韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「恋愛の発見」チョン・ユミ、ソンジュン別れ、頭よりも体が先に

2014-09-30 23:43:26 | kbsドラマ
「恋愛の発見」チョン・ユミとソンジュン別れは予見された。9月30日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ「恋愛の発見」14回(脚本チョン・ヒョンジョン/演出キム・ソンユン、イ・ウンボク)は、ハン・ヨルム(チョン・ユミ)とナム・ハジン(ソンジュン)の別れを予告する暗示が次々と登場して切なさを催した。この日の放送でナム・ハジンとハン・ヨルムは別れた。ハン・ヨルムのプロジェクトを進行中のカン・テハ(エリック)が実はハン・ヨルムの元ボーイフレンドであることを知ったナム・ハジンは、二人の関係にこれまで以上に敏感にカキた。ハン・ヨルムはますます変わっていくナム・ハジン、自分自身を見て「もうやめましょう。床までのようにしよう」と別れを宣言した。しかし、ハン・ヨルムとナム・ハジンの別れは、これより先に予見された。頭の中では、「継続することができています。よりよくやってできて」と思ったが体だけは、もはやないということを知っていた。ナム・ハジンはハン・ヨルムとの間が気まずくなった後、不眠症に悩まされた。ハン・ヨルムはカン・テハと作業をするために夜遅くまで仕事をし、ハン・ヨルムとの接触をしてみるとわけの就寝時間も遅くなるのが常であった。ここでtは、突然の頭痛の症状まで感じ始めた。子供の頃はしと一緒に保育園で生活したアリム(ユン・ジ二)は、このようなわけに残念考え、自分の家で録音した虫の音ファイルを送った。ヨルムと文字を交わしていたわけではアリムに受信したファイルを見て困惑した。しかし、通常、そのファイルを再生した後、睡眠を取ることができた。ヨルムと一緒に仕事時のどこか不便だったわけがアリムの配慮には、簡単に無防備状態になることを見せてくれた。ハン・ヨルムも無意識のうちに他人わけではなく、カン・テハの下の長さの胸の内を露出した。遅くまで作業していたヨルムはちょうどその日がカン・テハの誕生日であることを悟ってささやかでは祝ってくれるためにしばらく席を空けた。この隙にカン・テハとヨルムはワインバーインテリアの作業のために撮っておいた写真を検討した。ところで、この写真の中に自分の姿を写した写真があった。先にカン・テハがヨルムにまだ好感があることを告白した状況。しかし、ハン・ヨルムは「空が崩れ前にはお前つもりはない」とカン・テハの告白を断った。それもそのはず、ヨルムにはカン・テハに遺言を残した後、自殺した父親のトラウマがあるからである。しかし、このような約束にもかかわらず、カン・テハに惹かれる心がカメラの中に入っていた。仕事のためにも、カメラのフレーム内についカン・テハを表わしたハン・ヨルムから彼の心の中に本当の人が誰なのかが感じられた。一方、この日放送末尾ハン・ヨルムはナム・ハジンがくれたプロポーズリングを返し、別れを宣言した。ナム・ハジンはまだハン・ヨルムとの別れを受け入れなかった状況。ナム・ハジンはハン・ヨルムのカップルが危機を克服し、再び関係を強固にすることができるか注目される。
コメント

「恋愛の発見」チョン・ユミ、ソンジュン、最終的に別れ "床までのようにしよう」

2014-09-30 23:18:30 | kbsドラマ
「恋愛の発見」チョン・ユミとソンジュンが別れた。ハン・ヨルム(チョン・ユミ)は、9月30日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ「恋愛の発見」14回(脚本チョン・ヒョンジョン/演出キム・ソンユン、イ・ウンボク)で自分のためにボーイフレンドナム・ハジン(ソンジュン)と前のボーイフレンドカン・テハ(エリック)が殴り合いをして警察署までお店になると別れを決心した。ハン・ヨルムはナム・ハジンに受信したプロポーズリングを車に置いて来た。ナム・ハジンは「今をやってか。ハン・ヨルムあなたはそこアンソか。こんなことしないでください」とヨルムに沿って出た。これにヨルムは「やめよう。このように戦ってやめ眠っている。あまりにもところじゃない。こういうこと、最終的に別れるつもり」と語った。ハジンは、「あなたがどのようにじゃない。別れるかより堅固ているかも」と返事したが、ヨルムは「知っている。底まで落ちたじゃないか今」と答えた。続いて、 "どのように多く行くべきなのに。私にどのようにより傷ついてたい。そうすれば、私の心は楽かを尋ねる画面」と別れることを提案した。ハジンは「そう恋愛をよくはない。恋愛うん誰に学んだか」と皮肉を巨大たし、ヨルムは「カン・テハに学んだ。·マン·ウォーキング。私たちは完全に底だ今。それ以上に行くこともできない床」と冷たく背を向けた。
コメント

「恋愛の発見」エリックvsソンジュン殴り合いの後、警察署行 "愛が何"

2014-09-30 23:05:11 | kbsドラマ
「恋愛の発見」エリックとソンジュンが殴り合いの最後に警察署に向かった。カン・テハ(エリック)とナム・ハジン(ソンジュン)は、9月30日放送されたKBS 2TV月火ドラマ「恋愛の発見」14回(脚本チョン・ヒョンジョン/演出キム・ソンユン、イ・ウンボク)でハン・ヨルム(チョン・ユミ)を間に置いて神経戦を繰り広げ、最終的に殴り合いをした。カン・テハは「自分ねハン・ヨルムハンテ。あなたのヨルム他人がない」とナム・ハジンを挑発し、ナム・ハジンは"あなたは何をじゃない」と応酬した。二人の戦いを見守ったバーのオーナーは、警察署で当時の状況を証言し、「この人は、建設会社の社長であり、この人は、整形外科医だ。食べ歳だからこうしている。代替の愛が何期イロニャ」との両方をせいした。
コメント

「恋愛の発見」チョン・ユミ、エリック本気の告白に座り込んで嵐の涙

2014-09-30 22:55:01 | kbsドラマ
「恋愛の発見」チョン・ユミがエリックの心からの告白に涙を流した。ハン・ヨルム(チョン・ユミ)は、9月30日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ「恋愛の発見」14回(脚本チョン・ヒョンジョン/演出キム・ソンユン、イ・ウンボク)でカン・テハ(エリック)から「お前と会うときよりよくしてくれず、理解してくれず、愛してくれなくて申し訳ない。あげる今あまりない」という告白を聞いた。ハン・ヨルムのデジタルカメラで自分の写真を発見したカン・テハは"私はハン・ヨルムになりたい。君が一度されてみたら良いだろう。なぜ私を待っていたのか知りたい南怡島で、なぜ泣いたのかも知りたい徳寿宮の石垣道でもなぜ泣いたのか知りたい。そして、カメラの中に、なぜ私の写真が入ったのか。それも知りたい。君は絶対教えてください与えないから。だから、私はハン・ヨルムになって、その心がどういうものか少し知ってほしい」と話した。続いて、 "私は推測するのが正しい場合は、あなたの手握り行くところまで行く。私たちは一緒に行くことができるがまで。私はまだあなたが好きです。まだあなたが欲しくて、誰にも費やすしたくない。私と一緒にいよう。今日。あなた一歩だけ近づいてくれば良い」と告白した。これを聞いたハン・ヨルムは「私はお前にないが。父のためにもないが。私がお前にそんなことをと。再び私そう振らないでください」と転じた。しかし、階下に降りてきたハン・ヨルムは座り込んで泣いてカン・テハに揺れる心を表わした。
コメント

「恋愛の発見」パンドラボックス開いたソンジュン、チョン・ユミ、愛に失禁行った

2014-09-30 22:47:16 | kbsドラマ
過去を知った恋人たちの関係は、危険だった。30日の夜放送されたKBS2月火ドラマ「恋愛の発見」(脚本チョン・ヒョンジョン·演出キム・ソンユン)14回では、ハン・ヨルム(チョン・ユミ)のボーイフレンドナム・ハジン(ソンジュン)がヨルムとカン・テハ(エリック)が過去約5年間愛好家の間であったことを知った姿が描かれた。以来、ハジンはヨルムに事実を吐露するように追及し、ヨルムは申し訳ないという言葉を翻ししわけの顔色を見た。しかし、ヨルムは最終的にはカン・テハと一緒に仕事をしながら夜を漏らしたし、ハジンはそのような夏がずっと気になった。夜中にヨルムに電話をかけわけではヨルムが「ハジンさんはなぜですか?」と電話を受けることに衝撃を受けた。ハジンはヨルムとの通話で愛するという言葉を簡単にすることができず、いつまでも「愛している"と言いながら電話を切った。ハジンはナレーションを介して、「初めてヨルムに心からではないが愛しているとした。すべての愛好家もそのようなのだろうか。全く本気ではない時も愛するという言葉の瞬間を越えて祈るのか。」と苦い心境を表わした。
コメント

「恋愛の発見」過去の隠されたチョン・ユミ、ソンジュンに謝罪百倍 "ごめん"

2014-09-30 22:45:01 | kbsドラマ
チョン・ユミがソンジュンに申し訳が伝えた。30日夜放送されたKBS2月火ドラマ「恋愛の発見」(脚本チョン・ヒョンジョン·演出キム・ソンユン)14回では、ハン・ヨルム(チョン・ユミ)のボーイフレンドナム・ハジン(ソンジュン)がヨルムとカン・テハ(エリック)が過去約5年間愛好家の間であったことを知った姿が描かれた。以来、ハジンはこっそりと怒りをサクイミョの高い靴を履いたヨルムを5時間路上に引いて歩いた。ハジンは"あなたの元勝手にするエンデなぜ我慢か?」と密かに怒りを表わした。彼は「あなたの部屋で君のベッドの下に置かれた箱を見た。中に入ったもの、いくつかのガン見どのようなもの我慢した。死ぬまで聞いて越えていくか考えていたそれはだめだ。今、二人近じゃないか。もう終わったとの間には、ちゃっなくちゃ」と言いながら心境を吐露した。ヨルムは「ごめん」と話しており、ハジンはテハに会いながら、常にヨルムが申し訳ないという言葉をしてきた言葉を思い出して、より怒った。ヨルムは"ボックスに何があるのか覚えてない。テウしようとしたが時期を逃した」と釈明した。
コメント

「恋愛の発見」チョン・ユミ、ソンジュンに「エリックと日を停止する」謝罪

2014-09-30 22:39:53 | kbsドラマ
「恋愛の発見」チョン・ユミがソンジュンに謝罪した。ハン・ヨルム(チョン・ユミ)は、9月30日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ「恋愛の発見」14回(脚本チョン・ヒョンジョン/演出キム・ソンユン、イ・ウンボク)でボーイフレンドナム・ハジンが自分とカン・テハ(エリック)との間に気づいチェトダンことが分かった。ハン・ヨルムはカン・テハと撮った写真や手紙などが入った箱を見た男わけで、「その箱に何が入っていることを私は知らない。ない開いた。覚えていない飛ぶ。テウしようとしていた時期を逃した。ただそれだけ。ごめん」と謝った。続いて、 "私とは少し離れており、望むそれでもれる」と付け加えた。これは、ナム・ハジンは、「そのようにも言うな。戦いものようにいようとすべき」とのヨルムを責めた。これにヨルムは「じゃあ戦うもハングします。今日のように」とはしに対する愛情を表わした。ヨルムはまた「今回の仕事とカン・テハとやめたい」とはしの心を晴らそうと努めた。
コメント

「恋愛の発見」エリック正体ないソンジュン怒り爆発 "を理解できなくて"

2014-09-30 22:22:40 | kbsドラマ
「恋愛の発見」ソンジュンがエリック正体を知って怒った。ナム・ハジン(ソンジュン)は、9月30日放送されたKBS 2TV月火ドラマ「恋愛の発見」14回(脚本チョン・ヒョンジョン/演出キム・ソンユン、イ・ウンボク)でカン・テハ(エリック)が彼のガールフレンドハン・ヨルム(チョン・ユミ)の前の恋人であることを知って、これを確認するために、ヨルムのハウスメイトドジュンホ(ユン・ヒョンミン)を訪れた。ナム・ハジンはドジュンホに「ヨルム他人が他の人いなかったと思った巨大ではない。私もヨルムと年4カ月であるそれを知らなかったゲトニャ。型馬のように過ぎ去った日の巨大知る」と怒った。これは、ドジュンホは「私は話さないようにした。君の世話をいいこともなく。ここまで長くなると思った場合は、乾燥をよ。ところで人でどのように知るか"と"感情すべて終わった日であり。お前に言わなくてそうギェドゥル見る終始私が難しかった」と打ち明けた。これにナム・ハジンは"ヨルムが言うことはできても兄は私に話してか。私は彼どのよう気使ったのか分からなくてそうな。三人やだましじゃない。今までまったく理解できない行ったことが今になって理解され、それより気持ち悪い。兄は、見物だけしていたじゃないか」と寂しさを表わした。ドジュンホは"私は分からなくてもヨルムは自分の感情正確に知っているエダ。カン・テハに気少しでも残っていた場合、アルゴリング受けかいその子が?」と説得した。しかし、ナム・ハジンは"多知っている。ヨルムが私を愛して知っている私たちがそう簡単に別れるの間ではないこともないのに箱を持っていたよ。カン・テハと撮った写真、手紙、受信したリングまで入っている箱を。ここまで歩いてくる中考えしてみたそれは理解できない」と気を取られていた。
コメント

「伝説の魔女」シナリオリーディング現場、ハン・ジヘ、ハ・ソクジン出会い」ケミ期待UP」

2014-09-30 16:55:33 | mbcドラマ
'伝説の魔女」初シナリオリーディング現場が公開された。MBC週末ドラマ「伝説の魔女」(脚本グ・ヒョンスク·演出走性优)の制作陣は30日の最初の台本リーディング現場を公開した。最近行われた台本リーディング現場で走性优PDは「家族劇であるだけに、新旧の間のアンサンブルが光を放ってほしい」は挨拶を、グ・ヒョンスク作家は「貴重な方祀らことになり、光栄である。熱心たい」と伝えた。それぞれ無念病気事情を持って刑務所に収監されたあなたの女の子の話を描くように、スイン役のハン・ジヘはおびえた不安な表情とギア入る声で役割に没頭していた。10ボンバンの歩く時限爆弾オ・ヒョンギョンは、軍隊の新兵とる一等兵フォースで今まさに刑務所に入ってきた数人を確認曲げとるカリスマを遺憾なく発揮し、まるで台本練習室は女子刑務所を連想させるという裏話だ。30年以上服役し生活のツヤが全く感じられない韓国女子刑務所のモデレーター腹心女役のコ・ドゥシムは「優しくして、優しく!」という一言言葉だけで雰囲気を把握するようにした。パク・グニョンのはきはきした声は、お金の前で血も涙もない地味なビジネスマンの姿で一座を圧倒し、チョン・ヘソンの認知症の演技も圧巻だった。無愛想しかし、俗情深く、コジャンコジャンが思慮深いバクイムン駅のパクイヌァンは声から、彼のキャラクターが感じられた。また、カラフルでスタイリッシュなルックスの中に野心を隠している女性、チョン・インファは静かに静かながらも声に威厳が感じられ、期待以上を見せた。やや風変りでプライドがすごく強いが、娘ビョルの前では武装解除されてなすすべがないの娘バカお父さんを演じる男主人公ハ・ソクジンと伝説の義理の姉妹になるビョン・ジョンス、甘草演技の真髄を見せるイ·ジョンウォンなど名品俳優たちのマトカルナは演技も期待感を集めた。「伝説(湔雪)の魔女」は「百年の遺産」で呼吸を合わせたグ・ヒョンスク作家と走性优PDが再び意気投合した作品である。刑務所に収監された、あなたの女の子が団結して神話のグループを相手に愉快爽快、痛快な伝説(湔雪、「雪辱」を意味する)に出 ​​るというストーリーだ。「伝説の魔女」は「ママ」の後続で来月末初放送される。
コメント

「恋愛の発見」チョン・ユミ、床まで見せてくれた昔の愛に「振る」

2014-09-30 10:29:06 | kbsドラマ
「恋愛の発見」チョン・ユミがムン・ジョンヒョクに揺れていることを率直に打ち明けた。29日夜放送されたKBS2月火ドラマ「恋愛の発見」(脚本チョン・ヒョンジョン·演出キム・ソンユン)13回「酒に酔ったふりを、キスしてしまうましょうか?」編でハン・ヨルム(チョン・ユミ)は、友人ユンソル(金知恵)にカン・テハ(ムン・ジョンヒョク)のために大変な自分の胸の内を表わした。この日は、まず自分の中の話を取り出したのはユンソルだった。ユンソルはハン・ヨルムに「私最近私生活がちょっと複雑だ」と自分に好感を表現するユン室長(イ·スンジュン)とチェ・ウンギュ(救い)の話を持ち出した。続いてユンソルはユン室長とチェ・ウンギュそれぞれの良さを語り、二人ともまともな人であることを伝えた。しかし、ユンソルの心を重くする人は、他でもない、30年来の友人であり、兄ドジュンホ(ユン・ヒョンミン)であった。ドジュンホが気になる理由は?ただ'だった。これは、ハン・ヨルムは「ユン室長とチェ・ウンギュは理由がありドジュンホは理由もなくてもいい?」と言いながら"ところでちょうど愛するようになる人がいないか。その人には何も知らないのに、ただ好きになる人。そして好きなのと同時にこれが愛なんだ、頭よりも心で先に知るようになる人。それだけで自然にそうなる人。ことを知らない?」と言いながら頭の中で昔の恋人カン・テハを思い出させて話した。現在の恋人を横に置いて過ごされた恋人のカン・テハに揺れる真夏の姿にユンソルは怒りを露に出して拒否反応を見せた。これにハン・ヨルムは「揺れる。他でもなくカン・テハである。私にカン・テハがどんな人なのかわからない?5年付き合ったし、最も純粋するとき会って床まで表わして愛した。30年の友人であるあなたより私よりよく知っている人のにどのようにしない揺れ。ところが今、私の席から何とかうまく持ちこたえていないのか。私は鋳鉄でもなく、どのようません振っリニャ」と初めてガンテしを向けた自分の胸の内を外に露出した。このような真夏の心はカン・テハに直面したときさらに明らかになった。ハン・ヨルムはクールなふり何もないようだったが、カン・テハと目があうたびにすれ違う記憶と、あえて外そうとしなくても、あちこちで、ふと浮かぶ過去の思い出は、ハン・ヨルムの心をより一層揺れるた。しかし、ハン・ヨルムは現在の人友人のナム・ハジンのプロポーズをすでに受け入れた状態で、また彼が好きである。カン・テハは、また結婚する人がいるの真夏にそれ以上の心を育てても、近づいて行ってもいけないということをよく知っている。これらはお互いに揺れる心をそうの中にのみ、ボトル入り込めておいた。そのように、ハン・ヨルムはナム・ハジンの横に、カン・テハは自分の日常に戻った。そんな車にナム・ハジンはハン・ヨルムの部屋の中で小さな箱隙間にはみ出した一枚の写真を発見した。明るく笑っている20代の真夏の姿。ナム・ハジンは嬉しそうに笑って箱を開けて写真を入れようとする瞬間箱の中にいっぱいカン・テハとハン・ヨルムのカップルの写真を発見した。これまでナム・ハジンもカン・テハとハン・ヨルムの間がどことなく妙であることを感じていたの心証であるだけで、物的証拠はなかった場合、2つ目で直接確認したこれらの関係に大きな衝撃を受けた。これ二人の過去縁に知り合った男わけと、すでにカン・テハに揺れているハン・ヨルム、そしてまだハン・ヨルムを愛しているカン・テハは、三人の愛情関係にどのような変化が起こるか。これから3回放送分への期待を高めた。
コメント