THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

 世界の小売り大手6社の売り上額、ファストリ、世界3位、売り上、2,3兆円、2年以内には、世界2位へ

2019年08月31日 13時28分13秒 | 乗用車」

 ▼ファーストリテイリング(日本) 「ユニクロ」「GU」が主力。国内1位、世界3位。国内ユニクロ822店舗、GU422店舗、海外1241店。売り上げ約2.3兆円

 ▼しまむら(日本) 「Avail」などを展開。国内2位。国内2151店、中国・台湾で55店を展開。売り上げ約5450億円。

 ▼インディテックス(スペイン) 「ZARA」「Bershka」が主力。世界1位。96か国7447店(うち国内145)。売り上げ約3.3兆円。

 ▼ヘネス&マウリッツ(スウェーデン) 「H&M」が主力。世界2位。69か国約4800店(うち国内94)で展開。売り上げ約2.5兆円。

 ▼ギャップ(米国)

「BANANA REPUBLIC」を含め、世界90の国と地域で約3850店(うち国内約200)を展開。売り上げ約1.8兆円。

コメント

レクサスの販売は ベンツに1~2万台の差がついたままで推移!

2019年08月19日 15時55分55秒 | 乗用車」

■レクサスは好調に売れるヒット車種が乏しい?

この売れ行きではメルセデス・ベンツに負けてしまう。2012年ごろまではレクサスが優勢だったが、2013年以降は逆転され、メルセデス・ベンツが1年間に6万~7万台を登録。販売台数で、1~2万台上回っている。

直近の登録台数を比べても、2017年はレクサスが前述の4万5605台で、メルセデス・ベンツは6万8215台だ。2018年はレクサスが5万5096台で、メルセデス・ベンツは6万7531台となった。レクサスは1万台から2万台以上の差をつけられている。BMWも2017年が4万9036台、2018年は5万0982台となっており、レクサスはBMWにも追い越される可能性もある。

レクサスがメルセデス・ベンツに販売面で負ける理由は、まず好調に売れるヒット車種が乏しいことだ。メルセデス・ベンツCクラスは、セダンのほかにワゴンとオープンモデルのカブリオレも用意して、1カ月に1500台前後を登録している。VW(フォルクスワーゲン)ゴルフが1800台くらいだから、Cクラスは輸入車でトップ水準の売れ行きだ。

さらにEクラスも900台前後を安定的に登録している。メルセデス・ベンツはSUVをそろえて登録台数の上乗せを図りながら、セダンとワゴンが主力のC/Eクラスを手堅く売っているわけだ。

対するレクサスは、設計の新しいESとUXが1カ月に1000台前後を登録するが、ほかの車種はそれ以下にとどまる。UXは日本の市場環境に合ったコンパクトなSUVだから期待されたものの、実際の売れ行きは伸び悩む。レクサスでも内外装は上質とはいえず、市街地を走ると乗り心地も気になる(ステアリングホイールにまで細かな振動が伝わる)。

ESはワゴンなどを用意しないセダン専用車としては堅調に売れるが、販売店は一概に喜んでいない。

コメント

ソフトバンクG、、ユニゾの敵対的TOBの「ホワイトナイト」ヘ 

2019年08月18日 13時36分58秒 | 乗用車」

 不動産業やホテル運営を手掛けるユニゾホールディングスは16日、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)から受けている敵対的TOB(株式公開買い付け)への対抗策を発表した。ソフトバンクグループ系の米投資ファンドが実施する別のTOBを受け入れて、経営の自由度を高めるために株式の非公開化を目指す。

 新たなTOBを行うのは、ニューヨークに拠点を置くフォートレス・インベストメント・グループ。フォートレスは敵対的な買収を阻止する「ホワイトナイト」(白馬の騎士)として、HISが公表した買い付け価格1株3100円を上回る4000円でユニゾ株式を買い取る。19日から10月1日まで実施し、最大約1400億円を投じて全株式を取得。HISが目指していた最大45%への保有比率引き上げを阻止する。

 

ユニゾホールディングス(株)

  4,165 前日比+565(+15.69%)
コメント

  地方、地域百貨店の時代不適応性が拡大 、加速化

2019年08月15日 17時08分38秒 | 乗用車」

◆止まらない地方都市百貨店の閉店、ネット通販との機能格差が地方都市圏で拡大している?地域性の格差がネット通販では消滅へ向かう、地方百貨店の可能性はその店舗空間の相対的な規模性を 学習やエンタメ複合の実習空間へ転換してゆくことだ、専門性の世界規模への転換を複合化してゆけば新しい創造複合の目標は見えてくるであろう、 

 2019年にすでに閉店したか、あるいは閉店が予定されている百貨店は、全国で16店舗。さらに2020年に閉店することが発表になった店舗も2店舗もある、(以下、新聞報道などから筆者作成、朝日新聞?) 

【2019年】

・さとう 西舞鶴駅前店/2019年1月27日閉店

・棒二森屋/2019年1月末閉店

・井筒屋コレット/2019年2月28日閉店

・一畑百貨店 出雲店/2019年2月末閉店 (小型のサテライト店)

・岩田屋久留米店 新館/2019年3月21日閉店

・大丸山科店/2019年3月31日閉店

・中三 青森店/2019年4月30日(一時閉店。複合商業施設内で営業再開予定)

・井筒屋 黒崎店/2019年5月末閉店

・ONUMA大沼 米沢店/2019年8月15日閉店予定

・大和 高岡店/2019年8月25日閉店予定

・ヤナゲン大垣本店/2019年8月31日閉店予定

・ヤナゲンFAL店大垣市 /2019年9月28日閉店予定

・山交百貨店/2019年9月30日閉店予定

・伊勢丹 府中店/2019年9月30日閉店予定

・伊勢丹 相模原店/2019年9月30日閉店予定

・さとう 福知山駅前店/2019年秋閉店予定

【2020年】

・新潟三越/2020年3月22日閉店予定

・東急東横店/2020年3月31日閉店予定

山形市、7店舗からゼロ店舗へ!

 山形市にも全盛期の1970年代には大沼を含め大型店7店舗が軒を連ね、賑わった時期もあった。しかし、1990年代に入ると各家庭の自家用車保有率が上昇したことと、郊外に大型店舗が出店したことで、次々と山形市中心部の大型店舗が撤退していき、最後に残っているのが大沼だったのだ。

 

コメント

40年前の、1組の社員夫妻が僕を見舞いに来訪の奇跡感! 

2019年08月14日 14時55分20秒 | 乗用車」

昨日の昼過ぎに、さくら苑に僕の見舞いに来訪者が訪れた、今までにも何度か長い病院や老人ホームの滞在はあったが、見舞いでの来訪者はいなかったから、ちょっとびっくりした、お二人ともに矢野経済研究所の社員で、社内結婚のお二人、ぼくのブログはよく読んで僕の動静は正確に把握している、それで、さくら苑滞在の僕を訪ねることができたわけ、お二人を見ていると ,仲の良さが周りにあふれているような円満なご夫婦で、 お二人で訪ねてもらえるのはぼくにとっても大きな喜びである、お年を伺ったら67才だという、これから一仕事できますね、という、ぼくが仲人したかも知れない、と後で思った、

現在も調査の仕事を続 けているという、

 

コメント (1)

 リンダへ 

2019年08月07日 15時12分21秒 | 乗用車」

僕は今、中目の老人ホーム、、青葉台 さくら苑 に  滞在  している、同居する子どもの家族たちが 明日から 海外へ出かけるので,2週間ほどこのホーム   に居ること 

 になる、  これまでも   しばしば利用してきたので、今ではどちらが         僕の   住まいなのかわからないときがある,  アメリカのコーヒーチェーンのスターバックスがホームの向こう側 に 出店 、目黒川リゾートの目玉になりそうなほどの賑わいを呈している,

ホームの電話は、03- 3791- 3503、確認してください、駅からは歩いてこれる ほどに近い    感じがある  が バス停2つ分はある、  

 

 

 

 、

 

 

 

コメント