韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「上品女」キム・ソナ、キム・ヒソン「出て行け」コマンドを拒否... 「キム・ヨンゴン決定」

2017-06-30 23:44:06 | ドラマ
キム・ソナがキム・ヒソンの「出て行け」は、コマンドを拒否した。

30日放送されたJTBCグムトドラマ「上品な彼女」5回では、ウ・アジン(キム・ヒソン)とボクジャ(キム・ソナ)の対面が描かれた。

この日アジンはボクジャを呼んで、この家で私が言った。これボクジャは「私出れば会長耐えはどのようにされようとするのか」とし、これを拒否した。

これアジンが「私たちの家の調査をされたと言っていた希望が何か」と尋ねたが、ボクジャは「働く家がどうなのか調べてみただけだ」とし「私は出ていない出て決定するのは会長である」と述べた。

続いて彼は「私は会長の言葉だけをだ。誰の言葉も聞かない。私にイロシルではなく、会長に言わ入れろ」と述べ、一人残されたウ。アジンは、「帰ってしまうのね」と唱えてしまった。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「操作」初シナリオリーディング現場公開、ナムグン・ミン、ユ・ジュンサン、オム・ジウォン呼吸どうだったか

2017-06-30 08:49:44 | sbsドラマ
ナムグン・ミン、ユ・ジュンサン、オム・ジウォン、ムン・ソングン、チョン・ヘビンなど疑いの余地のない「ドリームキャスト」のラインナップで話題になっているSBS新しい月火ドラマ「操作」(脚本キム・ヒョンジョン、演出イ・ジョンフム)が展開されるいっぱいだった台本リーディング現場を公開、視聴者たちに強烈な初めての挨拶をした。

話題のドラマ「操作」の台本リーディングは、6月11日SBS一山製作センターで進行された。この席にはSBS単幕劇「君狙う」(2015)以来、再び意気投合したイ・ジョンフム監督とキム・ヒョンジョン作家、ナムグン・ミン、ユ・ジュンサン、オム・ジウォン、ムン・ソングン、チョン・ヘビン、パク・ジヨン、キム・ミンサン、チョ・フイボン、リュ・スンス、チョン・フイテ、キム・ガンヒョン、最帰化、金基南、パク・ソンフン、ああ亜鉛、パク・ギョンヒェ、アン・ジフン、パク・ジョンハク、キム・ヘソン、イ・ジュスンなどが参加した。

本格的なリーディングに先立ちイ・ジョンフム監督は「私やキム・ヒョンジョン作家や事実上のジャングルに最初の足を踏み入れ作品なのにこんなに素晴らしい俳優たちが一緒にいただき、心より感謝する。ここにおらすべての俳優たちが「操作」が伝えたい意義とメッセージに共感してくれて来らものを信じる。最善を尽くして仕え熱心してみる」は覚悟を伝えた。

続いてキム・ヒョンジョン作家は「イ・ジョンフム監督と長い間念を入れて準備した作品である。俳優の方々が信じてくださったように、最後まで残念な話をしないように、良いドラマで記憶に残るように熱心につくす」と「操作」を選択し、俳優たちの信頼に感謝を表した。

情熱的に固く団結した監督と作家の「操作」は、ベテラン俳優たちの躍動感あふれる演技を通して力強く飛び立った。断然目立ったのは、今、名実共に信じ見る俳優隊列の中心に立ったナムグン・ミンの理由がある変身。

ナムグン・ミンはオタク媒体愛国新聞を代表する特急機レギハン・ムヨン役に分解、ままスムージングされていない血気盛んな5年目記者の覇気とこだわりを愉快に演じやり遂げた。一方、兄ハン・チョルホ(オ・ジョンセ)にまつわる悲劇のエピソードでは、深みのある感情演技で雰囲気を圧倒、マルチアングル魅力を発散するハン・ムヨンキャラクターに対する期待感を高めた。

「操作」にうれしいカムバックの便りを伝えたユ・ジュンサンとオム・ジウォン、ムン・ソングンの活躍も眩しかった。ユ・ジュンサンは大韓民国代表保守言論の日報のスプラッシュ長イ・ソクミン役を演じ、刺激的な表情後鋭い所信と正直な信念を抱いた本物の記者キャラクターを披露した。そしてオム・ジウォンは一度ドア事件は絶対に置かない火筒ながらも情熱的な検事クォン・ソラ役を完全に実装して'クォン・ソラそのもの」とは、反応を引き出した。

ここでの日報の編集権を握った実質的な権力者グ・テウォン常務に扮ムン・ソングンは乗算噛むほど鳥肌大使に刻々と変化する目つきを装備、カリスマあふれる演技で現場を掌握し登場だけでも緊張と恐怖を誘発する歴代級悪人の誕生を予感させた。

これらに加えて、27ヶ月の子供を育てるワーキングママでありの日報イ・ソクミンの古いパートナー巧妙な写真記者オ・ユギョン役で破格的な挑戦に出たチョン・ヘビン、愛国新聞の社主チョ・フイボン(ヤン・ドンシク役)、ホット部長検事パク・ジヨン(チャ・ヨンス役)、法務法人ノアの代表リュ・スンス(チョ・ヨンギ役)などの普及に期待と信頼を与える俳優たちが適材適所で活躍を広げてダイナミックな劇展開を導いた。来る7月24日に初放送
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「数ナー」チ・チャンウク記憶の混乱... キム・ホンパ「お父さんを殺した人」の操作

2017-06-29 23:32:31 | sbsドラマ
'怪しいパートナー」ノ・ジウク(チ・チャンウク)が過去父を死なせた放火殺人事件と関連した記憶が一つずつ浮上し始めた。

29日放送されたSBS「怪しいパートナー」でウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)がノ・ジウクに別れを告げた。しかし、ノ・ジウクは「私は絶対にあなたアンノァ」と打ち込んだ。ウン・ボンヒはそれを残すだろうと改めて別れを宣言した。

ノ・ジウクの家に帰らないウン・ボンヒは不倶戴天の敵であるこして(ギムイェウォン)の家に行った。ウン・ボンヒは「当分の間、いくつかのここで過ごそう」と攻めていった。出ては、「住居侵入」とファンダンハムに呆れた。

翌日ウン・ボンヒは辞表を提出した。しかし、ノ・ジウクは「工事区分程度に願う」と休暇の処理をした。

ノ・ジウクは父の事件の担当検事だったチャン・ムヨン(キム・ホンパ)地検長を訪ねた。ノ・ジウクは「私の両親は、なぜ殺されました」と尋ねた。地検長は「検察起訴に不満を抱いた報復殺人事件」としたが、納得されていないした。地検長はノ・ジウクに「君が言った。あなたがその人を死なせた指名した」と叫んだ。ノ・ジウクは代替自分が何を見たのか混乱に陥った。

ウン・ボンヒは疲労がかかり、ノ・ジウクは仕事に集中していなかった。ついにウン・ボンヒは熱が40度まで上がって応急室に運ばれた。ノ・ジウクは走ったしウン・ボンヒは夢がなかったら良いだろうと口を合わせた。

ウン・ボンヒは殺人事件を目撃したした小学生の事件を引き受け再び弁護士事務所に戻って来られた。ノ・ジウクは小学生のように収容されたしノ・ジウクは子供を介して過去父の事件のことを思い出させるになった。

小学生は「犯人が誰であるか、通知しなければかどうかないのか分からない」とした。最終的に証言をすると警察署を訪れた。犯人とした警察を挙げた。

ノ・ジウクは過去父事件の時、「誰か分からない」「この人です」など相反する陳述をした子供の頃、自分の姿を思い出した。また、地検長が過去「この人があなたのお父さんお母さんを殺した人だ」とウン・ボンヒ父の写真を差し出し強調したものまで思い出した。

一方、意識を失ったチョン・ヒョンス(かき混ぜ)が目覚めた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

ナム・ジヒョン、チ・チャンウクとキス思い出しびっくり "夢ではなかった」

2017-06-29 23:28:23 | sbsドラマ
'怪しいパートナー」ナム・ジヒョンがチ・チャンウクとのキスが夢ではなかったことに驚いた。

29日放送されたSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」(クォン・ギヨン脚本パク・ソンホ、チョン・ドンユン演出)でノ・ジウク(チ・チャンウク)とのキス事実を知った後、メンブンに陥ったウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)の姿が描かれた。

ウン・ボンヒはノ・ジウクに別れを宣言した後、別れの後遺症に苦しんだ。全身が火だるまになったウン・ボンヒは熱が40度まで上がったこと。ウン・ボンヒの健康を心配した出て(ギムイェウォン)は、彼の病院で移し、ウン・ボンヒの知らせを聞いたノ・ジウクと地ウニョク(チェテジュン)は一気に病院にかかってきた。

ノ・ジウクはウン・ボンヒの状態を知ってびっくりした。彼の状態を確認するためにウン・ボンヒが横たわっているベッドに向かい、ちょうど眠りから覚めたウン・ボンヒは、自分自身を見下ろすノ・ジウクを発見し、夢を見ているのだと勘違いした。

「夢じゃなかったら良いだろう "はウン・ボンヒの言葉にノ・ジウクは「夢じゃない」と答えたが、ウン・ボンヒは、この言葉さえも夢だと思ってたし、自分が手を伸ばしてノ・ジウクとキスした。二人は別れた後も切なく口を合わせた。

以後殺人事件のために再び向き合うことになった二人。ぎこちない再会にウン・ボンヒはノ・ジウクに向かって「久しぶりだ "マーぎこちなく挨拶した。先進キスを全く覚えていないウン・ボンヒとそのウン・ボンヒの「久しぶりか?」と聞き返しはノ・ジウク。

しかし、チ・ウニョクにノ・ジウクと病院を訪問したという話を聞いたウン・ボンヒは「私が死ななければなら」と、自分がキスしたということに当惑した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「数ナー」ナム・ジヒョン、チ・チャンウクとの別れ後遺症... 涙に疲労まで

2017-06-29 23:22:22 | sbsドラマ
'怪しいパートナー」ナム・ジヒョンがひどい別れの後遺症に苦しんでいる。仕方なく、選択した別れの後に訪れたのは延々と流れる涙は、高熱と疲労である。

29日放送されたSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」(クォン・ギヨン脚本、パク・ソンホ、チョン・ドンユン演出)でノ・ジウク(チ・チャンウク)との別れを決意、最終的には彼の残しウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)の姿が描かれた。

ウン・ボンヒは、自分のために痛いながらも、これを非表示に努めるノ・ジウクをもはやそば見ることができなかった。最終的に彼が去ると決心した。別れをまず私の口に吐いウン・ボンヒはノ・ジウクに辞表まで投げた。

ノ・ジウクと別れを宣言したウン・ボンヒは仕事を失い、寝るところもなかった。ウン・ボンヒは出て(キム・イェウォン)の家を訪れた。出てはそのようなウン・ボンヒを理解することができないながらも、自分の家でウン・ボンヒをジェウォトダ。

出て家で一晩泊まったウン・ボンヒは、熱がぐらぐら沸いた。その翌日ウン・ボンヒは大きな荷物を包んで持って戻ってこれての家訪れた。出ては不便してながらも、再び自宅でウン・ボンヒ入れた。

出てのリビングソファに腰を据えたウン・ボンヒは、熱、私は体に第携帯電話に保存されたノ・ジウクとの幸せだった思い出を掛けかみ砕いて、また乗算噛むだけだった。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「数ナー」チ・チャンウク、別れようというナム・ジヒョンに「絶対にお前なら入れ "

2017-06-29 23:18:16 | sbsドラマ
ノ・ジウク(チ・チャンウク)がウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン)をした。

28日夜放送されたSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」(脚本クォン・ギヨン演出パク・ソンホ)でポンヒはジウクに別れを告げた。ポンヒは自分の手を握って離さないジウクに「私たちのヘアよ」と別れを宣言した。

「いつわかった?」と尋ねるジウクにポンヒは、「じゃあ、弁護士さんはいつからだと思ったでしょうか?私の父に対して」とした。続いて「なぜ言わないた?一人だけうなら立ち往生?」と言った。ジウクは「私は気にないから。ボンヒはあなたがたの父がどんな人なのか気にしない」とした。

「私は気にあれば?」と暗示したポンヒは「私のために苦労し書か弁護士様の姿見るのつらい」とし「私の父は弁護士様が考えているような人ではないのに、私はそのように主張もできず」と別れるうとする理由をと述べた。ポンヒはまた、「ただ嫌いです。このすべての状況がこのようでジョロトゴト甘くなく私をちょっと入れてください」と最後まで別れの意志を示した。

これジウクは「今あなたが言っているか、または実際に聞き取れドゥトゲトゴ君何と言ってもや使えば君なら入れてください。嫌い」と呼ばれ、ボンヒを取った。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

カン・ハヌル、OCN「悪い奴ら2」合流... 1シーズンの人気がだろうか?

2017-06-29 21:07:08 | ドラマ
カン・ハヌルが「悪い奴ら2」に合流する。

今日(29日)午後'悪い奴ら:悪都市」(以下「悪い奴ら」、演出ハンドン化、脚本ハンジョンフン)の関係者は、ある媒体とのインタビューで、「パク・チュンフンとカン・ハヌルが最終合流することになった"とし、"この他にも、他の俳優をキャスティングしている」と報じた。

続いて「悪いやつは、今年の下半期に放送される予定」とし「撮影開始日はまだ決まっていない」と付け加えた。

パク・チュンフンとカン・ハヌルが合流することにより、先に出演を確定した俳優チュ・ジンモとオム・テグまで加わって主要キャラクターのキャストの輪郭が逮捕された。

OCNオリジナルシリーズ「悪い奴ら2」は、凶悪犯罪を犯したこれら集め悪い悪を掃討しようとする殺人刑事と悪いやつの話を描いたドラマで、過去2014年のシーズン1の放送当時大きな愛を受けた。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

OCN」ソン・スンホン・コ・アラ「ブラック」出演確定、下半期編成 "

2017-06-29 21:06:28 | ドラマ
俳優ソン・スンホンとコ・アラ「ブラック」で呼吸を合わせる。

29日ケーブルTV OCNはティブイデイルリに「ソン・スンホンとコ・アラは、新しいドラマ「ブラック」(脚本チェ・ラン・演出キム・ホンソン)出演する」と述べた。

「ブラック」は、刑事に憑依した艶死神ブラックと死の影を見ることができる暦が天界のルールを破った人の命を救おうと苦労する物語のドラマだ。

「ブラック」は、今年の下半期放送予定だ。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

チュ・ジンモ「悪い奴ら2」に出演 "悪人に痛快な漢方」

2017-06-29 10:36:15 | ドラマ
俳優チュ・ジンモがOCNドラマ「悪い奴ら悪都市」(以下「悪い奴ら2」)に出演を確定した。

チュ・ジンモ所属事務所ファイアブラザーズ側は6月29日「チュ・ジンモが「悪い奴ら2」にキャスティングされた」と明らかにした。

MBCドラマ「キャリアを引く女」以後久しぶりにお茶の間劇場を訪れたチュ・ジンモは今度は悪人に痛快な漢方を飛ばすホ・イルフに分する。

自分から始まったことに対する責任感と、定義が崩れるよう崩れ現実の中でチュ・ジンモは再び希望を取り戻すのに苦労してデチャゲ事件を解決していく。

この過程で、チュ・ジンモは特有のカリスマと力のあるアクションを加えて見る楽しさを高める予定だ。特に爛熟した演技と年輪の深さまで調和し、これまで見せてくれたキャラクターとは別の人間のキャラクターを誕生させることと期待を集めている。

チュ・ジンモは多数の作品を通じて独歩的な演技をプレゼントしただけに、今回もやはり「信じてみる」という反応も相次いでいる。

一方、チュ・ジンモのキャスティングの便りで期待感を加えた「悪い奴ら2」は、凶悪犯罪を犯したこれら集め悪い悪を掃討しようとする殺人刑事と悪いやつの話を描く。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント

「数ナー」父の悪縁... ナム・ジヒョン、チ・チャンウクに「私たち別れよう」

2017-06-28 23:42:05 | sbsドラマ
'怪しいパートナー」ウン・ボクヒ(ナム・ジヒョン)もノ・ジウク(チ・チャンウク)の父の事件を知った。

28日放送されたSBS「怪しいパートナー」でノ・ジウクは部屋係長に父の事件をこっそり調べてほしいと頼んだ。傍系長ノ・ジウク父の死と関連する調査を終えて書類を持ってくれた。ノ・ジウクの父が銀豐喜父から報復放火殺人にあったという内容だった。

傍系長は「弁護士様父が加害者は満水ですよね?」と尋ねた。これノ・ジウクは「ウン・ボクヒとは何の関係もない」としながら努めて笑顔を浮かべた。チャン・ムヨウン(キム・ホンパ)地検長が過去起訴間違えた事件でウン・ボクヒの父親は犯人ではなかったノ・ジウクは真実を知らない状態だ。

男性はチャ・ユイ(ナラ)の検査を訪ねてきて放火殺人を犯した他の人が捕まって行った自白した。悩んでいたお茶リグ再調査をしなければとしたが、彼は心が変わったと自白を翻しと桁浮かんだ。次リグこの事件を再調査するとしたが、出て(ギムイェウォン)検査は、「検察組織のミスや失敗を現わせば、もはや組織で保持することができない」と乾燥した。

夜遅く、悪夢を見ていたノ・ジウクのそばにウン・ボクヒが一緒にいた。ノ・ジウクはウン・ボクヒになぜ2日間かと尋ねた。これウン・ボクヒは「多分宿命だ」とし「私のような世界から誤解を受けた悔しい人」をためだと述べた。

チ・ウニョク(チェ・テジュン)の控訴審事件の依頼はさみ金である。過去法廷で彼を目撃したと証言した人が先にチャ・ユイを訪ねてきた移住脳であった。移住脳は放火犯だった。

ウン・ボクヒははさみ金日のでき事を置いて、「もし刑務所のはさみ金が不当に濡れ衣を書くのなら、自分が火を犯してもいないのに放火犯が起こったでしょう」と述べた。しかし、ノ・ジウクは過度に感情移入しないようにした。

ノ・ジウクはウン・ボクヒのキスを避けた。会話もずっとぎこちないして冷ややかに流れるウン・ボクヒは「私に言わアンハヌン何かがあるのか​​」と尋ねた。これノ・ジウクは「私が解決すべき問題」とした。

チ・ウニョクは鋼線である事件のためにチャ・ユイを見つけた。次リグ "移住脳について調査したものである。裁判で使うことがことがあれば通常使うウラ」と書類を伝えた。

酒に酔って苦しんでいるノ・ジウクはウン・ボクヒを抱き、「私たちは絶対に別れないようにしよう棒ヒヤ。私はどこかとも行っていない。私たちは、だけを考えてみましょう。私は残していない」と述べた。

チ・ウニョク依頼の控訴審裁判が始まった。ウン・ボクヒは「フラッシュのように実現されている瞬間がある」と判断途中桁を避けお母さんに電話をした。
ウン・ボクヒは「悔しく放火殺人で追い込まれたおじさんがあり、控訴審で裁判の結果が良く出るようだ。だからと呼ばれる。ところでママ...」と、とても多く聞かず電話を切った。ウン・ボクヒは過去の新聞記事を思い出させて "どのように知りませんでしたのか。覚えているようにした事故の記事を掲載。父の期日日」とウン・ボクヒ父の事件の被害者がノ・ジウクの父であることを知った。

チャン・ムヨン地検長はチャ・ユイを呼んで、検察のミスが明らかになり、いけないと脅迫した。過去回想シーンが続いた。過去チャン・ムヨンはウン・ボクヒ父を犠牲にした。チャン・ムヨンは「あなただけキラーになるといい。私は間違っていない」と述べた。

ウン・ボクヒはノ・ジウクに最後のデートの申請をした。トッポッキを食べながらも、涙が込み上げた。ウン・ボクヒはノ・ジウクの手を握って歩きながら心の中で「一瞬しか歩も遅れ表示つまらない努力」と唱えてしまった。ついにウン・ボクヒはノ・ジウクの手を置いた。ウン・ボクヒは「私たち別れよう」と別れを宣言した。
韓国ドラマ ブログランキン
-->
コメント