THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

オンワード、百貨店内小売店舗主体に閉鎖、約600店、 

2019年10月30日 14時50分26秒 | 乗用車」


■「店広げすぎた」空白の10年

「これまでは店を広げることにエネルギーを費やしてきたが、量よりも質になる」。4日、都内で記者会見したオンワードの保元道宣社長は大規模な構造改革に乗り出す理由について、沈痛な面持ちでこう述べた。百貨店を主力に出店拡大を続けてきたが、百貨店の客層が「高齢化し、20~30代の若者のシェアが低い」とした。

オンワードは国内を主力に 全世界で約3000店の小売店舗を抱える。保元社長は閉鎖数は「中長期ではそうなる」と述べ、 閉鎖店舗数が600店に上ることを認めた。「23区」「組曲」など主要ブランドは残す一方、低採算ブランドは廃止を検討する。対象地域は地方が中心となる見通しだが、店舗が複数ある都心部も対象になる。「(閉鎖は)2020、21年以降も続く」(保元社長)という。

閉鎖店舗の従業員は、ネット通販などのデジタル部門やオーダースーツ店への配置転換などで対応する。20年2月期に約250億円の特別損失を計上し、連結最終損益が245億円の赤字(前期は49億円の黒字)になる見通しだ。

最終赤字への転落は09年2月期以来、11年ぶりになる。当時は「リーマン・ショック」によるアパレル不況の嵐が吹き荒れ、百貨店市場は1割縮小した。代わりに「ユニクロ」や「H&M」といったカジュアルブランドが台頭。オンワードは主力の婦人服ブランド「23区」のてこ入れに失敗し、アパレル業界では「百貨店向けビジネスだけでは、もはや成り立たない」とされた。

コメント

  sc内施設で、レディステナントの減少数が最大、減少の8割が女性服!2年間で出店数の1割に達する! 

2019年10月25日 17時26分33秒 | 乗用車」

 

 

SCなどで営業するレディースのテナント数は2019年3月末時点で1万3920店と過去2年で約1割減った。閉鎖などによる店舗の純減数は1641店と、2番目に多かった「キッズ」(166店)の10倍にのぼった。「メンズ」の店舗純減数は153店。

保温など機能性を高めた独自商品の開発で支持を集めるブランドも多い「ファミリー」は20店の純減にとどまった。

女性向け衣料ブランド「23区」などを展開するオンワードホールディングスが傘下ブランドの整理や国内外600店舗の閉鎖方針を明らかにするなど、ファッション業界では営業体制の見直しが急務になっている,

*女性の意識における服飾価値観の変化、生活機能が優先する、

背景にあるのがアマゾン・ドット・コムやゾゾタウンなどネット通販の浸透だ。都内の30代女性は「仕事が忙しく、服を買うのはもっぱらネット」と話す。経済産業省によると「衣類・服飾雑貨等」の消費のうち電子商取引(EC)経由が占める割合は18年に12.96%と、前年より1ポイント以上の伸びをみせている。

「メルカリ」などフリマアプリの浸透も加わり、ファッションは消費者の意識が急速に変化している。

コメント

中国、ファーウエイの業績、1─9月売上高は6100億元(862億ドル)で、前年同期比24.4%増加

2019年10月25日 14時52分32秒 | 乗用車」

ファーウェイが16日発表した1─9月売上高は6100億元(862億ドル)で、前年同期比24.4%増加した。この間の純利益率は8.7%だった。

*米政府は5月、ファーウェイを輸出禁止対象に加えた。米国の安全保障や国益に反する行為に関与したとの理由だ。その結果、特別な許可を得ない限り、米企業との取引は禁止される。ファーウェイ側は、自社製品が米国の安全保障の脅威になっていないと繰り返し主張している。

*ただファーウェイは8月、米政府から制裁発動の猶予が認められ、既存の通信ネットワーク維持や自社スマホのソフトウエア更新が可能になった。猶予期限は11月18日。

ADVERTISEMENT

コメント

ファーウェイ,米政府規制を克服?第3・四半期の売上高も前年同期比27%増の1650億元と悪くない。

2019年10月25日 13時41分30秒 | 乗用車」

 

ファーウェイは今年5月、特別な許可がないと米企業と取引できなくなる米政府の輸出禁止対象に追加された。それでも今月16日に発表された最新の業績を見ると、事業は順調だ。1─9月売上高は6110億元(862億ドル)に達した。同社は限定的な財務データしか開示していないが、ロイターが計算したところでは第3・四半期の売上高も前年同期比27%増の1650億元と悪くない。

ありがたいことに、ファーウェイ創業者の任正非氏は中国国内に同社製品をずっと使ってくれる消費者を抱えている。世界全体のスマホ市場が縮小しているにもかかわらず、市場調査会社カナリスによると、足元の増収は恐らく、米国の制裁発動前に登場したスマホにけん引されたのだろう。

またファーウェイは目下、米政府から制裁を猶予されているところで、11月には猶予期限を迎える。再延長がない限り、同社は通信機器とスマホの双方にとって重要な部品やソフトウエアのツールを利用できなくなる。ファーウェイが規制当局に提出した今年上半期の報告に基づいてジェフリーズのアナリスト、エディソン・リー氏が試算したところでは、在庫は3カ月分をやや超える程度だ。

ADVERTISEMENT

 

ADVERTISEMENT

コメント

地銀,4割赤字!

2019年10月20日 17時26分49秒 | 乗用車」
9月6日、第二地方銀行の島根銀行が資本提携を発表した。相手はネット金融大手のSBIホールディングス。SBI側が25億円を出資して、3分の1の議決権を握り、筆頭株主になるという内容だ。

島根銀行の鈴木良夫頭取は「新生島根銀行のスタートだ」と表現した。
その翌週13日には福井県が続いた。県内に2つしかない福井銀行と福邦銀行が包括連携をめざし協議を始めると発表したのだ。
(左)福井銀行 林正博 頭取 (右)福邦銀行 渡邉健雄 頭取

地銀の4割“赤字”の異常事態

地銀の経営は厳しい。金融庁によれば、貸し出しの利息や送金手数料など、銀行業の根幹にあたる「顧客向けサービス業務利益」は、全国105行のうち実に45行で赤字だという(2018年度)。

地方の人口減少、企業の廃業で顧客が減っている。しかも日銀のマイナス金利政策で貸し出し金利が下がり、利益を稼ぐことがどんどん難しくなっているためだ。

ではどうするか。再編・統合などによるコスト削減や合理化が「不可避だ」となる。実際、新潟県の第四銀行と北越銀行が、九州ではふくおかフィナンシャルグループと十八銀行が統合している。

とはいえ合併、統合にまで踏み込む動きは限られる。効率化のためどちらの銀行の店舗を閉めるのか、経営の主導権はどうなるのか…と二の足を踏むところが少なくないためだ。

 

地銀の現状に危機感を抱いているのが監督当局の金融庁だ。今のままで、将来にわたって収益を確保できるのか。地銀に経営改善を強く求める方針を打ち出している。

金融庁幹部は「コストを削減するか、新しいビジネスなどで収益を向上させるか、できなければほかにどういう手があるのか、地銀にじっくり聞いていく」と語る。各銀行との具体的な対話を始めているという。

島根銀行提携の舞台裏


SBIと資本提携に動いた島根銀行。金融庁から収益力の立て直しを強く迫られていた。それが異例の提携の背景の1つにある。

人口減少と低金利、それに島根県内で圧倒的シェアを誇る山陰合同銀行との競争にさらされ、厳しい経営が続いていた。

ことし年明け。年度末の決算に向けて試算したところ、本業のもうけを示す「コア業務純益」の3期連続赤字が確実となった。
数字をみた鈴木頭取は、独立路線から一転、他社との提携の道を模索し始めた。鈴木頭取が頼ったのがSBIだった。去年6月からSBI証券と投資信託の販売で業務提携していた関係があったからだ。

3月、鈴木頭取は東京に向かいみずから資本提携を提案したという。知らされていたのは銀行内でも数人だけという極秘交渉。「とんとん拍子で進んだ」(関係者)という交渉は、半年で合意にたどりついた。

ただ提携で、SBIは筆頭株主となって銀行に役員も送り込む。「創業から100年余り独立して営業してきただけに考え悩んだ」,鈴木頭取は提携は苦渋の選択でもあったと記者会見で明かした。

今後、島根銀行はフィンテックの分野でSBIから支援を受け、決済や送金を手軽にできるスマホアプリの開発なども行いたいとしている。

資産運用のノウハウを活用し、SBIグループの住宅ローンも扱う。その一方で強みのある地元向けの営業に資金や人材を重点投入して、収益改善の構想を描く。

地銀と組む、本当のねらい

SBIホールディングス 北尾吉孝 社長
ネット金融との提携は、苦境にたつ地銀の課題を本当に解決するのだろうか。SBIの北尾吉孝社長にも単独インタビューした。
「今、ひな鳥(地銀)が一生懸命、殻を破ろうと殻を下から突いている。親鳥(SBI)が上から突き、割ってひなをかえす。そして、今までの銀行と違った形で新しい生命体になっていく。そういうタイミングだと思っている」(北尾社長)
20年前に創業したSBI。ネット取り引きで格安手数料などを武器に金融サービスを提供。証券事業では今や大手の一角をなす。

北尾社長は「“ネットとリアルの融合”で地銀は再生できる」と語り、“第四のメガバンク構想”を掲げている。

複数の地銀と組んで、徹底的な効率化とむだの排除を進め、大手に並ぶ金融ネットワークを形成する、というアイデアだ。

例えば、銀行の基幹システムの開発や、マネーロンダリングなど規制対応を、地銀がばらばらに行うのには膨大なコストがかかる。これをSBIがまとめて担当すれば大幅な効率化が進む。地銀の資産運用もSBIが一手に行う。

一方で地銀は、地元の顧客対応に全力を注ぎ「ウィンウィン」の関係ができると見ている。北尾社長によれば、=
「将来、金融サービスにかかる手数料をゼロにして、膨大な客を取りに行く。地銀が本当に変わるんだと思うなら、できるかぎりのお手伝いはしていく」(北尾社長)
提携拡大に強い意欲をみせている。

証券大手もアプローチ


連携の動きはほかにもある。同じ島根県の山陰合同銀行は、大手の野村証券と提携した。野村から社員を受け入れ、地元の取引客向けの、証券サービスをてこ入れする。

野村証券にとっても、地方の開拓とコスト削減につながる。やはり第2、第3の地銀パートナー探しを加速させている。

山は動くのか

金融庁幹部は、ネット金融や証券会社が地銀にアプローチしていることについて、「一石を投じる動きで、大いに歓迎したい」と語る。

来年の東京オリンピック・パラリンピックの後には景気の落ち込みも懸念される。フィンテックの新興勢力も決済サービスなどに進出し、競争は激しさを増す。地銀の経営がおぼつかなくなれば、地方経済の悪化も招きかねない。


 
コメント

ソフトバンク筆頭株主の、米、ウーバー、NY上場、売り出し価格下回る! 

2019年10月12日 15時18分23秒 | 乗用車」

【追記】2019年5月13日(月)の株価が37ドルにまで落ち込み、時価総額は622億ドル(6.2兆円※109円だと6.8兆円)ユニクロ6.5兆円との差は縮まった。

 

□ウーバーは(2019年5月)10日、ニューヨーク証券取引所に株式を上場し、売り出し価格を7.6%下回る41ドル57セントの株価で初めての取り引きを終えました。

□この結果、ウーバーの時価総額は697億ドル、日本円でおよそ7兆6000億円となり、アメリカでことし最大の上場となりました。

出典:米ウーバー上場 予想に反し売り出し価格を下回る

IPO(新規上場)は、1株あたり45ドルで1億8000万株(81億ドル)の調達を計画。しかし、初日は41.57ドルとなった。それでも巨額のIPOであり、米国史上9番目の規模のIPOとなった。IPOのタイミングとしては、米国の中国に対する25%関税などのタイミングと重なった。

■UBERの主要な株主

ソフトバンク、アルファベット、創業者で前CEOトラヴィス・カラニックの3者で 30.1%を占める。

□Uberの最大株主はソフトバンクで保有率は16.3%。米Alphabetも5.2%保有する。創業者で前CEOのトラヴィス・カラニック氏は8.6%。

□Uberの2018年の売上高は113億ドル、純利益は9億9700万ドルだが、営業損益が30億3000万ドルの赤字だった。2017年の純損失は40億3000万ドル

出典:Uber、NYSEで株式公開へ 最大株主はソフトバンク

コメント (1)

ソフトバンクの投資企業、

2019年10月12日 15時18分23秒 | 乗用車」

【追記】2019年5月13日(月)の株価が37ドルにまで落ち込み、時価総額は622億ドル(6.2兆円※109円だと6.8兆円)ユニクロ6.5兆円との差は縮まった。

 

□ウーバーは(2019年5月)10日、ニューヨーク証券取引所に株式を上場し、売り出し価格を7.6%下回る41ドル57セントの株価で初めての取り引きを終えました。

□この結果、ウーバーの時価総額は697億ドル、日本円でおよそ7兆6000億円となり、アメリカでことし最大の上場となりました。

出典:米ウーバー上場 予想に反し売り出し価格を下回る

IPO(新規上場)は、1株あたり45ドルで1億8000万株(81億ドル)の調達を計画。しかし、初日は41.57ドルとなった。それでも巨額のIPOであり、米国史上9番目の規模のIPOとなった。IPOのタイミングとしては、米国の中国に対する25%関税などのタイミングと重なった。

■UBERの主要な株主

ソフトバンク、アルファベット、創業者で前CEOトラヴィス・カラニックの3者で 30.1%を占める。

□Uberの最大株主はソフトバンクで保有率は16.3%。米Alphabetも5.2%保有する。創業者で前CEOのトラヴィス・カラニック氏は8.6%。

□Uberの2018年の売上高は113億ドル、純利益は9億9700万ドルだが、営業損益が30億3000万ドルの赤字だった。2017年の純損失は40億3000万ドル

出典:Uber、NYSEで株式公開へ 最大株主はソフトバンク

コメント

ソフトバンクのピジョンファンド、第2弾のファンドの,,資金調達は難航? 

2019年10月11日 16時44分54秒 | 乗用車」

ニュース速報を検索したら、ソフトバンクのピジョンファンド失投の記事に出会った、ファンドの投資リスクはいかなる投資にもついて回る、というお手本のみたいな記事に出会えた、ソフトバンクが10憶ドルを投資した、ウイーカンパニー株価の下落現象を紹介する記事である、孫さんも決して万能の神様ではない、 投資の失敗は投資につきもの,,を証明した投資株の株価下落の記事である、以下---- 

ソフトバンクの孫正義社長は8月、ビジョンファンドの資金の85%を企業80社以上に投資済みか、投資を決定していると説明した。バーンスタインのアナリストによると、ウィーカンパニーへの投資は20億ドルで、仮に同社が破綻してもビジョン・ファンド資金の2%が消えるにすぎない。

問題は、ウィーカンパニーが孫氏の投資命題を象徴していることだ。その命題は、ビジョン・ファンドが白羽の矢を立てて巨額を注ぎ込んだ有能な創業者が、業界の勝ち組になるという前提に立っている。孫氏はソフトバンク自体からの投資を含め、ウィーカンパニーとその共同創業者アダム・ニューマン氏に約110億ドルを投資したが、同氏は先月CEO退任に追い込まれた。同氏は利益の出ない事業に投資して出資金を浪費し、同社株の株式価値は現在、孫氏の投資総額をおそらく下回っている。

ウィーカンパニーの失態は、ビジョン・ファンドが投資企業を過大評価しているのではないかとの疑問も生じさせる。ソフトバンクは今年実施したウィーカンパニーへの投資で、同社の純キャッシュを除く企業価値を470億ドル、昨年の売上高の25倍相当と評価した。その数カ月後、ウィーカンパニーの新規株式公開(IPO)計画は評価額を100億ドルまで切り下げたが、その評価額でさえ投資家からは鼻であしらわれた。この最新の投資にビジョン・ファンド自体は参加していないとはいえ、同ファンドは概ねソフトバンクの試算に基づいて企業価値を評価しているため、ファンドに出資するサウジアラビアなどは他企業の評価にも疑問を投げ掛ける可能性がある。

今回の一件により、ビジョン・ファンドの投資企業が将来実施するIPOに対しても、投資家は警戒を強めるだろう。孫氏はIPOによって投資収益を回収し、ファンドに出資してくれたサウジおよびアラブ首長国連邦に還元する必要がある。ファンドが投資して既に上場した6社のうち、5社の株価がここ3カ月で下落している。中でも目玉投資だった米配車大手ウーバー・テクノロジーズ(UBER.N)と職場向けメッセージアプリの米スラック・テクノロジーズ(WORK.N)は、上場以来29%と35%、それぞれ値を下げた。

 

やけどを負った投資家は今後、孫氏が投資する他の巨大な赤字新興企業の上場で大幅な価格切り下げを要求するか、もしくは上場参加を見送るだろう。ビジョン・ファンドにとって最大のリスクは、ウィーカンパニーの失敗が一度限りの出来事に終わらず、潮流の始まりになることだ。

●背景となるニュース

*ロイターは4日、ソフトバンクグループが設立を目指すビジョン・ファンド第2弾による資金調達が難航していると報じた。

*孫氏の周辺からは第2弾の設立延期を促す声も出ており、ファンドの規模はソフトバンクが当初発表した1080億ドルを大きく下回る公算。

*ウィーカンパニーは9月30日、IPOの延期を申請した。その1週間前にはアダム・ニューマン氏がCEOを退任していた。

コメント (1)

オンワード、国内外店舗、600店閉鎖,アマゾン通販に食われる? 

2019年10月05日 21時06分04秒 | 乗用車」

アマゾンを核とするネット専門通販がアメリカでは猛威を振るい、実店舗の百貨店、スーパーなどのリアル店舗の売り上が急速に減少する現象が起きている、在来型店舗もネット通販に参入はしているものの、検索ツールとしての、アマゾンの日常的な検索利用度の高さに比較すると、一般的な小売業者の検索利用度のパワー頻度は、アマゾンの検索頻度力には到底及ばない、日常的な消費対象の店舗では、コストレベルでも、検索頻度レベルでも、アマゾンには太刀打ちできない状況が生まれている、それでアメリカを中心に先進国市場では,ECチャネルが消費財購入のチャネルとして普遍化し始めてきている、消費がイベント的であればあるほどイベントの説明力や誘導力は、検索エンジンの説得力や普及力の優位性がネット検索では優位性を増強する、しかもその優位性は日々の累積効果を持っている、北米を中心に先進諸国の市場におけるネット通販の優位性が拡大累積して、一連の限界現象が発生し始めている、日本市場デモ、デスバイアマゾン現象が発生拡大の時期に突入する歴史的時期がが訪れつつあるという認識が普遍化の時期に入ってきている感がある、

オンワード樫山が、国内外の店舗600店舗を閉鎖するという日経の報道は,強烈な衝撃を国内の流通市場全体にもたらしたであろう、僕の場合には既知感があって、影響がどのように波及するかという認識が強く働いているので次に来る過程の検討が大きな負担となった、

コメント