欲しがりません、カツまでは

蕎麦切り、鰻、天麩羅が好き

5月18日(土)家集断片

2019年05月18日 | 公開
  平成三十一年四月六日、初孫誕生す
あこのはらを うちよりけりし みどりごは むまれいでたり いよすこやかに
いたきまで しろくれなゐに さくはなは はつまごえたる いはへるがごと
  十日退院、母子実家へと来たれり
おほいなる 類型にこそ われが血の うけつがれつと おもふくすしさ
  十一日
みそあまり ひとつにちなむ みどりごに やがてなづけて やりたかりしが
ちもたりて まづつつがなく おひそだつ みどりごみれば うちゑまれつつ
  十二日、お七夜、名は珠樹となりぬ
ちちのみの ちちのなのりは 太樹なり されば樹ときて きをつかひたり
  十九日
ちちをすひ ゆばりをいだし ばばたれて いよよおほきに おほしたてなむ
  二十二日
すねながき あがはつまごは まつろはぬ ものとしてよに うまれきたるか
  三十日、娘の、子に乳を与ふるを見て
このこいかに おほしたてむと あれやこれ なやみなやみし ことおもひいづ
このために こころくだくは ひとのおやの なべてのことと おもふものから
  令和元年五月四日、娘と孫、実家に宿りをれば
いへぬちに うばとおほぢは ことまごと それぞれははも ゐるぞうれしき
たのしみは ゆぶねにまごを つけささへ むすめとふたり みをあらふとき
  十一日
四世代 ひとつやにゐて すぐすひは しあはせたりと ひとにいはれつ
  十二日、お宮参り
いにしへのイニシエーション はつまごのはつみやまゐり けふしをへたり
ひとつきに 900グラム 身長は 90ミリも ふゆとわがまご
つぎなるは ももかのいはひ おくひぞめ パリ祭のひに あたるといへり
すねながく むまれいでたり Quatorze Juilletにいはふ あなつきづきし
あがまごは ながすねひこか まつろはぬ ものとしてよに むまれいでけむ
  十三日昼、汐見のカウンターにて
冬瓜の はつものといふ われまごを いだくがごとく もちいだしたり
  五月十六日、娘、婿、新生児は新居へと移りぬ
むまれいでて ひとつきともに くらしたる まごやどをさる そのひきたれり
をさなきひ きのつらゆきは あこくそと よばれけりてふ むべしとおもほゆ
ちちをすひ いばりをいだし ばばたれて いよよおほきく そだてあがまご
  次の朝
みどりごの なくこゑたえし わがやどは あはれさびしと いふもさらなり
コメント

5月10日(金)運転して疲れ果てる

2019年05月10日 | 公開
  春学期は金曜に授業が入っていないので、初孫の1か月検診に連れて行ってと頼まれる。9:00に御茶ノ水の病院へ予約したというのだから、手続きのことなどもあり、1時間前には着くようにと塩梅すれば、あらら通勤ラッシュ時間。首都高も料金所や合流のあたりで渋滞に巻き込まれたが、やや早めに到着することができた。

  診察中は、病院の駐車場はバカ高いので、同じ区内に娘夫婦が購入した新居の駐車スペース車を入れ、数ブロック先の、現在住んでいる賃貸の部屋でテレビを観て時間を潰した。診察終りの連絡を受けて、ピックアップに向かう。婿殿は出勤とのことで、孫と娘を載せて首都高へ。20㎞も無い距離だが、赤ん坊を乗せていると気をつかう。後で芯から疲れていた。

  勤務先のキャンパス図書館で、昨夏閉店した超有名蕎麦店「三朝庵」の展示が始まった。面白いものをいろいろいただいてきたのは、F課長の手柄である。来週、見に行こう。



  老舗とて ながらふること かたきよに 皇帝ペンギン いのちいくばく(不敬罪)

  
コメント

5月8日(水)会議日

2019年05月08日 | 公開
  13:00から委員長を務める会議。昼食は「高七」へ行く。穴子天の定食をお願いすれば、骨を兜に見立てたあしらい。いやはや、洒落ています。



  会議はぴったり1時間。というのも、14:00から次の会議があるからだが、議事進行が捗らず、今月処理しなくても構わない議題を1つ、先送りした。来月は9:30からだそうで、老母をショートケアに出す私は間に合いそうもない。現れない場合は、副委員長が議事を始めてくださいと、申し上げておいた。

  夕方のお稽古事はサボる。急いで帰宅して、夕食を作り、孫の入浴を手伝って、てきぱき、てきぱき。

  来週の水曜は、夕方に急遽、会議を入れられ、会食の予定を翌日に変更するはめに。幹事の同僚教授に、少々苦情を申し上げておく。まあ、上から目線の部署の押し付けだが、ちょっと面白くない。サボタージュしてやろうと思うが、その会議に関わる私の分担は、既にパーフェクトに仕上げてある。こううことの手際は、我ながら鮮やかである。

  高校の同期生が逝去した。毎年、誰かしら鬼籍に入っていく。おいらもま72歳で死ぬだろうなと思う。そんな予感が、強くしている。
コメント

5月1日(水)令和元年

2019年05月01日 | 公開
  数日来の愚詠である。

4月29日
奉祝御代替わり記念行事 曲水宴
「よものうみ なみ平らかに 成さ令めて 和やかとなれ くにのなからひ」
同直会に初孫を詠む
「ちちをすひ ゆばりをいだし ばばたれて いよよおほきく おほしたてなむ」

4月30日
娘の孫に乳与ふるを見て
「このこいかに おほしたてむと あれやこれ なやみなやみし ことおもひいづ」
「このために こころくだくは ひとのおやの なべてのことと おもふものから」
即事
「平成の みよのをはりを 平静に 平生どほり すぐすけふかな」

5月1日
即事一
「けふよりは おりゐのみかど おはします やしまとなれり ながいきのくに」
旋頭歌(平安式)
「たれよりも くにたみおもふ おほきみの みくらゐを おりゐおはする 仙洞の御所」
即事二
「改元の ひのあかつきも エンジンを とどろかせゆく ごみ収集車」★★★
「あたらしき みよはじまると いひながら きのふにかはる なにごともなし」
「テレビジョンの コメンテータ― なぜにかく ヨイショばかりの 体制派のみ」
「おほきみの おほみごころを ありがたし ありがたしてふ こといふばかり」
(平安朝式旋頭歌)
「すべらぎを いただくしくみ すつべしと 岩佐美代子 先生われに のたまひにけり」
即事三
「平成と 令和をつなぐ 一本の 棒のごとくも はらわたのくそ」★
亀戸天神社藤まつり詠進歌
「あらたしき みよのはじめに さきほこる つるかめゐどの ふぢのはなぶさ」
コメント

4月26日(金)出前授業からボスとの会食

2019年04月26日 | 公開
  年に一度、昔勤めていた高等学校へ、出前授業に行く。授業開始20分ほど前に到着し、E先生にご挨拶。父上は国語科教育法を習った恩師なのだが、先般逝去された。



  50分授業を2コマ。その間に、併設の中学校の教員室を訪ねて、本年度、研究指導担当の院生A君を非常勤講師に採用していただいた御礼を言上した。なにしろ人がらの悪い院生ですので、問題があったら連絡してください、すぐ駆け付けますからと申し上げた。


  さてさて、昼飯は高校から私鉄駅までの間にある蕎麦屋で、りんだもぢる。高校教師時代はよく通った店で、花番の奥さんもかなりお歳を召された感じ。25年前の常連ですとご挨拶すれば、あ、国語の先生…と覚えていてくださった。蕎麦の味は、まったく変わっていなかった。



  池袋へ出て、デパートで「五家宝」を購入し、大学の図書館へ。Nさんへの利用カード更新発給を利用者支援課でお願いし、特別資料室に回って来年1月の学会時の資料展観のお願いをした。ちょうど課長がおいでになったので、話が早い。やっとこさ研究室にたどりついて、16:30から私が委員長を務める某委員会の打ち合わせ。17:45に待ち合わせをしていたから、話が1時間を超えるあたりで焦り出したが、時間までには終了した。

  研究室に中国K大学のS先生がお見えになり、18:00過ぎにT教授と待ち合わせてタクシーで「高七」へ。S先生は儒家思想がご専門で、T教授を紹介して欲しいと頼まれたので、一席を設けた次第。「高七」の大将には先日、初孫誕生の祝いをいただいたので、「五家宝」を手土産にした。お嬢さんの好物なのだそうだ

  久しぶりにT教授とお話ができて、嬉しかった。大学の副総長まで務められ、専門的には斯界の権威者なのだが、私は学部行政的にずっとT教授の「女房役」を務めた。いわば、「ボス」である。はっきり言って、学内で尊敬に値する教授は、T先生以外には無いと思っている。先日はNHKの番組で、曽祖父役で俳優?デビューされたのも、可笑しかったが…。
コメント