文学部只乃教授/雲州甲乙人が日乗

この翁 行方定めず ふらふらと 右へ左へ 往きつ戻りつ

7月7日(火)七夕なれど

2020年07月07日 | 公開
  個人研究費がオーバーしていると事務所からメールが来たので、慌てて出頭する。ここのところ、古典籍や書籍の購入が重なったせいであろう。15,000円ほどオーバーしたというので、担当者にお目にかかれば、立て替え払い分なので、振り込み額が減じられるだけだと聞き、安堵する。これをもって、本年度の個人研究費は、すべて使用済みと相成りました。

  勤務先キャンパスに隣接する、尾張藩江戸下屋敷跡の公衆便所の斜め前の窪地へ行き、梶の葉を少し採集した。今日は、一応、七夕なのでな。そうは言っても、やはり、旧暦で行わないと、年中行事はいまひとつしっくりこない。空も雨模様だ。

  神楽坂を回って、飯田橋まで歩く。途中、手拭い展をやっているギャラリーを、2軒のぞいた。私は、手拭いしか使わない男なのだ。

  キンショーメロンが売れていたので、1つ購入する。鮮やかな黄色。この、いかにもマクワウリ系の、甘みの遠さが好もしい。1960年代の終わりに売り出されたそうだが、子どもの頃に、喜んで食した記憶がある。昨今はあまり見かけない。出荷時期もごく限られているらしい。

  小倉屋製菓で荊妻と待ち合わせ、あまからなんぞを大量に購入し、トラムで帰宅する。今夜は何にしようと…豚肉があるので、生姜焼きにすることとした。梶の葉をランチョンマットの上にあしらい、気分を出す。



  荊妻は飲み掛けのワインになさったが、私は日本酒をいただく。岸野寛の三島盃を梶の葉の上に置いて、片口は岡本作礼作のやはり三島。御飯茶碗も岸野寛の刷毛目で、全体、朝鮮ものっぽい演出と相成った。
コメント

7月3日(金)誕生日プレゼント

2020年07月03日 | 公開
  誕生日には、にぎり寿司をとってもらったが、荊妻に、プレゼントは何がいい?と尋ねられていたので、もしよろしければ小さな徳利をお願いしたいと、リクエストをした。目星を付けていたわけである。

  それで、雨の中、徳利が売れている神楽坂のお店に、夫婦で出掛けてみると、臨時休業だった。HPで確かめればよかった。仕方ないので坂下まで下って、「志満金」で鰻重を食べて帰った。

  結局、徳利は自分で買って来て、荊妻に渡し、また私に贈られるという、感動のない授受を経て、仕事机の傍らに置かれている。



  粉引面取草花文の小徳利。対馬は大浦陶窯の作家、武末日臣の作である。「ギャラリー川村」の主人は寡黙そうな方で、ふらっと入って来る私が、気に入りの酒器は、必ず次回、現金を握りしめて求めに来るということを、どう思っておいでなのだろう? 今までに朝鮮ものや、志野織部の小皿などを衝動買いしてきたが、このお店で買って後悔したことは、一度もない。

  この小徳利は、右手陳列棚にたくさん並べてあった徳利の中でも、ひときわ小さく、一輪挿しなのかと思った。だんだん酒量が落ちてきて、もう、嘗めるくらいでいいやと、思うようになった私に、ぴたっときた。

  しかし本当に欲しくなった理由は、別にある。画像に配されている雨盛の盃は、そのあたりで1つ200円也でもとめた、数ものであった。しかし、だんだん染みが雨漏手と化し、なんとも言えない風情に育っていた。この小盃に取り合わせるのに、この小徳利以上のものはないと確信した。

  最期まで酒を嘗めて、死にたい。
コメント

6月28日(日)誕生日

2020年06月28日 | 公開
  ジャン・ジャック・ルソーと同じ誕生日である。27日はラフカディオ・ハーンで、こちらのほうが故郷に縁が深いが、仕方がない。お昼に姑殿が近所の菓子屋からケーキを買ってきてくださった。荊妻がコーヒーを淹れてくれる。コーヒーメーカーの調子が悪く、買い替えようか?と相談していた矢先、ぶっ壊れたので、さっそく買い替えた。今度のは調子がよい。だいたい、出来上がったコーヒーを注ぐにしても、全然違う。こんなに違うものかと、驚いた。
 
  夜はお寿司をとった。父の日に娘が贈ってくれた、ラベルに孫の写真があしらってある特注の清酒を開けた。


  実母を引き取り、介護し、看取り、納骨するまでの「記録」を、出版することになった。わたくしに原稿をまとめていたのを、ひょんな折に、K社の編集者Hさんのお耳に入れたところ、原稿を見せろ…となり、あれよあれよと出版話が具体化した。帯文もTさんにお願いしたところ、快諾していただく。うまくはこべば、9月の命日までに出せるかもしれない。

  この出版は、いっぽうで暗礁に乗り上げている揉め事にも、影響するかもしれない。想像を絶する展開ではないかな。亡き指導教授がおっしゃっていたように、揉めれば揉まるほど、世の中はよくなるものらしい。

  荊妻殿、明日は、内閣府のシンポジウムにご登壇だとか。コロナ禍のもと、会場は東京国際フォーラムなのに、無観客らしい。金があるところには、あるものだな。
  
コメント

6月12日(金)夜の街へ

2020年06月12日 | 公開
  東京アラートも解除されたようだから、長いこと自粛していた夜の街へ出動することにする。というのも、長いこと親しんできた、勤務先大学の図書館近くにある居酒屋「鷹ばん」が、20日をもって閉店するとのハガキをいただいたので、こりゃ名残りに、どうしても行かなければ…と思ったからである。



  「鷹ばん」は、西武百貨店にお勤めだった大将が、女将さんとはじめられた日本酒と和食のお店である。大将が亡くなられ、一時、居抜きで「太郎月」というお店になっていたが(このお店も好もしかった。若い女将は、今、どうしておられるか)、女将がまた「鷹ばん」を復活された。息子さんも御茶ノ水のニコライ堂近くで、お店をおやりだったが、そちらも今は、閉めてしまわれたらしい。

  「鷹ばん」が好きだった先生方は多く、鳥越文蔵先生は狂言の会の後、野村万作師を必ずこの店にお連れだった。佐佐木幸綱先生が退職される時の内々の一席も、このお店で持った。近くは、今の学部長殿がサシで飲みたいというので、お連れしたこともある。

  女将は鳥越先生と関係が深く、先生のお嬢さんが昨日、来店されたそうだ。ちなみに女将は、私と同い歳である。(^^;)

  郷里の銘酒「李白」を3杯飲み、鮎の塩焼きや、鱧の白焼き、岩牡蠣、烏賊刺しなどなど、珍味莫久来もいただく。

  帰りに神楽坂へ寄って、バー「家鴨社」のドアを開けた。マスターは遠州流の茶をお嗜みだが、宗実お家元の文章が載っている論集を、お届けする約束を果たすにかこつけた。論集は荊妻の勤務先で編集されたものである。

 ドライ・マティーニをいただく。このお店は、アナログ・レコードをかけている。ボサノバが流れる店内で、荊妻と命の洗濯ができた。



 しかし、新宿区の夜の街は、新型コロナウイルス感染拡大のクラスター発生集中箇所であるそうな。その区内夜の街をはしごした私は、もしかしたら…と思わぬでもない。帰りの電車も、結構混んでいたしなあ。そうはいっても、いつまでも、引き籠っているわけにもいくまい。

 娘に長い長い手紙を書いた。荊妻によれば、ひどくショックを受けていたらしい。家の一大事にかかわることなので、いつまでも「おんぼら」としているわけにもいかない。人の気持ちは分からない。世の中は、善意だけでできているわけではない。現実を、知っておいてもらいたい。それにしても、娘は、本当によい方と、結婚した。人を見る目のある人間に育つことだけに、意を用いたのは、正解だったと、つくづく思う。  
コメント

6月9日(火)むかし通りの生活様式

2020年06月09日 | 公開
  「新しい生活様式」「新しい生活様式」とウグイス嬢のごとく連呼されるが、不快である。そんなわけで、「むかし通りの生活様式」を求めて、営業再開された「高七」さんへ。



  大将、大女将、若女将うち揃っての、めでたきご営業。掻揚付きに、アルコール消毒を付けていただいた。

  カウンター席の正面に、短冊が飾られている。どなたの詠やらむ。みごとなお歌ばかり。



  園池公毅先生は、昨日お越しになったよしである。
コメント