THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

日銀の低金利政策継続、体制の構築に向かう、 

2018年07月31日 19時21分49秒 | 乗用車」

政策金利のフォワードガイダンス導入により物価安定目標へのコミットメントを強め、現行の政策の持続性を強化する措置を決定。

1)政策金利のフォワードガイダンス

2019年10月の消費税率引き上げの影響を含めた経済・物価の不確実性を踏まえ、当分の間、現在のきわめて低い長短金利水準を維持することを想定

2)長期金利操作(イールドカーブ・コントロール)(賛成7反対2)

次回金融政策決定会合までの市場調節方針は

─短期金利:マイナス0.1%の金利適用を維持。

─長期金利:10年金利ゼロ%程度での推移を維持。ただし経済物価情勢に応じて上下にある程度変動しうるものとする。

コメント

日本企業には アマゾンへの危機感がなさすぎる 、「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」現象

2018年07月31日 16時39分30秒 | 乗用車」

 アマゾンの業務拡大によって業績の悪化が見込まれる米企業で構成された「アマゾン恐怖銘柄指数」の別名は、「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」。

ウォルマートや百貨店最大手・メイシーズのほかにも、書籍チェーンや事務用品、家具、アパレルと、アメリカのありとあらゆる小売企業がアマゾンの波に呑み込まれ、軒並み減収や赤字にあえいでいる状況から、いつしか生まれた呼び名だ。

これは、アマゾンが都市部近くへの拠点新設を進め、どこでも1日から数日で商品が届く体制づくりを急激に推し進めた結果だが、日本もこれから同じ流れに呑み込まれることになる。

現在、アマゾン日本法人は全国に15ヵ所の配送拠点を持っているが、さらに東京・八王子市にも新たな大型拠点を準備しているのだ。

流通業界に詳しいアナリストの角井亮一氏が言う。

「こうしたアマゾンの拠点増加の影響を真っ先に受けるのは、やはりイオンに代表される大型ショッピングセンター(SC)でしょう。自宅にいながらにしてあらゆるものを購入できてすぐに家に届くのであれば、わざわざSCに足を延ばす必要はない。

アメリカではこれからSCが3割減少すると言われており、日本でも同様のことが起きるかもしれません」

業績の悪化が見込まれる米企業で構成された「アマゾン恐怖銘柄指数」の別名は、「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」。

ウォルマートや百貨店最大手・メイシーズのほかにも、書籍チェーンや事務用品、家具、アパレルと、アメリカのありとあらゆる小売企業がアマゾンの波に呑み込まれ、軒並み減収や赤字にあえいでいる状況から、いつしか生まれた呼び名だ。

これは、アマゾンが都市部近くへの拠点新設を進め、どこでも1日から数日で商品が届く体制づくりを急激に推し進めた結果だが、日本もこれから同じ流れに呑み込まれることになる。

現在、アマゾン日本法人は全国に15ヵ所の配送拠点を持っているが、さらに東京・八王子市にも新たな大型拠点を準備しているのだ。

流通業界に詳しいアナリストの角井亮一氏が言う。

「こうしたアマゾンの拠点増加の影響を真っ先に受けるのは、やはりイオンに代表される大型ショッピングセンター(SC)でしょう。自宅にいながらにしてあらゆるものを購入できてすぐに家に届くのであれば、わざわざSCに足を延ばす必要はない。

アメリカではこれからSCが3割減少すると言われており、日本でも同様のことが起きるかもしれません」

 

 

    

現在、アマゾン日本法人は全国に15ヵ所の配送拠点を持っているが、さらに東京・八王子市にも新たな大型拠点を準備しているのだ。

流通業界に詳しいアナリストの角井亮一氏が言う。

「こうしたアマゾンの拠点増加の影響を真っ先に受けるのは、やはりイオンに代表される大型ショッピングセンター(SC)でしょう。自宅にいながらにしてあらゆるものを購入できてすぐに家に届くのであれば、わざわざSCに足を延ばす必要はない。

アメリカではこれからSCが3割減少すると言われており、日本でも同様のことが起きるかもしれません」

 

  

 

コメント

日銀の物価上昇目標2%の 達成が困難な状況、国民には望ましい状況?  

2018年07月30日 19時30分03秒 | 乗用車」

 *日銀、物価見通し引き下げへ 持続性向上で緩和策の柔軟化議論

  

会合では、実体経済の改善にもかかわらず、鈍い物価情勢について集中的に分析する。

日銀では、消費者物価(生鮮食品除く、コアCPI)が想定よりも鈍い背景として、今年前半の円高・株安や天候要因による消費の低迷など一時的要因があるものの、根強い人々のデフレマインドに加え、企業の省力化投資や過剰サービスの見直しといった生産性向上よるコスト吸収努力などが、想定以上に抑制要因に働いているとの見方を強めている。

このため、企業の賃金・価格設定行動の変化も緩慢で、物価2%目標の実現に不可欠な人々のインフレ期待の高まりも、後ずれせざるを得ないとの判断に傾いている。

新たに示す物価上昇率の見通しは、前回4月の展望リポートで示した18年度1.3%、19・20年度ともに1.8%からいずれも下方修正される公算が大きい。18年度は1%前後、19年度は1%台半ば、20年度は1%後半に小幅引き下がる可能性がある。

 *問題は国民の消費抑制、貯蓄志向の原則的な行動規範、 政府への信頼の低さ、 消費はアンモラル、との明治維新以来,100年超の国民の全体的なモラル、

 

 

 

 

コメント

 7・30日、元安値 ,1ドル6.2431元、9.6%のドル高、    

2018年07月30日 15時38分37秒 | 乗用車」

東京 30日] - 外為市場で人民元安が加速している。7月30日の上海市場の午前中には一時1ドル=6.8428元と、2017年6月以来約1年1カ月ぶりのドル高・元安水準を記録する場面があった。3月下旬に記録した年初来安値の6.2431元を大底に、約4カ月間で9.6%ものドル高・元安が進んでいる。 人民元は柔軟に動くようになっているが、これほど急な速度でドル高・元安が進むのは初めて、  FRB は3月と6月に0.25%刻みの利上げを2度実施、4月と7月には保有債券の再投資減額によるドル資金の回収ペースも2度引き上げて ている。一方、中国PBOCは4月と6月に預金準備率の一部引き下げを発表、 国務院が7月下旬に開催した常務会議で「穏健な金融政策」の指針を表明しつつ、零細企業や農家向けを中心に 金融支援による貸出増の方針を示すなど、金融緩和色の強い政策運営を行っている。 

米国と中国の金融政策の違いに反応してドル高・元安が進むのは自然な流れだ。実際、今春以降のドル高・元安は、米国が3月下旬に利上げを実施、4月にドル資金の回収ペースを上げる一方で、中国が預金準備率を引き下げた頃から加速している。3月下旬以降のドル人民元の上昇ペースはPBOCが今から13年前の夏に人民元の柔軟化改革を始めてからでは最速だ。特に6月中旬以降の加速は目覚ましく、ドル人民元の週足は7週連続で陽線を記録、 一方通行のドル高・元安が進行中 、 今年3月下旬にドル人民元が大底を打ってドル高・元安が加速し始めたタイミングは、 米国が中国を含む国々からの鉄鋼・アルミニウム製品に対する輸入関税引き上げを実施、中国政府もほぼ同額の米国産品への報復関税を発動した時期と一致する。

米中両国の金融政策格差が拡大する時期と米中貿易戦争が激化するタイミングが見事に一致しているため、「為替操作は行っていない」という中国政府の主張を完全なうそだと否定することは難しい。実際、ほぼ同じ時期に元以外の通貨に対してもドル高は進んでいる、

 元安による債務返済や支払費用の増加がむしろマイナスに働く面もある。だから、元安の限界点がむしろ問題 なのだ、

 

 

 

 

  

コメント

日銀、 国債購入の金利引き下げ、金融緩和政策の修正? 

2018年07月30日 14時58分10秒 | 乗用車」

日銀が大規模金融緩和の副作用対策に着手するのは、2%の物価目標実現に向けて現行の超低金利政策の長期化が避けられないためだ。ただ、金融機関や国債市場などへの悪影響を低減する一方で、円高や株安を招いて市場に混乱をもたらすリスクもある。

 先週、大規模な国債購入を進めてきた日銀が手綱を一部緩めるとの観測から国債の取引が一気に活発化し、26日には新発10年債の利回りが約1年ぶりに0.1%台に上がった。日銀は27日の指し値オペで、買い入れる10年債の利回りをこれまでより0.01%低い0.100%に指定。指定利回りは日銀が設ける金利上昇の“防衛線”で、引き下げは上昇観測に対する強烈な牽制を意味する。 

 「金利目標を柔軟化する第一歩ではないか」。第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストはこう指摘し、今回の日銀の対応は取引の活性化に向け、指定利回りを柔軟に上下するための布石とみる。2%の物価目標を実現する道筋は不透明になっており、金融緩和による景気刺激を継続せざるを得ない。日銀は国債買い入れなどを通じて金融市場をコントロールしているが、“長期戦”を見据えて金融業界からは収益悪化懸念の声も高まっている。

コメント

フェイスブック株価急落、1日で1104億弗約13兆円、

2018年07月30日 10時42分17秒 | 乗用車」

[ダラス 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米フェイスブック(FB.O)株は25日、過去最高値で取引を終了した後、時間外で急落した。四半期決算の内容が投資家の失望を誘い、売りが殺到したためだ、

業績発表を受けて26日に暴落したFB株は27日も続落し、株主からはザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)に対する訴訟も起こされた。FBは個人情報流出問題への対応を求める利用者らからの「外圧」に加え、成長余力を失いつつあるSNSへの依存からの脱却の必要性という「内圧」にもさらされている。

Facebook, Inc. Common Stock
NASDAQ: FB
174.89 USD −1.37 (0.78%)

約19%にも及んだ26日の暴落は投資家に衝撃を与えた。FB株がさらに約0・8%下落した27日には、一部の株主がFBとザッカーバーグ氏をニューヨーク・マンハッタンの連邦裁判所に提訴。FBが売上高や利用者数などの情報について、市場の誤解を招くような開示方法をしてきたと主張している

 
 
コメント

 アマゾン純利益13倍

2018年07月29日 15時48分40秒 | 乗用車」

【ニューヨーク=平野麻理子】米アマゾン・ドット・コムが26日に発表した 18・ 

4~6月期決算は、純利益が前年同期比13倍の25億3400万ドルだった。四半期ベースの最高益を記録した。17年に買収した食品スーパーのホールフーズ・マーケットなどが加わり、売上高は39%増の528億8600万ドル。クラウド事業など利幅の大きいビジネスの成長が続き、業績をけん引した。

 四半期の純利益が節目の20億ドルを上回ったのは初めて。 EPS は5.07 弗で事前の市場予想(2.50ドル程度)の2倍、 売上高営業利益率は5.6%となり、1~3月期の3.8%から急拡大した。利益率が高いクラウド事業が前年同期比49%増の大幅増収を確保し、利益を押し上げた。

 アマゾンは米国の有料「プライム会員」の年会費を5~6月に2割引き上げた。「会員サービス」部門の売上高は4~6月期に前年同期比57%増え、業績に貢献した。

 第三者に商品を販売する場を提供する「マーケットプレイス」事業も39%の増収となった。出品者から手数料をとって自前のインフラを提供する同事業はクラウドと並んで利益率が高く、アマゾンは力を入れている。

 アマゾンは7~9月期の売上高予想を540億~575億ドルとした。市場予想に届かなかったことから、26日の時間外取引でアマゾン株は伸び悩んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ニューヨーク=平野麻理子】米アマゾン が26日に発表した2018年4~6月期決算は、純利益が前年同期比13倍の25億3400万$、  四半期ベースの最高益 17年に買収した食品スーパーのホールフーズ・マーケットなどが加わり、売上高は39%増の528億8600万ドル。クラウド事業など利幅の大きいビジネスの成長が続き、業績をけん引した。

 四半期の純利益が節目の20億ドルを上回ったのは初めて。 EPS は5.07ドルで事前の市場予想の2倍超、 

 売上高営業利益率は5.6%となり、1~3月期の3.8%から急拡大した。利益率が高いクラウド事業が前年同期比49%増の大幅増収 が利益を押し上げた。

 アマゾンは米国の有料「プライム会員」の年会費を5~6月に2割引き上げた。「会員サービス」部門の売上高は4~6月期に前年同期比57%増え、業績に貢献した。

 第三者に商品を販売する場を提供する「マーケットプレイス」事業も39%の増収となった。出品者から手数料をとって自前のインフラを提供する同事業はクラウドと並んで利益率が高く、アマゾンは力を入れている。

 アマゾンは7~9月期の売上高予想を540億~575億ドルとした。市場予想に届かなかったことから、26日の時間外取引でアマゾン株は伸び悩んでいる。

コメント

米GDP、第2四半期は4.1%増 トランプ氏「歴史的好転」

2018年07月28日 21時41分17秒 | 乗用車」

米GDP、第2四半期は4.1%増 トランプ氏「歴史的好転」  

[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日発表した第2・四半期国内総生産(GDP)の速報値は、年率換算で前期比4.1%増で市場予想と一致した。個人消費が底堅かったほか、中国の対米輸入関税が発効する前に大豆の輸出が前倒しされ、輸出全体が拡大した。

従来の四半期のベースはいくra, 
 

 

 

コメント

ラオス決壊ダム工事、韓国skグループ主導の受注工事      

2018年07月28日 21時08分04秒 | 乗用車」

 ラオス南部アッタプー県で建設中にダムが決壊し、少なくとも26人が死亡、131人が行方不明になった事故で、建設に携わった韓国大手財閥SKグループのSK建設が、工期を大幅に短縮できたとして、発注側から2000万ドル(約22億円)のボーナスを受けていたことが分かった。朝鮮日報が伝えた。

  •   

 ダムの建設事業は同社と韓国西部発電などが2012年に共同受注し、来年2月から商業運転に入る予定だった。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、現地への救護隊の派遣を含む政府対応を急ぐよう指示した。文氏は「事故の原因は調査段階にあるが、韓国企業が参加していただけに政府としても積極的に救護活動に乗り出すべきだ」と指摘した。

 聯合ニュースによると、現地メディアは当局の発表としてダムが「崩壊」したと報じているが、SK建設は豪雨の影響により、5つの補助ダムのうち1つのダムの一部が「流失」したと説明しているという。

コメント

韓国企業のSKが主導するjvが建設中のラオスダム崩壊! 

2018年07月28日 20時38分53秒 | 乗用車」

  韓国企業のjvが 建設中のダムが23日夜に決壊し、数百人が行方不明になっていると報じられているラオス南部では、数日中にまとまった降雨が予想されており、洪水被害の拡大が懸念される。当局は25日、救助活動を続行するとともに被害状況の把握に努めた。

 国営メディアの25日の報道によると、少なくとも19人が死亡、6000人以上の人々が洪水による被害を受けた。

 当局者は国営メディアの取材に、取り残された人々の救出のため、ヘリコプターやボートで救助活動を進めていると明らかにした。水位が上がる可能性があるとし、救助は「時間との闘い」だと話した。

 トンルン首相は24日、現場に向かい、閣僚らに救出活動に取り組むよう指示。建設に参加するタイ企業によると、ここ数日の大雨で大量の水が貯水池に流れ込み水位が上昇、ダムが決壊したという。ダムは韓国、タイ、ラオスの企業による合弁会社が建設していた。(共同)

コメント

韓国企業建設のラオスダム崩壊、数百人規模 が行く方 不明    

2018年07月28日 19時44分20秒 | 乗用車」
建設直後にダムの中央部が 沈下した、信じられない現象、手抜き工事が原因?  
 

  ラオス南部で23日夜に建設中のダムが決壊し、数百人が行方不明となった事故で、建設にあたっていた韓国企業の「責任論」が浮上している。20日の時点でダムの異変を確認しながら、避難が始まったのは22日だったというのだ。

 ダム建設は、韓国のSK建設や韓国西部発電などが設立した合弁企業が行っていた

 AFP通信は25日、ダムの中央部で先週金曜日(20日)に11センチの沈下が確認されていたとする報告書を入手したと報じた。記事によると、SK建設は声明で、22日にダム上部の流出を発見し、すぐに当局に知らせ、周辺の住民の避難が始まったと主張している。

 韓国紙、中央日報(日本語版)は26日、AFPやCNNの記事を引用し、《ラオスダム決壊、4日前から兆候…「韓国職員53人は避難したが…」》という見出しの記事で、現場の韓国人勤労者53人は全員が無事に避難していたと報道。SK建設の釈明に対し、「『責任逃れ』という批判が出ている」と指摘した。今後、責任問題に発展するのか。

    

コメント

グーグルの株価

2018年07月28日 19時09分26秒 | 乗用車」
Alphabet Inc Class A
NASDAQ: GOOGL
1,252.89 USD −32.61 (2.54%)
営業終了: 7月27日 18:01 
時間後取引 1,250.50 −2.39 (0.19%)
   
始値 1,289.12
高値 1,291.44
安値 1,244.50
時価総額 8595.59億
株価収益率 33.65
配当利回り -
前日の終値 1,285.50
52 週高値 1,291.44
52 週安値 918.60
コメント

宅配便最大手ヤマトHD の子会社、ヤマトホームcb が法人顧客に引っ越しサービスの料金を過大請求

2018年07月28日 18時51分21秒 | 乗用車」

宅配便最大手ヤマトホールディングス(HD)の子会社、ヤマトホームコンビニエンスが法人顧客に引っ越しサービスの料金を過大請求していた問題で、同社の四国の法人営業支店長だった槙本元(まきもとはじめ)氏(65)が27日、東京・霞が関国土交通省で記者会見し、「引っ越しの見積もりが意図的に過大だった。不正は2010年ごろから組織的に行われていた」と明らかにした。

 槙本氏は、ヤマトHDが24日に過大請求を発表する前の今月2日にも都内で会見を開き、不正の実態を証言していた。ヤマトHDの山内雅喜社長らの記者会見での説明について「本当に悪いと思っていると感じられない。説明が正確でない」と感じたため、再び会見を開くことにしたという。来月にヤマト側を詐欺容疑で警視庁刑事告発することを検討している。

 ヤマトHDは「見積もりと実際に運んだ量が違っても、最初のまま請求していた。チェック機能に不備があった」と説明したが、槙本氏は2度目の会見で、見積もり段階で実際に運ぶ予定のない荷物を含めて計算し、意図的に過大請求する不正もあったと証言。「ヤマトの説明は見積もりは正しいことが前提で、正確でない」と批判した。

 ヤマトHDが過大請求の総額を、データが残る16年5月~18年6月の約2年間で計17億円と発表したことについて、「不正は少なくとも10年以降続いている。記録は内規で7年残す決まりになっていて、ヤマトは金額を小さく見せようとしている」とも指摘した。

 ヤマトHD広報は槙本氏の指摘について「調査委員会の調査結果を待たないと事実関係は分からない」としている。記録の保存期間については「内規の確認中」と述べるにとどめた。(北見英城)

コメント

ニュース 

2018年07月28日 17時44分51秒 | 乗用車」

[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日発表した第2・四半期国内総生産(GDP)の速報値は、年率換算で前期比4.1%増で市場予想と一致した。個人消費が底堅かったほか、中国の対米輸入関税が発効する前に大豆の輸出が前倒しされ、輸出全体が拡大した。  

 

      

  トランプ大統領はこれについて、「歴史的規模の景気好転を達成した」「これらの数値は極めて持続可能なものだ」と強調した。

伸び率は2014年第3・四半期以来の大きさを記録したが、09年半ばに終わった景気後退期以降の最高には届いていない。

オバマ前政権下では14年第2・四半期の成長率が5.1%に達したほか、4四半期で4%を上回った。

第1・四半期GDPは当初発表の2.0%増から2.2%増へ上方改定された。GDP算出に使う指標や計算方法の改良によるもの。 第2・四半期GDPは前年同期比で2.8%増。1

 

  

コメント

米 ウォルト・ディズニーが 21世紀 フォックス を713億ドル で買収

2018年07月28日 17時25分19秒 | 乗用車」

ニューヨーク=清水石珠実】米メディア大手ウォルト・ディズニーが米21世紀フォックスのコンテンツ事業の大半を713億ドル(約8兆円)で買収する計画を27日、ディズニー、フォックス両社の株主が承認した。両社はニューヨーク市内の同じホテルの別会場で臨時株主総会を開き、それぞれ買収計画を可決した。 

 

      

 総会は両社とも10分程度で終了。ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)やフォックスのルパート・マードック氏は参加しなかった。ディズニーの総会では株主の一人から「フォックスの買収額が高すぎるのではないか」という指摘があったが、買収計画は株主の99%の支持を集めて承認された。

 買収手続きの完了には、株主承認以外に規制当局からの許可が必要となる。米司法省はすでに同買収計画を承認しており、今後は米国外での承認獲得が焦点となる。米半導体大手クアルコムは中国の独占禁止法当局から承認を得られず、オランダの車載半導体大手NXPセミコンダクターズの買収を26日断念した。

 フォックスは「メディア王」と呼ばれるマードック氏が率いる。映画やドラマ、CATV局などの事業をディズニーに売却し、今後は報道やスポーツ番組などに特化する計画を持つ。

 フォックスのコンテンツ事業を巡っては、17年末、ディズニーとフォックスが買収額524億ドルでいったん合意。だがその後、米同業コムキャストが650億ドルで対抗買収に名乗りを上げたため、ディズニー側が買収額を引き上げて再合意した経緯がある。

コメント