥居の前にある駐車場に駐車させて頂いていましたが、登山者向けにここの向かいに1か所と、少し下ったところに広い駐車場ができて、駐車できない心配はなくなりましたが、少し距離が遠くなりました。

ま、登山者にこの少しの距離が嫌だという人は少ないでしょう。

 

「かまど神社」で「登山の無事」をお願いして、裏手から登山道に入り、しばらく進むと「宝満山」らしい登山道を進みます。

 

今回は「頂上まで休憩なし」を目標として、自分の体力に合わせて、力の配分をしながら進みましたが、この100段階段を登って休憩してしまいました。

 

結局、1時間40分で頂上に到着しました。

 

ほとんどの登山道が林間なので日差しに悩まされることはありませんでしたが、頂上は木がほとんどなく素晴らしい見晴らしで頂上に到着した達成感とともにとても気持ちのいい場所でした。

 

帰りはすぐ下にあるキャンプ場経由で帰ります。

 立派な「キャンプセンター」の建物に違和感がありますが、ここには唯一のバイオトイレがあります。

 

ここからしばらく降りていくと、登ってきた登山道に合流し「かまど神社」に降りていくことができます。

下りは早くて疲れも少ないですが、大きな段差を降りるときのショックで膝に負担がかかります。

負担をかけないように、ジワリと降りていくことに神経を使いました。

 

登山の翌日、そして翌々日も太ももから下がこわったままです。

とにかく運動不足です。

 

しばらくトレーニングを続けます。

コメント

マリノアシティの観覧車

2015年08月23日 | Weblog

隣に倍以上の大きさの観覧車があった頃は肩身が狭そうに見えていましたが、ひとつになった今でもマリノアシティのシンボルとして、夜のイルミネーションも点灯しています。

 

値段も1ゴンドラ500円と以前から変わらず、何度も子供たちと一緒に乗ったことを思い出します。

いつまでも変わらず、ここにある観覧車はいいですね。

 

コメント

長浜ラーメン食べてきました。

2015年08月22日 | 

数年、いやもっと前でしょうか、「元祖長浜ラーメン長浜屋」という店がありました。

 

確か、私の記憶には学生の頃に250円だったと思いますが、消費税導入のタイミングで300円、そして400円と便乗値上げの

ように値段が上がり「安くて美味しい長浜ラーメン」が「美味しい長浜ラーメン」に代わってしまいました。

 

そして、その店がなくなり(移転?)し、長浜の近辺には「元祖長浜屋」に似た「長浜家」という店が多数あり、どの店が元祖なのか

わからなくなってしまいました。

 

しかし、それも時代の流れなんでしょう。

自分の好きな味の長浜ラーメンを探してはいかがでしょう。

 

そんなわけで、今回はこの店に行ってみました。

入口は狭いですが、奥行きは結構あるようです。

店に入るとほとんどのテーブルにお客さんがいて、カウンターに座り、「カタ」を注文しました。

 

ほどなく出てきたラーメンがこちら。

これに、紅ショウガ、ゴマ、コショウをかけて、更にラーメンのたれも追加します。

昔の懐かしい長浜ラーメンの味がしました。

コメント

チロルチョコのアウトレットで買ってきました。

2015年08月21日 | 

田川にあるチロルチョコのアウトレット店で久しぶりにチョコを買ってきました。

 

一袋で500円。

数えてみたら51個も入っていました。

 

あんまりたくさんなので、皆さんにおすそ分けしました。

コメント

LX Dynamics Movie

2015年08月20日 | Weblog

LX Dynamics Movie

この車でオフロードを走る人はほとんどいないと思うけど、オフロード走行を想定した機能満載ですね。

コメント

ふわふわのkaiti(カイチ)の食パン

2015年08月19日 | 

この食パンを丸ごと頂きました。

なんでも、とてもふわふわで美味しいとか。

 

確かに、ふわふわでとても美味しい食パンでした。

水分が多く含まれているのかオーブントースターで焼くとのぞき窓が曇るのが印象的でした。

コメント

福岡からのツーリング(津和野、萩)

2015年08月18日 | ツーリング

 

今回は連休が取れる事になり、長距離のツーリングを計画していました。

行先は中国地方! ←なんとアバウトな事か。

 

イメージしていたのは、軽自動車のCMに出てきた松江の「べた踏み坂」、大山、三瓶山、鳥取砂丘あたり、もう少し手前で考えると萩、津和野ですが、

男一人で行くのもなんなので、ずいぶんと検討を重ねておりました。

 

その一方で、私の休日は妻にとっても休日なわけで、私がひとりで遊びに行くと妻はひとり残されてしまいます。

 

自分では積極的に遊ばない妻を置いていくのも気が引けて、結局は妻も楽しめそうな津和野と萩に行くことにしました。

 

その日は高速を小郡まで走りあとはひたすら下道を津和野に向かって走りました。

 

のんびり走るのもいいですが、しばらく走っても景色に変化がなく飽きてきて近くのダム湖でも見に行こうかと休憩をしていた所に、汽笛の音が聞こえました。

地図を見ると近くに線路があるらしく、これは見に行かねばとすぐに汽笛の方向を目指して走り、蒸気機関車を見る事が出来ました。 

汽笛の音、蒸気の匂いなど、知らないけど懐かしい気がします。

その後、しばらく蒸気機関車と並走しながらタップリ楽しませて頂きました。

 

津和野に到着して、街並み散策をしながら最初に訪れたのは、「安野光雅美術館」です。

名前は知らなくても、絵は見たことがあると思います。鮮やかな絵や優しい絵が多くこちらも楽しませて頂きました。

ちょうど、プラネタリウムがあるというので、見せて頂いたのですが、福岡からバイクで走った後のプラネタリウムは安眠の場でしかありませんでした。(ごめんなさい。。)

 

昼食の後、津和野の観光地として有名な太皷谷稲成神社の鳥居を見て。

 

津和野城址に向かいました。

しかし、頂上近くまで行けるリフトは終了時間の4時半が近い事もあって「今からは乗れません」といわれてしまいました。

諦めていたところ、「片道だけで、帰りは歩いて降りてこよう」という妻の提案に乗り、頂上までリフトに乗せてもらいました。

 

そしたら、この景色です。

山のてっぺんに広大な平地が現れ、そこからの津和野の街並みや山の景色が素晴らしいところでした。

 

こんなに素敵な場所とは思っていなかったので、とても満足しました。

津和野に行くならここからの景色は絶対にお勧めです。

ちなみに、帰りは山道を歩いて降りてきました。途中で道がわからなくなり不安を感じましたが、何とか無事に下界に到着。

 

この後、今夜の宿泊地の益田市へと向かいました。

今晩の夕食は味100選の「いろり」。

安くておいしくて満足の店でした。 

 

今晩の宿はこちら。益田グリーンホテル モーリスです。ここも安くて接客もよく、部屋も広く満足でした。

 もう行くことはないかもしれませんが、次回も行くならここに泊まります。

 

翌日は萩へ移動。

萩城址の近くにバイクを止めて、レンタサイクルを借りて町並み散策です。

最初に行ったのは高杉晋作の生家。ふむふむ。

 

萩焼の店も見て回りました。

 

その後も、いくつか観光をしてまわり、最後に向かった観光地は

藍場川沿いにある情緒あふれる武家屋敷「旧湯川家屋敷」。池からの水を屋敷の中に引いているという珍しい屋敷です。

この日は鯉やウナギが泳いでいたそうです。

 

帰る前に、不思議なものを見つけました。

ユニクロやドコモショップの赤い看板が、ここでは地味な色に変わっているようです。

景観重視なんでしょうね。

 

走行距離:527km

燃費:21km/L

コメント

ドローン(HUBSAN X4 HD(H107-C)がよさそうです。

2015年08月17日 | 電気製品

ドローンはあまり安いものだと動画性能が良くなくてお勧めではないと思っていました。

 

高価なものになると10万円以上の機体にGoproなどのカメラをセットして本格的な撮影ができるものがあるのですが、そこまではお金をかけたくないと思っています。

 

でも、試しに使ってみたい・・・そんな人に安価なドローンを見つけました。

なかなか良さそうですよ。

 

【空撮】マルチコプターHUBSAN X4 HD(H107C-1) 購入後初フライト ほぼノーカット

 

Hubsan X4 HD ブラックレッド H107C-3 [日本正規品]
 
ジーフォース
コメント