THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

91才の介護ダイアリー、生きるということは小さな死の行列?自らの死のアリの列!

2015年01月31日 20時48分43秒 | thinklive

*このキンカンは失敗的成功作品なのである、毎年キンカンの季節になるとアメニor含め煮を作る、3、4日に一度作る、いつもはやわらかく煮たあとで、メープルシロップ、みりん、リキュールで味付けスルノだが、今回は砂糖とみりん、清酒で煮込む様にした、それはイイのだが、途中でパソコンへ戻ったからシヨウがない、キッチンへ行ったら鍋が掛かっている、火は消えている、それで、ヤッターと思ってフタを開けたら、水はないが、焦げ付いてはいない、自動消火のコンロに掛けておいたのでタスカッタ!つまんでみたら、ホントに飴煮になっている、去年作ったキンカンは、形はキレイで、小川軒のシェフにスマホのfotみせたら、フーン、といった、”大きいマリ ダーリン”とよべるキンカンであった、が、今回は、だから煮崩れている、プロには見せられない不出来であるが、いつもにはナイ濃厚な味になっている、ラムの随筆に、焼き豚の出来る、豚小屋の火事のハナシがあった、メープルシロップはhighcostだから、これからは形のいい、サトウ煮にしたい、

*古伊万里の皿がヨク似合うのはウレシイ、77才ノときの引っ越しで、北斎ではないが、布団1つになりたかった、それが15年も過ぎた今は、失った品々が彼女の買ったものであることを1つ1つ思い出す、彼女には済まないとしかイイイヨウガナイ、が、いってもわからない!その方がイタイ!引っ越してからもよく割った、この皿はヨクゾ残れる、イロカかな、である、

*割れるのではなく、割ったと感じル自分が割れたモノノなかにいる、それはちいさなボクの破片であって、small suicideの行列である、5ヶ組の器の類が2個になり、1個になって、それが割れる、洗った器をかごに入れようとして手を挙げる、ブツカル!タンジュンであるが、手の中に残った破片がまだイキテル?引っ越しの前の記憶には割った記憶はマッタク存在していない、それがキズカナイ年月を含めて彼女の介護の歴史である?

*買い出しから帰宅してベッドを覗いた、彼女は目を開けて上を眺めている、2時過ぎ、顔を寄せて”おなかスイタ、””ウン”、チョット待ってて、と言って、長唄の「越後獅子」をonにする、「おらが女房をほめるじゃないが」だよ、という、”分かってる”と言いながら、ボクの言い方がおかしい、とワラウ、彼女は右手の親指と人差し指で三味線のバチを牽く、寝ているときにもバチの仕草をしているときがある、その時はマックラじゃない、三味線を弾き、長唄の世界にいる、それは見えていると言うことであり、見える世界がある、ってことだ!

*食べさせたあとで、ゼンブ食べちゃった、と。いうと、フッツフッツとワラウ、その笑いがあんまりキレイだから”写真とろう、写真とってフェースにのせよう、みんながみるよ、ホント?honnto!そういうとまたわらう、そのあとで、ボクはいう、”ボク、わかる!”わかんない”

コメント

阪大、澤教授、心臓に貼り薬、血管再生促す 6月から治験,手術に取って代わる?

2015年01月31日 18時59分43秒 | thinklive

*血管再生細胞を刺激する?この理論の詳細を知りたい、人間の身体が刻々再生されている事実から、再生をシジする細胞がいるであろう、ことはそれぞれの機能域に存在する?それを活性化させる?

大阪大学は30日、重い心不全の患者に、薬を使って心臓の血管再生を促す治験を6月から始めると発表した。傷んだ組織などを再生させる治療に、薬を用いる初めての試みだという。

 阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らによると、治験に使うのは、血液が固まるのを防ぐ飲み薬として1990年代に途中まで開発された薬。下痢などの副作用が出るため、製品化は見送られていた。

 研究チームは、この薬が細胞に作用して血管を新たに作り出す効果に着目。薬を少しずつ放出するように加工してシートを作り、ミニブタの心臓に貼り付けたところ、血流量が約2割増えた。薬の効果はシートを貼った患部周辺に限られるため、副作用も生じないという。

 治験は成人で重い心不全患者24人が対象。心臓の血管をつなぐバイパス手術だけのグループと、手術に加えて薬を心臓に貼り付けるグループに分けて、安全性や効果を確認する。2021年の承認申請をめざす。
 澤教授は「(組織を)再生させる薬の開発はほとんどなかった。新しい流れをつくるかもしれない」と話している。(野中良祐)

*以下の図は、キワメテ単純化され過ぎているので、注意、

コメント

ホンダ、タカタ製エアバッグ搭載アコード事故で死者、米、テキサス州、株価急落?

2015年01月31日 18時35分52秒 | thinklive

*米、ホンダ、アコード事故死、株価下落反映?タカタ製エアバッグ、アメリカ工場の製品がモット主張され、原因追及が同工場で行われるべきだ、マルデ、日本の本社で事故が作られたミタイである、

ホンダ株価推移 3,581前日比-28(-0.78%)

チャート画像

チャート画像

ホンダは30日、米南部テキサス州で自動車部品メーカーのタカタ製エアバッグ搭載車で死亡事故があった、と発表した。

 ホンダによると、事故は今年15/1/18日に起きた。車は2002年に製造されたアコード。事故車は11年にリコール(回収・無償修理)対象となったものの、2度転売された中古車で、リコール通知が届いていなかった。

 米ニューヨーク・タイムズ紙の報道では、死亡したのは35歳の男性。他の車とぶつかった後にエアバッグが破裂し、金属片が飛び散って首に刺さったという。ホンダの担当者は「事故車を直接確認できておらず、死因との因果関係はわからない」と話している。

コメント

東京ガス、15/3期、増益へ上方修正、原油安、経常で775億円押し上げ!料金値上げは?

2015年01月31日 17時28分44秒 | thinklive

株価推移  706.3前日比+3.7(+0.53%)

1株利益41.94 配当10 利回り1.42 

チャート画像

東ガス  が1月30日後場に決算を発表。15年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比38.1%減の514億円に落ち込んだ。
 しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の1370億円→1670億円(前期は1596億円)に21.9%上方修正し、一転して4.6%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の643億円→943億円(前年同期は946億円)に46.6%増額し、減益率が32.0%減→0.3%減に縮小する見通しとなった。

東京ガスは30日、15年3月期の連結業績予想を上方修正した。純利益は12%増の1220億円と、1030億円だった従来予想から一転増益の見通しだ。3年連続で最高益を更新する。原油安で採算が大幅に改善する。海外でのLNGの開発も好調だった。原油安は今期、経常利益段階で約775億円の利益押し上げ効果を見込む。

 

 

 同日発表した14年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期比32%減の377億円だった。原油安のプラス効果は遅れて出てくるため、円安によるコスト増の影響が先行した。カナダのシェールガス開発に伴う損失21億円も計上した。東京電力の火力発電所向けのガス販売が伸びたが、補えなかった。


 

コメント

トヨタ自、15/3期、販売台数0.7%減,905万台,傘下、豊通の垂直化世界戦略に注目

2015年01月31日 15時47分54秒 | thinklive

*先日、豊田通商はブラジル北部の穀物流通の大手インフラ企業を買収、スイス穀物資源最大手のグレンコアと提携、港湾に穀物ヤードを建設、年内に稼働、18年、穀物取り扱いを3倍強の1500万tに拡大する、と発表、

*過日は、チリ、リチウム塩湖の権利を買収、日本の輸入量の半分を現地で精鉱の上、輸入する、18年以降?6大商社の1社へランクされる、

*VWとの台数競争をする必要性はマッタクない、中国でのトヨタのポジションが確立されればいい、と、ボクは思う、トップに居れば、政治的リスクが過大化する、過去?のアメリカのリコールは最上の教訓、

*FCV市場での競争課題はスタンドネットだ、キワメテ政治的なリスクをともなう、ドコとグループ化するかは大きな課題、豊田通商が主役で、仏のエアリキッドと組んだ、世界化への適応力が高い、

トヨタ株価推移  7,645前日比-84(-1.09%

1株利益632*15/3期予想、未定

チャート画像

トヨタ自動車は5日、15年3月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比10%増の2兆円になる見通しだと発表した。円安が追い風となるほか、コスト低減を進め、従来の減益予想(2%減の1兆7800億円)から一転し、連続で最高益を更新する見込みとなった、

売上高は3%増の26.5兆円、営業利益は9%増の2.5兆となる見通し。従来予想に比べ売上高は8000億円、営業利益は2000億円上方修正。売上高は08年3月期以来7年ぶりに最高を更新する見込み。連続最高益を見込んでいた営業益は増益幅が拡大する。今期の想定為替レートは対ドルで104円、対ユーロは137円と、従来想定からそれぞれ3円と1円円安方向に見直した。8月時点の通期見通しに比べ、為替変動の影響が1350億円、原価改善の取り組みが500億円の営業利益の押し上げ要因となる。

 一方、世界販売台数の見通しは0.7%減の905万台と、従来計画から5万台引き下げた。地域別では、北米と欧州の計画を引き上げる一方、国内やアジア地域などの下振れを見込んだ。小平信因副社長は決算記者会見で、上方修正の理由について「円安の影響も大きいが、原価改善や販売面の努力など幾つかの要因が合わさったもの」との考えを示した。

 14年4~9月期の連結純利益は前年同期比13%増の1兆1268億円と、同期間として2年連続で最高益を更新した。営業利益は8%増の1兆3519億円で過去最高を記録した。売上高は3%増の12兆9455億円。消費増税で国内販売は低迷したが、北米を中心とした海外の販売が伸び、円安効果も働いた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


コメント

資生堂,14/4~12期、利益半減は低価格品不振?海外赤字、?中高級品不振?

2015年01月31日 13時11分01秒 | thinklive

*直近業績は不振だが株価は反騰している、新社長が期待されていると言うコトでしょう、在庫過剰をイイワケにしないで下さい、売れない商品をムリして売った?生産優位?資生堂では既に、ナンドも繰り返されたイイワケです、

*4~12期の営業利益が43.6%減の188億円、利益率は3.3%、国内毛商品の大手では例外的な低さである、利益半減の理由は海外事業、特に中国での売れ行き不振による在庫過多、売れ行き不振の理由は商品の刷新の遅れ、中国では研究、開發部門も中国に移管、現地生産体制を構築したはず、20年前に中国へボクが出掛けたときには、当時のユニクロの支社長のLさんから、資生堂の内情を聞いたことがあるが、資生堂中国の中国人の役員がサイドワークで化粧品工場を経営、資生堂ブランドで販売している、というヒドイウワサがあるといっていた、その頃はアリエナイハナシではなかった、中国担当の資生堂の役員が中国語を話せない、と聴いてゼックしたことがある、12年の尖閣事件で、資生堂は反日商品のメダマの1つにされた感じで、進撃するハズが退却のイメージに変わった、ユニクロやイトーヨーカ堂のように、日常生活の必需性を持っていなかった、高級品で訴求することのリスクであるかも知れない、

*これは1年位まえのハナシだが、百貨店の資生堂コーナーで、日焼け止めのクリ-ムを購入しようと聞いてみたが、万円台のクリームをだされて退却した、オヨビじゃないね、の感じであった、ソッケなさ?

*日経の報道では直川CFOが「「低価格帯の低迷が響いた」と述べた、決算発表の席だから、最高財務責任者が答えるのもヤムを得ないが、これは財務の問題ではナイでしょう、と反論したい、低価格帯の商品は国内市場の4割でしょう、4割の部門の不振の原因が全体利益を半減させた、?中、高級品6割の利益が本来利益の7割超を占めるのが標準でしょう、ダカラ、低価格品の不振ではなくて、中、高級品がシッカリ儲かってイナイ、ということが資生堂の、病弊だと言わざるを得ない、

資生堂株価推移 1,898前日比+75(+4.11%)

1株利益75.25 配当20 利回り1.06

チャート画像

 

 13年3月期決算企業の12年10~12月期の決算発表では、通期業績見通しが大きく明暗を分けた。円安効果で業績見通しを上方修正する企業がある一方、下方修正した企業も少なくない。下方修正した企業には中国の景気減速や12年秋の反日騒乱デモの影響を織り込んだ中国銘柄が多かった。

 資生堂は13年3月期の通期見通しを下方修正した。昨年10月に続いて2回目だ。売上高は前回予想の7000億円から6800億円へ。営業利益は400億円から245億円に大幅に引き下げた。期首の見通しから売上高は300億円、営業利益は190億円下振れした。

 下方修正の原因は中国事業が失速したことだ。2ケタ成長が続いていた中国事業が12年7~9月期以降、反日感情の高まりで2ケタ減と落ち込んだ。期首に1000億円超と10%台の成長を見込んだ中国事業の売上高は、前期(891億円)並みの確保がやっとだ。

 尖閣諸島(沖縄県)の国有化に伴う日中関係の悪化で、12年9月に中国各地で起きた反日騒乱デモの影響が業績を直撃した。反日デモの発生当初、100店以上の百貨店売り場を数日間休業した。1000店を超える現地の化粧品の専門店の売り上げも大きく落ち込んだ。店頭でのプロモーションを行えないことから、専門店の売り上げの回復は鈍い。14年3月期も中国の事業は「上期は減収。下期は持ち直すと期待しているが、通期で横ばい」と予測している。本格回復にほど遠い。

 大手証券会社の化粧品・トイレタリー業界担当のアナリストは「資生堂イコール日本(企業)というイメージが強く、ブランドが数多くある資生堂は主力のブランドを前面に出した売り方ができにくい」と分析する。

 反日デモの影響は株価にも及んだ。昨年10月11日の東京株式市場で資生堂の株価は1000円の大台を割って938円まで下げた。1000円を下回るのは1995年以来17年ぶりのことだ。今年2月には1200円まで戻したが、反日デモ以前の1400円台には届かない。中国での売り上げの回復は容易ではないとみられているからだろう。

 資生堂が中国に進出したのは、文化大革命から改革開放政策に転じて間もない1981年。当時、中国に滞在する外国人に対して、ホテル内で化粧品や石けんなどを輸入して販売していた。

 91年、北京に合弁会社を設立。中国専用ブランドのオプレを発売。98年には上海に合弁会社を設立、オプレより安い価格帯のジーユーを売り出した。06年には化粧品専門店向けのブランド、ウララを投入した。中国市場に着実に足場を築いてきた資生堂が、大攻勢をかけたのは10年から。ライバルの仏ロレアルが先行していた薬局チャンネルを開拓するため、新しいブランドを投入して追撃を開始した。

「17年には、アジアを代表するグローバルプレーヤーになる」、08年に策定した中期経営計画で、前田新造社長(当時)はこうぶち上げた。

 日本の化粧人口は5600万人。少子高齢化で、どんどん減っていく。一方、中国の化粧人口は6000万人程度ですでに日本を上回っていたが、中間層が増え続けるので20年には4億人に達するとの予測がある。資生堂は中国を成長戦略の柱に据えた。

 前田・現会長の後継者となった末川久幸社長は17年3月期までの中期経営計画で、「売上高1兆円、海外売上50%超」を目標に掲げた。この目標を牽引するのが中国市場のはずだった。事実、国内ではマイナス成長だが、中国では2ケタ増が続いていた。12年3月期には、売上高6824億円のうち海外売り上げが3024億円と44.3%を占めた。中国を含むアジア・オセアニアで1297億円を売り上げるまでになった。

 今期も2ケタ増を見込んでいたところを直撃したのが反日デモだった。中期経営計画も4月をメドに見直す予定。成長のエンジンと位置付けてきた中国事業の比重が下がるのは必至の情勢だ。現在年商400億円と中国の半分以下の東南アジアに、軸足を移すことになろう。

 資生堂は国内での化粧品の売り上げが落ち込むなか、中国市場へと急傾斜していった。だが、その代償は小さくなかった。国内の主要生産拠点である鎌倉工場(神奈川県鎌倉市)や横浜市内の研究施設を閉鎖し、早期退職優遇制度を拡充するなどリストラ策を打ち出した。舞鶴工場と板橋工場を閉鎖した05~06年以来の本格的なリストラとなる。

コメント

世界スマホ市場で異変,14/10~12期、Appleが売上拡大、サムスン急落、中国勢急伸!

2015年01月31日 10時46分02秒 | thinklive

*部品供給市場では、この差は深刻で、しかも拡大している、サムスンの急落、Appleの急追、韓国市場ではサムスンの独占が崩壊、Appleとの2社寡占、

世界のスマホ勢力図が急変している。世界首位の韓国サムスン電子がシェアを大きく落とす一方で、中国メーカーが躍進。米アップルも新型iPhoneが好調だ。いろいろな部品を納める日本メーカーも明暗が分かれた。*日立マクセルはスマホ向けイオン電池から撤退、

 米国の調査会社IDCが29日に発表した速報によると、14年10~12月のスマホの世界シェア(出荷台数)は首位サムスンが20・0%、2位アップルが19・9%。しのぎをけずる2社がほぼ並んだ。サムスンはアップルや中国勢に押され、シェアは前年同期より8・8ポイント下がった。世界のスマホ市場全体は伸びているのに、出荷台数は1割減。上位5社では唯一減らした。

 日本、韓国、中国では画面が大きくなったiPhone 6/6 Plusに対する需要が予想を上回り、とりわけサムスン電子のお膝元である韓国ではアップルのシェアに大きな変化が起きた

 同国市場を詳しく見ると、iPhoneのシェアは10月まで10%以下で推移していたが、11月は一気に33%に上昇した。一方サムスンは5カ月間、約60%のシェアを維持していたが、11月は46%に低下した(図1)。

 カウンターポイントによると、アップルのシェアが同国市場で3分の1に達したのは初めて。また同国ではこれまでシェアが20%を超えた外国メーカーはなく、サムスンが常に市場を支配してきた。そのサムスンの牙城に迫ったのが同国で10月31日に販売が始まったiPhone 6/6 Plus。カウンターポイントによると、両モデルはサムスンをはじめとする他社のファブレットのシェアを低下させた 韓国は世界で最もタブレットが普及している国であり、大型iPhoneに対する潜在需要があったという。

 またiPhone 6シリーズで人気があるのは64GBと128GBのモデルだが、もし、この時期にこれらが十分に供給されていたら、iPhoneのシェアは40%程度にまで達していただろうと、カウンターポイントは推計している。

日本でもAppleシェア急伸、過去最高レベルに

  一方、日本でもiPhoneのシェアが急伸し、過去最高水準に達した。カウンターポイントによると、日本は世界で最も高価格帯スマートフォンが売れる国の1つであり、アップルが最も強みを発揮する国の1つでもある。 昨年の10月と11月はいずれもiPhoneシリーズの販売シェアが50%を超え、ソニー、富士通、シャープ、サムスンといった2位以下のメーカーを大きく引き離した(図2)。アップルは当面日本の市場を支配し続け、ライバルの挑戦を難しくすると、カウンターポイントは予測している。

 「2強独走」に待ったをかけてきたのが、中国メーカーだ。華為技術(ファーウェイ)は、シェア争いで3番手につける成長を遂げ、聯想集団(レノボ)は1月30日、米グーグル傘下のモトローラ・モビリティ買収を発表するなど体制を強化している。両社ともサムスン、アップルとの差はまだ大きいが、2強がゆるやかにシェアを落としているのと反比例して急成長中だ
中国では45%増加、単月の記録更新 

 中国では11月にiPhoneの販売台数が前年同月比で45%増え、1カ月の販売記録を更新した。都市部の富裕層が最新モデルに飛びついたという。 
これにより同国におけるiPhoneのシェアは12%超となり、アップルは、中国シャオミ(小米科技)、中国レノボ・グループ(聯想集団)に続く3位のメーカーになった。 
 また中国で11月に最も売れたiPhoneのモデルはiPhone 6で、シリーズ全体の3分の2以上を占めた。ただし、今は6 Plusの供給不足の問題が改善しつつある。 

 これにより、次の調査対象期間となる12月と、中国で消費が最も活気づく春節(旧正月、今年は2月19日)時期に、6 Plusの販売比率が高まるとカウンターポイントは見ている。 

 そうした中、中国首位のシャオミは先頃、 6 Plus対抗の高機能スマートフォン「Xiaomi Note」「Xiaomi Pro」を発表した。前者の発売日は1月27日、後者は3月下旬。今後高機能端末の市場競争はますます激化すると、カウンターポイントは指摘している。 

 

コメント

東北電力,北陸電力、15/3期業績上方修正、石油価格、下落、高効率火力の稼働増!

2015年01月30日 20時37分33秒 | thinklive

*会社側の修正案と日経報道のスゴさ、原油値下がりの影響は6月以降のtrendだが、東北電力規模で340億円、このまま原油価格が推すれば、の推定?さらに100億円は増えるのでは?

*北陸電力は高効率の石炭火力発電の稼働が増えて燃料費が149億円節減できた、100万kw規模の発電機?石炭価格の下落の影響は、上記2社は2月の値上げは行わない?

*LNGの価格は下げ幅が少ない、関電は原発とLNG発電が多い、

東北電力株価推移

チャート画像

北陸電力株価推移

チャート画像

会社側からの【修正の理由】
  当社において,受取保険金に関わる特別利益を計上することになったことに加え,水力発電所および高効率火力発電所の稼働増による燃料費の減少や,修繕費などの更なる効率化を見込んでおります。 また,子会社においても,徹底したコスト低減および一般向けの収益拡大に取り組んでいることなどから,売上高および利益の見通しについて上方修正いたしました。

日経15/1/29、東北電力は29日、2014年4~12月期連結決算とあわせて15年3月期の業績見通しの上方修正を発表した。13年に実施した値上げが通年で効いているのに加え、急激な原油安で燃料コスト削減の効果が390億円に上る。経常利益の予想を880億円から1050億円(前期の2.7倍)へ引き上げた。未定だった期末配を10円とし、年間配当は15円(前期5円)に増やす。

 経常利益は05年3月期(1043億円)以来の高水準になる。4~12月期は前年同期の10倍の959億円だった。記者会見で海輪誠社長は「原子力発電所の再稼働が不透明なため収益基盤は安定していない」と述べた。

 北陸電力も同日、未定だった15年3月期の予想について、経常利益が前期比52%増の150億円になりそうと発表した。東日本大震災後も電気料金を値上げしていないが、経常黒字を維持している。期末配当は引き続き未定。4~12月期決算では経常利益は46%増の192億円だった。販売電力量は1%減ったが、高効率の石炭火力発電所の稼働が増えて燃料費を149億円節約した


コメント

三井物産,LNG船2隻、三菱重、今治造の合弁に発注、額は400億円?

2015年01月30日 20時13分59秒 | thinklive

*三井物産は米、キャメロン社のキャメロン基地で生産する,LNG40万tを日本へ輸送する為にLNG千 2隻を作る、その発注を三菱重工が受注する、PJの最適効率に従って選択される、これはシステムの問題で系列じゃない?

三菱重工業は29日、三井物産からLNG運搬船2隻を受注したと発表した。受注額は2隻で計400億円程度とみられる。三井物産はLNG船を、参画している米国産シェールガス由来のLNG基地事業「キャメロン」からの輸出に使う。

 今治造船との共同出資会社「MI LNGカンパニー」を通じて受注した。三菱重工が米シェールガス関連のLNG船を受注するのは今回が初めて。キャメロンの事業が始まる2018年から順次、引き渡す。

*関西電力、米国キャメロンLNGプロジェクトからの液化天然ガス購入に関する売買契約の締結について
当社は、本日、三井物産との間で、米国ルイジアナ州のキャメロンLNGプロジェクトで生産される液化天然ガスの購入に関する売買契約を締結しました。
 本プロジェクトは、事業主のCameron LNG, LLC社が、保有・操業しているキャメロンLNG受入基地に、同社が天然ガス液化プラントを新設し、米国内で生産されるシェールガスをはじめとした天然ガスを精製・液化し、LNGとして輸出するものです。
 三井物産は、米国子会社を通じて、キャメロンLNG社との間で天然ガス液化加工契約を締結しており、同子会社が米国産天然ガスを調達し、本プロジェクトの天然ガス液化プラントで液化したうえで、LNGとして引き取ることとなっています。
当社は、本プロジェクトによるLNGの生産開始18年から20年間、三井物産の引取数量の一部である約40万トン/年のLNGを米国天然ガス価格(ヘンリーハブ価格)指標で購入することとしています。これまでも当社は、燃料調達における、価格指標の多様化や調達先の分散化に取り組んでいますが、今回の契約締結により、今後のLNG調達の経済性や安定性を、より一層向上できるものと考えております。

 

コメント

出光、高知市で地場企業と合弁、バイオマス発電始動、6.25kw,15/4月から稼働

2015年01月30日 19時53分09秒 | thinklive

*地場の電鉄、森林組合との合弁、出光が5割を出資、地元で出る間伐材などを主体に、木材の破砕から、乾燥、発電まで全て発電所施設内で賄う、

*投資規模や収入などreal dataはゼロ、日経にしてはめずらしい、全量売電?

*日本の木質ペレットの生産量は、年々増加傾向にあり、10年には、約5.8万トンであった。森林資源の豊富な高知県は、県下に144 台の木質バイオマスボイラーが導入されており、年間5,000tを超えるバイオマスを利用している。これは、都道府県レベルでみて全国トップクラスである。この高知県で、木質バイオマス発電が活発化してきた。新電力のイーレックス㈱は、太平洋セメント㈱から石炭火力発電所を買収・改造し、13/7月にバイオマス発電事業に参入すると発表した。買収する石炭火力発電所は、2010年に生産を中止した土佐工場の遊休設備で、総額40億円を投資し、7月に商業運転を始める。新設する場合に比べて、工期、コストが半分以下に抑えられ、約10年で投資回収を目指す。バイオマス発電では、原料の安定確保が課題であるが、椰子殻 を、インドネシア、マレーシア、ブルネイから調達する。

更に、13年1月には、出光興産㈱、土佐電気鉄道、高知県森林組合連合会 は、木質バイオマス発電事業への参入に向けて、土佐グリーンパワーを1月23日に設立したと発表した。15年4月に運転開始を目指す。使用する木質バイオマスは、森林に未利用材で、未利用材の破砕・乾燥工程を含んだ、日本初の一体型木質バイオマス発電所である。発電した電力は、路面電車の走行などに用いる計画だ。*25%出資の土佐電に売電する、

コメント

日立マクセル本社ビル、大和ハウスに売却、リチウム電池は委託生産へ、

2015年01月30日 15時45分28秒 | thinklive

*スマホ向け電池の競合激化、量産化と価格下落で小規模生産の日立マクセルは敗北、委託生産にきり変える、

株価推移 1,993前日比-62(-3.02%)

1株利益127.34 *15/3期 配当65 利回り3.56

チャート画像

*日立グループから独立し、迅速な経営判断を行えるようにするため、2014年3月18日に東京証券取引所に再上場した。再上場と同時に、日立製作所は保有株の大半を売却、出資比率を33.3%に引き下げた

日立マクセルは1月29日、千代田区飯田橋2丁目にあるマクセル東京ビルを大和ハウス工業に売却すると発表した。引き渡しは15年3月を予定、譲渡益は110億円、

*日立グループから独立し、迅速な経営判断を行えるようにするため、14年3月18日に東京証券取引所に再上場した。再上場と同時に、日立製作所は保有株の大半を売却、出資比率を33.3%に引き下げた

 

日立マクセル、スマホ用電池の受注急減 10%人員削減へ

[東京 22日 ロイター] - 日立マクセル は22日、リチウムイオン電池事業の構造改革のため、早期退職制度を通じて10%規模の人員削減を実施すると発表した。スマートフォン用の電池受注が急減したのが背景。コスト構造の改善で立て直しを図る。

早期退職の対象は40歳以上の正社員。募集期間は11月下旬から来年1月15日まで、退職日は同2月28日付の予定。同時に、同2月28日付で、リチウムイオン電池生産の外部委託を広げ、関連する正社員・契約社員の約130人を委託会社に転籍し、コスト構造の改善を図る。人員削減は早期退職と転籍を合わせ国内社員2500人の1割弱となる見通し。同社の千歳喜弘社長は22日、東証で記者会見し、経営責任として取締役、執行役が役員報酬を10月から自主的に一部返上することを明らかにした。

調査会社テクノ・システム・リサーチによると、民生用リチウムイオン電池の4―6月期世界市場における日立マクセルのシェアは2.0%にとどまる。サムスンSDIの23.8%、パナソニックの20.6%、LG化学の18.7%など上位グループから大きく水を空けられている。

電池メーカーとして規模の小さな日立マクセルは、高級スマホ向けにターゲットを絞っていた。だが、足元のスマホ市場では、韓国サムスン電子、米アップルに代わって中国メーカーが台頭するなど、低価格スマホが拡大。業界関係者によると、日立マクセルの電池事業は、サムスン電子の「ギャラクシー」の失速が響いたという。

千歳社長は会見で、ハイエンドのリチウムイオン電池市場の急減は「3月の株式再上場時には予想できなかった」と述べた。今後、日立マクセルは、リチウムイオン電池事業の立て直しに向けて、定置型電池やウエアラブル用電池の開拓を急ぎ、高級スマホに依存した体質の改善を図る。

<上場7カ月で業績予想を下方修正>

日立マクセルは同日、ハイエンドスマホ用のリチウムイオン電池受注の急減を理由に、15年3月期の連結業績予想の下方修正も発表した。

コメント

KDDI、3社寡占企業の中で唯一、増収、増益、1株利益も世界トップ級、CMの画像力バツグン!

2015年01月30日 14時18分02秒 | thinklive

*結果論的にみれば,KDDIのジュピター買収は実のある種になった、ということである、増収、増益に最大に寄与した要因となっている、会社全体にイメージ能力が浸透し始める加速要因になっている、買収後の関係がスームースに構築されているということでもあるだろう、

株価推移  8,443前日比+229(+2.79%)

1株利益507.80 *15/3期 配当160 利回り1.90

 チャート画像

KDDIのジュピター買収、米リバティーにかまされた住商?住商反撃

*ボクは住商の利権と思っていたがKDDI買収だと聞いて即座にリバティのウラギリ?と感じたものである、ブログでタマタマ舞台裏を見せてもらった、住商サイドのことがわかっていなかった、

*とにかくKDDIの買収は桶狭間の信長の感じであった、KDDIのオーナーは京セラトヨタ、そてに通信官僚閥だから、ヤワじゃない、

 直後から金融界では「?」の声があがっていた。上場企業の株式を新規に三分の一以上取得する際は株式公開買い付け(TOB)が必要だが、KDDIはリバティー傘下の中間持ち株会社を買収して直接の株取引ではない形をとったからだ。

 金融商品取引法のTOB規制の強化を検討していた金融庁は敏感に反応した。二月二日、読売新聞が「金融庁がKDDIを調査」と報道するとKDDI幹部は慌てた。「そもそも事前に金融庁に説明にも行かなかったためメンツをつぶした格好になった」(関係者)という。もともとKDDIのFA(ファイナンシャルアドバイザー)だった大和証券は直前でこのディールから降り、UBS証券に交代していた。「法の目をかいくぐるようなスキームを怖がって手を引いた」(証券アナリスト)という。

 KDDI幹部は金融庁に日参して頭を下げ、二月十二日、三分の一を超過する四・五%分については信託銀行に預けて売却させ、残る三三・三%からも二・二%分を管理信託として議決権を放棄、結局実質の持ち分は三一・一%まで下げる、という苦しい解決策をひねり出した。
 ここまでならKDDIのお粗末な買収劇と笑い話ですむが、週明けの十五日に、もう一方の主役が登場した。JCOMに二七・七%出資する第二位株主、住友商事である。

 住商は同日、四〇%を上限とするTOBを三月三日から実施すると発表。鬼の首とったりとばかりに、KDDIが設定したプレミアム価格と一銭も違わない一株十三万九千五百円でTOBを発表することで、「買収とはこうしてやるのだよ」と見本を示したような格好だ。KDDIの屈辱も想像に難くない。

 売られた喧嘩を正面から買って男を上げた形の住商だが、「実は裏で狡猾な計画を練っていた」(金融関係者)という。

 リバティーと住商の合弁契約は二月十八日に切れることになっており、住商は昨年秋ごろからリバティーと株の買い取り交渉を本格化していた。同金融関係者によると「住商は一株十二万円まで買収価格を上げてリバティーに譲歩していたようだ」という。だが、リバティーは年末に交渉を一時保留、KDDIとの交渉を始める。

 そもそもリバティーと住商の間では、株主間協定で先買い権が決められていた。一方が株式を売却する際にその条件を他の株主に提示して、提示条件以上であれば他社よりも先に株式を買い取れる権利だ。だがリバティーはこれを示さなかった。リバティーのスキームは株の直接売却ではなく、中間持ち株会社の売買だったため、先買い権を適用しなくてもよかったからだ。

 この過程で住商はリバティーのスキームを知り、金商法に触れる灰色の取引であることに着目した。「あとはKDDIが買収を発表するタイミングを狙い澄まして、顧問法律事務所を通じて金融庁に告発するだけでよかった」(同関係者)。

 住商の周到なやり口にKDDIが見事にはまったというのが実情のようだ。
 住商がここまでJCOMに固執する背景には同社の派閥争いがある。銅山・銅精錬事業から出発した住友グループの住商の主流はあくまで鉄鋼、機電、非鉄、生活物資の四部門。それに対して、情報通信部門は一九九八年に新設された新しい部門だ。

 売上総利益では全体の二三%強を占める有力部門だが、営業利益ベースでは一〇%未満とふるわない。事業の投資対効果を何よりも重要視する岡素之会長、加藤進社長の「リスク・リターン」戦略下では、JCOM事業はつねに売却の俎上に載せられてきた。情報通信畑の役員も不遇が続き、有力社長候補が何度か子会社に転出の憂き目にあっている。

 一方で、同部門は現在でも影響力を保つ宮原賢次相談役(前会長・前日本経団連副会長)が社長時代に新設したこともあって、大御所のお墨付きの事業でもある。「商社にしては大人げない」と見られた今回の強行TOBも、同部門の死活を左右するJCOMの存否がかかっていたとすればうなずけないでもない。

 それにしても餌をまんまと咥えて逃げたキツネはリバティーにほかならない。一株六五%のプレミアム(一月二十二日終値比)価格で全量イグジット(売却)に成功した。回収した三千六百億円は、欧州での五千億円超のCATV会社買収に充てるという。

  大澤取締役ら情報通信部門はこの勢いに乗って「一時はJCOMのTOB上限を五割以上とし、子会社化するところまで主張した」(関係者)といわれる。しかし連結化でバランスシート上の資産が膨らむことを危惧した財務部門の反対でおしとどまったという。

 

コメント

豊田通商,ブラジル北部、穀物集荷大手ノバアグリ買収、250~300億円、食糧資源参入

2015年01月30日 12時47分34秒 | thinklive

豊田通商はブラジルの穀物インフラ大手、ノバアグリを買収する。投資ファンドなどから同社の全株式を取得することで29日、合意した。買収額は250億~350億円とみられる。ブラジルは世界有数の穀物生産地だが、輸送などのインフラ整備が遅れている。豊通は買収をテコにブラジル国内の調達を増やし、日本や東南アジア向けの穀物輸出を拡大する。

 ノバアグリはブラジル中・北東部で穀物倉庫や輸出ターミナル事業などを展開する、ノバアグリはブラジル北部イタキ港の使用権の他、港湾までの積み替え施設などを保有、

*15年中に同社やグレンコアなどが共同で建設する穀物専用のターミナルが稼働、豊田通商は、同港を通じた輸出が増えると想定、ノバアグリ野買収を決定、5年後をメドにノバアグリの穀物取り扱い量を数十万tから300万tに、豊通全体の扱いも、500万tから1500万tに拡大する、国内de4ケ所のサイロ、東南アジアで製粉工場に出資、今回の買収を機に食糧原料の上流分野への参入を拡大、食品事業の収益を向上させる、

 

コメント

Facebook、14/12期、増収58%、124.7億$増益、98%,29.4億$、純利益率23.5%

2015年01月30日 12時05分37秒 | thinklive

*14/10~12期の伸び率は変わらないが、コスト増で利益は大幅に減益、成長のピークという見方もあって、株価は下げた、

*ボクのfacebookのCMも増えている、レター風だから広告とは分からないのが多い、ダレノbrogだか、わからなくなる、

*全広告に占めるモバイルのシェアは69%、前年の53%カラ、3割増、

米Facebookは現地時間15/1/28、14年第4四半期(10~12月)の決算を発表した。売上高は38億5100万ドルで、前年同期と比べ49%増加した。純利益は7億100万ドル利益率は、18,2%で前年同期から34%増加。営業利益は同横ばいの11億3300万ドルだった。

 収益の柱となっている広告売上高は35億9000万ドルで前年同期と比べ53%増加した。広告売上高全体に占めるモバイル向け広告の比率は約69%で、前年同期の約53%から拡大した。また決済システムや会費などによる売上高は同7%増の2億5700万ドルだった。

 14年12月の日間アクティブユーザー数(DAU)は8億9000万人で1年前と比べ18%増加。モバイル経由のDAUは7億4500万人で同34%増加した。12月末時点の月間アクティブユーザー数(MAU)は同13%増の13億9000万人。モバイル経由のMAUは同26%増の11億9000万人。またモバイルのみのMAUは5億2600万人で、同78%増加した。

 米WS Jによると、これら決算内容は市場予測を上回ったものの、Facebookの株価は同日の時間外取引で約2%下落した。当期の原価および費用が、前年同期比87%増の27億2000万ドルと、急増していることから投資家の間で懸念が広がったという。このうち研究開発費は11億1100万ドルを計上しており、1年前の2.7倍に拡大したまた。売上高と利益の伸びも前の四半期から縮小しており、成長鈍化との見方も出ているという

 同社が併せて発表した14年通期の売上高は前年比58%増の124億7000万ドル。純利益は29億4000万ドル、利益率、23.5%で、前年の15億ドルから96%増加した。

コメント

新日鉄住金、ブラジル合弁の評価損686億円計上、原油下落で、鋼管売れず?

2015年01月30日 09時51分30秒 | thinklive

*ブラジル最大の国営企業ペトロブラスの汚職疑惑が進行、大頭領に及ぶとのウワサ、原油価格の下落に重なってブラジル経済に暗影を投げている、新日鉄の出資する鉄鉱石世界大手のヴァーレの業績も低迷、

株価推移 281.8前日比-7.3(-2.53%)

1株利益19.73 配当5 利回り1.77

チャート画像

 新日鉄住金は29日、15年3月期の連結純利益が前期比26%減の1800億円になる見通しだと発表した。原油価格の急落で油田掘削用のシームレス鋼管を生産する持ち分法適用会社(バローレック、住商らとの合弁VSB)を減損処理し、686億円の特別損失を計上した。ただ資源価格の下落は鋼材生産の採算改善にも寄与しており、株式市場ではプラス面を評価する声も多い。

 「エネルギー需要が伸び、原油価格が1バレル100ドル前後で推移する前提だったのだが……」。会見した太田克彦副社長はこう語った。*15/1月/28、1バレル/44$台・ドバイ

 減損対象としたのは仏鉄鋼大手バローレックとの合弁「VSB」(ブラジル)。新日鉄住金グループの出資比率は40.4%だ。汎用品生産の主力の海外拠点と位置づけている。11年に生産を始め、フル生産を目指していた段階だったが、事業環境の悪化で株式の簿価を約8割引き下げた。

 このため29日に発表した14年4~12月期決算で純利益は前年同期比20%減の1535億円となり、通期の純利益予想の下方修正につながった。

 新日鉄住金はこの日、今期の経常利益予想を前期比14%増の4100億円と従来予想から引き上げている。国内の景気低迷で粗鋼生産量は前期比1%減と従来予想を100万トン下回るが、鋼材の原料の鉄鉱石価格が低下し利幅が広がった。

 市場では「鋼材の利幅改善や鋼材需要の持ち直しで、16年3月期は収益拡大を見込む」(大和証券の五百旗頭治郎アナリスト)という声も多い。

Vale S.A. (VALE)

 -NYSE <button class="follow-quote follow-quote-follow follow-quote-always-visible" data-flw-quote="VALE"></button> 
6.91 Down 0.29(4.03%) 4:06PM EST
After Hours : 6.98 Up 0.07 (1.01%) 7:30PM EST
Prev Close: 7.20
Open: 7.34
Bid: 6.91 x 400
Ask: 7.50 x 200
1y Target Est: 10.71
Beta: 1.05
Next Earnings Date: N/A
Day's Range: 6.86 - 7.35
52wk Range: 6.82 - 15.59
Volume: 44,823,515
Avg Vol (3m): 28,894,300
Market Cap: 35.61B
P/E (ttm): N/A
EPS (ttm): -0.59
Div & Yield: 0.26 (3.60

コメント