韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「運命と怒り」チュ・サンウク♥イ・ミンジョン1年後再会ハッピーエンド...最高視聴率10.1%

2019-03-22 21:24:41 | sbsドラマ
「運命と怒り」がチュ・サンウクとイ・ミンジョンの1年後に再会を最後の場面で「ハッピーエンド」した。

去る9日放送されたSBS週末特別企画「運命と怒り」(脚本今ある、チョン・チャンホ、演出チョン・ドンユン)でテ・インジュン(チュ・サンウク)はハン・ソンスク(ソン・オクスク)とテ・ジョンホ(ゴン・ジョンファン)の悪行を満天下に明らかにし、その結果ハン・ソンスクとテ・ジョンホは警察に逮捕された。

その復讐の仕上げなろうた際、テ・インジュンはハング孤立正(シムイヨウン)が過去チ・テオ(イ・ギウ)を訪ねて、自分とク・ヘラ(イ・ミンジョン)を絡ませ飾る張本人であるという事実を知ることになった。続いてク・ヘラの姉実装株(チャ・スヨン)が長い昏睡状態から目覚めて、最終的に意識を見つけて、彼女が指摘した犯人も兄嫁孤児チョンだった。衝撃的にも、すべての事件の背後には、いつも静かで無気力に見えた孤児チョンだった。夫テ・ジョンホと姑ハン・ソンスクのための彼女の復讐がテ・インジュンとク・ヘラを運命の渦に陥れたのだ。

1年の時間が経った後、テ・インジュンは釜山でスジェファ工房を開いた救えを訪ね熱く抱擁し愛の2幕始めた。このシーンは、最高視聴率10.1%(ニールセンメディアリサーチ提供)を記録し、ハッピーエンドの視聴者の好評を反映した。 40回首都圏視聴率は8.2%、全国視聴率は7.7%を上げ、2049視聴率も3.1%を記録し、最後の回を素晴らしい成績で飾った。

次に、3ヶ月の長い旅を通じて、ドラマ「運命と怒り」が残したものは何だろう?何よりも、イ・ミンジョンとチュ・サンウクのケミを挙げることができる。

#。イ・ミンジョンXチュ・サンウクの美しい調和

チュ・サンウクとイ・ミンジョンは、すでに他の作品を介して幻想的な呼吸を誇ったことがあって、ドラマ開始前からチュ・サンウクとイ・ミンジョンの再会は大きな話題であった。期待通り、イ・ミンジョンとチュ・サンウクは、さらに成熟した演技で自分の欲望に率直なク・ヘラとカリスマあふれる財閥2世テ・インジュン役を見事に消化して出して、美しくも強烈なカップルを見事に創造やり遂げた。魅力あふれる二人の俳優で「インジュンヘラ」カップルのラブストーリーは、視聴者に感動と余韻を残すことができた。

      
#。 「激情」の服をきちんと着久しぶりの正統メロドラマ

「運命と怒り」はシャギー4人の男女の愛の物語で、久しぶりに週末テレビ劇場を「ロマンス」の感性に満ちた。特に、異なる欲と願望が濃い色で描かれたうえ、通常の軌道を離脱した主人公たちの生活も「激情」の服を着て、劇的に広げながら、久しぶりに視聴者のテレビに精通メロドラマの魅力をしっかりと発表した。

#。名品助演俳優たちが完成した特急シナジー

欠かせないもう一つの宣伝要因は名品助演俳優たちが作り出した特急シナジーある。ゴ・インボムは家父長的な財閥会長状態ピルウンで完全に分解極に重たい重量を与え、煙の対価ソン・オクスクは貪欲に固く団結したハンソンスクをあまりにも実感できるように演技して視聴者の感情没入に大きく貢献した。テ・ジョンホも欲張りでとぼけスロオナ営利いない財閥の息子のキャラクターを見事に消化してストーリーをより一層豊かに作り、パク・スアとユナクはなんだかんだかわいいロマンス劇にゴマ粒の楽しみを与えた。

#。弦楽器の旋律の印象的なO.S.T

弦楽器の旋律の細かいO.S.Tも欠くことのできない一番の貢献者である。他のドラマとは異なり、弦楽器だけで演奏されたO.S.Tは強烈にお腹させ、主人公たちの順調ない人生と愛憎の感情を印象的に表現するために大きな役割を果たした。

このように「運命と怒り」はチュ・サンウク、イ・ミンジョン、ソ・イヒョン、イ・ギウなど主演俳優らの熱演とソン・オクスク、ゴンジョンファンなど名品俳優らの大活躍、強烈ながらも美しいストーリー、ユニークなO.S.Tに支えられ正統メロの力をしっかりと証明したドラマだった。

「運命と怒り」は運命を変えるために一人の男を愛する女性と運命的なことを知って、その女性を愛する人、目的のために男を占めたい女性と復讐心に満ち、その女性を取り戻そうとする男ら4人の男女のすれ違う愛と怒りを込めた現実性の強い激情メロードラマで9日、40回を最後に幕を下ろした。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「運命と怒り」イ・ミンジョン、粗悪口→もみ合いまで...成功テレビ復帰

2019-03-22 20:46:41 | sbsドラマ
「運命と怒り」をク・ヘラとテ・インジュンが温め抱擁する姿でハッピーエンドを迎え、40回の大長征を終えた。

イ・ミンジョンは今回の作品を通じて一層深くなった感情演技に精一杯水上がった美貌はもちろん、チュ・サンウクとの幻想の呼吸を見せてくれて、俳優としての存在感を確実に証明した。

2年ぶりの復帰作で本格的なメロドラマである「運命と怒り」を選んだイ・ミンジョンは「ク・ヘラ」という人物を通じて経悪口ともみ合いはもちろん、復讐のために暴走する姿など今まで見せなかった強烈なキャラクター演技で人生演技を見せて与えている好評のうちにファンの熱い呼応を得た。

イ・ミンジョンは初回から今まで見られなかった強烈な姿でこれまで以上に積極的に作品に取り組む彼の視聴者に刻印させた。走って転がり、ころび、激しいもみ合いまで特に難しい場面が多かった彼は体を惜しまない演技で、現場スタッフたちの賛辞を受けた。特に4年ぶりに再会したチュ・サンウクの俳優との完璧なメロー呼吸とケミはドラマの没入度を高め、ドラマの人気を高めるのに最も大きな力となった。

このようにイ・ミンジョンが「運命と怒り」という作品を通じて、新たなキャラクターの挑戦を成功的に終えて俳優として成功したカムバックをしただけに、これから彼の作品の歩みに対する関心と期待が高まっている。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

放映終了「運命と怒り」チュ・サンウク♥イ・ミンジョン、復讐の成功の後再会...シムイヨウン犯人反転

2019-03-22 10:02:23 | sbsドラマ
「運命と怒り」チュ・サンウク、イ・ミンジョンが複数に成功して再会した中でシムイヨウンが反転の主人公だった。

3日放送されたSBS週末ドラマ「運命の怒り」(脚本今のチョン・チャンホ演出チョン・ドンユン)最終回(39、40回)は、テ・インジュン(チュ・サンウク)とク・ヘラ(イ・ミンジョン)が真実を暴いていく様子が描かれた。

前テ・インジュン(チュ・サンウク)は孤児正(シム・イヨン)から録音ファイルを受けた。これにより、ク・ヘラ姉実装株(チャ・スヨン)の他殺試みと自分に罪をかぶっぶっかけための証拠操作などがハン・ソンスク(ソン・オクスク)とテ・ジョンホ(ゴン・ジョンファン)によって行われたことを確認した。

テ・インジュンはハン・ソンスクとテ・ジョンホに復讐するために彼らの秘密資金状況を把握した後救えの助けを借りて経営権を奪うことができる株式を確保した。孤児チョン息子のそばに行くための計画を立てた。

このうちチン・テオ(イ・ギウ)はテ・インジュンを訪ねてきて、過去孤立情自分を訪ねてきテ・インジュンとク・ヘラが会うことができるようほしい提案の事実を暴露した。

これテ・インジュンは孤立定続い踏んだ。このうち実装株価6年ぶりに意識を取り戻した。実装する自分を殺そうとしていた人が孤立した情報と指摘した。孤児チョン逮捕され、涙で告白した。

以来、テ・インジュンとク・ヘラは自分の席に戻った。テ・インジュンはク・ヘラを再訪れ許しするとした。救えは涙を流し、テ・インジュンが再び手を伸ばしてク・ヘラを抱き締めた。

一方、「運命と怒り」の後続では、来る15日グムトドラマ「熱血師弟」が放送される。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「運命と怒り」イ・ミンジョン、チュ・サンウクの「私たちは会えばならない運命...私を許してはならない」本気告白

2019-03-22 07:53:03 | sbsドラマ
イ・ミンジョンがチュ・サンウクに心から謝罪した。

9日放送されたSBS週末特別企画「運命と怒り」37-38回ではテ・インジュン(チュ・サンウク)が復讐に成功した。

この日の放送ではテ・インジュンはテ・ジョンホ(ゴン・ジョンファン)の記者会見場に急襲したこの席で、彼は犯した悪行をすべて公開した。

また、テ・インジュンはハン・ソンスク(ソン・オクスク)に「あなたが私のお母さん追い出しが家に入ってきたその日から、私はこの日を準備した」と述べた。

続いて彼は「私は言ってなかったか、この住宅はない。さようなら」と警察に逮捕されたハン・ソンスクを見ました。

そしてテ・インジュンはテ・ジョンホを完全終了のために、自分が持っている秘密資金のすべての情報検察に渡そうとした。これキム・ソクチン(ジョワンギ分)は、その後、ク・ヘラ(イ・ミンジョン)が危険になるとテ・インジュンを引き止めた。

テ・インジュンは「テ・ジョンホ、GNOMEの叔父を殺した奴だ。そしてあなたの手でもそのようにした奴だ。絶対に許すことができない。テ・ジョンホも救えも」と怒った。しかし、テ・インジュンはク・ヘラへの愛のために再び悩みに陥った。

同じ時間ク・ヘラは姉の実装主との別れを準備していた。テ・ジョンホの裏金資料が公開されると、自分も無事ていないことを知っていたこと。

ク・ヘラは「洪水(ホ・ジュンソク)が姉の世話を与えることにした。私は長い間、どこちょっとダニョワヤするみたい。ごめん姉。早く買ってあげる」と実装の注意手を切なくした。

そしてテ・インジュン、最終的に秘密資金のファイルを検察に渡さなかった。これク・ヘラはテ・インジュンに会った。

テ・インジュンはク・ヘラに向かって、「勘違いしないでください。許したものではない」と述べた。ク・ヘラはテ・インジュンの心を知っていると述べた。テ・インジュンは「あなたを許すことができない。許しているといっても、過去の時間よりも長い時間がかかるだろう。よくジネラ」と別れを告げた。

ク・ヘラは "最後に必ず話したかった。とても遅れ私の行動に取り返しのつかないことが分かる。死ぬまで私を許してはならない。あなたは本当に良い人なのに私のすべてを壊した。だ私からだ」と謝罪した。続いて彼は「多分私達は最初から会うならない運命だったようだ。申し訳ない。そして、ありがたかった」と本気を伝えた。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「運命と怒り」イ・ミンジョン、チュ・サンウクの「私たちは会えばならない運命...私を許してはならない」本気告白

2019-03-21 23:32:50 | sbsドラマ
イ・ミンジョンがチュ・サンウクに心から謝罪した。

9日放送されたSBS週末特別企画「運命と怒り」37-38回ではテ・インジュン(チュ・サンウク)が複数に成功した。

この日の放送ではテ・インジュンはテ・ジョンホ(ゴン・ジョンファン)の記者会見場に急襲したこの席で、彼は犯した悪行をすべて公開した。

また、テ・インジュンはハン・ソンスク(ソン・オクスク)に「あなたが私のお母さん追い出しが家に入ってきたその日から、私はこの日を準備した」と述べた。

続いて彼は「私は言ってなかったか、この住宅はない。さようなら」と警察に逮捕されたハン・ソンスクを見ました。

そしてテ・インジュンはテ・ジョンホを完全終了のために、自分が持っている秘密資金のすべての情報検察に渡そうとした。これキム・ソクチン(チョ・ワンギ)は、その後、ク・ヘラ(イ・ミンジョン)が危険になるとテ・インジュンを引き止めた。

テ・インジュンは「テ・ジョンホ、GNOMEの叔父を殺した奴だ。そしてあなたの手でもそのようにした奴だ。絶対に許すことができない。テ・ジョンホも救えも」と怒った。しかし、テ・インジュンはク・ヘラへの愛のために再び悩みに陥った。

同じ時間ク・ヘラは姉の実装主との別れを準備していた。テ・ジョンホの裏金資料が公開されると、自分も無事ていないことを知っていたこと。

ク・ヘラは「洪水(ホ・ジュンソク)が姉の世話を与えることにした。私は長い間、どこちょっとダニョワヤするみたい。ごめん姉。早く買ってあげる」と実装の注意手を切なくした。

そしてテ・インジュンは、最終的に秘密資金のファイルを検察に渡さなかった。これク・ヘラはテ・インジュンに会った。

テ・インジュンはク・ヘラに向かって、「勘違いしないでください。許したものではない」と述べた。これク・ヘラはテ・インジュンの心を知っていると述べた。テ・インジュンは「あなたを許すことができない。許しているといっても、過去の時間よりも長い時間がかかるだろう。よくジネラ」と別れを告げた。

ク・ヘラは "最後に必ず話したかった。とても遅れ私の行動に取り返しのつかないことが分かる。死ぬまで私を許してはならない。あなたは本当に良い人なのに私のすべてを壊した。だ私からだ」と謝罪した。続いて彼は「多分私達は最初から会うならない運命だったようだ。申し訳ない。そして、ありがたかった」と本気を伝えた。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「運命と怒り」チュ・サンウク、ゴン・ジョンファン犯罪た "この会社に4桁ない」

2019-03-21 10:25:54 | sbsドラマ
ドラマ「運命と怒り」でゴン・ジョンファンが殺人教師、殺人未遂、医療法違反などの行為で逮捕された。

9日午後放送されたSBS土曜ドラマ「運命の怒り」(演出チョン・ドンユン、脚本今人、チョン・チャンホ)でテ・インジュン(チュ・サンウク)がテ・ジョンホ(ゴン・ジョンファン)の悪行を明らかにした。

テ・ジョンホは記者会見で、父テ・ピルウン(ゴ・インボム)の危篤状況を明らかにしようしたが、テ・インジュンは直接テ・ピルウンを車椅子に乗せて記者会見場に登場した。テ・インジュンはテ・ジョンホが父テ・ピルウンを殺す教師したことを明らかにした。

テ・インジュンはテ・ジョンホに「お前もうゴールドグループ会長はない。この会社に君がいる場所がないね」と語った。テ・ジョンホは殺人教師、殺人未遂、医療法違反などの行為で逮捕されながらも、テ・ピルウンに「これだママがしたよ。父第マルジョムてみてください」と言い訳した。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「運命と怒り」チュ・サンウク、イ・ギウ記者会見にゴインボム連れと妨害

2019-03-21 09:53:40 | sbsドラマ
ドラマ「運命と怒り」でチュ・サンウクが父ゴ・インボムの危篤状況を言うイ・ギウの記者会見に直接ゴ・インボムを連れて行って妨害をした。

9日午後放送されたSBS土曜ドラマ「運命の怒り」(演出チョン・ドンユン、脚本今人、チョン・チャンホ)でテ・インジュン(チュ・サンウク)が父テ・ピルウン(ゴ・インボム)を訪ねた。

テ・インジュンはベッドに横たわっているテ・ピルウンに「世の中に私の側一つなく、父を見つける来ました。今までは言わ正しく入らないてきた。起きてくださいサッ。起きて叱らも打っ音もあげてください」と言った後、部屋を出た。テ・インジュンは秘書に「父を起こしなさい」と注文した。

その時刻異母兄弟チ・テオ(イ・ギウ分)は、テ・ピルウンの意識不明の状態を言うの記者会見を開いた。しかし、テ・インジュンはすぐに車椅子にテ・ピルウンを乗せ記者会見に登場してチン・テオを当惑させた。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「最大の危機」「皇后の品格」チャン・ナラ、シン・ソンロクに「皇室アンチカルテル」発覚

2019-03-17 21:21:49 | sbsドラマ
"君信じたいよう信じて、どうせ信じ考えもないじゃない!」

「皇后の品格」チャン・ナラが皇帝シン・ソンロクに「皇室アンチカルテル」を発覚されながら、最大の危機に直面したが、特有のアクティブ歩みを続け、パワー "センケ」の面貌を立証した。

チャン・ナラはSBS水木ドラマ「皇后の品格」(脚本キム・スンオク/演出チュ・ドンミン/製作小ライフデザイングループ)で皇室のあらゆる不正をキャッシュうと大韓帝国皇后オ・サニー役を演じ、宮の中のすべての敵と尖鋭な頭の戦いを広げて「一本勝ち」を引き出すと、相手の裏をかく歩みを続けていき「サイダー黒化の道」を完成している。

去る7日放送された「皇后の品格」43、44回でオ・サニー(チャン・ナラ)は、7年前にソヒョン皇后死亡事件の皇室記録を閲覧できる一撃を受けた利益(オ・スンユン)が意識不明に陥る衝撃に陥った状態。オ・サニーは胸ぐらをつかん腹いせをする太后(シン・ウンギョン)に「こんな時間にファン・テジェをこのように作成された犯人からとるのが順ませんか?」と厳しい忠告を与えた。以来、有力な容疑者として浮上したイ・ヒョク(シン・ソンロク)の代わりにソ・ガンフイ(ユン・ソイ)を真犯人で間違いなく、ソ・ガンフイを訪ねアリバイを確認し激しく追い詰めた。続いて、現場で事件の顛末を撮影した利益の携帯電話がなくなったことを確認し、失われた携帯電話の行方に集中し始めた。

以降オ・サニーはミン・ユラ(イ・エリヤ)を呼び、元恋人江州勝(ユンゴン)を訪ねソ・ガンフイの記憶を探して出せ指示した。しかしソ・ガンフイがした素早く江州勝を抜い回し決定的な証拠の確保に失敗すると、ああサニーは「証拠がない場合、マンドゥルオヤジ!彼らに学んだように!」と目を点滅した。これオ・サニーはヒョクと協力して利益目覚めたように演技を始め、事件の真犯人が押されているという、携帯電話を餌にソ・ガンフイを呼び入れソヒョン皇后死亡事件とソ・ガンフイの関連性についての再捜査を宣言した。しかし、その瞬間太后が現れ真犯人がチョン・オビン(チェ・ジンヒョク)と嘘をしながら、オ・サニーは再び真実が覆われた状態に怒りを表わした。

さらに太后はヒョクにオ・サニーと利益、チョン・オビン、変白虎(キム・ミョンス)が内筒ているという証拠写真をがプッシュ・ヒョクのメンタルを振ったはず。結局、「アンチ皇室カルテル」の全貌を把握するようにしたイ・ヒョクはオ・サニーとチョン・オビンの背信に狂気を私プムオトゴ、小競合口喧嘩の末オ・サニーの首を絞めるヒョクを天佑ビン防ぐ瞬間、イ・ヒョクが椅子を下げながらチョン・オビンを倒してしまった。続いて暴走を始めたイ・ヒョクはチョン・オビンに注射を置いて正体を告白するように拷問するとともに、ナ・ドンシク(オ一層)を人質に保持ナ・ワンシクをとるための引っ掛ける開始した。

最悪の危機に陥ったオ・サニーは絶体絶命の状況に置かれたチョン・オビンを宮から得るために護衛をすぐに招集かというと、チョン・オビンを訪ね解読注射を据え精神を目覚めせた。突然広がる難関にも決して揺れないまま、チョン・オビンを救うために保身を図らずに飛び込む姿で「パワーセンケ」の威厳を現したもの。しかし、オ・サニーの心からの「警告」もチョン・オビンは弟ナ・ドンシクを取り戻すためにイ・ヒョクを訪ね、自分の正体を表わし、直後お互いに銃口を向けたチョン・オビン - イ・ヒョクと凍りついたオ・サニーの姿で劇が終わった。

この日の放送でチャン・ナラは、ユン・ソイを凍りつかする辛辣をはじめ、自分を堅く信じているイ・ヒョクの錯雑心、「アンチ皇室カルテル」の正体がばれされもたらされた緊急状況にも節堅くなる姿まで多様な感情を自然に消化した。絶頂の「グラデーション感情の変化」の熱演で最高の没入度をプレゼントしたもの。 「黒化の道」を歩いて一当百活躍を続けていっ終了危機を迎えたオ・サニーの姿に視聴者たちは「旧正月連休た回放送休止を待った甲斐がある! " 「イ・ヒョクに正体がばれできても決して屈しないオ・サニー、やはり一枚上のキャラクター!」 「今後もオ・サニーだけの方法で難関を克服したい!」など応援のフィードバックを吐き出した。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「皇后の品格」チェ・ジンヒョク "私ナ・ワンシクである「いよいよ正体明らかにした

2019-03-17 20:34:57 | sbsドラマ
'皇后の品格」チェ・ジンヒョクがいよいよ正体を明らかにした。

7日夜放送されたSBS「皇后の品格」でチェ・ジンヒョクがヒョク(シン・ソンロク)に罠にかかって、自分がナ・ワンシクであることを明らかにして歴代急反転をプレゼントした。

この日利益(オ・スンユン)は皇室記録室にこっそり入ってソヒョン皇后(シンゴウン)を殺害した証拠でソ・ガンフイ(ユン・ソイ)の疑わしい兆候を発見したが、誰かに攻撃された。

利益の捜査を担当したなら刑事(アン・ネサン)は、バックドア、現場に落ちているイ・ヒョクのコサージュを有力な証拠に見た。

利益の病院でオ・サニー(チャン・ナラ)はソ・ガンフイが桁ではないのを見てソ・ガンフイの部屋に訪ねた。

風邪のため横になっていたたソ・ガンフイの布団を蹴ったオ・サニーは「風邪がシムハギン一つですね。スカーフまで首に巻いて」とスカーフを蹴ったし、ソ・ガンフイの首には、爪の跡が真剣に私あった。

ソ・ガンフイはオ・サニーに「数日前、私は私の首を掻いた傷だ」と言い訳を挙げた。また、アリ(オーリング)プリンセスはそのようなオ・サニーにソ・ガンフイを朝から看護していた彼包んだ。

オ・サニーが出た後、アリ姫は "このように嘘までしか」とソ・ガンフイに話を出したが、ソ・ガンフイは「空が降った機会だ」と欲望を表わした。

また、利益を殺害しようとし、すべての証拠がヒョクを向いている中で、太后カンさん(シン・ウンギョン)事件現場で利益の証拠を録画した携帯電話を隠した。ソ・ガンフイも "オ・サニー、あなたがいくらのさばっ通っても、犯人はすでに皇帝で定められたもの」と自信満々だった。

オ・サニーはミン・ユラ(イ・エリヤ)に「どうしてもソ・ガンフイが犯人であるようだ。精神病院に戻って江州勝(ユゴン)の記憶を探さなければなら」とお願いした。

ミン・ユラは結局江州勝の記憶を見つけるために戻って精神病院に訪れソ・ガンフイについて尋ねたが、いきなり押しかけソ・ガンフイに江州勝拉致された。

また、太后カン氏はソ・ガンフイに7年前の事件が皇室記録室にあることを流して、利益を殺害することを指示し、イ・ヒョクに罪を上書きことを指示した。

オ・サニーは犯人を捕まえるために利益目覚めたし、証拠が込められた携帯電話があるとソ・ガンフイに流した。

ソ・ガンフイは、このような話を聞いてそわそわし証拠が込められた携帯電話を隠すふりしたオ・サニーを見て利益の病室に入って携帯電話をオカルトイ・ヒョクとオ・サニーに現場で捕まってしまった。

しかし、太后カンさんは、その現場に現れソ・ガンフイを包んだ。太后カンさんは「私はさせた。その重要な証拠を皇后に任せておくことができない」という理由を挙げソ・ガンフイを抜き出した。

太后カンさんはまた、チョン・オビンとオ・サニーの間を疑うする写真をヒョクに流して、二人を誤解させた。

以後チョン・オビンは利益の殺害しようとし犯人に集まり、警察の調査を受けるところヒョクは現れチョン・オビンにパンチをし、これを乾燥オ・サニーの首をジョルミョ脅迫までした。

また、イ・ヒョクはチョン・オビンを疑って皇室の病院でCTを訪ねてきて頭の中にあるのが石灰ではなく、弾丸であることを知っている疑いの確信に変わった。

イ・ヒョクは刑務所にチョン・オビンを閉じ込めて真実を話す注射を投与したが、チョン・オビンはそのような状況にも真実を言わない闘魂を発揮した。

その太后カンさんとイ・ヒョクは組んドンシク(オ一層)を拉致して引っ掛けノトアトゴ、その罠にチョン・オビンはかかった。

結局チョン・オビンはヒョクと太后カンさんの前で、自分がナ・ワンシクであることを明らかにした。
韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント

「皇后の品格」ユン・ソイ、シン・ウンギョンより早かった...ユゴン拉致

2019-03-16 18:14:24 | sbsドラマ
'皇后の品格」シン・ウンギョンがユゴンを拉致しようとしたが、ユン・ソイが先だった。

7日放送されたSBS水木ドラマ「皇后の品格」は、オ・サニー(チャン・ナラ)とミン・ユラ(イ・エリヤ)が手を握った。 。

この日ヒョク(シン・ソンロク)は、犯人に追い込ま結局ない刑事(アン・ネサン)にアリバイを明らかにした。秘密の通路を通って江州勝(ユゴン)に会いに皇室の精神病院に行った。ない刑事は太后(シン・ウンギョン)にこれを口外し、太后はお金を投げてくれ、自分がアンダン事実をヒョクは知らずくれた。続いて太后は最長(イスリョン)にすぐに江州勝を連れて来るよう指示した。

そんな中、オ・サニー(チャン・ナラ)はミン・ユラに戻って精神病院には依頼した。江州勝の記憶を蘇らせてくれたもの。オ・サニーは「ファン・テジェ事件真犯人がソガンフイと気がする」と述べ、ミン・ユラは江州勝に行ったソ・ガンフイについて尋ねた。その誰か江州勝を連れて行った。ソ・ガンフイ(ユン・ソイ)であった。

韓国ドラマ ブログランキン<
<
コメント