徳永写真美術研究所 運営日誌

徳永写真美術研究所は「美術としての写真」「写真で伝える方法」について研究・作品制作する講座を運営。大阪・鶴橋で開講。

銀塩写真講座 Step1 / 7日目 プリント実習3:コンタクトプリント

2020年01月31日 | 銀塩写真講座

この日は前回の暗室実習にて
現像を終えたフィルムからの
プリント作業に取り組みました。



まずは
コンタクトプリントの作成から。

テストプリントとして
段階露光をおこない
その結果を見て本番プリント。



その後
仕上がったコンタクトプリントを俯瞰して
引き伸ばす写真を選びます。



フィルム現像時に
うまくリール巻きができなかった部分は
コンタクトプリントで
白く画像が抜ける事となります。
(涙)
経験を重ねるなかで
このミスは失くしていきます。



受講生の方が
これまでにプリントした
モノクロ写真をご持参くださいました。
幾度となく焼き直しながら
1枚の写真が完成したことが伺えます。

本講座においても
後半は
バライタ印画紙を用いて
丁寧に暗室作業をおこない
銀塩写真制作に励みます。



<ご案内>
2020年度4月開始の講座は
現在、準備中です。

募集中の講座については
下記ページにて案内中。
http://tokunaga-photo.com/class/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて
写真・写真表現・シルクスクリーンetc.
表現の研究活動をおこなっています。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step1 / 6日目 モノクロフィルム現像実習2:作業工程を習得

2020年01月07日 | 銀塩写真講座


2度目の
フィルム現像に取り組みます。
反復することで
一連の作業工程を
確実に身に着けます。



第一の関門となる
フィルムのリール巻は
前回よりもスムーズにおこなえました。



フィルム現像に必要となる
5種類の薬液の調合も手際よく・・・
温度管理も確実に・・・



現像タンクのかくはん作業は
秒単位の正確さが必要です。
工程表を参照して動作確認を怠らず・・・



・・・作業を終えました。



一部不具合も見受けられましたが
更に反復するなかで
成功率を上げていきます。



現像作業を終えたフィルムを
ドライヤーで乾燥させ・・・



6コマごとにフィルムをカットし
ネガスリーブに入れます。



今回は
35ミリフィルムが2本入る現像タンクで
2回に分けて作業をおこないましたが
現像本数が多い場合は
4本タンクを使用する場合もあります。



フィルムの乾燥後は
仕上がり具合をルーペで確認して
この日の実習を終えました。




受講者さんの愛機。
いつまでも実用品として活躍する
カメラであって欲しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて
写真・写真表現・シルクスクリーンetc.
表現の研究活動をおこなっています。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step1 / 5日目 プリント実習2:引伸機の使い方を学ぶ

2019年12月19日 | 銀塩写真講座


モノクロフィルム現像
コンタクトプリント

実習を経て
いよいよ
引き伸ばしプリントに取り組みます。



まずは
前回に作成した
コンタクトプリントを見ながら
引き伸ばす写真を決めます。
この時
写真を選ぶ際に使用する筆記用具は
ダーマトグラフ

ワックス分の多い柔らかな芯です。
「Dermato」はギリシャ語で「皮膚」
「Gragh」は「書く、記録する」
つまり
「皮膚に書けるもの」という意味で
もともと医者が手術の際
切開する部分を示すなどの目的で開発されたとの事。
詳しくはwikiにて確認ください。



選んだ写真のフィルムを
ネガキャリアにはさみ・・・



ブロアでほこりを除去し・・・



引伸機にセット。



イーゼルに投影される
画像の大きさを調節し・・・



テストピースを幾度かとり
引き伸ばしプリントを完成させました。

この日は
体験する事を目的としましたが
次回からは
焼き込み・覆い焼き
マルチグレードフィルターの理解など
完成度を高めるための
学びを進めます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて
写真・写真表現・シルクスクリーンetc.
表現の研究活動をおこなっています。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step1 / 4日目 プリント実習1:密着プリントを作る

2019年11月12日 | 銀塩写真講座




銀塩写真講座4日目のレポートです。

前回の実習で現像処理した
フィルムからプリントを作成します。

まずは
仕上がったフィルムを一望するために
密着プリントの作成。

密着プリントは
コンタクトプリント
ベタ焼きとも呼び
印画紙にフィルムを置き
密着させてプリントします。



徳永写真美術研究所では
暗室薬品の準備から
実習としておこないます。
右から
現像液
停止液
定着液
水洗バット



最初に露光時間を決めるために
テストプリントをおこないます。



6段階の露光をおこない
適切な濃度となる時間を割り出し



フィルム1本分
36枚の画像をまとめて露光。



テストプリントであっても
密着プリントであっても
各薬液に浸す処理時間は厳守。

プリントドライヤーに通し
乾燥させて完成。



仕上がりは
24×35mmの画面となります。

小さな画面を凝視して
次回に引き伸ばす写真を
選ぶことを宿題としました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて
写真・写真表現・シルクスクリーンetc.
表現の研究活動をおこなっています。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step1 / 3日目 モノクロフィルム現像実習1:一連の作業工程を体験

2019年10月07日 | 銀塩写真講座


銀塩写真講座においての
関門の一つが
モノクロフィルム現像。

フィルムの現像具合は
最終的な写真の仕上がりに
大きく影響します。

業者にお任せする手もありますが
やはり自身で現像したいところ。

本講座では体験に留まることなく
フィルム現像の実習を繰り返し
一連の作業の習得を目指します。

今回は1回目のフィルム現像レポートです。



初めての方にとって
最も難しい作業は
フィルムのリール巻き。
何度も練習して本番に挑みます。



その後は暗室に移動して
使用液の準備。

現像液
停止液
定着液
水洗促進剤
水滴防止剤

希釈の割合を間違えぬよう
また
液温管理も忘れずに準備します。

そして、いよいよ・・・



注意書きを書き加えた
手順書を目の前に置き作業開始。



現像タンクを手にして10数分間・・・



秒単位での正確な作業を経て水洗。



ドライヤーにフィルムを吊るして乾燥。

作業を終えた後は
フィルムの仕上がり具合をルーペで確認。



やり直しがきかない
フィルム現像ですが
ミスなく無事に
終えることができました。

次回は
コンタクトプリント
引き伸ばしプリント

学びます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて
写真・写真表現・シルクスクリーンetc.
表現の研究活動をおこなっています。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step1 / 2日目 ピンホールカメラ実習2:撮影・現像・反転プリント

2019年08月28日 | 銀塩写真講座



一年続く銀塩写真講座の冒頭に
ピンホールカメラ実習をおこなう理由は
写真の原理を学ぶことが
第一の目的であるものの
印画紙を用いる実習で
暗室作業を学ぶことも含めています。

・・・という事で
この日は
たくさんの経験を積みました。



最初に暗室の準備から。
現像液・停止液・定着液について解説
そして
原液に水を加えて使用液を作り・・・

 次は撮影の準備。
前回に作ったピンホールカメラの
針孔のサイズを測り
F値を割り出し・・・

徳永写真美術研究所から
徒歩30秒の公園に移動。



ガムテープで作ったシャッターをめくり
いざ、撮影。

撮影後は
赤いライトが灯る暗室にて現像作業。

初めての方にとっては
ふわっと像が生まれる瞬間は感動的。



現像後
プリントドライヤーに印画紙を通して
ネガ画像が完成します。



ネガ画像の諧調を反転させるために
引伸機にて密着露光をおこない・・・



先ほどの薬液を通すと・・・



諧調が反転します。
段階露光により
適切な露光時間を割り出し
本番プリント。



ネガとポジ画像を並べると
左右対称の図柄となります。

セットで見比べると
新たな見方で画像を認識できます。



たくさんの学びの後も
更に学びは続き・・・

コーヒーブレイク中に
次回に取り組む
モノクロフィルム現像の準備。
フィルムのリール巻の練習に励みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

にほんブログ村 写真ブログへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step1 / 1日目 ピンホールカメラ実習1:カメラオブスクラ観察

2019年08月18日 | 銀塩写真講座


2019年度の銀塩写真講座、初日のレポートです。



まずは写真の原理を知ることから。
今回
像を結ぶ現象を観察するために
3つのカメラオブスクラを準備しました。

カメラオブスクラとは
暗い部屋という意味です。
詳しくはWikiにて確認下さい。



最もシンプルな構造のカメラです。
ボール紙をコの字に折って孔をあけただけですが
おぼろげながらも画像を認識できます。



次は筒状
画像の投影面を動かせる仕組みです。
筒を覗いて見える画像がコチラ
左右上下反転画像が見えます。



最後は・・・
虫眼鏡のレンズを取り付け
45度の傾斜をつけた鏡を内部に入れています。



レンズを使うことで
ピントを合わせる動作が必要となりますが
針孔よりも鮮明な画像を認識できます。



一通りの観察を終えたのち
次のピンホールカメラ撮影実習に使う
カメラを作りました。



作り方はカンタン。
六切印画紙が入るサイズの箱を用意し
内部を黒く塗ります。



そして
孔をあけた板を箱に取り付け・・・



印画紙を固定するためにペーパーセメントを塗り・・・
内部に光が入らぬように隙間テープを貼り・・・



黒布ガムテープでシャッターを作って完成。

次回は
このカメラを用いて撮影
そして
暗室での現像実習をおこないます。



ティータイムでは
ピンホール写真作品集を見ながら
撮影計画を立てました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

にほんブログ村 写真ブログへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step3 / 7日目 バライタプリントの仕上げ

2019年08月12日 | 銀塩写真講座


銀塩写真講座、最終日の報告です。

バライタ印画紙による
写真作品の仕上げ方を学びました。



暗室にて仕上げたバライタプリントは
無酸性の保存箱に入れておく
保存箱は印画紙サイズで市販されている
購入先は・・・
など
プリント後の扱いについて紹介してから
仕上げ方の実習に取り組みました。



乾燥後の印画紙は
画面が波打ったり、カーリングします。
その対処として・・・



ドライマウントプレス機という
大きなアイロンのような機材を用い
熱と圧をかけて平面状にする
フラットニングをおこないます。

その後はスポッティング。



暗室でのプリント時に
フィルムに付着したホコリなどが原因でできる
白い斑点を目立たなくさせます。
このスポッティング作業では
極細の筆でインクを塗り込みます。



バライタプリントの最終工程では
周辺の黒濃度にインクの色を合わせること
1ミリ以下の点を描くことなど
集中力を高めて作業を進めなくてはなりません。
筆の扱いに慣れていない方にとっては
最後の難関となります。



銀塩写真作品を仕上げる本講座は
以上をもって終了。

徳永写真美術研究所は
受講後も暗室等の設備をお使いいただける体制です。
今後は自主的に暗室作業を重ね
制作を継続いただきたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

にほんブログ村 写真ブログへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座 Step3 / 6日目 バライタ印画紙でのプリント実習

2019年07月27日 | 銀塩写真講座



バライタ印画紙でのプリントに取り組みました。



4×5フィルムからのプリントの場合は
これまで使用してきた引伸機ではなく
ひとまわり大きい大判フィルム用の機材を使用します。



機材は大きくなりましたが操作は同じ。



ただし
ネガキャリアに挟んだフィルムの
ほこり取りは入念におこないます。

<プリント中の様子は省略>

プリント作業に励むこと数時間・・・



水洗工程へと進んだ写真を
水洗促進剤に浸し
プリントウォッシャーへ・・・



ウォッシャーのスリットに
印画紙を入れ1時間ほど水洗。



水洗中は休憩しながらも
この日のプリントメモを
ノートに書き留めておきます。



水洗処理を怠ると
写真の保存性に影響します。
しっかり水洗をおこない
その後は自然乾燥。

後日
フラットニング
スポッティング
マッティング

工程を経て
バライタ印画紙での写真作品を仕上げます。

続く



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

にほんブログ村 写真ブログへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


銀塩写真講座Step3 / 5日目 再びのシートフィルム現像&コンタクトプリント

2019年06月28日 | 銀塩写真講座




前回のフィルム現像で仕上がった
ネガフィルムの濃度が薄かった点を踏まえ
再度、撮影をおこない
再度、フィルム現像に取り組みました。



データが安定しない理由は
手作りのピンホールカメラを用いた撮影であるから。
微調整を経て再チャレンジです。



今回、新たな道具を使いました。
全暗室対応のフィルム現像タイマー。
工程ごとに時間を知らせる機能のアプリです。
赤の発光具合も調節できます。



作業に着手する前に手順を確認



薬品を準備
2枚のバットで液温管理を厳重にしました。



<現像は全暗室での作業につき写真はナシ>





水洗の段階で蛍光灯をつけ



水洗促進剤に浸し
水洗器にてしっかり水洗



その後は
フィルムドライヤーにて乾燥



フィルムの状態をルーペで確認したところ
まずまずの仕上がりでした。



その後
休みを挟まずコンタクトプリントまで仕上げて終了。

この日のうっかりミスは
コンタクトプリントに使用した印画紙が
バライタ紙だった事!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

徳永写真美術研究所
大阪・鶴橋にて、写真・写真表現・シルクスクリーンの研究活動をおこなっています。 

にほんブログ村 写真ブログへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・