〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■シングルス 相手のミスしている打点の高さを覚えておく 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2019-02-10 07:00:03 | シングルス
トップページ>シングルス




おはようございます!
テニスコーチの花木です。


今日は、


シングルス
相手がミスをしている打点の高さを覚えておく



という解説になります。



シングルスに限らずダブルスでも同様ですが、試合は自分のミスを覚えておく以上に相手のミスを覚えておくことが大事になります。


試合では、自分のミスや相手のスーパーショットに意識がいきがちです。


ですが、どんなレベルでもミスをするということを忘れてはいけません。


花木は高校、専門学校と大会に出場していましたが県大会出場や専門学校の大会でも満足な結果はほとんどありません。


JOP大会に出場し始めてからは、インターハイ選手やインカレ選手。全日本選手との試合がほとんどで全国レベルの相手と戦うことが多くありました。


そんな相手にどのようにして勝つのか?


と考えたときに相手のミスパターンを分析することで勝つことができました。

※5〜6年程前にもブログを投稿していました。こちらに試合の詳細が投稿されています↓↓
俊テニの日記


試合では、相手と自分のゲームを足して奇数のときにゲームチェンジがあります。

そのときに相手のミスパターンや配球パターンを記録しておくことで相手のリズムがわかっていきます。


※写真は、試合に出場しているときのメモです。


相手はどこにサーブを打ちどこに立っているのか?


また、相手はどの高さでミスをしていてどこの高さでバランスを崩して返球しているのか?


細かくメモを取っていれば勝てないと思った相手でも勝つことができます。


まずは、打点の高さから相手の分析をしその高さに自分がコントロールしていく。


そのコントロールができなければ普段の練習でその高さにコントロールしていくためのラケットワークからフットワークを練習をしていれば必ず勝てない相手でも勝つことができます。


話が脱線してきてしまったのでまた投稿します(笑)


以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。




↓↓↓お知らせです↓↓↓

LINE@始めました!上達できる情報やレッスンのクーポン等をお届けします(^^)宜しければ是非ご登録のほどお願いします。
友だち追加


■テニスビズ
4時間レッスンの日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ■サーブ サーブを打つ前のル... | トップ | ■ご案内 2/11(月・祝) 【シン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シングルス」カテゴリの最新記事