THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

オンワード、国内外店舗、600店閉鎖,アマゾン通販に食われる? 

2019年10月05日 21時06分04秒 | 乗用車」

アマゾンを核とするネット専門通販がアメリカでは猛威を振るい、実店舗の百貨店、スーパーなどのリアル店舗の売り上が急速に減少する現象が起きている、在来型店舗もネット通販に参入はしているものの、検索ツールとしての、アマゾンの日常的な検索利用度の高さに比較すると、一般的な小売業者の検索利用度のパワー頻度は、アマゾンの検索頻度力には到底及ばない、日常的な消費対象の店舗では、コストレベルでも、検索頻度レベルでも、アマゾンには太刀打ちできない状況が生まれている、それでアメリカを中心に先進国市場では,ECチャネルが消費財購入のチャネルとして普遍化し始めてきている、消費がイベント的であればあるほどイベントの説明力や誘導力は、検索エンジンの説得力や普及力の優位性がネット検索では優位性を増強する、しかもその優位性は日々の累積効果を持っている、北米を中心に先進諸国の市場におけるネット通販の優位性が拡大累積して、一連の限界現象が発生し始めている、日本市場デモ、デスバイアマゾン現象が発生拡大の時期に突入する歴史的時期がが訪れつつあるという認識が普遍化の時期に入ってきている感がある、

オンワード樫山が、国内外の店舗600店舗を閉鎖するという日経の報道は,強烈な衝撃を国内の流通市場全体にもたらしたであろう、僕の場合には既知感があって、影響がどのように波及するかという認識が強く働いているので次に来る過程の検討が大きな負担となった、

コメント